韓国vsイランは白熱ドロー! ウィジョ連発もキム・ヨングォンがOG献上…《国際親善試合》2019.06.11 22:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際親善試合の韓国代表vsイラン代表が11日に行われ、1-1のドローに終わった。7日に行われたオーストラリア代表戦をFWファン・ウィジョの決勝点によって1-0で勝利した韓国が、6日に行われたシリア代表戦でマルク・ヴィルモッツ新体制の初陣を5-0の大勝で飾ったイランと対峙したアジア勢同士の一戦。

連勝を狙う韓国はエースでキャプテンのFWソン・フンミンに加え、ガンバ大阪所属のDFキム・ヨングォン、ファン・ウィジョ、FC東京所属のMFナ・サンホを先発で起用した。

立ち上がりからフレンドリーマッチらしからぬオープンな攻防が繰り広げられた中、ホームの韓国がよりフィニッシュの場面を作り出す。15分過ぎにはソン・フンミンの右CKを中央で競り勝ったキム・ヨングォンが頭で合わすが、ここは相手GKの好守に阻まれた。さらに、25分にはボックス右で味方からのスルーパスに抜け出したファン・ウィジョが深い切り返しでDFを外して左足のシュートを放つが、DFにディフレクトしてゴールに向かったボールはGKビランヴァンドのビッグセーブに遭う。

一方、素早い攻守の切り替えを武器にカウンターを仕掛けるイランもFWジャハンバクシュの強烈なミドルシュートなどで韓国ゴールに迫るが、こちらもGKチョ・ヒョヌが立ちはだかる。

その後は不用意なボールロストが目立つ韓国に対して、イランの高速カウンターが発動。ボックス付近でタレミらが際どいシュートを浴びせかける。それでも、劣勢の韓国も前半終盤に盛り返すと、ソン・フンミンのミドルシュートに、44分には右サイド深くでイ・ヨンが折り返したボールをゴール前のナ・サンホが右足ボレーで合わすが、これは惜しくもクロスバーの内側を叩いた。

ゴールレスで折り返した試合は、後半も立ち上がりから攻め合う展開に。54分にはボックス手前のレザイアンが強烈なミドルシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩く。

すると、直後の57分には韓国が先制点を奪う。自陣からのロングボールに対してMFイ・ジェソンが競りに行くと、ここでイランのDF2枚が交錯してボールがこぼれる。これを回収したファン・ウィジョがボックス右まで持ち込むと、GKビランヴァンドが果敢な飛び出しを見せる。だが、相手GKの寸前でループシュートに切り替えたファン・ウィジョの判断が功を奏してゴールネットを揺らした。

ファン・ウィジョの2試合連続ゴールで先手を奪った韓国だったが、直後のセットプレーから同点に追いつかれる。62分、イランの右CKの場面でキッカーが右足でアウトスウィングのボールを入れると、ゴール前で相手と競ったDFキム・ヨングォンに当たったボールがゴールネットに吸い込まれた。

奇しくもG大阪所属の2選手のゴールによって1-1の振り出しに戻った試合はその後も意地と意地がぶつかり合う見応えのある攻防が続く。互いに交代カードを切っていく中、試合終盤はホームの後押しを受けた韓国が押し込む。後半のアディショナルタイムにはソン・フンミンがボックス左角から強烈なシュートをゴール右隅に飛ばすが、これは相手GKの好守に阻まれ、試合はこのままタイムアップ。

ホームの韓国はアジアカップ後の連勝が「3」でストップ。一方、イランもヴィルモッツ新体制での連勝を飾ることはできなかった。

韓国代表 1-1 イラン代表
【韓国】
ファン・ウィジョ(後12)
【イラン】
OG(後17)
コメント
関連ニュース
thumb

大会MVPはイ・ガンイン、最優秀GKはルニン!《U-20W杯》

15日にU-20ワールドカップ(W杯)2019の全日程が終了し、U-20ウクライナ代表の初優勝で幕を閉じた。 FIFA(国際サッカー連盟)は大会MVPに準優勝したU-20韓国代表からMFイ・ガンイン(バレンシア)を選出した。イ・ガンインは今大会全7試合に先発。1ゴール4アシストを記録し、初の決勝進出となった韓国を牽引する働きを見せた。 そして大会最優秀GK(ゴールデングローブ賞)にはウクライナのアンドリー・ルニン(レアル・マドリー)が選出されている。ルニンはユーロ2020予選のためにA代表招集を受けていたことで準々決勝を欠場したが、それ以外の6試合に先発。堅守のチームを象徴する存在で、決勝ではビッグセーブを見せ、ウクライナの初優勝に貢献していた。 2019.06.16 03:00 Sun
twitterfacebook
thumb

エクアドルに競り勝った韓国が初の決勝進出! ウクライナと激突へ!《U-20W杯》

U-20ワールドカップ(W杯)2019、U-20エクアドル代表vsU-20韓国代表が11日に行われ、0-1で韓国が勝利し、決勝へ進出した。 3日前に行われたU-20アメリカ代表戦を2-1と競り勝って初のベスト4進出を決めたエクアドルと、U-20セネガル代表戦を死闘の末にPK戦で勝ち上がり2度目のベスト4進出を果たした韓国による決勝進出を懸けた一戦。 序盤は意外にも韓国が積極的な入りを見せ、イ・ガンインのセットプレーを軸に圧力をかけていった。 しかし、時間の経過とともにエクアドルがポゼッションを高めていくと、24分にフエンテスがミドルシュートで牽制。そして38分には決定機が訪れた。見事な持ち出しからカンパーニャがボールを運ぶと、ボックス手前左から放ったシュートがバーに直撃した。 ひやりとした韓国だったが、39分に先制する。イ・ガンインのクイックリスタートでボックス左のスペースを突いたチェ・ジュンがゴール右に蹴り込んだ。 韓国が1点をリードして迎えた後半、自陣に引いてエクアドルの攻勢を受け止めると、62分にコ・ジェフンのミドルシュートで牽制した。 ここからオープンな攻防が続くと、エクアドルは71分にパラシオスのミドルシュートがGKを強襲。対する韓国は73分にチョ・ヨンウクがGK強襲のシュートを浴びせた。 終盤にかけてはエクアドルの攻勢が続き、追加タイム3分にはポロソがシュートのルーズボールを押し込んだが、その前にオフサイドがあってノーゴールに。さらに同5分、カンパーニャのヘディングシュートが枠を捉えるもGKイ・ガンヨンのビッグセーブに阻まれ、韓国が逃げ切り。初の決勝進出を果たした韓国はウクライナと初優勝を懸けて15日に激突する。 2019.06.12 05:44 Wed
twitterfacebook
thumb

VARに翻弄されながらも不屈の韓国がセネガルとの死闘を制しベスト4進出!《U-20W杯》

U-20ワールドカップ(W杯)2019準々決勝、U-20韓国代表vsU-20セネガル代表が8日に行われ、3-3で120分を終了。PK戦の末、3-2とした韓国がベスト4に進出している。 決勝トーナメント1回戦でU-20日本代表に1-0と競り勝った韓国と、U-20ナイジェリア代表とのアフリカ勢対決を2-1と競り勝ったセネガルの一戦。 立ち上がりこそハイプレスをかけた韓国だったが、セネガルが押し込む展開に持ち込むと、9分にバジが際どいミドルシュートを浴びせた。 その後もサイド攻撃を起点に圧力をかけるセネガルがゴールに近づくと、37分にゴールをこじ開けた。CKの流れからディアニェが左足ボレーで蹴り込んだ。 先制を許した韓国は前半終盤の44分、イ・ガンインの直接FKでゴールに迫るもGKのセーブに阻まれ、1点のビハインドで前半を終えた。 迎えた後半、日本戦同様に韓国が攻勢に出る展開が続くと、59分にPKを獲得した。VARの末、ボックス内でのファウルがあったとしてPKとなり、このPKをイ・ガンインが決めて韓国が同点に追いついた。 さらに70分、チョ・ヨングクがボックス内でニアングに後方から抱え込まれて倒されるも、ここはノーファウルの判定となった。 すると73分、VARの末、韓国にボックス内でのハンドがあったとしてセネガルにもPKが与えられる。そして、キッカーのニアングのシュートはGKに止められてしまうも、GKイ・グァンヨンがシュートの前にゴールライン上から出ていたとしてVARの末に蹴り直しとなってしまう。そして、ニアングが蹴り直しのPKを決めてセネガルが勝ち越しに成功した。 そして86分、セネガルが勝負を決定付けかけた。CKの混戦からニアンが押し込んだが、その前にハンドがあったとしてVARの末にノーゴールとなった。 さらに89分、バジがネットを揺らすもオフサイドに阻まれると、9分の追加タイムがあった中、同8分に韓国が追いつく。イ・ガンインの左CKからイ・ジソルのヘディングシュートが決まった。 起死回生の同点弾で延長戦に持ち込んだ韓国は迎えた同前半6分、逆転に成功する。イ・ガンインの絶妙なスルーパスに抜け出したチョ・ヨングクがスライディングシュートで蹴り込んだ。 延長戦に入ってチャンスを作れていなかったセネガルだったが、試合終了間際の同後半追加タイム1分に追いついた。途中出場のダンファがボックス左深くまでえぐって折り返し、シスの合わせたシュートがネットを揺らした。 両チーム死力を尽くして迎えたPK戦では両GKが好セーブを見せながらも3-2で制した韓国が勝利。激闘を制した韓国がベスト4進出を果たしている。 準決勝ではU-20エクアドル代表と決勝進出を懸けて対戦する。 2019.06.09 06:38 Sun
twitterfacebook
thumb

ファン・ウィジョが決勝弾! 韓国がオーストラリアを破る《国際親善試合》

韓国代表は7日に行われた国際親善試合でオーストラリア代表を国内に迎え撃ち、1-0で勝利した。 FIFAランキング37位の韓国と、同41位のオーストリアが激突した一戦。韓国はキム・ヨングォン、キム・スンギュのJリーグ勢のほか、トッテナムのソン・ソンミンがスタートからピッチに立った。 アジア勢を誇る強豪国同士の一戦は、ゴールレスのまま後半へ。その後半もこう着状態が続くなか、韓国は67分にファン・ヒチャンに代えてファン・ウィジョをピッチに送り込むと、ついに均衡が破れる。 76分、左サイドのホン・チョルが左足でセンタリング。対面した相手の身体を掠めたボールがニアサイドに流れると、相手GKの前にランしたファン・ウィジョがワンタッチで合わせ、韓国がリードした。 結局、G大阪エースのゴールが決勝点となり、韓国がオーストラリアを撃破。11日に国際親善試合でイラン代表とホームで激突する。 韓国代表 1-0 オーストラリア代表 【韓国】 ファン・ウィジョ(後31) 2019.06.08 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

開催国フランスが韓国との開幕戦を快勝!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019が7日に開幕し、開催国のフランス女子代表は韓国女子代表との開幕戦を4-0で制した。 W杯初優勝を目指す開催国のフランスが立ち上がりから猛攻に出る展開とすると、9分にアンリがボックス右深くまでえぐって折り返したクロスをル・ゾマーが合わせて先制に成功した。 その後も韓国を圧倒するフランスは35分、右CKからルナールのヘディングシュートが決まって加点に成功した。さらに追加タイムにも左CKからまたもルナールのヘディングシュートが決まり、フランスが3-0として前半を終えた。 迎えた後半、試合をコントロールするフランスは終盤の85分、キャプテンが締める。ボックス手前左からアンリがゴール右上にミドルシュートを流し込んだ。4-0としたフランスが初優勝へ最高のスタートを切っている。 なお、なでしこジャパンの初戦は10日に行われるアルゼンチン女子代表戦となっている。 2019.06.08 06:21 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース