SPAL、2季連続セリエA残留に導いたセンプリチ監督と2021年まで契約延長2019.06.10 23:37 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
SPALは10日、レオナルド・センプリチ監督(51)と2021年まで契約を延長したことを発表した。現行の契約から1年更新した格好だ。2014年12月にSPALの指揮官に就任したセンプリチ監督は、当時レガ・プロ・ジローネB(イタリア3部)に所属していたチームを率い、2015-16シーズンに1位となりセリエBへ昇格。そして、昇格1年目のシーズンでセリエB優勝を果たし、セリエA昇格を決めていた。

1967-68シーズンぶりとなるセリエA挑戦となった昨季は序盤から苦戦するも終盤に盛り返し、17位でセリエA残留を果たしていた。そして今季は一度も降格圏に沈むことなく13位でフィニッシュ。2季連続セリエA残留に導いていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ミラン、ケシエのドッピエッタで4連勝も追撃及ばず…今季5位フィニッシュに《セリエA》

セリエA最終節のSPALvsミランが26日にスタディオ・パオロ・マッサが26日に行われ、アウェイのミランが3-2で勝利した。 格下相手の3連勝で最終節でのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に望みを繋いだ5位のミラン(勝ち点65)。勝ち点66で並ぶ3位のアタランタ、4位のインテルと勝ち点1差で迎えた運命の最終節では12位のSPALのホームに乗り込んだ。 それぞれ負傷とサスペンションのカラブリア、パケタの代役にアバーテ、ボリーニを起用した以外、ベストメンバーを揃えたミランは、立ち上がりからホームチームに襲い掛かる。ピョンテク、ボリーニ、チャルハノールと10分過ぎまでに3本のシュートを浴びせかけると、15分過ぎに先手を奪う。 18分、右サイド深くでボールを持ったケシエからのグラウンダーの折り返しをボックス中央のチャルハノールが見事な右足のダイレクトシュートでゴール左隅に流し込んだ。 幸先よく先制に成功したミランだが、直後にはゴールキックの際に足を痛めたGKドンナルンマがプレー続行不可能となり、GKレイナが緊急投入される。このアクシデントで嫌な空気が流れるが、23分にはリカルド・ロドリゲスからの縦パスが相手にディフレクトしたボールがボックス右のケシエに繋がると、スムーズな切り返しから強烈な左足のシュートがゴール左隅に決まった。 これで一気にCL出場権獲得に視界が開けたミランだったが、28分には自陣右サイドで与えたFKの場面でムルジャからのクロスボールをヴィカリに頭で合わせられて1点を返される。この失点を機に俄然SPALの勢いが出てくるが、ミランも追加点を与えることなく何とか1点リードで試合を折り返した。 迎えた後半、立ち上がりにセットプレー流れでファレスに際どいシーンを作られるなど、ややバタ付いた入りを見せたミラン。すると、53分には再びセットプレーの流れから右サイドでチアゴ・ランジェウが入れたクロスをファレスに頭で叩き込まれてしまい、痛恨の同点ゴールを献上した。 他会場の経過を受けてこのままでは5位フィニッシュとなってしまうミランは63分にアバーテを下げてクトローネを投入。ボリーニを右サイドバックに下げて猛攻に打って出る。 すると66分、右サイドからのクロスに対してチアゴ・ランジェウと競ったピョンテクが後ろから倒されてPKを獲得。これをキッカーのケシエが冷静に決め切ってミランが勝ち越しに成功する。 その後、ボリーニを下げて右サイドバックのコンティをピッチに送り出して攻守のバランスを整えたミランは、ホームチームの猛攻を何とか凌ぎ切って3-2で勝利。今季を4連勝という形で締め括ったミランだったが、アタランタ、インテルが共に勝利したことで逆転での4位フィニッシュとはならず。今季を期待外れの5位で終えることになった。 2019.05.27 05:45 Mon
twitterfacebook
thumb

主力温存のユーベ、ケアンのリーグ4戦連発弾もSPALに逆転負けで8連覇はお預けに…《セリエA》

ユベントスは13日、セリエA第32節でSPALをホームに迎え、1-2で逆転負けした。 前節ミラン戦をケアンのリーグ戦3試合連続ゴールで逆転勝利した首位ユベントス(勝ち点84)は、引き分け以上の結果を残せば8連覇決定となる中、1-1の引き分けに持ち込んだチャンピオンズリーグ(CL)・アヤックス戦のスタメンから9選手を変更。ディバラやケアン、負傷明けのクアドラードをスタメンで起用し、21歳のカスタノスと17歳のゴッツィの両若手を先発に抜擢した。 残留争い真っ只中の16位SPAL(勝ち点32)に対し、[3-5-2]で臨んだユベントスは2トップにディバラとケアン、中盤アンカーにベンタンクール、インサイドにクアドラードとカスタノス、右サイドにカンセロ、左にスピナッツォーラを配し、3バックの中央にバルザーリ、左にゴッツィ、右にデ・シリオを据えた。 そのユベントスが圧力をかける展開で立ち上がっていくもシュートに持ち込めずにいると、徐々にSPALに攻め込まれるシーンを作られていく。 それでも30分、ノっている新星がゴールをこじ開ける。カンセロのミドルシュートをゴール前のケアンが右足でうまくコースを変え、ネットを揺らした。 ケアンのリーグ戦4試合連続ゴールで先制したユベントスがハーフタイムにかけては流れを掴み、1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、SPALの圧力を受ける展開となったユベントスは開始4分にCKからボニファツィにヘディングシュートを決められ、同点とされてしまう。 その後も押し込まれるユベントスは58分、ムルジャのヘディングシュートでゴールを脅かされるも、GKペリンの守備範囲で助かった。 劣勢のユベントスは61分、存在感を示しきれなかったカスタノスに代えて18歳のカヴィーリャを投入。すると67分、そのカヴィーリャがミドルシュートでGKを強襲した。 さらに69分、ケアンに代えて20歳のマヴィディディを投入したユベントスだったが、74分に逆転される。ボックス内で1対2の局面を作られ、ムルジャのラストパスを受けたフロッカーリにシュートを蹴り込まれた。 このままでは今節での自力優勝ができないユベントスはバルザーリに代えてベルナルデスキを投入。しかし、終盤にかけてもチャンスを作れずに逆転負け。 明日の試合でナポリがキエーボに勝利すると、8連覇は次節以降にお預けとなる。 2019.04.13 23:58 Sat
twitterfacebook
thumb

格下SPALに7戦ぶり白星献上のローマ、ミラノ勢にプレッシャーをかけられず…《セリエA》

ローマは16日、セリエA第28節でSPALとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗戦した。 ラニエリ新体制となった前節エンポリ戦を辛くも2-1で逃げ切った5位ローマ(勝ち点47)は、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位インテルを3ポイント差で追う中、出場停止明けのジェコがスタメンに復帰し、エンポリ戦でゴールを決めたシックと2トップを形成した。 ここ6試合勝利のない16位SPAL(勝ち点23)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだローマは右サイドにクライファート、左にエル・シャーラウィを配した。 互いに慎重な入りを見せたことで静かな展開で立ち上がっていく。そんな中22分、ローマが先制される。右クロスからファーサイドのファレスにヘッドで流し込まれた。 続く25分にもクルティッチのミドルシュートでゴールを脅かされたローマは、35分にようやくチャンス。ボックス左に個人技で侵入したジェコが左足でGKを強襲した。 しかし、ハーフタイムにかけても攻撃の形を作れなかったローマは前半を1点ビハインドで終えた。 後半からエル・シャーラウィとクライファートに代えてザニオーロとペロッティを投入したローマは52分、ザニオーロのスルーパスに反応してボックス内に侵入したジェコが相手DFに倒されてPKを獲得.これをペロッティが決めて試合を振り出しに戻した。 しかし57分、今度はボックス内に侵入したペターニャをファン・ジェズスが倒したとしてPKを献上。これをペターニャに決められ、勝ち越されてしまった。 再び追う展開となったローマは73分に同点のチャンス。ペロッティのロングフィードをボックス中央で受けたジェコが胸トラップからシュート。枠を捉えていたが、GKヴィヴィアーノの好守に阻まれてしまった。 終盤にかけてはローマが攻勢に出る流れとなったが、決定機を生み出すには至らず1-2のまま敗戦。格下に7試合ぶりの白星を献上し、明日ダービーを戦うミラノ勢にプレッシャーをかけることはできなかった。 2019.03.17 03:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ポリターノ&ガリアルディーニ弾のインテル、3試合ぶり勝利で4位死守《セリエA》

インテルは10日、セリエA第27節でSPALをホームに迎え、2-0で勝利した。 前節カリアリ戦を1-2と競り負け、ここ2試合勝利がなく4位に後退したインテル(勝ち点47)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のフランクフルト戦を0-0で終えた。そのフランクフルト戦のスタメンから5選手を変更。シュクリニアルやペリシッチ、ダンブロージオらがベンチスタートとなってジョアン・マリオやガリアルディーニ、ミランダといった控えメンバーを起用した。 次節にミラノ・ダービーを控える中、16位SPAL(勝ち点23)に対し、[4-2-3-1]を採用したインテルは最前線にL・マルティネス、2列目に右からポリターノ、ジョアン・マリオ、アサモアと並べた。 慎重な入りとなった中、ミスが目立つインテルは思うように攻撃を仕掛けられない序盤となった。そんな中16分、セドリックの右クロスからL・マルティネスがボレーでようやくゴールに迫ると、続く27分にもセドリックの右クロスからL・マルティネスがヘディングシュートを浴びせ、SPALにプレッシャーをかけていった。 すると31分、アサモアの浮き球パスをボックス中央で受けたL・マルティネスがDFをかわして確実にシュートを蹴り込み、インテルが先制したかに思われた。ところが、VARの末にL・マルティネスのハンドを取られ、ノーゴールに覆ってしまった。 不運な判定に見舞われたインテルは42分、右足太ももを負傷したブロゾビッチがプレー続行不可能となってカンドレーバが左サイドに投入され、アサモアがボランチに回った。 ゴールレスで迎えた後半、前半に負傷していたミランダに代えてラノッキアを投入したインテルは、なかなか攻撃の形が作れない状況が続く。 徐々に押し込む時間を増やしていったインテルは、60分にカンドレーバがボックス内で相手DFに倒されたとアピールするも、主審はノーファウルの判定を下す。 その後も圧力をかけたインテルは67分、ついにゴールをこじ開ける。ルーズボールをボックス中央で拾ったポリターノが鋭い反転から左足を振り抜き、ゴール右に突き刺した。 さらに77分、FKの流れからセドリックのシュートをボックス中央でカットしたガリアルディーニがゴール左に蹴り込んで、インテルが突き放した。 終盤にかけてもインテルがSPALの反撃を許さず2-0で勝利。3試合ぶりの白星で4位を死守している。 2019.03.11 01:01 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルに朗報! 負傷のケイタが今週末にも復帰か

インテルに所属するセネガル代表FWケイタ・バルデが10日に行われるセリエA第27節のSPAL戦に出場する可能性が浮上した。イタリア『フットボール・イタリア』が報じた。 ケイタは、1月中旬のトレーニングで右大腿部の筋肉を負傷。全治は少なくとも3週間以上と見込まれており、今年に入ってから別メニューが続いていた。 そんな中、ケイタは8日に自身のインスタグラムで「日曜日の準備はできている」と、順調な回復ぶりをアピール。SPAL戦での復帰を予期させる記事を投稿した。 今シーズンにモナコから買取オプション付きのレンタル移籍で加入したケイタは、ここまで公式戦22試合に出場し4ゴール3アシストの数字を残していた。 2019.03.09 00:05 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース