守田英正が3バックと4バックの違いに言及「いい意味でリスクを冒すこと」《キリンチャレンジカップ2019》2019.06.08 22:38 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本代表は8日、翌9日に行われるキリンチャレンジカップ2019のエルサルバドル代表戦に向けてトレーニングを行った。前回のトリニダード・トバゴ代表戦ではスタメン出場で約60分間プレーした守田英正。3バックと4バックでの役割の違いについて言及している。

◆MF守田英正(川崎フロンターレ)

――3バックでのイメージ
「良いイメージはあります。新しいオプションとして3バックをしましたけど、前回のトリニダード・トバゴ戦では思った以上に選手たちは手応えを感じたと思います。次の試合では距離感をもう少し縮めるだとか、前に人数をかけるという課題が明確になっていると思うので改善していきたいです。選手にとっては前向きに取り組めていて、感触は良いと思います」

――4バックと3バックでのボランチのタスクの違い
「前に出ていくところはクラブ以上にもっと、いい意味でリスクを冒すことです。バランサーでもあるので、行かない時は行かないというメリハリは大事ですけど、『ここ』という時には前へ推進していく所はもっとチャレンジしていければと前回の試合でも思いました。それが代表に来て、自分が進化できる部分だと思います」

――3バックだと幅がうまく使えていないのではないか
「一個飛ばす所と、相手を釣るために遊びのパスとして短いパスのメリハリが少しなかったと思います。ワイドにウイングバックの選手が張ってくれています。ボールがうまく入らなくても、関わっていないようで1人釣るようなポジショニングで駆け引きできるようになると思います。ボールに関与していいなくてもマッチアップしている選手をどうやって釣るのかは大事だと思います。幅が相手よりもあるとは思うので、優位性を持ってボール預けたいです」

――森保一監督から複数ポジションを求められているか
「そういう話はちょこっとしました。自分の特長を上手く理解してもらえていると実感しています。3バックなのでセンターバックのわきの部分は、僕自身できないとは捉えていないです。そこで使ってもらえるのならそこで特長を出したいです」
コメント
関連ニュース
thumb

堂安律が子供と交流…寄付金かかったキックターゲットで160万円ゲット《ウブロ×堂安律チャリティイベント》

スイスの高級腕時計ブランドである『ウブロ』が25日、都内でチャリティイベントを開催した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_101_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「ウブロ×堂安律チャリティイベント」と銘打たれた同イベントは、2020年3月に供用開始予定である「JFA夢FIELD(フィールド)」の寄付金獲得を目指すテーマのもとで実施。森保ジャパンで主軸の一角を担う日本代表MF堂安律が参加した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>イベントには子供20人が集結。オランダで2年目のシーズンを過ごしたなかで、A代表デビュー&初ゴールも記録した堂安は、子供たちとの「1vs10のミニゲーム」や、「質問コーナー」、「寄付金額をかけたキックターゲット」で、約1時間にわたり交流を深めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>イベント最後には、堂安からイベントに参加した子供たちに対して、サイン入りのサッカーボールを贈呈。さらに、今月16日に21歳の誕生日を迎えた堂安にも、サプライズケーキがプレゼントされ、「進化できるように頑張りたい」と“21歳の抱負”を語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>なお、堂安は子どもたちとのキックターゲットにより、160万円を寄付金を獲得。この全額が建設中の「JFA夢FIELD(フィールド)」に寄付されることになる。 2019.06.25 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

堂安律、コパ参戦の森保ジャパンから刺激! 「あとは自分がやるだけ」

フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律が25日、スイスの高級腕時計ブランドである『ウブロ』主催のイベントに登場した。 20名の子供たちとサッカーのミニゲームを通じて交流を図った堂安はイベント終了後、メディアの囲み取材に応対。質疑応答に対して、次のようにコメントした。 ◆堂安律(フローニンヘン/日本代表)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_100_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>──イベントを終えて 「子供たちと楽しく触れ合うができ、『ウブロ』さんのチャリティイベントを楽しくすることができて、嬉しく思う」 ──自身が子供時代に憧れた選手、ユニフォームを買った選手<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「明確には覚えていないが、セルティック時代の中村俊輔選手のユニフォームを持っていた記憶がある」 「(中村俊輔選手が好きだった理由?) 自分と同じ左利きで、背番号10を背負って日本代表を引っ張った選手だったので、すごく憧れがあった」 ──コパ・アメリカ2019を戦った日本代表を外から観た感想<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「僕が言うのもなんですが、逞しいというか、日本人らしく、最後までハードワークして戦っていたと思う。本当に刺激をもらってばっかり。これ以上ない環境、コパ・アメリカで戦う日本代表からこれ以上ない刺激をもらったので、あとは自分がやるだけかなと」 ──その日本代表で同世代がすごい活躍。ライバル意識は<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「そういった質問をたくさんもらうが、毎回言っているように、ありがたいし、感謝でしかない。そういう環境に身を置けるのは幸せなこと。それを拒否るようじゃ、サッカー選手のトップに上り詰められないと思う。逆に、歓迎して、自分も負けじと頑張りたい」 ──イベント内でプレーした感想<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「小学生のレベルというか、能力がどんなものなのか正直わからなかった。イベント中も言ったが、しつこいディフェンスが印象的だった。日本の良さはしつこいディフェンスでもあるので、『まだ子供なのにすごいな』と思った」 ──なでしこジャパンが女子W杯に参戦中。自身の主戦とするオランダが相手。メッセージを<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_100_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「男女関係なく、日本サッカーを盛り上げていきたい。なでしこジャパンは男子より成績を収めているので、今回も素晴らしい成績を収めて、日本に帰ってきてほしい。本当に頑張ってもらいたい」 ──対戦した子供たちと比べた自身の子供時代<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_100_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「あまり自分の子供時代を覚えていないので、わからない。イベント中も言ったように、緊張したと思うが、みんなが見ているなかでプレーする良い経験ができたと思う。この機会を生かしてほしい。年齢的に、僕と一緒にプレーできるので、『あのとき、堂安選手と会ったんです!』って言ってくる子供が出てきてくれたらなと思う」 ──今日のイベントで魅せられたか<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_100_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「いや、まだまだです。練習します。僕も」 2019.06.25 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

攻守で貢献したMF柴崎岳「大会で得られた感覚を大事に来季へ」…五輪世代へのエールも《コパ・アメリカ》

日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、日本は2分け1敗でグループリーグ敗退となった。 試合後、主将MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)がDAZNのインタビューに応対。大会を振り返り、「この大会で得られた感覚をしっかりと大事にして次のシーズンに備えたい」とコメントし、今回の代表メンバーのメインとなった東京五輪世代への期待も口にした。 ◆MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン) 「良い大会だったと個人的には思います」 「結果はもちろん出なかったですけど、内容やこの年代の選手の成長を試合ごとに追うことが出来ました。僕もそうです。個人もチーム全体にとっても経験を詰めた試合になったと思います」 「A代表選手が今回招集できずにオリンピック世代がメインとなったチーム編成になりましたけど、A代表の底上げにつながる大会にもなりました。彼らがこの経験を経て、今僕らがいるA代表の選手たちからポジションを奪うような活躍だったり、成長を見せてくれることを期待しています。それがチーム力の向上にもつながると思うので、この大会を無駄にせず、成長していってほしいと思います」 「僕個人としても、この大会で得られた感覚をしっかりと大事にして、次のシーズンに備えたいと思います」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=wjv2pu28b1v21akf7ic76o20y" async></script> </div> 2019.06.25 18:18 Tue
twitterfacebook
thumb

MF久保建英が総括…「世界を相手に戦いたいと強く思える大会だった」《コパ・アメリカ》

日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、日本は2分け1敗でグループリーグ敗退となった。 試合後、MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン)がDAZNのインタビューに応対。南米勢との真剣勝負の舞台を振り返り、「世界を相手に戦いたいと強く思える大会」になったと総括した。 ◆MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン) 「成長というよりは自分の現在を知ることだったり、持っているものを普段とは違う相手を前にしても出せるっているのを再確認できたことが良かったです」 ──コパ・アメリカでの経験をどう活かしたいか 「一概には言えないです。でもやはり世界を相手に戦いたいなと強く思えるような大会だったのは確かです」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1dxqi00z82lqv1wuppoj7hua15" async></script> </div> 2019.06.25 18:17 Tue
twitterfacebook
thumb

DF冨安健洋、悔しさあらわ…「これが僕たちの実力」《コパ・アメリカ》

日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、日本は2分け1敗でグループリーグ敗退となった。 試合後、DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)がDAZNのインタビューに応対。エクアドル戦を振り返り、悔しさをあらわにし「これが僕たちの実力」と結果を受け止めた。 ◆DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー) 「悔しいですけど、これが僕たちの力なんじゃないかなと思います」 ──失点シーン 「細かいところですけど、セットプレー崩れから隙を見せてああいう形になりました。(相手は)前から来ていましたし、そこをいかに外して前につなぐかがポイントでした。ただ、そこが上手くいかなかったですし、シンプルにロングボールを使うやり方に切り替えて、より結果にこだわってやりましたけど、結果が出なかったので、これが実力だと思います」 「僕たちはここから成長するチャンスはいくらでもありますし、ここで経験した3試合を無駄にしないように今後、一人一人がやらないといけないと思います」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=qzpgu0pgmnid1ajff3lh5sumu" async></script> </div> 2019.06.25 18:16 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース