シント=トロイデンが日本代表DF冨安健洋の後釜を確保へ…フランス2部のセネガル人2019.06.04 18:05 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
シント=トロイデンが、新たなセンターバックを確保しに動いているようだ。ベルギー『Het Nieuwsblad』が報じた。今シーズンのベルギー・ジュピラー・プロ・リーグで躍進を見せたシント=トロイデンは、レギュラーリーグを7位で終了。プレーオフ2-Aに進出し、2位で終えていた。

日本代表のDF冨安健洋、MF遠藤航、FW鎌田大地に加え、MF関根貴大、FW木下康介と日本人が5名所属。そんな中、冨安の移籍がシーズン中から取り沙汰されており、その代役を探しているとのことだ。

シント=トロイデンが注視しているのは、リーグ・ドゥ(フランス2部)のナンシーに所属するセネガル代表DFモドゥ・ディアニェ(25)。ナンシーの下部組織育ちで、今シーズンはリーグ・ドゥで15試合に出場し1ゴールを記録していた。

すでに交渉はスタートしており、移籍金は80万ユーロ(約9730万円)とのことだ。

なお、冨安は市場価格として900万ユーロ(約10億9500万円)の価値があるといい、チームとしても適正価格ならば売りに出すことを考えているとのことだ。

後釜の確保にクラブが動いている以上は、冨安の退団は濃厚。果たして、どのチームへと移籍するのか注目だ。
コメント
関連ニュース
thumb

DF冨安健洋、悔しさあらわ…「これが僕たちの実力」《コパ・アメリカ》

日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、日本は2分け1敗でグループリーグ敗退となった。 試合後、DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)がDAZNのインタビューに応対。エクアドル戦を振り返り、悔しさをあらわにし「これが僕たちの実力」と結果を受け止めた。 ◆DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー) 「悔しいですけど、これが僕たちの力なんじゃないかなと思います」 ──失点シーン 「細かいところですけど、セットプレー崩れから隙を見せてああいう形になりました。(相手は)前から来ていましたし、そこをいかに外して前につなぐかがポイントでした。ただ、そこが上手くいかなかったですし、シンプルにロングボールを使うやり方に切り替えて、より結果にこだわってやりましたけど、結果が出なかったので、これが実力だと思います」 「僕たちはここから成長するチャンスはいくらでもありますし、ここで経験した3試合を無駄にしないように今後、一人一人がやらないといけないと思います」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=qzpgu0pgmnid1ajff3lh5sumu" async></script> </div> 2019.06.25 18:16 Tue
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンで躍動の鎌田大地、ドイツ2部行きか

フランクフルトからシント=トロイデンへとレンタル移籍していたFW鎌田大地だが、フランクフルトへ戻ることはなさそうだ。ベルギー『voetbalkrant.com』が報じた。 2017年7月にサガン鳥栖からフランクフルトへと完全移籍で加入した鎌田だったが、加入1年目はニコ・コバチ監督(現バイエルン監督)の信頼を得られず、ブンデスリーガで3試合、DFBポカールで1試合の出場にとどまっていた。 迎えた2シーズン目も構想外となると、シント=トロイデンへとレンタル移籍。するとベルギー・ジュピラー・プロ・リーグで24試合に出場し12ゴール2アシストを記録。チームの攻撃の中心として活躍し、日本代表にも招集されていた。 プレーオフ2へ進んだチームにおいても、10試合に出場し3ゴール5アシストと活躍を見せた鎌田。市場価値も加入時に比べ2倍に高騰したものの、フランクフルトへ戻ることはないとされている。 そんな鎌田の移籍先に浮上したのが、ブンデスリーガ2部のシュツットガルトだ。今シーズンはリーグ戦を16位で終え、プレーオフに進んだもののウニオン・ベルリンに敗れて2部へ降格。1年でのブンデスリーガ復帰を目論みるシュツットガルトは、チーム再建に動いており、鎌田が優先的に考えられているという。 シュツットガルトは、かつて日本代表FW岡崎慎司(現レスター・シティ)や元日本代表DF酒井高徳(現ハンブルガーSV)、FW浅野拓磨(現ハノーファー)ら日本人がプレーしたことでも知られている。 フランクフルト加入時は160万ユーロ(約1億9400万円)程度だった価値も、450万ユーロ(約5億4500万円)にまで上昇しており、どこが獲得するのか注目が集まる。 2019.06.21 10:50 Fri
twitterfacebook
thumb

冨安健洋のボローニャ移籍は決定的? 敏腕SDが就任会見で匂わす

シント=トロイデンに所属する日本代表DF冨安健洋(20)のボローニャ移籍が近づいているようだ。イタリア『Gianluca Di Marzio』が伝えた。 2016年にアビスパ福岡でプロキャリアをスタートし、2018年1月にシント=トロイデンに加入した冨安。優れたフィジカルを生かした対人能力と巧みなビルドアップを武器に、今シーズンは公式戦40試合に出場した。 また、2018年10月にデビューを飾った日本代表でも、先日の代表ウィーク2試合、日本時間18日に行われたコパ・アメリカグループC第1節のチリ代表戦でフル出場を果たすなど、すでに欠かせない存在となっている。 先日、そんな冨安に対して、今シーズンのセリエAを10位で終えたボローニャが獲得に興味を示しており、すでに接触していることが伝えられた。そして今回の報道によれば、移籍金600万ユーロ(約7億2000万円)で交渉が完了する見込みだという。 ボローニャでは18日、パレルモ時代にアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(現ローマ)、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(現パリ・サンジェルマン)、ローマ時代にはブラジル代表DFマルキーニョス(現パリ・サンジェルマン)、モロッコ代表DFメーディ・ベナティア(現アル・ドゥハイル)など多くの好タレントを発掘してきたワルテル・サバティーニ氏がスポーツディレクターに就任した。 その就任会見で、サバティーニSDは「(エリック・)プルガルが(コパ・アメリカの日本戦で)ゴールしたね。それは誰がマークしたんだい? 我々の日本人だったかい?」と冗談交じりに話していたという。同メディアは、『冨安はボローニャのユニフォームを着ることになるだろう』と締めた。 2019.06.19 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

冨安健洋、セリエA挑戦か 敏腕SD就任間近のボローニャが興味

シント=トロイデンに所属する日本代表DF冨安健洋(20)にセリエA挑戦の可能性が浮上した。イタリア『Gianluca Di Marzio』が伝えている。 2016年にアビスパ福岡でプロキャリアをスタートし、2018年1月にシント=トロイデンに加入した冨安。優れたフィジカルを生かした対人能力と巧みなビルドアップを武器に、今シーズンは公式戦40試合に出場した。また、2018年10月にデビューを飾った日本代表でも、先日の代表ウィーク2試合でフル出場を果たすなど、すでに欠かせない存在となっている。 そんな冨安に対して、今シーズンのセリエAを10位で終えたボローニャが獲得に興味。すでにシント=トロイデンに接触していることも併せて伝えられており、同メディアは冨安を「日本でトップ3に入るタレント」と評価している。 なお、ボローニャでは現在、サンプロドリアでテクニカルディレクターを務めるワルテル・サバティーニ氏のスポーツディレクター就任が間近に。同氏はパレルモ時代にアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(現ローマ)、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(現パリ・サンジェルマン)、ローマ時代にはブラジル代表DFマルキーニョス(現パリ・サンジェルマン)、モロッコ代表DFメーディ・ベナティア(現アル・ドゥハイル)など多くの好タレントを発掘してきた敏腕SDだ。 既報によれば、シント=トロイデン側は、冨安の慰留が困難であることをすでに理解しており、現在は後釜探しに奔走中。同クラブ退団は濃厚と見られているが、果たして、冨安のセリエA移籍は実現するのだろうか。 2019.06.11 13:50 Tue
twitterfacebook
thumb

「正直ちょっと長すぎたかなと思った」先制点アシストのDF冨安健洋、永井の快速に驚き《キリンチャレンジカップ》

日本代表(FIFAランキング26位)は9日、ひとめぼれスタジアム宮城でキリンチャレンジカップ2019のエルサルバドル代表(同71位)戦に臨み、2-0で勝利した。 試合後、DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)がミックスゾーンでの取材に応対。先制点をアシストした場面を振り返り、パスが「ちょっと長すぎた」と思ったことを明かすも、FW永井謙佑(FC東京)の快速ぶりに驚愕している。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=e0ep1nsivza116abgdq23ipmt" async></script> </div> ◆DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー) ──試合内容に改善が見られた。1点目も自身のパスからだったが 「今日の相手で言えば、フォワード脇というか、外というよりも内側にポジション取ってボール受けた方がいいなと。前半少ししてからそっちの方がいいなと思いました。中でボールを受ける回数を増やしてやったのが良かったのかなと思います」 ──1点目は自身のパスからだが 「そうですね。1点目は正直、ちょっと長すぎたかなと思いました。けどやっぱ速いですね。速いので、あそこを取れば、相手にとって嫌だと思います。出してからはもう永井(謙佑)さんの個人技で得点に繋げてくれましたけど、あそこを取るという意識は持っていたいですし、うまく得点に繋がって良かったかなと思います」 ──3バックをやりながら元々の4バックも試した。この2試合通じてのチームとしての戦術の浸透具合や手応えは? 「3バックをある程度の時間、長い時間、実戦でやることができたというのは今後に繋がると思います。また3バックをやるにしても4バックをやるにしても、ベースは変わらないと思います」 「森保さんも言っていますけど、戦うところというか、そこのベースは変わらないので。3バックでは3バックの、4バックでは4バックの良いところを伸ばしていければ良いかなというふうに思ってます」 2019.06.10 01:20 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース