メッシが初の世界で最も稼いだアスリートに! Cロナウド、ネイマールが続きトップ3をサッカー選手が独占2019.06.12 01:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、世界で最も稼いだアスリートのトップに立っている。アメリカ『フォーブス』が伝えた。報道によれば、メッシの収入は1億2700万ドル(約138億円)とのことで、初のトップとなった。選手としてのサラリーとボーナスは、9200万ドル(約100億円)でスポンサー収入が3500万ドル(約38億円)とと記録されている。

また、過去に2度(2016、2017)トップを獲得したユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが1億900万ドル(約118億円)で2位、昨年5位だったパリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールが1億500万ドル(約114億円)で3位となり、トップ3をサッカー選手が独占した。

◆世界で最も稼いだアスリート
1位:リオネル・メッシ(1億2700万ドル/約138億円)[サッカー]
2位:クリスティアーノ・ロナウド(1億900万ドル/約118億円)[サッカー]
3位:ネイマール(1億500万ドル/約114億円)[サッカー]
4位:サウル・アルバレス(9400万ドル/約102億円)[ボクシング]
5位:ロジャー・フェデラー(9340万ドル:約101億円)[テニス]
6位:ラッセル・ウィルソン(8950万ドル:約97億円)[アメリカンフットボール]
7位:アーロン・ロジャース(8930万ドル:約96億9000万円)[アメリカンフットボール]
8位:レブロン・ジェームズ(8900万ドル:約96億5600万円)[バスケットボール]
9位:ステフィン・カリー(7980万ドル:約87億円)[バスケットボール]
10位:ケビン・デュラント(6540万ドル:約71億円)[バスケットボール]
コメント
関連ニュース
thumb

PSGがネイマール移籍金を驚愕の360億円に設定!?

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(27)にバルセロナ復帰が噂されている中、PSGがネイマールの移籍金に驚愕の3億ユーロ(約360億円)を要求しているとスペイン『アス』が伝えている。 18日にスペインのラジオ番組『エル・ラグエロ』にて、既にバルセロナがネイマールと連絡を取っており、移籍金1憶ユーロ(約121億円)に加えMFウスマーヌ・デンベレ、MFイバン・ラキティッチ、DFサミュエル・ユムティティを提供する用意があると報じられた。 しかし翌日にフランスの日刊紙『ル・パリジャン』が、PSGはネイマールの移籍金として驚愕の3億ユーロ(約360億円)を要求していると伝えた。これは同選手が2年前にバルセロナからPSGに移籍した際の金額よりも7800万ユーロも高い金額である。 ネイマール自身は近頃「もうここ(PSG)ではプレーしたくない、バルセロナに帰りたい」、「僕はバルセロナを去るべきでは無かった」などの発言をしているとされ、復帰希望が高まっているようだ。ただ上記の法外な移籍金設定等により復帰は簡単ではない模様で、金額だけでなく人的トレードも含めて交渉にあたっていると同紙は伝えている。 はたしてバルセロナでのM(リオネル・メッシ)S(ルイス・スアレス)N(ネイマール)復活はあるのか、サッカー界きってのスーパースターの今後の動向に注目が集まる。 2019.06.20 15:05 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ、ベネズエラ守護神に関心! コパ・アメリカでは無失点継続中

バルセロナが、ベネズエラ代表GKウイルケル・ファリニェス(21)に注目しているようだ。スペイン『fichajes.com』が伝えている。 昨年1月からコロンビアのミジョナリオスでプレーしているファリニェス。あまり知られていないものの、高い身体能力を駆使した俊敏性やショットストップが高い評価を受けており、ヨーロッパの多くのクラブが関心を寄せている逸材だ。しかし、身長178cmという弱点も持っている。 21歳ながらすでに3度のコパ・アメリカに参加しており、今回が初出場となる。ここまでペルーとブラジルと戦い無失点を継続中。評価に違わぬ活躍を見せている。 ここ数カ月の間スカウトしてきたバルセロナからの関心についてファリニェスは嬉しいと認めがらも「重要なのは責任を果たすことにフォーカスしなければならないこと。今はこの大会に集中しているよ」と、慎重な姿勢を見せた。 バルセロナでは、オランダ代表GKイェスパー・シレッセンが退団すると見込まれており、ファリニェスはその後釜と見られている。 2019.06.20 14:44 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサでの将来は不確実…コウチーニョが語る

バルセロナに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(27)が去就に言及した。スペイン『マルカ』が報じた。 2018年1月にリバプールからバルセロナに移籍したコウチーニョ。パリ・サンジェルマン(PSG)に移籍した同国代表FWネイマールの後釜として大きな期待を抱かれての加入だったが、それに応えるほどの活躍ができておらず、今夏退団の見方が浮上している。 そうした状況を受け、チェルシーやPSGの関心報道が取り巻くコウチーニョ。ブラジル代表の一員としてコパ・アメリカ2019を戦うなか、注目を集める去就について問われると、次のように語り、バルセロナでの将来が不鮮明であることを明かしたという。 「バルセロナで(キャリアを)続けるどうかはわからないよ。将来なんて誰も知り得ないことさ。それに、今の僕は(コパ・アメリカを戦う代表)チームでプレーすることに集中している」 2019.06.20 09:20 Thu
twitterfacebook
thumb

エバートン、アンドレ・ゴメス買い取りへ約30億円の移籍金でバルサと合意か

エバートンがバルセロナのポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(25)の買い取りへ2200万ポンド(約30億円)の移籍金を支払うことで合意したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 2016年夏にバレンシアから約4200万ポンドでバルセロナに加入したアンドレ・ゴメスだったが、レギュラー争いを勝ち抜けず、昨夏エバートンにレンタルで加入。今季はプレミアリーグで27試合に出場し1ゴール1アシストを記録し、準主力としてプレーしていた。 エバートンは昨季、バルセロナからフランス代表DFリュカ・ディーニュ、コロンビア代表DFジェリー・ミナを獲得していた。 2019.06.20 00:32 Thu
twitterfacebook
thumb

デ・リフト代理人、クラブ間合意報道のバルサに断り?

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のバルセロナへの移籍が破談に終わる可能性が出てきた。スペイン『マルカ』がスペイン『カデナ・セール』での情報をもとに伝えている。 高い身体能力や足元の技術を兼ね備え、名門アヤックスで主将を務めるデ・リフト。今シーズン、KNVBベーカーとエールディビジの国内2冠に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を果たした若きチームを攻守両面でけん引し続けた。 そんなデ・リフトには、バルセロナやパリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、リバプール、ユベントスなどメガクラブからの関心が伝えられており、中でも最近では、バルセロナとPSGの2クラブの報道が加熱している。 移籍金7500万ユーロ(約92億2000万円)でクラブ間合意に達したとされるバルセロナだが、再びアムステルダムでの交渉に臨むと、デ・リフトの代理人を務めるミノ・ライオラ氏から断りがあった模様。同メディアによれば、PSGやバイエルン、ユベントスの方が好条件のオファーを提示していることが理由だという。また、その中ではPSGがポールポジションにいるようだ。 錯綜し続けるデ・リフトの去就。果たしてどのような結末を迎えるのだろうか。 2019.06.19 12:45 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース