レガネス、セビージャ育ちで今季2部で13ゴールの若手FW獲得2019.06.09 21:36 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レガネスは9日、アルコルコンからスペイン人FWフアン・ムニョス(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年となる。セビージャの下部組織出身のムニョスは、2015年2月のヘタフェ戦でリーガデビューを飾った。しかし、トップチームではなかなか出場機会を得られず、レバンテやアルメリアに武者修行に出された。そして、昨夏にはフリートランスファーでセグンダA(スペイン2部)のアルコルコンに加入。

今シーズンはリーグ戦37試合に出場し13ゴールを記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

セリエB降格のフロジノーネがネスタ氏を新監督に招へい

セリエBに降格したフロジノーネは17日、新監督にアレッサンドロ・ネスタ氏(43)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2年間となる。 ネスタ氏は、現役時代にラツィオ、ミラン、モントリオール・インパクト、チャンナイインなどでプレーし、イタリア代表としても活躍。2015年1月に現役を引退すると、アメリカのマイアミFCで監督業をスタート。2018年5月からセリエBのペルージャで指揮を執っていた。 2018-19シーズンのセリエBでは常に昇格を争っていたものの、結果的に昇格プレーオフへ。しかし、エラス・ヴェローナに4-1で敗れ、セリエA昇格を逃し、監督を退任していた。 フロジノーネは、2018-19シーズンをセリエAで戦ったものの、19位に終わり1年でセリエBに降格。マルコ・バローニ監督(55)との契約を双方合意の下で解除し、監督が不在となっていた。 2019.06.18 09:02 Tue
twitterfacebook
thumb

昇格組ウニオン・ベルリン、2部ハイデンハイムから大型MFを補強!

来シーズンからブンデスリーガに昇格するウニオン・ベルリンは17日、ブンデスリーガ2部のハイデンハイムからドイツ人MFロバート・アンドリヒ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年となる。 ヘルタ・ベルリンでプロデビューを飾った185cmのセントラルMFは、ディナモ・ドレスデン、ヴェーエン・ヴィースバーデンと下部カテゴリーのクラブを渡り歩き、昨年冬にハイデンハイムへ加入。 今シーズンはリーグ戦25試合に出場し4ゴール3アシストの数字を残していた。 2019.06.18 01:58 Tue
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、指揮官古巣アヤックスからDFシンクラーフェンを獲得!

レバークーゼンは17日、アヤックスからオランダ人DFダレイ・シンクフラーフェン(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「22」に決定。契約期間は2023年6月30日までの4年となる。 ヘーレンフェーンの下部組織出身のシンクフラーフェンは、左サイドバックを主戦場に左サイドハーフやセントラルMFでもプレー可能なユーティリティープレーヤー。2014年にマンチェスター・ユナイテッドに移籍した同じファーストネームのオランダ代表DFダレイ・ブリントの後釜として期待された中、在籍4年半で公式戦86試合に出場し1ゴールを記録した。 今シーズンはヒザのケガに加え、前述のブリントの復帰、昨季途中加入のアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコとのポジション争いに敗れて、公式戦11試合の出場にとどまっていた。 ペーター・ボス監督のアヤックス時代の教え子の獲得に成功したレバークーゼンのシモン・ロルフェスSD(スポーツ・ディレクター)は、「ダレイ・シンクフラーフェンは技術的に成熟したプレーヤーだ。彼のゲームインテリジェンス、フットボールのクオリティは我々に完璧にマッチしていると思う。さらに、彼はすでに我々の指揮官ペーター・ボスのアプローチを理解している。彼らはアヤックスで共に成功を収めた」と、クラブに適した補強であることを強調している。 一方、国外初挑戦となるシンクフラーフェンは新天地での意気込みを語っている。 「アヤックスでの時間を経て、ドイツのトップクラブでプレーするチャンスを得られたことにとても興奮しているし、高いモチベーションを感じているよ。レバークーゼンは長年に渡ってブンデスリーガのトップクラブの一角を担ってきた素晴らしいクラブだよ。新しいリーグ、チャンピオンズリーグでの挑戦をとても楽しみにしているよ」 2019.06.18 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

昇格ウニオン・ベルリン、ヘンクから伊東同僚FWを獲得!

来シーズンからブンデスリーガに昇格するウニオン・ベルリンが、ベルギーのヘンクからU-21デンマーク代表FWマルクス・イングバルトセン(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年となる。 母国の名門ノアシェランでプロキャリアをスタートした187cmの長身ストライカーのイングバルトセンは、2016-17シーズンにリーグ戦14ゴールの活躍をみせブレイク。 2017年にヘンクに完全移籍で加入も在籍2シーズンで公式戦38試合8ゴールと思うような活躍を見せることはできなかった。 なお、デンマークの世代別代表の常連であるイングバルトセンは、U-21デンマーク代表の一員としてU-21欧州選手権に参戦中だ。 2019.06.17 05:09 Mon
twitterfacebook
thumb

ラーションが古巣ヘルシンボリ監督に2年半ぶりの復帰! 息子ヨルダンとの親子対決にも注目

アルスヴェンスカン(スウェーデン1部)のヘルシンボリは16日、ヘンリク・ラーション氏(47)の新監督就任を発表した。契約は今シーズン終了までとなるが、契約延長オプションが付随している。 ヘルシンボリの下部組織出身のラーションは、フェイエノールトやセルティック、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドなどでもプレー。2009年にヘルシンボリでキャリアを終えると、スウェーデン国内のクラブで監督を務め、2015年1月にヘルシンボリの監督に就任した。しかし、就任2年目となった2016シーズンの2部降格に伴い、辞任を発表していた。 なお、英雄ラーションの2年半ぶりの復帰が決定したヘルシンボリは、第12節終了次点で16チーム中14位と下位に低迷している。また、ノルシェーピンには息子のU-21スウェーデン代表FWヨルダン・ラーション(21)が在籍しており、ここまでリーグ得点ランキング2位の8ゴールを記録。したがって、指揮官と選手としての親子対決にも注目が集まる 2019.06.16 23:08 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース