G大阪がポスト遠藤保仁を確保! 関西学院の大学屈指ゲームメーカー2019.06.11 15:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
ガンバ大阪は11日、関西学院大学に在学するMF山本悠樹(21)の来シーズン加入内定を発表した。滋賀県出身の山本は、7月に行われるユニバーシアード日本代表メンバーで、草津東高校を経て、関西学院大学に進学。右足からの正確なキックを武器とする大学屈指のゲームメイカーだ。

Jリーグ複数クラブによる争奪戦に発展するなか、G大阪入りを決めた山本。ポスト遠藤保仁の呼び声も高い21歳の若き司令塔は次のようにコメントしている。

「この度、ガンバ大阪という素晴らしいクラブに加入できることを大変嬉しく思います。これまでどんな時も支え続けてくれた家族、スタッフ、チームメイトなどへの感謝の気持ちを忘れることなく、ガンバ大阪の勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

「強いガンバを届けたい」宇佐美貴史、ガンバ大阪復帰会見

ドイツのアウクスブルクから約3年ぶりのガンバ大阪復帰が発表されていた元日本代表MF宇佐美貴史が25日記者会見に臨んだ。 G大阪から移籍後は海外ではバイエルンやホッフェンハイム、アウグスブルクを渡り歩き、今シーズンはデュッセルドルフでプレー。リーグ戦19試合1得点3アシストという成績を残したが、レンタル元のアウグスブルクからの契約満了を受け自身2度目の古巣に復帰という形になった。 ◆宇佐美貴史 ――今日久しぶりにガンバ大阪の練習に合流されたということですが、実際懐かしい顔とか、初めて見る顔とか色々あったと思いますが、今日合流された心境を教えてください 「久しぶりだったので、楽しかったというのは1つありますし、あと周りの選手達の顔ぶれもほとんど僕がいる時とは変わっていたし、歳下の選手が増えていたりとか。在籍していたころ仲良かった選手がまったく居なかったりとかで、周りの選手にも違和感があったと思いますが、僕自身が1番、違和感というわけではないですが、何か変な感じがありながら終始練習をしました」 ――3年ぶりのガンバ復帰ということで、今回の復帰の1番の決め手になったことを教えてください 「ガンバの状況と、僕自身の状況が、良くも悪くもリンクしている現状があって、やっぱり僕自身もドイツでは昨シーズン後半戦は試合にまったく出れなかったですし、僕自身は沈んでいた状況ですし、ガンバも今、いるべき順位じゃない場所に居て、僕のそういう気持ちとガンバ側からの熱意と、あとサポーター達からの声っていうのもSNSを通してだったりとか、直接もそうですし、すごくやっぱり必要とされているんだなというのを強く感じたので、あと自分が移籍した時のことを考えても、今戻ってチームの力になれるというイメージがすごく湧いたことが1番大きな要因です」 ――ドイツの話もちょっと出ましたが、今回2度目の挑戦ということでしたが、ドイツで1番学んだこと、成長したことがあれば教えてください 「どうですかね。成長した部分というのは自分で言うことではないので、プレーを見て成長したなと感じてくれる人がどれだけいるのか、またはまったく成長していないなと感じる人もいるかもしれませんし。ただ2度目も個人的にはダメだったという印象が、清々しいくらい自分の中にあって、もちろん自信を失いかけるようなこともたくさんありましたし、僕のサッカー人生の中で、酸いも甘いもというか、ガンバで最初にドイツに行く道を掴んで、ドイツでダメで、また帰ってきて。ガンバとまた共に成長して、2度目の切符を掴んでまたダメだったということは、僕のサッカー人生の中で綺麗事に聞こえるかもしれないですが、幸せなことだと思いますし、大事なのはこれを今後のサッカー人生だとか、今所属させてもらってるガンバにどれだけ還元できるどうかが大事なので、今はポジティブな気持ちですね」 ――ガンバに還元という話がありましたが、具体的に何か今シーズン自分が加入することによって、こういうことが期待されているのではないかとか、こんなふうにチームを変えていきたいとか、ご自身の中で感じておられることはありますか? 「プレー面では、個々にすごく強力な選手達は見ててもいますし、名前で見てもすごい選手達が多いなと感じているので、そこがなかなか爆発できていないような感じが見てて感じますし、そういう選手たちの個性を上手く繋げながら僕自身もどんどんいかしてもらうようなイメージではいますし、年齢的な部分でいうと、強いチームには、僕らが3冠をしたときもそうですけれど、すごく強くて充実した結果を残しているチームには、25~30歳くらいまでの中堅の選手達が多くいると思いますし、遠藤選手だったり今野選手だったり、ガンバを引っ張ってきた選手達がいる中で、若い選手達もどんどん出てきている、というそのちょうど真ん中に僕は年齢的には入ると思うので、ピッチ外のところでももちろん、必要な振る舞いはあると思いますし、ピッチ内外で本当にたくさんの貢献が出来たらなと思います」 ――待っていたファンも多いと思いますので、ファンに向けてのメッセージをお願いいたします 「個人的には少し復帰は早まったかなというか、そう感じている方もたくさんいらっしゃると思いますし、もう少し価値を上げて帰ってきたかったというのが本音ですし、そこの申し訳なさ、歯がゆさ、悔しさとかもちろん、サポーターの方には抱いていますけれど。それ以上にダイレクトに届けてもらえる声も本当に多かったですし、その中でも必要としてくれる人がたくさんいるということを感じさせてもらったので、本当に感謝しかないので、この感謝をしっかりプレーとか、結果で返す中で、また強いガンバというのを、応援して下さる皆様に届けていけたらいいなと思います」 2019.06.25 19:57 Tue
twitterfacebook
thumb

宇佐美貴史、G大阪復帰が決定…2016年以来2度目

ガンバ大阪は24日、日本代表FW宇佐美貴史(27)の完全移籍加入を正式発表した。宇佐美にとって、2016年以来約3年ぶり2度目の古巣復帰となる。 若くしてG大阪育成出身の“至宝”と評された宇佐美は2009年のトップチーム昇格後、バイエルンやホッフェンハイムを経て、2013年夏に復帰。2014年の国内3冠に貢献するなど5つのタイトルを獲得した後、アウグスブルク移籍の2016年夏に2度目の海外挑戦を果たしたが、2017年夏からレンタル加入したデュッセルドルフでも振るわなかった。 ドイツで計5シーズン、4クラブを渡り歩き、ブンデスリーガ通算53試合3得点5アシスト。今シーズンは19試合1得点3アシストにとどまり、デュッセルドルフとレンタル期間満了の今夏、アウグスブルクで戦力として計算されていないとして、さらなる移籍が決定的な状況だった。 宮本恒靖体制2年目のG大阪は、今シーズンのここまで明治安田生命J1リーグ4勝5分け7敗の14位。ここ5試合2勝3分け無敗と負けずの戦いを披露している。だが、その間、わずか1失点の守備に対して、攻撃は3得点。爆発力を欠く攻撃面の起爆剤として期待されての加入となる。 2019.06.24 18:40 Mon
twitterfacebook
thumb

食野が劇的弾でG大阪を勝たせる! 湘南撃破で4試合ぶり白星《J1》

明治安田生命J1リーグ第16節がパナソニック スタジアム 吹田で22日に行われ、ガンバ大阪が湘南ベルマーレに1-0で勝利した。 3試合連続ドローながら4戦無敗の17位G大阪。ミッドウィークに行われたルヴァンカップの長崎戦を4-1で勝利した勢いをリーグ戦の勝利に結びつけたい今節に向け、前節から2名が入れ替わり、出場停止の倉田と食野に代えて、田中とアデミウソンを起用した。一方、2位湘南は目下3連敗中で12位。前節のスタメンから2名の変更を施して、野田と鈴木に代えて、松田と古林を送り込み、パナスタ初勝利を目指した。 上位浮上のキッカケを掴みたい両雄の一戦は湘南のプレッシングがハマり、G大阪がなかなかボールを敵陣内に運べない立ち上がりとなる。そのなかで、14分にドリブルを仕掛けた左ウィングバックの中村がボックス左に侵攻。カットインから右足シュートを放つが、枠に飛ばすことができない。 ボールの主導権を握るG大阪ペースで進む試合だが、ビルドアップ時にミスが目立つ攻撃は停滞。そうした状況のなか、カウンターに転じた29分、右サイドの広大なスペースを抜け出したアデミウソンだが、ドリブルが長くなり、鋭い飛び出しをみせたGK秋元にボールをキャッチされてしまう。 すると、まとまった守備でG大阪に試合のイニシアチブを握らせない湘南は、時間が進むにつれて、ゴールに迫る回数が増加。松田や、山崎、武富が立て続けにゴールを狙っていくなど、アタッキングサードに侵攻する場面を増やしたが、GK東口の守るゴールマウスを陥れることができない。 攻撃のテンポを上げるべく、後半の頭から福田を下げて遠藤を投入したG大阪は、その立ち上がりからファン・ウィジョに幾度か良い形でボールが入るが、ゴールに結びつけられずにいると、湘南がカウンター。バイタルエリア中央から山崎がミドルシュートを放つが、惜しくもクロスバーの上に外れる。 アンカーに入った遠藤のゲームメークで攻撃にテンポが生まれたG大阪。完全に支配した右サイドを軸に切り崩す場面を増やしたが、ファイナルサードに差しかかった攻撃はもうひと押しが足らず、59分に古林と鈴木の交代に動いた湘南の守備に引っかかってしまい、なかなかゴールを奪うことができない。 凌ぐ時間が続く湘南は、82分に松田を下げてJリーグデビューの柴田をピッチへ。73分にアデミウソンに代えて食野をピッチに送り出して勝負を仕掛けてきたG大阪の前がかりな攻撃に対して、自陣にリトリートした守備と個々の身体を張った対応を徹底的に続け、決定的なシーンを許さない。 だが、G大阪が最後の交代枠で高江と渡邉の交代に動いた直後の後半アディショナルタイム1分、ドリブルでカットインした食野が右足を一閃。これがゴール右隅を貫き、G大阪が土壇場で均衡を破った。結局、食野のシーズン3得点目が決勝点となり、4試合ぶり白星のG大阪が5試合負けなし。湘南は4連敗を喫した。 2019.06.22 20:55 Sat
twitterfacebook
thumb

堂安、ガンバ復帰報道の宇佐美は「今でも変わらず僕のアイドル」

フローニンヘンの日本代表MF堂安律(21) が自身のインスタグラム(@doanritsu)で20日、ガンバ大阪復帰が報道されたMF宇佐美貴史(27)との写真を上げた。 堂安と宇佐美は同じG大阪ユース出身。年齢は6つ違いであるが幼き頃から間近で見てきた憧れの選手であった。3月に共に日本代表に招集された際には「メンバーを見たときに一番気になったのは宇佐美くん。一緒に同じピッチに立てればなあと考えていた。」と発言し、ポジション争いについては「サッカー選手である以上そこは切り捨てられないところなので、同じポジションになる場合は僕も全力で奪いに行きますし、宇佐美くんも同じ気持ちでいると思う」とライバル心も口にしていた。 この日更新されたインスタグラムでは同じユース出身のMF井手口陽介(22)と3ショットを上げ「13歳の頃、初めて彼らと会ってから今でも変わらず僕のアイドルです」と綴り憧れの先輩への熱い思いを記している。 所属のフローニンヘンや日本代表ではレギュラーに定着し、来年の東京五輪での活躍も期待される堂安。更なる飛躍を期待したい。 2019.06.20 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪のU-20日本代表FW中村敬斗、ポルティモネンセが注視

Jリーグ屈指の有望株がまた1人、ヨーロッパに旅立つかもしれない。ポルトガル『A Bola』が報じた。 FC東京の日本代表MF久保建英(18)や、名古屋グランパスのU-20日本代表DF菅原由勢(18)が立て続けに海外挑戦を決断した今夏。そして、ガンバ大阪のU-20日本代表FW中村敬斗(18)に対しても、ポルティモネンセの視線が注がれているという。 ポルティモネンセは今年1月、日本代表FW中島翔哉を移籍金3500万ユーロ(約42億4000万円)でアル・ドゥハイル(カタール)に売却。こうした収益化が将来的に見込める選手の1人として、推定価格50万ユーロ(約6000万円)の中村を注視している模様だ。 中村は高校3年生だった昨年、三菱養和SCユースから飛び級でG大阪に入団。今シーズンは明治安田生命J1リーグで2試合の出場にとどまっているが、先のポーランドで行われたU-20ワールドカップ(W杯)の代表メンバーにも選出され、4試合に出場した。 なお、ポルティモネンセは現在、日本代表GK権田修一や、FW長島滉大、FW菅嶋弘希、MF大堀亮之介が在籍。日本と結びつきのあるクラブとして知られる。 2019.06.20 08:30 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース