【日本代表プレビュー】3バック継続の日本代表、スムーズな攻守の連動は見られるか《キリンチャレンジカップ2019》2019.06.09 13:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表は9日(日)、キリンチャレンジカップ2019でエルサルバドル代表と対戦する。5日に行われたトリニダード・トバゴ代表戦では、就任以来初の3バックを試した森保一監督。短い時間でのシステム変更ということもあり、まだまだ完成度は高くないものの、新たな試みとしては及第点だった。カタール・ワールドカップに向けたアジア予選前の最後の強化試合となるエルサルバドル戦では、より深化させられるかが注目となる。

◆3バックを明言
(C)CWS Brians,LTD.
森保監督は前日会見で「メンバーは第1戦から入れ替えて臨みたいです。戦いについても3バックでスタートしたいと思っています」とコメント。トリニダード・トバゴ戦で採用した3バックを継続することを明言した。

トリニダード・トバゴ戦では守備陣は無失点に抑えて結果を出した一方で、攻撃陣は無得点に終わり、課題を残した。崩しの形もさることながら、守備から攻撃に移る部分での不慣れさが出ていたのは致し方ないだろう。トレーニングだけでなく、実戦でトライしていくことは重要になるはずだ。

◆初対戦となるエルサルバドル
Getty Images
今回対戦するエルサルバドルはFIFAランキング71位。1週間後にゴールドカップに臨むチームだ。

2019年はグアテマラ、ジャマイカ、ペルー、ハイチと対戦し4連勝。ゴールドカップへの自信をつけている状態であり、日本戦も自信をもって臨んでくることが予想される。

カルロス・デロスコボス監督は「テクニックがありますし、ボールコントロールやパス回しにも長けた選手たちが揃っている」と自信を会見で語り、日本戦でもしっかりとチームの良さを披露したいとコメント。初対戦となる相手だが、コパ・アメリカを控える日本としても、しっかりと強化に繋がる相手になりそうだ。

中米特有のテクニカルでスピーディーなサッカーを展開するエルサルバドルを相手に、新システムがどこまで機能するのかは日本としても注目だ。

◆メンバー入れ替え、久保建英のデビューは
Getty Images
森保監督の言葉通り、トリニダード・トバゴ戦からはメンバー変更があるだろう。しかし、DF槙野智章(浦和レッズ)が負傷によりチームを離脱。また、別メニューでトレーニングしていたMF香川真司(ベシクタシュ/トルコ)も「試合でプレーすることはできないと思います」と起用しないことを口にしていた。

一方で、トリニダード・トバゴ戦でメンバー外となったMF久保建英(FC東京)については、「デビューの可能性はあります。メンバーに確実に入ると思います」とコメント。スタンドで試合を見守るということにはならなそうだ。一方で「何が起こるかわかりませんが、プレーする機会もあると思います」と語ったように、やはり起用には慎重な様子も窺わせた。日本中の注目を集めることになる久保のデビューが訪れるのかにも注目だ。

★予想フォーメーション[3-4-2-1]
(C)CWS Brians,LTD.
◆日本代表
GK:権田修一
DF:冨安健洋、昌子源、中山雄太
MF:室屋成、橋本拳人、小林祐希、山中亮輔
MF:伊東純也、南野拓実
FW:永井謙佑
森保監督の言葉を信じて、多くのメンバーが変更になると予想する。GKは権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)と予想する。宮城での試合ということもありGKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)を起用するかと思われたが、豊田でのトリニダード・トバゴ戦で起用。そこで起用すると見込まれていた権田がゴールを守ることになるだろう。

最終ラインの3バックだが、メンバーの事情もあり冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)、昌子源(トゥールーズ/フランス)は継続すると予想。左に中山雄太(ズヴォレ/オランダ)が入ると予想する。中山は世代別代表で3バックを経験していること、そして左利きであることからも3バックの左で問題なくプレーできるはず。A代表デビューがかかっている。

両ウイングバックには右に室屋成(FC東京)、左に山中亮輔(浦和レッズ)が起用されると予想する。両選手ともに上下動を繰り返すことができる運動量があり、互いに攻撃面で良さを出せる選手でもある。山中はワイドに開くだけでなく、絞ってプレーすることも可能。縦への推進力でいかに攻撃に関われるかがポイントとなりそうだ。

また、ボランチコンビは橋本拳人(FC東京)と小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)になると予想する。小林はトリニダード・トバゴ戦の終盤に投入され、パスの供給源、セットプレーのキッカーとして力を発揮した。展開力をいかに見せられるか。一方の橋本は守備面でのカバー範囲の広さと、攻撃につなげるリンクマンとしてのプレーが求められるだろう。両選手の補完性は良く、新たな可能性を見せられるかが注目だ。

2シャドーには、トリニダード・トバゴ戦で途中出場した伊東純也(ヘンク/ベルギー)、南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)が起用されると予想する。途中投入で停滞していた攻撃を活性化させた両選手は、先発した堂安律(フローニンヘン/オランダ)、中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)とは異なるプレースタイルだ。得点が生まれそうなチャンスも作っていただけに、エルサルバドル戦でのゴールにも期待したい。

そして1トップは永井謙佑(FC東京)と予想する。大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)という軸はありながらも、その軸を欠いた時の答えは未だに見つかっていない。全くタイプの異なる永井だが、そのスピードは脅威となるはずだ。FC東京でも好調を維持している今の永井がどこまでポテンシャルを発揮するか。伊東と併せて、スピードという武器を見せてもらいたい。

◆W杯予選前最後の強化
Getty Images
これまでも言ってきたように、この2試合は大きな強化のための試合となる。そこで新たなシステムにトライしている森保監督にとっては、トリニダード・トバゴ戦よりも手応えを掴みたいはずだ。

勝敗ももちろん大事だが、この試合はメンバーを変えて3バックのシステムが機能するかを確認する場でもある。初戦で課題となった攻守の切り替え時に見えたクオリティの差がどこまで埋まるか。3バックがどこまでビルドアップ、そして直接的に攻撃に参加できるかにも注目だ。

コパ・アメリカは来週開幕するが、このメンバーの大半はこの試合が最後となる。チームとしての完成度をいかに高められるか。また途中投入ではトリニダード・トバゴ戦のメンバーも起用される可能性が高く、いかに修正した形を見せられるかにも注目だ。

6月シリーズの第2戦、エルサルバドル代表戦は、9日(日)の19時00分にキックオフを迎える。
コメント
関連ニュース
thumb

堂安律が子供と交流…寄付金かかったキックターゲットで160万円ゲット《ウブロ×堂安律チャリティイベント》

スイスの高級腕時計ブランドである『ウブロ』が25日、都内でチャリティイベントを開催した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_101_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「ウブロ×堂安律チャリティイベント」と銘打たれた同イベントは、2020年3月に供用開始予定である「JFA夢FIELD(フィールド)」の寄付金獲得を目指すテーマのもとで実施。森保ジャパンで主軸の一角を担う日本代表MF堂安律が参加した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>イベントには子供20人が集結。オランダで2年目のシーズンを過ごしたなかで、A代表デビュー&初ゴールも記録した堂安は、子供たちとの「1vs10のミニゲーム」や、「質問コーナー」、「寄付金額をかけたキックターゲット」で、約1時間にわたり交流を深めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>イベント最後には、堂安からイベントに参加した子供たちに対して、サイン入りのサッカーボールを贈呈。さらに、今月16日に21歳の誕生日を迎えた堂安にも、サプライズケーキがプレゼントされ、「進化できるように頑張りたい」と“21歳の抱負”を語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>なお、堂安は子どもたちとのキックターゲットにより、160万円を寄付金を獲得。この全額が建設中の「JFA夢FIELD(フィールド)」に寄付されることになる。 2019.06.25 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

堂安律、コパ参戦の森保ジャパンから刺激! 「あとは自分がやるだけ」

フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律が25日、スイスの高級腕時計ブランドである『ウブロ』主催のイベントに登場した。 20名の子供たちとサッカーのミニゲームを通じて交流を図った堂安はイベント終了後、メディアの囲み取材に応対。質疑応答に対して、次のようにコメントした。 ◆堂安律(フローニンヘン/日本代表)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_100_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>──イベントを終えて 「子供たちと楽しく触れ合うができ、『ウブロ』さんのチャリティイベントを楽しくすることができて、嬉しく思う」 ──自身が子供時代に憧れた選手、ユニフォームを買った選手<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「明確には覚えていないが、セルティック時代の中村俊輔選手のユニフォームを持っていた記憶がある」 「(中村俊輔選手が好きだった理由?) 自分と同じ左利きで、背番号10を背負って日本代表を引っ張った選手だったので、すごく憧れがあった」 ──コパ・アメリカ2019を戦った日本代表を外から観た感想<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「僕が言うのもなんですが、逞しいというか、日本人らしく、最後までハードワークして戦っていたと思う。本当に刺激をもらってばっかり。これ以上ない環境、コパ・アメリカで戦う日本代表からこれ以上ない刺激をもらったので、あとは自分がやるだけかなと」 ──その日本代表で同世代がすごい活躍。ライバル意識は<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「そういった質問をたくさんもらうが、毎回言っているように、ありがたいし、感謝でしかない。そういう環境に身を置けるのは幸せなこと。それを拒否るようじゃ、サッカー選手のトップに上り詰められないと思う。逆に、歓迎して、自分も負けじと頑張りたい」 ──イベント内でプレーした感想<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「小学生のレベルというか、能力がどんなものなのか正直わからなかった。イベント中も言ったが、しつこいディフェンスが印象的だった。日本の良さはしつこいディフェンスでもあるので、『まだ子供なのにすごいな』と思った」 ──なでしこジャパンが女子W杯に参戦中。自身の主戦とするオランダが相手。メッセージを<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_100_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「男女関係なく、日本サッカーを盛り上げていきたい。なでしこジャパンは男子より成績を収めているので、今回も素晴らしい成績を収めて、日本に帰ってきてほしい。本当に頑張ってもらいたい」 ──対戦した子供たちと比べた自身の子供時代<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_100_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「あまり自分の子供時代を覚えていないので、わからない。イベント中も言ったように、緊張したと思うが、みんなが見ているなかでプレーする良い経験ができたと思う。この機会を生かしてほしい。年齢的に、僕と一緒にプレーできるので、『あのとき、堂安選手と会ったんです!』って言ってくる子供が出てきてくれたらなと思う」 ──今日のイベントで魅せられたか<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_100_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「いや、まだまだです。練習します。僕も」 2019.06.25 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

攻守で貢献したMF柴崎岳「大会で得られた感覚を大事に来季へ」…五輪世代へのエールも《コパ・アメリカ》

日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、日本は2分け1敗でグループリーグ敗退となった。 試合後、主将MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)がDAZNのインタビューに応対。大会を振り返り、「この大会で得られた感覚をしっかりと大事にして次のシーズンに備えたい」とコメントし、今回の代表メンバーのメインとなった東京五輪世代への期待も口にした。 ◆MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン) 「良い大会だったと個人的には思います」 「結果はもちろん出なかったですけど、内容やこの年代の選手の成長を試合ごとに追うことが出来ました。僕もそうです。個人もチーム全体にとっても経験を詰めた試合になったと思います」 「A代表選手が今回招集できずにオリンピック世代がメインとなったチーム編成になりましたけど、A代表の底上げにつながる大会にもなりました。彼らがこの経験を経て、今僕らがいるA代表の選手たちからポジションを奪うような活躍だったり、成長を見せてくれることを期待しています。それがチーム力の向上にもつながると思うので、この大会を無駄にせず、成長していってほしいと思います」 「僕個人としても、この大会で得られた感覚をしっかりと大事にして、次のシーズンに備えたいと思います」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=wjv2pu28b1v21akf7ic76o20y" async></script> </div> 2019.06.25 18:18 Tue
twitterfacebook
thumb

MF久保建英が総括…「世界を相手に戦いたいと強く思える大会だった」《コパ・アメリカ》

日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、日本は2分け1敗でグループリーグ敗退となった。 試合後、MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン)がDAZNのインタビューに応対。南米勢との真剣勝負の舞台を振り返り、「世界を相手に戦いたいと強く思える大会」になったと総括した。 ◆MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン) 「成長というよりは自分の現在を知ることだったり、持っているものを普段とは違う相手を前にしても出せるっているのを再確認できたことが良かったです」 ──コパ・アメリカでの経験をどう活かしたいか 「一概には言えないです。でもやはり世界を相手に戦いたいなと強く思えるような大会だったのは確かです」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1dxqi00z82lqv1wuppoj7hua15" async></script> </div> 2019.06.25 18:17 Tue
twitterfacebook
thumb

DF冨安健洋、悔しさあらわ…「これが僕たちの実力」《コパ・アメリカ》

日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、日本は2分け1敗でグループリーグ敗退となった。 試合後、DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)がDAZNのインタビューに応対。エクアドル戦を振り返り、悔しさをあらわにし「これが僕たちの実力」と結果を受け止めた。 ◆DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー) 「悔しいですけど、これが僕たちの力なんじゃないかなと思います」 ──失点シーン 「細かいところですけど、セットプレー崩れから隙を見せてああいう形になりました。(相手は)前から来ていましたし、そこをいかに外して前につなぐかがポイントでした。ただ、そこが上手くいかなかったですし、シンプルにロングボールを使うやり方に切り替えて、より結果にこだわってやりましたけど、結果が出なかったので、これが実力だと思います」 「僕たちはここから成長するチャンスはいくらでもありますし、ここで経験した3試合を無駄にしないように今後、一人一人がやらないといけないと思います」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=qzpgu0pgmnid1ajff3lh5sumu" async></script> </div> 2019.06.25 18:16 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース