ベティス、EL出場権を獲得したエスパニョールのルビ監督を招へい2019.06.06 23:19 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベティスは6日、エスパニョールのルビ監督(49)を招へいしたことを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなっている。今季、リーガエスパニョーラで10位に終わったベティスでは、キケ・セティエン前監督が退任していた。

新任のルビ監督は2017-18シーズン、ウエスカをリーガ昇格に導く実績を上げ、今季エスパニョールの指揮官に就任。エスパニョールを7位に導き、ヨーロッパリーグ出場を果たしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

エスパニョール、FWセルヒオ・ガルシアの退団を発表

エスパニョールは15日、元スペイン代表FWセルヒオ・ガルシア(36)の退団を発表した。 バルセロナの下部組織出身であるセルヒオ・ガルシアは、レバンテやサラゴサ、ベティスでのプレーを経て2010年夏にエスパニョールに加入。2015年からの2シーズンはカタールのアル・ライヤーンに移籍していたが、2017年夏にエスパニョールに復帰。クラブ通算7シーズンで公式戦231試合に出場し、49ゴール42アシストを記録していた。今季はリーガエスパニョーラ29試合の出場で2ゴール1アシストの成績だった。 なお、ベテランFWの新天地はバジャドリーが濃厚と報じられている。 2019.06.16 03:03 Sun
twitterfacebook
thumb

ルビ監督退任のエスパニョール、ガジェゴ氏を指揮官に

エスパニョールは6日、ダビド・ガジェゴ氏(47)を監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの2年間となっている。 エスパニョールでは同日、リーガエスパニョーラで7位となり、ヨーロッパリーグ出場に導いていたルビ前監督がベティスに引き抜かれていた。 2013年からエスパニョールの下部組織を指導していたガジェゴ氏は、2018年4月に成績不振を受けて解任されたキケ・サンチェス・フローレス監督の後を受けてエスパニョールのトップチーム監督に就任した経歴を持っている。その昨季、エスパニョールはリーガエスパニョーラを11位で終え、ガジェゴ氏はシーズン終了後に退任して下部組織の監督に戻っていた。 2019.06.06 23:32 Thu
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、エスパニョールGKロベルトを獲得

ウェストハムは5月31日、エスパニョールのスペイン人GKロベルト・ヒメネス(33)の獲得を発表した。契約期間は2021年6月30日までの2年間となっている。 アトレティコ・マドリーでキャリアをスタートさせたロベルトは、ベンフィカやサラゴサなどでプレー後、オリンピアコスで正GKとして活躍。その後、2016年にエスパニョールに加入し、昨季はマラガにレンタル移籍して正GKとしてプレーしていた。 しかし、エスパニョールに復帰した今季は、正GKディエゴ・ロペスの前に第2GKに甘んじ、コパ・デル・レイ6試合の出場に留まっていた。 2019.05.31 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

DF確保が急務のアトレティコ、エスパニョールのエルモソに関心か

アトレティコ・マドリーが、エスパニョールに所属するスペイン代表DFマリオ・エルモソ(23)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 フランス代表DFリュカ・エルナンデス(23)とウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(33)、元スペイン代表DFフアンフラン(34)の退団が決定しているアトレティコ。さらには、ブラジル代表DFフィリペ・ルイスも契約満了での退団が濃厚となっている。 守備陣の補強が急務になっているアトレティコは、28日にポルトからブラジル代表フェリペの獲得に成功。次なるターゲットとして、センターバックでありながら左サイドバックもこなせるレフティに関心を寄せているようだ。 レアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)でプロデビューを飾ったエルモソは、2017年7月にエスパニョールへ完全移籍。優れたインターセプトやカバーリング能力を武器に、今シーズンのリーガエスパニョーラ35試合に出場し、チームのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に貢献した。 そのエルモソの推定契約解除金は4000万ユーロ(約48億7000万円)。だが、レアル・マドリーが750万ユーロ(約9億1000万円)の買い戻し条項を持っていることから、交渉が複雑になると『アス』は指摘している。 2019.05.29 14:34 Wed
twitterfacebook
thumb

エスパニョール、中国代表FWウー・レイが左肩を手術! 全治は6~8週間に

エスパニョールは23日、中国代表FWウー・レイが左肩の手術を受けたことを発表した。 エスパニョールの発表によると、シーズン終盤に入って左肩の脱臼癖に悩まされていたウー・レイは、シーズン終了を待って今回の手術に踏み切ったという。手術は無事成功に終わっており、今後は経過を観察しながら6~8週間後の復帰を目指すことになる。 今年1月末に中国サッカー界最高のアタッカーとして上海上港からエスパニョールに加入したウー・レイは、今季リーグ戦16試合に出場し3ゴール3アシストを記録。3月に行われた第26節のバジャドリー戦で中国人プレーヤー史上初のリーガでの得点を記録すると、ヨーロッパリーグ出場権が懸かった最終節のレアル・ソシエダ戦ではチームを2-0の勝利に導く追加点を挙げるなど貴重な戦力として活躍。さらに、母国のエスパニョールフィーバーにも一役買っていた。 2019.05.24 17:49 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース