ボローニャ、ビジャレアルの元イタリア代表2選手の買い取りOPを行使2019.06.07 00:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボローニャは6日、ビジャレアルの元イタリア代表MFロベルト・ソリアーノ(28)と元イタリア代表FWニコラ・サンソーネ(27)の買い取りオプションを行使することを発表した。攻撃的MFのソリアーノはサンプドリアで活躍後、2016年夏にビジャレアルへ完全移籍。ビジャレアルでは公式戦73試合の出場で11ゴール8アシストを記録。移籍初年度こそレギュラーとしてプレーしリーガエスパニョーラで9ゴールを挙げる活躍を見せるも、昨季は十分なパフォーマンスを発揮できず、今季前半はトリノに、後半はボローニャにレンタルで出されていた。ボローニャではレギュラーとしてセリエAで17試合に出場し、チームの残留に貢献していた。

一方、ストライカーのサンソーネはサッスオーロでの活躍が認められて2016年夏にビジャレアルへ完全移籍。ビジャレアルでは公式戦71試合の出場で16ゴール8アシストを記録。ソリアーノ同様に移籍初年度はリーガエスパニョーラで8ゴールを挙げる活躍を見せたが、昨季は控えに回り、今季後半にボローニャへレンタルに出されていた。そのボローニャではセリエAで15試合に出場し、2ゴールを挙げていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ボローニャ、ユーベからU-21イタリア代表FWオルソリーニの買い取りを発表

ボローニャは19日、ユベントスのU-21イタリア代表FWリッカルド・オルソリーニ(22)の買い取りオプションを行使したことを発表した。『フットボール・イタリア』によれば買い取り額は1500万ユーロ(約18億2000万円)とのことだ。 2017年1月にアスコリからユベントスに加入した右ウインガーのレフティーは昨夏、ボローニャに買い取りOP付きのレンタルで加入。そのボローニャでは今季、セリエAで35試合に出場し、8ゴール5アシストと活躍していた。 また、U-21イタリア代表では現在行われているU-21欧州選手権にも出場している。 2019.06.20 06:26 Thu
twitterfacebook
thumb

冨安健洋のボローニャ移籍は決定的? 敏腕SDが就任会見で匂わす

シント=トロイデンに所属する日本代表DF冨安健洋(20)のボローニャ移籍が近づいているようだ。イタリア『Gianluca Di Marzio』が伝えた。 2016年にアビスパ福岡でプロキャリアをスタートし、2018年1月にシント=トロイデンに加入した冨安。優れたフィジカルを生かした対人能力と巧みなビルドアップを武器に、今シーズンは公式戦40試合に出場した。 また、2018年10月にデビューを飾った日本代表でも、先日の代表ウィーク2試合、日本時間18日に行われたコパ・アメリカグループC第1節のチリ代表戦でフル出場を果たすなど、すでに欠かせない存在となっている。 先日、そんな冨安に対して、今シーズンのセリエAを10位で終えたボローニャが獲得に興味を示しており、すでに接触していることが伝えられた。そして今回の報道によれば、移籍金600万ユーロ(約7億2000万円)で交渉が完了する見込みだという。 ボローニャでは18日、パレルモ時代にアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(現ローマ)、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(現パリ・サンジェルマン)、ローマ時代にはブラジル代表DFマルキーニョス(現パリ・サンジェルマン)、モロッコ代表DFメーディ・ベナティア(現アル・ドゥハイル)など多くの好タレントを発掘してきたワルテル・サバティーニ氏がスポーツディレクターに就任した。 その就任会見で、サバティーニSDは「(エリック・)プルガルが(コパ・アメリカの日本戦で)ゴールしたね。それは誰がマークしたんだい? 我々の日本人だったかい?」と冗談交じりに話していたという。同メディアは、『冨安はボローニャのユニフォームを着ることになるだろう』と締めた。 2019.06.19 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

冨安健洋、セリエA挑戦か 敏腕SD就任間近のボローニャが興味

シント=トロイデンに所属する日本代表DF冨安健洋(20)にセリエA挑戦の可能性が浮上した。イタリア『Gianluca Di Marzio』が伝えている。 2016年にアビスパ福岡でプロキャリアをスタートし、2018年1月にシント=トロイデンに加入した冨安。優れたフィジカルを生かした対人能力と巧みなビルドアップを武器に、今シーズンは公式戦40試合に出場した。また、2018年10月にデビューを飾った日本代表でも、先日の代表ウィーク2試合でフル出場を果たすなど、すでに欠かせない存在となっている。 そんな冨安に対して、今シーズンのセリエAを10位で終えたボローニャが獲得に興味。すでにシント=トロイデンに接触していることも併せて伝えられており、同メディアは冨安を「日本でトップ3に入るタレント」と評価している。 なお、ボローニャでは現在、サンプロドリアでテクニカルディレクターを務めるワルテル・サバティーニ氏のスポーツディレクター就任が間近に。同氏はパレルモ時代にアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(現ローマ)、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(現パリ・サンジェルマン)、ローマ時代にはブラジル代表DFマルキーニョス(現パリ・サンジェルマン)、モロッコ代表DFメーディ・ベナティア(現アル・ドゥハイル)など多くの好タレントを発掘してきた敏腕SDだ。 既報によれば、シント=トロイデン側は、冨安の慰留が困難であることをすでに理解しており、現在は後釜探しに奔走中。同クラブ退団は濃厚と見られているが、果たして、冨安のセリエA移籍は実現するのだろうか。 2019.06.11 13:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、18位から残留に導いたミハイロビッチ監督と新3年契約を締結!

ボローニャは8日、シニシャ・ミハイロビッチ監督(50)と2022年6月30日までの新たな3年契約を締結したことを発表した。 今年1月末にフィリッポ・インザーギ前監督の下、2勝8分け11敗で降格圏の18位に低迷していたボローニャを引き継いだミハイロビッチ監督。2009年4月以来の復帰となった同監督は、チームに規律と闘争心を植え付けて最終的に10位まで浮上させ、余裕の残留に導いた。 その手腕を高く評価するクラブは1年間の契約延長オプションの行使ではなく、サラリーなどの条件面を改善した新たな3年契約を打診。そして、ミハイロビッチ監督は年俸200万ユーロ(約2億4000万円)といわれるこの新契約にサインした。 2019.06.08 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、最終節で値千金の逆転弾を奪ったDFデ・マイオを完全移籍で獲得!

ウディネーゼは29日、ボローニャからフランス人DFセバスティアン・デ・マイオ(32)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 ブレシアでプロデビューを飾ったセンターバックのデ・マイオは、ジェノアで主力として活躍後、アンデルレヒト、フィオレンティーナ、ボローニャを経て今冬にウディネーゼに買取義務付きのレンタル移籍で加入。 今季、ウディネーゼではセンターバックのレギュラーとしてセリエAで16試合に出場。26日に行われた最終節のカリアリ戦では、値千金のゴールを挙げチームを逆転勝利に貢献するとともに、残留争いに巻き込まれていたチームをセリエA残留に導いた。 2019.05.30 04:04 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース