【試合前日会見】初の日本戦に向け、エルサルバドル守護神「最初で最後の対戦ではなく…」《キリンチャレンジカップ》2019.06.08 16:11 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
エルサルバドル代表のGKヘンリー・エルナンデスが、9日にひとめぼれスタジアム宮城で行われるキリンチャレンジカップ2019の日本代表戦前日会見に出席した。FIFAランキングで71位に位置するエルサルバドル。2019年に入ってからは、グアテマラ代表(3-1)、ジャマイカ代表(2-0)、ペルー代表(2-0)、ハイチ代表(1-0)と4連勝中だ。

会見に出席したGKヘンリー・エルナンデスは、今回の一戦が「最初で最後の対戦になるのではなく、これから先も両国のサッカーの関係が続いていけばと思います」と関係の一歩になることを望んだ。

◆GKヘンリー・エルナンデス(ADチャラテナンゴ)
「今回、こうして日本と対戦できる機会を頂き、とても光栄に思っています。監督もおっしゃっていたように明日の試合は私たちにとってとても重要な意味を持っています。私たちにとっては成長するとても良い機会になると思いますし、明日の試合は是非、日本とエルサルバドルの両チームにとって、良い試合になることを願っています」

──CONCACAFゴールドカップの初戦まで約1週間。タイトなスケジュールでの試合になるか、今回はどのような位置づけか。またどのようなプレーを求めていきたいか
「こうした日本のような力のあるチームと対戦するということは、私達にとってもとても重要な意味を持っています。先日は非常にスピード溢れたプレーをするハイチ代表と対戦しました」

「明日の日本との試合は全く別の展開になると思っています。日本代表は、ポゼッション、テクニック、攻撃力、全てにおいて優れています。明日の試合は、私たちを成長させてくれる機会になると思っていますし、重要なパラメータになると思います」

「このチャンスを最大限、生かしたいと思います。そして、日本とは今回が、最初で最後の対戦になるのではなく、これから先も両国のサッカーの関係が続いていけばと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

久保が堂々のデビュー! 3バック継続の森保ジャパン、永井の2発で令和初白星!《キリンチャレンジカップ》

日本代表(FIFAランキング26位)は9日、ひとめぼれスタジアム宮城でキリンチャレンジカップ2019のエルサルバドル代表(同71位)戦に臨み、2-0で勝利した。 5日に行われたトリニダード・トバゴ代表戦をゴールレスドローで終えた森保ジャパン。今月のコパ・アメリカ、9月のワールドカップ(W杯)アジア2次予選前の最後の強化試合となるエルサルバドル戦に向けて、トリニダード・トバゴ戦から引き続き[3-4-2-1]を採用した。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=e0ep1nsivza116abgdq23ipmt" async></script> </div> 最後尾にGKシュミット・ダニエル、3バックが右から冨安、昌子、畠中、ダブルボランチに橋本と小林、右ウイングに伊東、左に原口、ツーシャドーに堂安と南野を並べた。1トップには2015年8月の東アジアサッカー選手権(現・EAFF E-1サッカー選手権)以来の出場となる永井。前日会見で森保監督が公言した通り、久保はメンバー入りを果たした。 エルサルバドルとの対戦は今回が初。令和初白星が欲しい日本は、後ろから丁寧に組み立てようとする相手に前からの守備で嵌めにかかる。 すると4分、ボックス左手前で橋本がボールを奪い、堂安へ。ボックス内で左足を振り抜いたが、ここは相手に当たってゴールを外れた。さらに6分、相手の弱いパスを見逃さなかった伊東がボックス右手前でインターセプトし、そのままボックス右に侵攻。中央へのラストパスは味方に合わず。それでもボックス手前中央やや左に流れたボールを原口が右足ダイレクトでシュートを放つも、枠を捉えられない。 立ち上がりを経過すると、永井、伊東と原口の両ウイングが裏への抜け出しからあわやチャンスという場面を作り出すも、ラストパスが繋がらないことやエルサルバドルのボックス内を固めた守備に苦戦し、シュートまで持ち込むことができない。 それでも19分、今回追加招集されたスピードスターが先制点。敵陣右サイド浅い位置から冨安が相手最終ラインの背後へパスを送る。ボックス右に走り込んだ永井が鋭い切り返しで相手DF二人を置き去りにして中央に切れ込むと、左足を振り抜いてGKとの一対一を制した。 先制に成功した日本はその後、やや攻めあぐねの時間帯が続いたが、焦れずにウイングバックが高い位置を取り続けることで中央で崩し始める。32分、右サイドでキープした伊東からパスを受けた小林がボックス手前から右足シュート。35分には橋本の縦パスをボックス手前の南野がフリックし、最後はボックス内で永井が左足を振り抜く。これがゴール左を捉えるも、惜しくもGKエルナンデスのパンチングで阻まれた。 前半終盤、日本は両ウイングと2シャドーの流動的な動きからボックス内へのスペースを作り出す。すると41分、敵陣中央左浅い位置の畠中がボックス左に縦パス。ここに走り込んだ原口が折り返し、最後は永井が左足を合わせ、ボールは左ポストを叩いてゴールに吸い込まれた。 2-0とリードを広げて迎えた後半も日本ペース。しかし56分、左サイドの球際で相手にプレッシャーをかけた永井が右肩を脱臼か。そのまま自らピッチの外へ出てプレー続行不可能に。59分に永井に代えて大迫を投入すると同時に、伊東と畠中を下げて、室屋と山中もピッチに送り込み、システムも[4-2-3-1]に変更した。 その後、思うようにチャンスを作ることができない日本。すると67分、ついに待望の時。南野と原口を下げて、中島と久保を投入した。久保の登場に会場内は大きな大歓声に包まれた。中島は左サイドハーフ、注目の久保はトップ下に入った。 その久保は73分、ロングボールを収めた大迫からのスルーパスに反応し、ボックス右外へ。相手DF2人に寄せられるも、巧みなタッチで突破し、ボックス右から左足でシュート。これはGKエルナンデスにキャッチされたが、いきなり会場を沸かせた。 徐々に日本の攻撃に活気が戻る。76分、カウンターからボックス左手前の小林がファーサイドでフリーの大迫へ浮き玉を供給。胸トラップが左足を振り抜くと、GKエルナンデスに弾かれたが、ボールはゴール方向へ。しかし、あと一歩のところで相手DFにクリアされる。 久保が持つたびにどよめく会場。久保もそれに呼応するかのようにドリブルやスルーパスを披露し、デビューとは思えない堂々としたプレーを見せる。 後半アディショナルタイム、敵陣中央で持った中島と久保が一つのパス交換でバイタルエリアの混戦地帯を抜け出しかける。ビッグチャンスになりかけたが、ここは相手DFにイエロー覚悟のファウルで止められてしまう。このプレーで得たFKは中島が直接狙ったが、惜しくもクロスバーを越えた。 試合は結局、2-0で試合終了。追加招集の永井の2得点で日本が令和初白星を飾った。 2019.06.09 20:55 Sun
twitterfacebook
thumb

エルサルバドル戦へ! 森保ジャパン、槙野&香川除く25名で最終調整!《キリンチャレンジカップ》

日本代表は8日、翌9日に行われるキリンチャレンジカップ2019のエルサルバドル代表戦に向けて、試合会場となるひとめぼれスタジアム宮城で前日トレーニングを行った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20190608_101_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>FIFAランキング71位に位置するエルサルバドルとの強化試合が明日に迫る森保ジャパン。本日に負傷離脱が決定したDF槙野智章(浦和レッズ)と、昨日の練習を左股関節の違和感のため、回避していたMF香川真司(ベシクタシュ/トルコ)の2人を除く25名で練習をスタートした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20190608_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>選手たちは練習開始予定時刻の数分前にピッチに登場し、各自でウォーミングアップ。森保一監督による青空ミーティングの後、グラウンドを約3周し、ストレッチ、ロンドで最終調整に備えた。ムードーメーカー役としてもひと役買った槙野が不在の中、ロンド時にはDF長友佑都(ガラタサライ/トルコ)を中心としたベテラン組が盛り上げる姿もあった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20190608_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>5日のトリニダード・トバゴ代表戦をゴールレスドローで終えた森保ジャパンは、エルサルバドルとの試合を経て、今月に招待国として参戦するコパ・アメリカや、9月からのワールドカップ(W杯)アジア2次予選を迎える。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20190608_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>森保一監督は前日会見で、香川の欠場を明言した中、注目のMF久保建英(FC東京)のメンバー入りも明かした。『令和』初勝利を目指すエルサルバドル戦は、19時キックオフだ。 2019.06.08 18:50 Sat
twitterfacebook
thumb

【試合前日会見】ゴールド杯まで約1週間も…エルサルバドル指揮官、「日本戦は即決」《キリンチャレンジカップ》

エルサルバドル代表を率いるカルロス・デロスコボス監督が、9日にひとめぼれスタジアム宮城で行われるキリンチャレンジカップ2019の日本代表戦前日会見に出席した。 FIFAランキングで71位に位置するエルサルバドル。2019年に入ってからは、グアテマラ代表(3-1)、ジャマイカ代表(2-0)、ペルー代表(2-0)、ハイチ代表(1-0)と4連勝中だ。 会見に出席したカルロス・デロスコボス監督は、CONCACAFゴールドカップの初戦まで約1週間という中でも、日本代表からの強化試合のオファーに対して「即決」だったことを明かした。 ◆カルロス・デロスコボス監督(エルサルバドル代表) 「今回、このイベントに参加する機会を与えて頂き、とても光栄に思っております。日本の皆様から招待を頂いたことをとても嬉しく思っています。明日の試合は、私たちにとって非常に学ぶことの多い経験になると思っています」 「日本はアジアという地域でとても力のあるチームですし、そこでプレーしている選手たちは世界の強豪クラブで戦っている選手たちです。ですので、明日の試合は、とても面白い試合になると思います」 「JFAの皆様には、今回の機会に感謝すると共に、明日はぜひ素晴らしい試合をして、お集まりになる観客の皆様には、楽しんで帰って頂きたいと思います」 ──CONCACAFゴールドカップの初戦まで約1週間。タイトなスケジュールでの試合になるか、今回はどのような位置づけか。またどのようなプレーを求めていきたいか 「私たちは、目前に迫ったゴールドカップに向けた準備の一環としてこの日本と対戦しに来ました。3日前にもハイチ代表との試合をしています。こうした親善試合の目的というのは、大会に向けて私たちは今、どんなレベル、どんな状態にあるのかということを確認すること、そして日本代表にはレベルが高く、経験豊富な選手たちが揃っているということを私たちもよく分かっています」 「そういったこともあってオファーを頂いた時は、来日して対戦するということを即決しました。私たちはその試合の中で、自分たちの競争力を高め、ゴールドカップにベストな状態で臨めるようにしたいと思います」 ──どういったサッカーをするか、また明日はどういう結果になれば理想的か 「エルサルバドル代表の選手たちは、テクニックがありますし、ボールコントロールやパス回しにも長けた選手たちが揃っています。明日の日本戦では、是非それを生かして戦いたいと思っています」 「試合の結果はどうなるか分かりませんが、選手たちには自信を持ってピッチ上で日本代表という強豪相手に戦って欲しいと思います。明日の試合が私たちの準備の一環であること、そして将来、役に立つ経験となることを選手たちは十分に理解して試合に臨んでもらえたらと思います」 「私としては、選手たちに秩序を保ってプレーしてもらいたいと基本的には思っていますけど、その中でもなんらかのクリエイティビティのあるプレーを、その自由を選手たちに与えることも重要だと考えています」 「日本は先日、トリニダード・トバゴ代表と対戦しましたが、トリニダード・トバゴと私たちはまた違った特徴を持ったチームです。明日の試合は全く違った展開になると思います。是非、明日はお集まり頂く皆さんに、高いレベルのサッカーを披露したいと思います」 2019.06.08 16:10 Sat
twitterfacebook
thumb

リシャルリソンがセレソン初弾含む2G&PK奪取! ネイマールも1G3Aでエルサルバドルに5発快勝《国際親善試合》

▽ブラジル代表は12日、国際親善試合エルサルバドル戦に臨み、5-0で快勝した。 ▽直近の国際親善試合アメリカ代表戦で2-0の勝利を収めたブラジルは、その試合からスタメンを5名変更。GKアリソン、ファビーニョ、チアゴ・シウバ、フィリペ・ルイス、フレッジ、フィルミノに代えて、GKネト、デデ、アレックス・サンドロ、ミリトン、アルトゥール、リシャルリソンを起用した。 ▽試合開始早々、リシャルリソンがボックス内に抜け出すと、エルサルバドルDFに倒されてPKを獲得。キッカーのネイマールが確実に仕留め、3分にブラジルが幸先良く先制した。 ▽続く16分、ボックス手前左でネイマールからのパスを受けたリシャルリソンが、右足をコンパクトに振る。すると、ボールはファーのネットを揺らした。 ▽その後も、ブラジルの怒涛の攻撃は続く。30分、ボックス手前でネイマールからボールを渡されたコウチーニョが、迷わず右足を振り抜く。シュートはゴール左下隅を射抜きスコアは3-0に。 ▽圧倒した展開のまま前半を終えたブラジルは、ハーフタイム中に選手交代を敢行。デデ、カゼミロに代えて、フィリペ・ルイス、フレッジを送り出した。 ▽50分、またしてもブラジルの攻撃が火を吹く。ボックス内左のコウチーニョがドリブルで抜きにかかり、エルサルバドルDFに阻まれてボールがこぼれたところにリシャルリソンが反応。左足でゴール左を捉え自身のこの日2点目とした。 ▽大差が付いている試合、ブラジルは54にコウチーニョ、リシャルリソン、ドグラス・コスタを下げてエヴェルトン、パケタ、ウィリアンを投入。選手を入れ替えつつも層の厚さを見せ付けていく。 ▽しかし、ブラジルの途中出場選手がアピールに意欲を見せる中、エルサルバドルも奮起。猛攻を凌ぎ続け、時にはカウンターからアタッキングサードに迫っていく。 ▽それでも圧倒的な戦力差を覆すことはできず、試合終了間際の90分にブラジルが左CKを獲得。ネイマールのクロスにマルキーニョスが頭で合わせ5-0としたところで試合は終了した。 ▽この日セレソン初スタメンのリシャルリソンは、2ゴールにPK奪取と大活躍。また、主将のネイマールも1ゴール3アシストとエースに相応しい結果を残している。 2018.09.12 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯予選であわや八百長…エルサルバドル代表キャプテンが持ちかけられたと明かす

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)の出場権を懸けた予選で、八百長が持ちかけられていたようだ。イギリス『BBC』が報じている。 ▽八百長を持ちかけられたのはエルサルバドルの選手。6日に行われるロシアW杯北中米カリブ海4次予選のカナダ代表戦を控えていたエルサルバドル代表だったが、エルサルバドルの実業家、リカルド・パディーヤ氏が報酬を渡すことを持ちかけていたようだ。 ▽今回の八百長は、エルサルバドルと対立関係にあった隣国のホンジュラスをW杯予選から敗退させるために企てたと見られている。この件について、エルサルバドル代表のキャプテンであるネルソン・ボニーラが記者会見でコメント。パディーヤ氏が結果に応じて報酬を渡すと持ちかけてきたと明かした。 「僕たちが聞いたことについて、この様ないかなるものに反対することを明らかにしたい。僕たち代表チームに起こった全てのことについてクリアにしたいんだ」 ▽エルサルバドル代表は、2013年に14選手が八百長に関与したとされ有罪判決を受けており、代表チームから永久追放されていた。 ▽一方で、パディーヤ氏は八百長の持ちかけについて否定。しかし、FIFAは「それぞれの組織、当局と協力して、この件について調べている」と明かしている。 ▽なお、カナダ代表とエルサルバドル代表の試合は3-1でカナダ代表が勝利したものの、ホンジュラス代表はメキシコ代表と引き分けたことにより北中米カリブ海最終予選に駒を進めている。 2016.09.07 15:22 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース