デンマーク代表、ユーロ2020後の新指揮官に前マインツ指揮官のヒュルマンド氏内定2019.06.12 22:16 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
デンマークサッカー協会(DBU)は12日、今季途中までノアシェランを率いていたカスパー・ヒュルマンド氏(47)がユーロ2020後にデンマーク代表の新指揮官に就任することが内定したと発表した。契約期間はユーロ2024までの4年となる。デンマーク代表は2016年からノルウェー人指揮官のオーゲ・ハレイデ監督(65)が率いており、2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)本大会ではベスト16進出を果たしていた。

そのハレイデ監督との契約はユーロ2020までとなっており、すでに両者の間では契約を更新しないことで合意に至っている。

その中でユーロ2020後に向けて素早い動きを見せたDBUは、今年3月まで国内の強豪ノアシェランを率いていたヒュルマンド氏の新監督就任を内定させた。

母国のリンビーで指導者キャリアをスタートしたヒュルマンド氏は、2011年からノアシェランの監督に就任。その後、2014年にはトーマス・トゥヘル監督(現パリ・サンジェルマン)の後任としてマインツの監督を務めたが、成績不振に伴いシーズン途中に解任の憂き目を味わった。

その後、2016年から今年3月までは古巣ノアシェランを率いていた。
コメント
関連ニュース
thumb

デンマーク代表メンバー発表、エリクセンやシェーネが招集《ユーロ2020予選》

デンマークサッカー協会(DBU)は22日、6月に行われるユーロ2020予選に向けたデンマーク代表メンバー22名を発表した。 オーゲ・ハレイデ監督はMFクリスティアン・エリクセン(トッテナム)やMF ラッセ・シェーネ(アヤックス)、GKカスパー・シュマイケル(レスター・シティ)にトーマス・デラネイ(ドルトムント)といった主力を順当に選出した。 3月に行われた初戦でスイス代表に3-3と引き分けたデンマークは、6月7日にアイルランド代表と、同10日にジョージア代表といずれもホームで対戦する。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆デンマーク代表メンバー21名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">カスパー・シュマイケル</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">フレデリック・レノウ</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">イェスパー・ハンセン</span>(ミッティラン) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ペーター・アンカーセン</span>(コペンハーゲン) <span style="font-weight:700;">アンドレアス・ビランド</span>(コペンハーゲン) <span style="font-weight:700;">マティアス・ヨルゲンセン</span>(ハダースフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヘンリク・ダルスゴーア</span>(ブレントフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">アンドレアス・クリステンセン</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;"> リザ・ドゥルミジ</span>(ラツィオ/イタリア) <span style="font-weight:700;">イェンス・ストリガー・ラーセン</span>(ウディネーゼ/イタリア) <span style="font-weight:700;">シモン・ケアー</span>(セビージャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ラッセ・シェーネ</span>(アヤックス/オランダ) <span style="font-weight:700;">ルーカス・レラガー</span>(ジェノア/イタリア) <span style="font-weight:700;">トーマス・デラネイ</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ダニエル・ヴァス</span>(バレンシア/スペイン) <span style="font-weight:700;">ピエール・ホイビュルク</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">クリスティアン・エリクセン</span>(トッテナム/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ユスフ・ポウルセン</span>(ライプツィヒ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">マルティン・ブラースヴァイト</span>(ミドルズブラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">カスパー・ドルベリ</span>(アヤックス/オランダ) <span style="font-weight:700;">ニコライ・ヨルゲンセン</span>(フェイエノールト/オランダ) <span style="font-weight:700;">ロベルト・スコヴ</span>(コペンハーゲン) 2019.05.23 05:36 Thu
twitterfacebook
thumb

FKの名手エリクセン、今季直接FK8発のデンマーク代表後輩の台頭に危機感

トッテナムとデンマーク代表で絶対的司令塔に君臨するMFクリスティアン・エリクセンは、代表チームにおけるメインプレースキッカー剥奪の危機感を抱いているようだ。同選手がデンマーク『Bold』で語った。 アヤックス時代から卓越したキック精度とパワーを武器にメインプレースキッカーを担ってきたエリクセンは、数々の直接FKからのゴールやアシストを記録するなど、世界屈指のプレースキッカーとして知られる。 しかし、デンマーク代表においては新進気鋭のライバルの存在が気がかりになっているようだ。 その名手を脅かす存在となっているのが、コペンハーゲンに所属するFWロバート・スコブだ。現在、22歳のスコブは昨夏シルケボーからコペンハーゲンに加入すると、レアル・マドリーMFガレス・ベイルを彷彿とさせる大型レフティとして躍動。ここまでリーグ戦28試合に出場し24ゴール8アシストという圧巻のスタッツを残している。 とりわけ、注目を集めているのがパワフル且つ正確な左足のキックを生かしたプレースキックで前述の24ゴールのうちの8ゴールを直接FKによって決めている。 その新鋭の8ゴールに対して今季のトッテナムで一度も直接FKによるゴールを記録していないエリクセンは、危機感を抱いているようだ。 「デンマークリーグで多くのFKによるゴールを決めているロバートに大きな敬意を抱いているよ。それは本当に凄いことだよ」 「現時点で彼がプレースキックの役割を引き継ぐかはわからないけど、ロバートはそのうちチームに加わるから、そのときに見極める必要があると思う」 「確かに彼がこのまま成長を続けていけば、フリーキックシューターとして危機感を覚えるかもしれない。少なくとも今でも脅威に感じているよ」 ただ、ベイルのようにブレ球を使いこなすスコブに対してミスショットの少ないオーソドックスな蹴り方をするエリクセンは総合的に見れば、自身にアドバンテージがあると考えているようだ。 「もちろん、彼の左足を生かしたキックはアドバンテージになると思うけど、距離や角度、ボールといったシチュエーションに左右される部分も多いね」 なお、今回の代表ウィークでも招集されているスコブだが、ケガの影響でコソボ戦、スイス戦のいずれも欠場する見込みだ。そのため、真のプレースキッカー争いは次回以降の楽しみとなる。 2019.03.22 01:52 Fri
twitterfacebook
thumb

カスパーの勇敢な救助活動…父ピーターが率直な思いを吐露

▽マンチェスター・ユナイテッドOBで元デンマーク代表GKのピーター・シュマイケル氏が、息子であるレスター・シティの同代表GKカスパー・シュマイケルの勇敢な行動を称賛すると共に、父親としての率直な思いを吐露した。 ▽その行動とは、レスターオーナーのヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏ら搭乗者5名の命を奪ったヘリコプター墜落事故の救助活動だ。事故発生当時、シュマイケルはすぐさま現場に駆けつけ、炎で包まれたヘリコプターから人命救助を試み、警察官に制止されたことが明らかになっている。 ▽そのカスパーの父であるピーター・シュマイケル氏は、イギリス『BBC』の『BBC Radio 5 live's Sportsweek』で次のように言及。息子に対して、いち人間としての「誇り」を感じると同時に、父として「怒り」の感情がこみ上げたことを明かした。 「私は息子のリアクションを誇りに思う。真っ先にやろうとしたことが救助活動だったのだからね」 「彼は炎上しているヘリコプターに走って行った。誰の親だって、あんなことは子供にさせたくない」 「私の息子は尊敬の念を欠かさない思いやりのある繊細な男だ。彼はとんでもないことをやった」 「今は難しい状況にある。私も彼の気持ちを読み取ろうとしていて、大きな反動がないことを願う」 2018.11.19 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

デンマークが敵地でウェールズを撃破しリーグA昇格《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグB・グループ4、ウェールズ代表vsデンマーク代表が16日に行われ、1-2でデンマークが勝利した。 ▽先月行われたUNL3戦目のアイルランド代表戦を1-0と勝利した首位ウェールズ(勝ち点6)は、勝利すれば首位が確定する中、ベイルやラムジー、ジョー・アレンらが先発となった。 ▽一方、UNL2戦目のアイルランド代表戦を0-0で引き分けた2位デンマーク(勝ち点4)も、勝利すれば首位が確定する中、エリクセンやデラネイ、GKシュマイケルらが先発となった。 ▽開始3分にエリクセンのミドルシュートでゴールに迫ったデンマークがボールを保持する展開で試合は推移していく。 ▽しかし、カウンターを狙うウェールズは9分にベイルのミドルシュートでGKシュマイケルを強襲。直後のCKの流れからチェスターが際どいヘディングシュートを浴びせるなど、主導権を渡さない。 ▽その後もデンマークがポゼッションする中、36分に右クロスをファーサイドのベイルが打点の高いヘディングシュートでゴールに迫り、デンマークを牽制していく。 ▽しかし42分、ロングカウンターからデンマークが先制した。デラネイのパスを右サイドのY・ポウルセンがダイレクトで前方にパスを送ると、これに反応したN・ヨルゲンセンがディフェンスライン裏を取ってGKとの一対一を制した。 ▽迎えた後半開始3分、ウェールズはベイルが右サイドを突破した流れからゴール前のブルックスがボレーで合わせるも枠を捉え切れない。 ▽その後もブルックスやT・ローレンスのミドルシュートでゴールに迫ったウェールズだったが、デンマークの守備網を攻略できない。終盤の82分、ボックス手前右で得たFKをベイルが直接狙うも、枠の右上を捉えたシュートはGKシュマイケルのビッグセーブに阻まれた。 ▽そして88分、スローインの流れからボックス右のブラースヴァイトがボレーシュートを決めたデンマークは、90分にベイルに1点を返されるも2-1で逃げ切り。敵地で勝利したデンマークが1試合を残して首位を決め、リーグAへの昇格を決めている。 2018.11.17 07:14 Sat
twitterfacebook
thumb

エリクセン、ベイルを警戒「彼はメッシやC・ロナウドの領域にとても近い選手」

▽トッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、ウェールズ代表FWガレス・ベイルを警戒している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽デンマーク代表は16日、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグB・グループ4の第3戦でウェールズ代表と対戦する。現在、デンマークは1勝1分けで2位につけており、首位浮上に向けても負けられない一戦を迎える。 ▽今回負傷から復帰したエリクセンは、ウェールズ戦に向けてエースのベイルについて言及。フットボール界をけん引し続けるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに匹敵する選手だと語った。 「彼はトップ。トッププレイヤーだ。メッシやロナウドと同等な人は誰もいないが、彼はその領域にとても近い選手だね」 「彼は長い間レアル・マドリーでプレーしているし、そこで上手くやっている。ベイルは常に違いを作れる選手だ。どのチームでも彼はそれができる」 「彼はとても速い。常に複数ゴールが保証されている。代表のチームでは、ゴールを決めることが全てであり、彼はそれができるんだ」 2018.11.15 08:50 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース