スペイン&ポルトガルが2030年W杯開催国に立候補! 共催に向け連携を開始2019.06.08 21:49 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペインサッカー連盟(RFEF)とポルトガルサッカー連盟(FPF)は8日、2030年のFIFAワールドカップ(W杯)の共催に向けて公式な申請を行うプロセスを開始したことを発表した。今後、両サッカー連盟はスペイン、ポルトガル政府とも連携しながら公式申請に向けて段階的に協議を進めていくことになる。

なお、スペインは1982年W杯を単独開催しているが、ポルトガルはユーロ2004を単独開催しているものの、W杯の開催国となったことは一度もない。

スペインとポルトガルの共催に先駆けてすでに申請が出されているのは、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、チリの南米4カ国による共催案。ルーマニア、ギリシャ、セルビア、ブルガリアのヨーロッパ4カ国による共催案。一時スペイン、ポルトガルとの共催の可能性も報じられていたモロッコによる単独開催案の3つだ。

また、公式な申請は行われていないものの、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドによるグレートブリテン共催案も出ているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

辣腕代理人・ライオラが復活! 世界での活動禁止処分が一時凍結もイタリアでは引き続き禁止

世界屈指の顧客を持つ代理人のミーノ・ライオラ氏だが、活動禁止が一旦解かれることとなった。スポーツ仲裁裁判所(CAS)が公式サイトで発表した。 ライオラ氏の顧客には、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバやマルセイユの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ、ロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチなどがおり、今夏の移籍市場で注目の的となっているアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトもその1人だ。 ライオラ氏は、5月にイタリアサッカー連盟(FIGC)および国際サッカー連盟(FIFA)から3カ月の代理人活動禁止の処分が下されており、移籍市場を控える中、サッカー界では大きな話題となっていた。 一方で、ライオラ氏はCASに処分が不当として異議申し立てを行っていたが、CASが12日に公式サイトで声明を発表。ライオラ氏の活動禁止は、一旦保留となるとした 「スポーツ仲裁裁判所は、2019年5月28日に行われたFIFA上訴委員会の決定に対し、フットボール仲介人のカルミネ・ミーノ・ライオラ氏が緊急の控訴を申し立てていることを確認した」 「このような決定では、FIGC(イタリアサッカー連盟)の中華委員会によってミーノ・ライオラ氏に課された、イタリアでのスポーツエージェントの職務停止の3カ月の期間は、FIFAによって延長され、世界的で禁止となった」 「ミーノ・ライオラ氏は、控訴の前に異議申し立て決定の執行を停止するための、緊急申請も提出した。2019年6月7日、CAS控訴仲裁部長がその申請を支持した」 「したがって、ミーノ・ライオラ氏の世界的な職務停止に関しては、CASの訴訟結果が出るまで保留となる。しかし、FIGCによって課された職務停止は、CASの決定による影響を受けない」 「両当事者の合意に加え、CASは2019年7月上旬に最終決定が下されることを可能にするため、短縮された手続きカレンダーを用い、迅速な対応をする」 この発表により、FIFAによって下された3カ月の代理人活動禁止処分は一旦凍結。一方で、イタリアでの代理人活動は禁止となる。 一旦処分が解除されたライオラ氏は、その間の活動が可能となり、自身の顧客である選手の移籍を進める可能性が予想されている。 2019.06.13 11:05 Thu
twitterfacebook
thumb

他候補不在でインファンティーノ氏がFIFA会長に再選! 任期は2023年まで

国際サッカー連盟(FIFA)は5日、ジャンニ・インファンティーノ氏(49)がFIFA会長に再選したことを発表した。任期は2023年までの4年となる。 欧州サッカー連盟(UEFA)の事務局長を足掛かりに、2016年に行われたFIFA会長選で初当選を果たしたインファンティーノ会長は、今回他候補不在という事情もあり、パリで行われているFIFA理事会において2期目の再選が承認された。 インファンティーノ会長はFIFA会長就任後、初当選時のマニフェストに掲げていたワールドカップ(W杯)の出場国枠拡張に関して2022年カタールW杯での導入は見送ったものの、アメリカ、カナダ、メキシコの共催となる2026年W杯で現行の32チームから48チームに増やすことを決めた。 また、先日には2021年からのFIFAクラブ・ワールドカップを現行の6大陸王者+開催国王者による7チーム制から、グループステージ制を組み込んだ24チームの開催形式に変更することを決定していた。 2019.06.05 19:08 Wed
twitterfacebook
thumb

UEFA元会長のレナート・ヨハンソン氏が89歳で逝去… CL創設に尽力

スウェーデンサッカー協会(SvFF)は5日、前SvFF会長で欧州サッカー連盟(UEFA)の5代目会長を務めたレナート・ヨハンソン氏(享年89)が4日に逝去したことを発表した。なお、死因に関しては病死とのみ伝えられている。 ストックホルム生まれのヨハンソン氏は、地元のプロサッカークラブのAIKソルナの会長を務めた後、1984年から1991年にかけてSvFFの会長を務めた。 また、1990年から2007年までUEFA会長を務めると、在任期間中にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の創設、1992年のユーロでは母国スウェーデンへの誘致にも尽力した。 一方、副会長を兼任していた国際サッカー連盟(FIFA)では1998年に会長選に出馬を果たしたが、ゼップ・ブラッター氏に敗れていた。 2019.06.05 16:21 Wed
twitterfacebook
thumb

現行方式継続のクラブW杯はカタールでの連続開催! 『AP通信』が報道

2019年と2020年のFIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)がカタールで連続開催となることがわかった。『AP通信』が3日に伝えた。 『AP通信』が伝えるところによれば、国際サッカー連盟(FIFA)は3日にパリで理事会を開催し、この場で2019年と2020年のCWCに関してカタールでの連続開催を承認する予定だという。 さらに、現行の12月開催、6つの大陸王者+開催国の計7チームがトーナメント方式で激突する現行方式の継続も承認されるようだ。 『AP通信』によると、今回の決定に関しては初めて冬季開催(11月中旬~12月中旬)となる2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)のテストイベントにしたいという思惑があるようだ。 仮に、今回の案が承認された場合、2019年のCWCの現時点での出場チームは、ヨーロッパ王者のリバプール(イングランド)、アフリカ王者のエスペランス(チュニジア)、北中米カリブ海王者のモンテレイ(メキシコ)、オセアニア王者のイヤンゲヌ(ニューカレドニア)、開催国王者として来季からチャビ・エルナンデスの新監督就任が決まっているアル・サッド(カタール)の5チームだ。 ここに南米王者、Jリーグ勢の勝ち上がりも期待されるアジア王者が加わることになる。 なお、国際サッカー連盟(FIFA)は今年3月に2021年からのCWCのレギュレーション改定承認を発表。この改定に伴い、開催が4年に1度となり、参加枠もヨーロッパ→「8」、南アメリカ→「6」、アフリカ、アジア、北中米カリブ海→「3」、オセアニア→「1」に変更となる。 また、トーナメント方式のフォーマットにおいても、3つのクラブを8つの組に振り分けたグループステージ勝ち上がり方式に変更。日程については現時点で不確定だが、6月17日~7月4日の18日間で行う案が出ている。 2019.06.03 21:26 Mon
twitterfacebook
thumb

最新FIFAランキング発表! 前回大躍進の日本、さらに順位を上げて26位に!

FIFA(国際サッカー連盟)は4日、最新のFIFAランキングを発表した。 3月のランキングでは、アジアカップ準優勝という成績から27位まで順位を上げた日本は、今回さらに1つ上げて26位となった。 トップ10にも変動があり、イングランドがクロアチアを抜いて4位に浮上。ウルグアイもポルトガルを抜いて6位に浮上した。また、ドイツは3つ上げて13位に。 アジアでは、トップのイランも日本同様に1つ上げて21位に。韓国、オーストラリアもそれぞれ1つずつ順位を上げている。なお、アジア全体では順位に変動はなかった。 ◆<span style="font-weight:700;">4月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)</span> 1.ベルギー(1) 2.フランス(2) 3.ブラジル(3) 4.イングランド(5) 5.クロアチア(4) 6.ウルグアイ(7) 7.ポルトガル(6) 8.スイス(8) 9.スペイン(9) 10.デンマーク(10) 11.アルゼンチン(11) 12.コロンビア(12) 13.ドイツ(16) 14.スウェーデン(14) 15.チリ(13) 16.オランダ(14) 17.イタリア(18) 18.メキシコ(17) 19.ウェールズ(19) 20.ポーランド(20) 21.ペルー(20) 21.イラン(22) 23.セネガル(24) 24.アメリカ(25) 25.ルーマニア(25) 26.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">日本</span>(27) 27.ウクライナ(30) 28.チュニジア(28) 29.セルビア(31) 29.ベネズエラ(32) 29.アイルランド(34) 32.スロバキア(29) 33.北アイルランド(36) 34.オーストリア(23) 35.ボスニア・ヘルツェゴヴィナ(34) 36.パラグアイ(33) 37.韓国(38) 38.コスタリカ(37) 39.トルコ(41) 40.アイスランド(39) 41.オーストラリア(42) 42.ナイジェリア(46) 43.ギリシャ(45) 44.スコットランド(40) 45.モロッコ(43) 46.コンゴ(51) 46.ロシア(50) 48.チェコ(44) 49.ガーナ(52) 50.ノルウェー(48) ◆<span style="font-weight:700;">アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)</span> 1.イラン(21) 2.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">日本</span>(26) 3.韓国(37) 4.オーストラリア(41) 5.カタール(55) 6.UAE(67) 7.サウジアラビア(72) 8.中国(74) 9.イラク(76) 10.シリア(83) 2019.04.04 17:15 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース