モーガン5発、合計13発の王者・アメリカがタイを粉砕《女子W杯》2019.06.12 09:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
女子ワールドカップ(W杯)2019グループF第1節のアメリカ女子代表vsタイ女子代表が11日に行われ、13-0でアメリカが勝利した。ディフェンディングチャンピンとして大会に臨むアメリカは、エースのFWアレックス・モーガンやMFカーリー・ロイドら主力選手が出場。すると、衝撃のゴールショーを繰り広げた。

先制点は12分、ボックス内右に仕掛けたロイドからのクロスを、モーガンがヘディングで合わせてネットを揺らす。20分にはローズ・ラベルがボックス手前から左足を振り抜くと、ゴール左隅に決まり追加点。32分にはボックス手前のFKから、最後はリンジー・ホランが詰めて3点目を奪う。

前半は3点のリードを得たアメリカだったが、後半にその攻撃陣が爆発する。

50分、サマンサ・メウィスが強烈なシュートをたたき込むと、53分にはFKを繋いでモーガンが追加点。54分にはメウィスが2点目を奪うと、56分にはラベルもこの試合2点目を奪い、一気にリードを7点とする。

その後も選手交代をしながら攻撃の手を緩めないアメリカは、74分にモーガンがハットトリックとなるゴールを決めると、79分にミーガン・ラピノー、81分にモーガン、85分にマロリー・プー、87分にモーガンがこの試合5点目を記録。そして、アディショナルタイム2分にはカーリー・ロイドが締めのゴールを決め、終わってみれば13-0の圧勝で初戦を勝利した。

その他、グループEのニュージーランド女子代表vsオランダ女子代表は0-1でオランダが勝利、グループFのチリ女子代表vsスウェーデン女子代表は0-2で勝利している。

アメリカ女子代表 13-0 タイ女子代表
【アメリカ】
モーガン(前12)
ラベル(前20)
ホラン(前32)
メウィス(後5)
モーガン(後8)
メウィス(後9)
ラベル(後11)
モーガン(後29)
ラピノー(後34)
モーガン(後36)
プー(後40)
モーガン(後42)
ロイド(後45+2)
コメント
関連ニュース
thumb

開催国フランス、ブラジルとの120分の激闘制しベスト8進出!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019決勝トーナメント1回戦のフランス女子代表vsブラジル女子代表が23日に行われ、延長戦までもつれ込んだ激闘を2-1で競り勝ったフランスが準々決勝進出を果たした。 グループAを3連勝で首位通過した開催国フランスと、グループCを3位で終え各組3位チームの最上位で決勝トーナメント行きを決めたブラジルによる、優勝候補同士による一戦。 試合は立ち上がりから球際で激しくぶつかり合う見応えのある攻防が続く。ボールポゼッションで勝るブラジルは9分にマルタがファーストシュートを放つなど、完全アウェイの雰囲気の中でも落ち着いた入りを見せる。 一方、スタジアムの後押しに加え、フィジカル面の優位性を生かして縦に速い仕掛けから相手ゴールを目指すフランスは23分、右サイドのディアニのドリブル突破からのクロスに長身のゴーヴァンが飛び込む。GKと交錯しながら肩に当てたボールがゴールネットを揺らす。だが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、GKへのオフェンスファウルを取られてゴールは取り消しとなった。 VAR判定に救われたブラジルは38分にボックス内に抜け出したクリスティアーネが惜しいシュートを放つなど、ハーフタイムにかけて押し返すが、こちらも前半のうちにゴールを奪えなかった。 ゴールレスで折り返した試合は後半立ち上がりに動く。52分、トレントからの縦パスに反応した右サイドのディアニがDFをかわしてGKと最終ラインの間にグラウンダーの高速クロスを入れる。ここで絶妙な動き出しでDFの死角から飛び出したゴーヴァンがワンタッチで合わせ、フランスに先制点が生まれた。 これで一気にフランスペースかに思われたが、ブラジルもすぐさま反撃を見せる。55分にクリスティアーネのヘディングシュートで決定機を作り出すと、63分には左サイドに抜け出したデビーニャのクロスのこぼれ球をボックス中央のタイーザが冷静に流し込む。一度はオフサイドの判定もVARの結果、判定が覆ってゴールが認められた。 1-1の振り出しに戻った試合はここから一進一退の攻防となる。互いに前線の個人技を生かして相手ゴールに迫るが、最後のところで崩し切れず、90分間で決着をつけることはできなかった。 延長戦に入っても拮抗した状況が続く中、延長前半終了間際の105分にはブラジルに絶好機。ロングカウンターから左サイドを独走したデビーニャがゴール前まで切り込んでGKの脇を抜くシュートを放つが、これは決死の戻りを見せたアセイにゴールライン手前で掻き出される。 このスーパークリアで大ピンチを凌いだフランスは延長後半に入った直後の107分、相手陣内右サイドでFKのチャンスを獲得。ここでキッカーのマイリが浮き球で入れたボールをファーでマークを振り切ったキャプテンのアンリが左足のダイレクトシュートで流し込み、フランスに勝ち越しゴールが生まれた。 その後、ブラジルの反撃をチーム一丸の守備で凌ぎ切った開催国フランスが120分間に及ぶ激闘を2-1で制した。そして、ベスト8進出を果たしたフランスは翌日に行われるスペイン女子代表vsアメリカ女子代表の勝者と準々決勝で対戦する。 2019.06.24 06:52 Mon
twitterfacebook
thumb

イングランドがカメルーンに3発完勝で2大会連続の8強進出を決める!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019決勝トーナメント1回戦のイングランド女子代表vsカメルーン女子代表が23日に行われ、3-0でイングランドが勝利した。 なでしこジャパンらが同居したグループDを首位で突破したイングランドと、オランダ女子代表らが同居したグループEを3位で突破したカメルーンの一戦。 試合が動いたのは12分、イングランドはスルーパスでボックス右深くまで抜け出したホワイトの折り返しを供給すると、守備に戻ったエジャンゲの足に当たったボールをGKヌゴ・ヌドエがキャッチ。主審がこれをバックパスと判定しイングランドに間接FKが与えられると、ゴールエリア手前からの間接FKをホートンがゴール右隅にシュートを突き刺した。 先制したイングランドは、前半アディショナルタイムに再び決定機を迎える。49分、敵陣でボールをカットしたブロンズがボックス手前まで持ち上がりラストパスを供給。これをボックス中央で受けたホワイトが反転から左隅にシュートを流し込み、追加点を奪った。 迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはカメルーン。48分、GKバースリーのロングキックを中盤でエンガナムートが弾き返すと、このボールに反応したオングエネがボックス左まで侵入。マイナスの折り返しを供給すると、走り込んだヌクートがダイレクトシュートをゴールに流し込んだ。 このゴールで1点を返したかに思われたカメルーンだが、オングエネが左サイドを抜け出した際にオフサイドがあり、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)検証の結果、このゴールは取り消された。 ピンチを凌いだイングランドは、58分に反撃。左CKからドュガンがグラウンダーのボールを供給すると、中央に走り込んだグリーンウッドがゴール右隅にシュートを突き刺した。 一矢報いたいカメルーンだったが、最後までイングランドのゴールネットを揺らすことはできず。試合は3-0のままタイムアップ。カメルーンに完勝し2大会連続のベスト8進出を決めたイングランドは、準々決勝でノルウェー女子代表と対戦する。 2019.06.24 02:35 Mon
twitterfacebook
thumb

PK戦までもつれ込む激闘を制したノルウェーが3大会ぶりのベスト8進出!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019決勝トーナメント1回戦のノルウェー女子代表vsオーストラリア女子代表が22日に行われ、1-1のスコアで120分が終了。その後に行われたPK戦の結果、4-2でノルウェーが勝利した。 フランス女子代表らと同居したグループAを2位で通過したノルウェーと、ブラジル女子代表らと同居したグループCを2位で通過したオーストラリアが激突した一戦。 試合は開始早々にオーストラリアンがチャンスを迎える。1分、フォードのスルーパスをボックス左で受けたサマンサ・カーがカットインから右足を振り抜いたが、これはわずかにゴール右に外れた。さらに6分にもボックス右から仕掛けたラソが決定機を迎えたが、シュートは相手GKにキャッチされた。 その後はノルウェーも落ち着きを取り戻し、試合は膠着状態に。そんな中、先に試合を動かしたのはノルウェー。31分、右サイドでパスを受けたサエビクが相手DF裏のスペースへアーリークロスを供給。キャトレイがクリアにもたつくと、裏に抜け出したヘルロヴセンがそのままゴール前まで持ち上がり、冷静にゴールネットを揺らした。 先制を許したオーストラリアだが、42分に反撃。サマンサ・カーの右クロスを胸でクリアしようとしたスラスドーターのハンドを誘発。主審はPKを宣告したがビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、判定が覆りノーハンドの判定でPKは取り消された。 迎えた後半、先にチャンスを迎えたのは1点を追うオーストラリア。52分、スローインを味方がフリックすると、このボールで右サイドを抜け出したロガーゾがクロスを供給。ゴール左に走り込んだフォードが右足アウトで合わせたが、これは左サイドネットに外れた。 さらに59分には、敵陣でパスカットしたフォードのスルーパスでゴール前に抜け出したサマンサ・カーがシュートを沈めたが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 一進一退の攻防が続く中、オーストラリアが再び決定機を迎える。84分、8の右CKに味方が飛び込むも、誰も触れられなかったボールが直接ゴールに吸い込まれた。結局、90分では決着が付かず試合は延長戦に。 その延長戦では疲労によりオープンな展開となると、延長前半14分にオーストラリアにアクシデント。レイテンの浮かせたパスでDFの裏に抜け出そうとしたユートランドを引き倒したケネディがレッドカードを受けて、一発退場となった。 数的優位となったノルウェーは、延長前半アディショナルタイムにチャンス。中央を持ち上がったボエ・リサがロングシュートでオーストラリアゴールを脅かすも、これはクロスバーを直撃した。 延長後半は数的優位のノルウェーが再三オーストラリアゴールに迫るも、オーストラリア守備陣が身体を張った守りで凌ぎ切った。結局、120分で決着がつかず試合はPK戦に突入。そのPK戦では、4人が成功したノルウェーに対してオーストラリアはサマンサ・カーとギールニクが失敗。PKスコア4-2でノルウェーが準々決勝進出を決めた。 なお、勝利したノルウェーは、準々決勝で23日に行われるイングランド女子代表vsカメルーン女子代表の勝者と対戦する。 2019.06.23 06:54 Sun
twitterfacebook
thumb

ナイジェリアに3発快勝のドイツが3大会連続のベスト8進出を決める!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019決勝トーナメント1回戦のドイツ女子代表vsナイジェリア女子代表が22日に行われ、3-0でドイツが勝利した。 スペイン女子代表らと同居したグループBを首位で通過したドイツと、フランス女子代表らと同居したグループAを3位で通過したナイジェリアが激突した一戦。ドイツは立ち上がりにチャンスを迎える。5分、セットプレーのこぼれ球をつなぐと、バイタルエリア左のフツがクロスをゴール前に抜け出したマグルがコントロールから左足を振り抜いたが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。 主導権を握りるドイツは20分、マグルの左CKからポップがヘディングシュートを突き刺し、先制に成功。さらに24分には、相手ボックス内でこぼれ球を追ったマグルがヌワブオクに倒されると、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ドイツにPKが与えられた。このPKをデェブリツがゴール右隅に沈めた。 迎えた後半、リードするドイツはロイポルツとシュワーツを下げてビュールとサイモンを投入する2枚替え。対するナイジェリアはヌワブオクを下げてアジバデをピッチに送り出した。 すると、先にチャンスを迎えたのはナイジェリア。50分、ボックス左から縦に仕掛けたアジバデの折り返しをゴール右手前に走り込んだエビがすべり込んだが、これはわずかに届かない。 一進一退の攻防が続く中、ドイツが相手のミスから試合を決定づける。82分、グヴィンが前線からハイプレスをかけるとアインデはGKへのバックパスを選択。これをボックス内でカットしたシュレルがそのままゴール左隅にシュートを流し込んだ。 結局、試合はそのまま3-0で終了。ナイジェリアに快勝したドイツが、3大会連続となるベスト8進出を決めた。なお、ドイツはベスト8で24日に行われるスウェーデン女子代表vsカナダ女子代表の勝者と対戦する。 2019.06.23 02:27 Sun
twitterfacebook
thumb

ベスト16進出国決定! なでしこジャパンはオランダ女子代表と激突《女子W杯》

フランスで行われている女子ワールドカップ(W杯)2019のベスト16進出国が出揃った。 グループDを2位通過のなでしこジャパンは、決勝トーナメント1回戦でグループE首位突破のオランダ女子代表と対戦。勝ち進めば、イタリア女子代表vs中国女子代表の勝者と顔を合わせる。 決勝トーナメント1回戦は23日からスタート。なでしこは26日に登場する。 ◆決勝トーナメント1回戦 ▽6/23 《24:30》 ドイツ vs ナイジェリア 《28:00》 ノルウェー vs オーストラリア ▽6/24 《24:30》 イングランド vs カメルーン 《28:00》 フランス vs ブラジル ▽6/25 《25:00》 スペイン vs アメリカ 《28:00》 スウェーデン vs カナダ ▽6/26 《25:00》 イタリア vs 中国 《28:00》 オランダ vs 日本 2019.06.21 12:05 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース