ルカク&デ・ブライネ弾でスコットランドに完勝のベルギーが4連勝!《ユーロ2020予選》2019.06.12 05:52 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベルギー代表は11日、ユーロ2020予選グループI第4節でスコットランド代表と対戦し、3-0で勝利した。8日に行われたカザフスタン代表戦快勝し3連勝を飾ったグループ首位のベルギー(勝ち点9)が、3位のスコットランド(勝ち点6)をホームに迎えた一戦。ベルギーは前節からスタメンを2人変更。メルテンスとカスターニュに代えてティーレマンスとムニエを起用。3トップにデ・ブライネ、ルカク、アザールを並べた[3-4-3]の布陣で試合に臨んだ。

立ち上がりからボールを保持するベルギーは17分、敵陣内でボールを受けたアザールのラストパスからゴール前に抜け出したトルガン・アザールがダイレクトシュートを放ったが、これは相手GKの好セーブ。さらに27分には、左CKからニアサイドのヴィツェルが頭で合わせたが、これは相手DFのブロックに阻まれた。

このまま前半終了かと思われたが、ベルギーは前半アディショナルタイムに試合を動かす。46分、ボックス左でボールキープしたデ・ブライネのロストボールをボックス左深くで拾ったアザールがクロスを供給すると、ゴール前のルカクがヘディングで叩き込んだ。

良い形で後半を迎えたベルギーは57分、アザールのパスをボックス左で受けたデ・ブライネが反転からシュート。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球をルカクが押し込み追加点を奪った。

早い時間の追加点で主導権を握ったベルギーは、攻守においてスコットランドを圧倒。試合終了間際の92分には、メルテンスとのパス交換でペナルティアーク左まで切り込んだデ・ブライネがゴール右隅にシュートを流し込んだ。

結局、2戦連続で3ゴールを奪い完勝したベルギーが4連勝を飾り、グループ首位を快走している。

◆11日開催グループI結果
ベルギー 3-0 スコットランド
ロシア 1-0 キプロス
カザフスタン 4-0 サンマリノ

◆グループI順位表
[勝点/試合数/得失差]
1.ベルギー[12/4/10]
2.ロシア[9/4/12]
3.カザフスタン[6/4/0]
4.スコットランド[6/4/-3]
5.キプロス[3/4/1]
6.サンマリノ[0/4/-20]
コメント
関連ニュース
thumb

無慈悲ドイツが圧巻8発で3連勝! 首位の北アイルランドを追走《ユーロ2020予選》

ドイツ代表は11日、ユーロ2020予選グループC第4節でエストニア代表をホームに迎え、8-0で圧勝した。 3日前に行われたベラルーシ代表戦を2-0と勝利し2連勝スタートとしたドイツは、ベラルーシ戦のスタメンから2選手を変更。ターとクロステルマンに代えてゴレツカとケーラーを起用した。 2連敗スタートのエストニアに対し、[4-3-3]を採用したドイツはGKにノイアー、4バックに右からケーラー、ギンター、ジューレ、N・シュルツ、中盤アンカーにキミッヒ、インサイドにギュンドアンとゴレツカ、3トップはザネ、ロイス、ニャブリが流動的にポジションを取る形となった。 立ち上がりから攻勢に出たドイツは10分にあっさり先制する。ギュンドアンのパスを右サイド高い位置で受けたケーラーがダイレクトでクロスを折り返すと、ロイスが押し込んだ。 先制後もハーフコートゲームを続けたドイツは17分に加点する。ギュンドアンの浮き球パスをボックス左で受けたザネの折り返しをニャブリが押し込んだ。 その後も攻め手を緩めないドイツは20分、ボックス右のキミッヒのクロスをゴレツカがヘディングで流し込んで3-0。さらに26分、ゴレツカが得たPKをギュンドアンが決めて4-0とすると、37分にはロイスの直接FKが決まって5-0とし、前半で勝負を決めた。 後半に入ってN・シュルツ、ゴレツカをお役御免としたドイツは62分に6点目を挙げる。ボックス左からのハルステンベルクのクロスをニャブリが押し込んだ。 終盤にかけても容赦のないドイツは79分、ドラクスラーのスルーパスをヴェルナーが決めると、88分にはザネも決めて8-0。圧勝で3連勝スタートとしている。 ◆11日開催グループC第4節その他の試合結果 ベラルーシ 0-1 北アイルランド ◆グループC順位表 [勝点/試合数/得失差] 1.北アイルランド[12/4/5] 2.ドイツ[9/3/11] 3.オランダ[3/2/3] 4.エストニア[0/4/-11] 5.ベラルーシ[0/4/-8] 2019.06.12 06:05 Wed
twitterfacebook
thumb

インシーニェ&ヴェッラッティ弾のイタリアがボスニア・Hに逆転勝利で無傷の4連勝!《ユーロ2020予選》

イタリア代表は11日、ユーロ2020予選グループJ第4節でボスニア・ヘルツェゴビナ代表をホームに迎え、2-1で逆転勝利した。 3日前に行われたギリシャ代表戦を3-0と快勝して3連勝スタートとしたイタリアは、ギリシャ戦のスタメンから3選手を変更。ベロッティ、キエーザ、フロレンツィに代えてクアリアレッラ、ベルナルデスキ、G・マンチーニを起用した。 ジェコやピャニッチを先発で起用してきた1勝1分け1敗スタートのボスニア・H相手に[4-3-3]を採用したイタリアはGKにシリグ、4バックに右からG・マンチーニ、ボヌッチ、キエッリーニ、エメルソン・パルミエリ、中盤アンカーにジョルジーニョ、インサイドにヴェッラッティとバレッラ、3トップに右からベルナルデスキ、クアリアレッラ、インシーニェと並べた。 開始3分にクアリアレッラのミドルシュートでゴールに迫ったイタリアが押し込む展開で立ち上がっていくと、17分にベルナルデスキがミドルシュートでゴールに近づいた。 しかし18分、ボヌッチが好ブロックで凌いだもののヴィスチャに決定的なシュートを許すと、ここからボスニア・Hのポゼッションが上がっていった。そして32分に先制を許す。ベシッチの見事なダイレクトパスでボックス右に侵入したヴィスチャのクロスをジェコが押し込んだ。 追う展開となったイタリアは41分に同点のチャンス。ペナルティアーク右からクアリアレッラの放ったシュートがゴール左を捉えた。だが、GKシュヒッチの好守に阻止された。続く43分にもベルナルデスキのミドルシュートがGKを強襲したが、前半のうちには追いつけず1点のビハインドでハーフタイムに入った。 後半からクアリアレッラに代えてキエーザを右ウイングに投入したイタリアが攻勢に出る立ち上がりとなると、開始4分に追いついた。右CKからボックス手前左のインシーニェが右足ボレーで一閃。完璧にミートしたシュートがゴール左に突き刺さった。 ここからオープンな攻防が続くと、ボスニア・Hが立て続けに勝ち越しゴールに迫っていく。まずは55分、サリッチがミドルシュートで、直後にもヴィスチャのミドルシュートで勝ち越しゴールに近づいた。 その後もオープンな展開が続く中、逆転を目指すイタリアは終盤の81分にベロッティを投入すると、86分に逆転ゴールが生まれた。インシーニェのパスをボックス左で受けたヴェッラッティがゴール右隅へコントロールシュートを蹴り込んだ。これが決勝点となってイタリアが勝利。4連勝スタートとしている。 ◆11日開催グループJ第4節その他の試合結果 リヒテンシュタイン 0-2 フィンランド ギリシャ 2-3 アルメニア ◆グループJ順位表 [勝点/試合数/得失差] 1.イタリア[12/4/11] 2.フィンランド[9/4/2] 3.アルメニア[6/4/1] 4.ギリシャ[4/4/-2] 5.ボスニア・ヘルツェゴビナ[4/4/-2] 6.リヒテンシュタイン[0/4/-13] 2019.06.12 05:56 Wed
twitterfacebook
thumb

格下相手に4発快勝のフランスがグループH首位に浮上!《ユーロ2020予選》

フランス代表は11日、ユーロ2020予選グループH第4節でアンドラ代表と対戦し、4-0で勝利した。 8日に行われたトルコ代表戦を0-2で完敗した2位フランス(勝ち点6)が、最下位のアンドラ(勝ち点0)のホームに乗り込んだ一戦。フランスはトルコ戦から先発を大幅7人変更。ジルーやマテュイディ、ヴァランらに代えてトヴァンやコマン、ラングレらを先発で起用した。 フランスはウォーミングアップ中に負傷したコマンに代わりにスタメンに入ったイェデルとグリーズマンを2トップに配置した[4-4-2]の布陣を採用。中盤は右からトヴァン、ポグバ、エンドンベレ、ムバッペと並べた。開始3分にグリーズマンのミドルシュートで幕を開けた試合は、立ち上がりからフランスがボールを保持する主導権を握る。 すると11分、自陣からボールを持ち上がったエンドンベレがC・ルビオに倒されると、このこぼれ球をセンターサークル内のグリーズマンがワンタッチで左のスペースへ展開。このパスに反応したムバッペがボックス左から侵入すると、飛び出したGKの上を越すチップキックでゴールネットを揺らし、フランスが先制に成功した。 先手を取ったフランスは、30分にもポグバのロングパスが相手DFのクリアミスを誘うとセカンドボールに反応したトヴァンの折り返しをボックス中央のイェデルがシュート。これが相手GKの手を弾きゴールネットに突き刺さった。 フランスは前半アディショナルタイムにも、ボックス左でパスを受けたムバッペの左クロスからトヴァンが豪快なジャンピングボレーを叩き込み、3点のリードで前半を終えた。 後半に入っても主導権を握るフランスは55分、エンドンベレのロングパスをボックス右に駆け上がったトヴァンがダイレクトで合わせたが、これはゴール右に外れる。それでも60分、グリーズマンの左CKをズマが頭で合わせると、一度は相手DFに当たったがこぼれ球を再びズマが押し込み、4点目を奪取。 その後何度もアンドラゴールに迫ったフランスだが、追加点は生まれず。4発快勝のフランスが、得失点差でトルコをかわしグループHの首位に浮上した。 ◆11日開催グループH結果 アンドラ 0-4 フランス アイスランド 2-1 トルコ アルバニア 2-0 モルドバ ◆グループH順位表 [勝点/試合数/得失差] 1.フランス[9/4/9] 2.トルコ[9/4/7] 3.アイスランド[9/4/0] 4.アルバニア[6/4/2] 5.モルドバ[3/4/-8] 6.アンドラ[0/4/-10] 2019.06.12 05:43 Wed
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモスの2戦連発弾やオヤルサバルの代表初弾でスウェーデンに快勝のスペインが4連勝!《ユーロ2020予選》

スペイン代表は10日、ユーロ2020予選グループF第4節でスウェーデン代表をホームに迎え、3-0で快勝した。 3日前に行われたフェロー諸島代表戦を4-1と快勝して3連勝スタートとしたスペインは、フェロー諸島戦のスタメンから8選手を変更。セルヒオ・ラモス、イスコ、GKケパのみ引き続きスタメンとなって、ブスケッツやジョルディ・アルバ、カルバハルらが先発となった。 2勝1分けスタートとしている2位スウェーデンに対し、[4-3-3]を採用したスペインはGKにケパ、4バックに右からカルバハル、セルヒオ・ラモス、イニゴ・マルティネス、ジョルディ・アルバ、中盤アンカーにブスケッツ、インサイドにパレホとファビアン・ルイス、3トップに右からアセンシオ、ロドリゴ・モレノ、イスコと並べた。 試合は立ち上がりからスペインが押し込みハーフコートゲームとすると、ファビアン・ルイスやパレホ、イスコが枠内シュートを浴びせていく。 守備に追われるスウェーデンが負傷したクラーソンがプレー続行不可能となって26分にヨハンソンを投入したのに対し、引き続き押し込むスペインだったが、スウェーデンの守備を崩しきることはできない。結局、前半半ば以降はゴールに近づけず、ゴールレスで後半へ折り返した。 迎えた後半もポゼッションしたスペインだったが、なかなかゴールに迫ることができない。それでも63分、アセンシオの左クロスがボックス内のラーションのハンドを誘ってPKを獲得。これをセルヒオ・ラモスが決めてスペインが先制した。 主将の2戦連発弾が生まれたスペインがその後も試合をコントロールした中、終盤にアタッカーのイサクを投入してきたスウェーデンに対し、84分にこの試合2つ目のPKを獲得する。ドリブルでボックス内に侵入したモラタがヘランデルに倒された。このPKをモラタが決めて2-0としたスペインは続く87分にも加点する。 オヤルサバルがボックス手前右でパスを受け、ゴール左にシュートを流し込んだ。オヤルサバルの代表初ゴールも生まれたスペインがグループ最大のライバルを3-0で下し、予選4連勝とした。 ◆10日開催グループFその他の試合結果 フェロー諸島 0-2 ノルウェー マルタ 0-4 ルーマニア ◆グループF順位表 [勝点/試合数/得失差] 1.スペイン[12/4/9] 2.ルーマニア[7/4/6] 3.スウェーデン[7/4/1] 4.ノルウェー[5/4/1] 5.マルタ[3/4/-8] 6.フェロー諸島[0/4/-8] 2019.06.11 05:41 Tue
twitterfacebook
thumb

上位対決で快勝のポーランドが4連勝でグループG首位を堅守!《ユーロ2020予選》

ポーランド代表は10日、ユーロ2020予選グループG第4節でイスラエル代表と対戦し、4-0で快勝した。 予選3連勝でグループG首位に立つポーランドは、7日に行われた北マケドニア代表戦の先発から1人を変更。フランコフスキに代えてピョンテクが先発入りし、レヴァンドフスキとの2トップを組んだ。 立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、ポーランドは11分に左CKのセカンドボールに反応したクリホヴィアクがボックス手前ミドルシュートで狙ったが、これはゴール右に外れた。 その後も膠着状態が続いたが、35分にポーランドが先制する。レヴァンドフスキのロングスルーパスをボックス右で受けたケジオラがツータッチでラストパスを供給。これに抜け出したピョンテクがゴールエリア右横からニアサイドにシュートを突き刺した。 迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはリードするポーランド。54分、スルーパスで左サイドを抜け出したグロシツキのクロスがエイニのハンドを誘い、ポーランドがPKを獲得。このPKをレヴァンドフスキがゴール右隅に決めた。 追加点を奪ったポーランドは、59分にも右サイドでパスを受けたジエリンスキが左のスペースへサイドチェンジを供給すると、ボックス左まで駆け上がったグロシツキがダイレクトシュート。これが相手GKの手を弾きゴールに吸い込まれた。 試合を決定づける3点目を奪ったポーランドは、73分にミリク、75分にゴラルスキ、77分にカジョルと立て続けに交代カードを切る。すると84分、相手GKのパスをカットしたミリクのラストパスをボックス右から侵入したカジョラルが冷静にゴールへ流し込み、4点目を奪った。 結局、試合は4-0でポーランドが快勝。イスラエルとの上位対決を制したポーランドは、4連勝でグループ首位をキープしている。 ◆10日開催のグループG第4節結果 ポーランド 4-0 イスラエル 北マケドニア 1-4 オーストリア ラトビア 0-5 スロベニア ◆グループG順位表 1.ポーランド[12/4/8] 2.イスラエル[7/4/1] 3.オーストリア[7/4/1] 4.スロベニア[5/4/4] 5.北マケドニア[4/4/-1] 6.ラトビア[0/4/-12] 2019.06.11 05:40 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース