新システムの収穫は両WB&永井謙佑の生かし方/日本代表コラム

2019.06.12 14:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
6月シリーズと呼ばれるトリニダード・トバゴ代表戦、エルサルバドル代表戦を終え、日本代表はコパ・アメリカへと向かって行く。

編成としてはJリーグを中断させられないこと、そして日本は招待国となるため招集に拘束力がないことから、若手主体のメンバーを招集。ほとんどがA代表未経験者となっている。

9月に始まるカタール・ワールドカップ アジア予選を前に、最後の強化期間を終えた日本。トリニダード・トバゴ戦から取り組んできた[3-4-2-1]のシステムは、エルサルバドル戦でも継続。メンバーを入れ替えたことで、新たな戦い方の形が見えてきた。



◆機能した両WB
Getty Images
1つ目は、新たなシステムで生まれたウイングバック(WB)というポジションだ。トリニダード・トバゴ戦では、右を酒井宏樹(マルセイユ/フランス)、左を長友佑都(ガラタサライ/トルコ)が務めていたが、エルサルバドル戦は右を伊東純也(ヘンク/ベルギー)、左を原口元気(ハノーファー/ドイツ)が務めていた。

伊東、原口ともに普段は攻撃的なポジションを務めているため、攻撃時のポジショニングや動き出しで違いを見せていた。トリニダード・トバゴ戦で出場した酒井、長友はサイドバックとしてのプレーが長い影響で、ポジショニングと前に出て行く推進力の点で物足りなさを感じさせていただけに、両者のプレーは[3-4-2-1]というシステムを使う上での新たな形を見せることとなっただろう。

特に、伊東と原口は上下動、前からの守備という点でも及第点の活躍を見せていた。前半には相手のボール回しの拙さもあったが、伊東がスプリントしてボールを奪い、そのままボックス内に侵入。マイナスのクロスが流れ、原口がシュートを打つ場面があった。得点にこそ繋がっていないが、崩しの形としては日本の良さが出た部分でもあり、強豪国との対戦でどこまでプレーできるかを見たいところだ。

◆大黒柱・大迫に代わるオプション
Getty Images
2つ目として、1トップに入った永井謙佑(FC東京)の活躍を忘れてはならない。同僚のMF久保建英がデビューしたことでその陰に隠れる形となっているが、大迫とは違うタイプの選手を置いた効果を遺憾なく発揮した。

永井の特徴はご存知の通り、スプリント力だ。短い距離のダッシュよりも、長い距離を加速し続けられるその脚力は、エルサルバドルの脅威となった。

先制ゴールのシーンも、冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)のフィードに走力を生かしてい追いつくと、相手DFを鋭い切り返しで転ばせ、見事にゴールを奪い切った。早さだけでなく、緩急をつけることで、相手を振り切ることが可能になり、FC東京でも見せているプレーをしっかりと発揮してのゴールは圧巻だった。

また、2点目も永井の走力が生きた。左WBの原口がボールを持つと、ニアサイドに一瞬の隙をついて顔を出し、点で合わせてネットを揺らした。

これまでの森保ジャパンでは、大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)をトップに置いて起点を作り、2列目の中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)、南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)、堂安律(フローニンヘン/オランダ)が絡んで行くというスタイルしかなく、大迫が抜けただけで機能不全を起こしていた。

しかし、永井の良さを生かすため、WBに伊東、原口を配置したことを含めても、チームとしての戦い方がハッキリし、ストロングポイントを生かせたことはポジティブな材料だ。

最前線からスプリントできる永井のおかげで、相手のパスコースを限定。そこに対し、両WBがパスカットを狙える場面が増える。また、裏への抜け出しを警戒することで最終ラインを引っ張ることができ、バイタルエリアが空く場面も多く見られた。

アジアカップでは武藤嘉紀(ニューカッスル/イングランド)、3月シリーズでは鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)とスピードに長ける選手を起用してきたが、永井ほど相手に影響を与えた結果は残せていない。大迫とは違うオプションと考えれば、永井の働きはこの先の手段を1つ増やしたことになるだろう。

◆システム変更も混乱せず
Getty Images
また、その永井が肩を痛めたタイミングで、大迫を投入。さらに、伊東、畠中槙之輔(横浜F・マリノス)を下げて、室屋成(FC東京)、山中亮輔(浦和レッズ)を入れて[4-2-3-1]へとシステムを変更した。

3バックから4バックに変更したことについては「今日はスムーズにいった」と昌子源(トゥールーズ/フランス)が試合後に語ったように、守備面でも混乱を生むことはなかった。

一方で、攻撃面では大きな違いを生み出せなくなると、森保監督は中島、そして久保を投入。中島を左に、久保をトップ下に配置するシステムへと変更。個で打開できる選手を投入したことで、流れを掴むことに成功した。

公式の大会では3枚までしかカードが切れないため、エルサルバドル戦のように手を打つことはできないが、チームとしてのオプションを確認できたという点ではプラス材料となる。アジアの厳しい予選を戦う上で、チームとしての幅を広げられたことは大きな収穫だったと言えるだろう。

◆待望のデビュー、期待を裏切らない久保建英
Getty Images
そして、久保のデビューについて触れないわけにはいかないだろう。67分、中島とともにピッチに入った久保は、史上2番目の若さである18歳での日本代表デビューとなった。

ピッチに投入された久保は早速見せ場を作る。73分、大迫からのスルーパスを受けると、相手2人を引き連れながらドリブルを仕掛けると、タイミングを見計らって間を抜けて突破。そのまま左足でシュートを放った。これは惜しくもGKにセーブされたが、才能の片鱗を見せる。

このワンプレーで空気を変えると、日本の攻撃も活性化。久々に日本が決定機を作る展開となり、久保もドリブルやスルーパスなど、自身の強みをプレーで見せていった。

「だいたい持った瞬間に何を考えているのか、あの時はわかったので、そうだろうなと思ってたところでああいうふうにつながって良かったです」と試合後に周囲との連携に問題がないことを語った久保。トップスピードでも味方をしっかりと見て、自分のチャンスであれば仕掛ける姿が、いつも通りのプレーだった。デビュー戦でそれをやってのけるのが凄いことではあるのだが。

コパ・アメリカにも参戦する久保には、さらに大きな期待が寄せられることは間違いない。同世代の選手も多く招集されている中で、相手は大陸王者が懸かった真剣勝負。その中でどんなプレーを見せるのか、しっかりと見守りたい。

◆コパ・アメリカ経由、アジア予選
Getty Images
大半のメンバーはここで代表活動は終了。若手では久保や中島、冨安、中山雄太(ズヴォレ/オランダ)、大迫敬介(サンフレッチェ広島)が継続して代表活動を行なっていく。

コパ・アメリカでも[3-4-2-1]のシステムを継続することが濃厚と見られ、この1週間の代表活動で得た経験は久保をはじめプラスに働くはずだ。一方で、ここから合流する選手たちも、クラブレベルや世代別の日本代表では3バックのシステムを経験しているだけに、システム上のエラーは起こりにくいと考えられる。

ベテランであるGK川島永嗣(ストラスブール/フランス)、FW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)、先輩であるMF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)、DF植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)から吸収できる部分も多くある一方で、この先はライバルにもなる。コパ・アメリカというチャンスをいかに活かせるかが、この先のキャリアにも繋がっていくだろう。

2020年の東京オリンピック世代として、そしてその先のカタール・ワールドカップに向けて、コパ・アメリカでの経験を個人としてもチームとしても9月のアジア予選に繋げることができるか。まずは、新鮮な顔ぶれで戦うコパ・アメリカを見守りたい。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
コメント