不振の福岡、ファビオ・ぺッキア監督が家庭事情で退任…J2リーグ18位低迷2019.06.03 12:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アビスパ福岡は3日、ファビオ・ぺッキア監督(45)の退任を発表した。監督自らの「家庭の事情を理由」とした申し出を受理しての監督交代だという。ファビオ・ぺッキア監督は現役時代、ナポリやユベントスなどイタリア国内でプレー。2009年に引退後、ヴェローナの監督や、ラファエル・ベニテス氏の下でレアル・マドリーとニューカッスルでアシスタントコーチを務め、今シーズンから福岡の指揮を執った。

だが、その福岡は今シーズンのここまで明治安田生命J2リーグ4勝4分け8敗の18位。今シーズン初のレベルファイブスタジアム開催だった2日の大宮アルディージャ戦は1-1のドローに終わり、連勝を逃した。ファビオ・ぺッキア監督は次のようにコメントしている。

「残念ながら、私個人の事情でアビスパ福岡とお別れし、イタリアに戻らなければなりません。
社長、アビスパの株主、強化部長が私を信じて、この素晴らしいプロジェクトの一員に選んでくれたことを感謝しています」

「どんな時でも私たちを好きでいて、応援してくれたファンの皆様にも「本当にありがとう」と言いたい。そしてこの5ヶ月私と共に仕事をしてきた選手、コーチングスタッフ、通訳のダビデに感謝の気持ちを伝えたい」

「彼らのおかげで私は人間としても、サッカー指導者としても成長することができました。アビスパがこれから大きなゴールを目指し、たどり着くことを心から願っています。本当にありがとうございます。またどこかで会いましょう」

後任に関しては決まり次第、発表へ。チームとして再出発の一戦は、9日に敵地で行われる第17節の水戸ホーリーホック戦となる。
コメント
関連ニュース
thumb

水戸、新生福岡を4発粉砕で首位浮上! 《J2》

明治安田生命J2リーグ第16節の4試合が9日に各地で行われた。 4位・水戸ホーリーホック(勝ち点30)vs19位・アビスパ福岡(勝ち点16)は、4-2で水戸が勝利した。 先手を取ったのはアウェイの福岡。10分、ボックス左外から石津がインスイングのクロスを供給。このボールに反応したゴール前の松田がヘディングで合わせて先制に成功する。 対する水戸は15分、敵陣中央でボールを受けた浅野がドリブルを開始。バイタルエリア左から左足を振り抜くと、DF二人の間を抜けたシュートがゴール右に突き刺さり、すぐさま同点に追いついた。 その後、前半中盤にかけては一進一退の攻防が続いて迎えた45分、水戸は白井がボックス内にスルーパス。ダイアゴナルに走り込んだ村田がボックス中央から左足でゴール左に流し込み逆転に成功する。 勢いに乗る水戸は58分、ボックス左外から志知のクロスをニアサイドで受けた村田が反転からパス。ボールを受けた茂木がGKセランテスを冷静に躱して、ゴールネットを揺らした。 水戸は攻撃の手を緩めない。その2分後には、後方からのスルーパスに抜け出した浅野がGKセランテスとの一対一を冷静に沈めてリードを広げる。 79分にヤン・ドンヒョンにPKを決められて1点返された水戸だったが4-2で勝利。勝ち点を33に伸ばし、得失点差で山形を上回って首位に浮上した。一方の福岡は久藤清一監督新体制で黒星スタートとなっている。 ◆明治安田生命J2リーグ第17節 ▽6/9(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">鹿児島ユナイテッドFC 3</span>-1 東京ヴェルディ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 4</span>-2 アビスパ福岡 栃木SC 0-0 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">愛媛FC 3</span>-1 柏レイソル ▽6/8(土) ヴァンフォーレ甲府 2-2 モンテディオ山形 V・ファーレン長崎 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ファジアーノ岡山</span> FC岐阜 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 3</span>-1 京都サンガF.C. <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 1</span>-0 FC町田ゼルビア レノファ山口 1-1 横浜FC FC琉球 1-1 ツエーゲン金沢 2019.06.09 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

福岡、ファビオ・ぺッキアの後任決定…久藤清一コーチが昇格

アビスパ福岡は3日、コーチを務める久藤清一氏(44)の監督就任を発表した。 福岡は今シーズン、イタリア人指導者のファビオ・ぺッキア氏(45)を招へい。だが、ここまで明治安田生命J2リーグ4勝4分け8敗の18位に落ち込み、本日3日に監督自らの「家庭の事情を理由」とした申し出により、退任が決まった。 久藤氏は現役時代、ヤマハ発動機サッカー部(現・ジュビロ磐田)やセレッソ大阪、福岡を渡り歩き、2010年に引退。以降、福岡の下部組織で指導者キャリアをスタートさせ、熊本を経て、2018年からコーチとして福岡に復帰した。 久藤新体制で再出発を図る福岡は、9日に敵地で行われる第17節の水戸ホーリーホック戦が初陣となる。 2019.06.03 15:20 Mon
twitterfacebook
thumb

福岡DF三國ケネディエブス、プロの舞台で改善・成長を実感「最初は戸惑いもあったが…」《U-20W杯》

U-20日本代表は12日、今月からポーランドで行われるU-20ワールドカップ(W杯)に向けて、千葉県内でトレーニングを実施した。 トレーニング終了後、アビスパ福岡のDF三國ケネディエブスがメディア陣による取材に応対。プロの舞台を経験し、昨年のAFC U-19選手権からの改善と成長を実感していることを明かした。 ◆DF三國ケネディエブス(アビスパ福岡) ──選出されて改めて今の気持ちは 「非常に嬉しいです」 ──コンディション面はどうか 「コンディションは結構、良い感じです。体力的にも問題ないです」 ──前回のAFC U-19選手権からここまでどのような課題を意識してきたか 「前回のアジア大会の時は、ポジショニングや判断力が課題として出てきました。それを高校卒業するまでには青森山田(高校)で、アビスパ福岡に行ってからは監督の下で細かいことまで教わりました。そのおかげで大分、前回の大会に比べれば、改善されているかなと思います」 ──影山監督は、この世代がプロの舞台を経験し始めたことで非常に成長を感じているとおっしゃっていたが、ご自身はどう感じているか 「高校でやっていたレベルとプロのレベルでは、スピードも判断力も全然違います。最初はプロの舞台で戸惑いもありましたけど、試合を重ねるうちに色々なことを経験して、良い感じにフィットしてきているかなと思います」 ──その中でU-20W杯を迎えるが、個人としてどのような大会にしたいか 「自分としてはゆくゆくは海外でプレーしたいと思っています。海外で今、どれだけ自分が通用するのかということも知れると思います。知るためには、スタメンで試合に出なくてはいけないので、まずはそこにフォーカスしながらやっていきたいと思います」 ──U-20W杯に行く前にクラブでは出場停止という形で今節出場できず、合流したが 「チームには迷惑をかけて合流してしまったので、その分、責任を背負ってここで良い活躍ができればと思っています」 ──明日の流通経済大学とのトレーニングマッチで確認したいことは? 「守備のところで、集まってまだ練習ができていないので、あまり連携というのは取れないかもと思います。ただ、明日の試合でミーティングを重ねて、連携が取れれば良い入りができると思うので、まずは守備面を重視してやっていきたいです」 2019.05.12 20:45 Sun
twitterfacebook
thumb

昨季、アビスパ福岡でプレーしたFWトゥーリオ・デ・メロが現役引退! 福岡退団の経緯も語る

昨季アビスパ福岡でプレーしていたブラジル人FWトゥーリオ・デ・メロ(34)が7日、元所属先のリールの公式サイトで現役引退を発表した。 トゥーリオ・デ・メロは「自身にとって最も重要だった」、リールで現役引退を発表した。 「リールは僕のキャリアにおいて最も重要なクラブだった。だから、引退を決断した際に一番初めに伝えたかったんだ」 「今が適切な時期だと思っている。そして、自分のキャリアに誇りを持っているよ」 「ただ、自分の身体が上げる声に耳を傾ける必要があった。仮に、無理にプレーを続ければ、引退後の生活でもケガに苦しむことになると思ったんだ」 「だから、僕は健康なうちにキャリアを終えることを決めた。子供たちとの生活を楽しみたいし、僕にはこれから様々な生活が待っているからね」 さらに、トゥーリオ・デ・メロは福岡でのキャリアに関しても以下のように振り返っている。 「新しい経験をしたいと思っていたんだ。アジア、特に、以前からその文化に魅了されていた日本でね。だから、福岡と契約したんだ」 「それは素晴らしい経験だったし、あそこでの暮らしを愛していたんだ。僕は日本語も学んでいたんだけど、サッカーに関しては異なるメンタリティを感じたよ」 「あそこでは個人のクオリティよりも仕事量自体が評価されていたよ。常に走り続けることを求められたし、年齢に関わらず、18歳も34歳も同じ練習量を求められた。そして、僕はこれ以上プレーできないと感じたんだ」 「僕はこれまで6度もヒザの手術を受けた。そのために自分の中でケガをコントロールする必要があり、日常の中で特別なケアも必要としていた。そういった部分であそこでの文化に自分が適応することは難しいと気付いたんだ。そして、6カ月で契約を解消する決断に至ったんだ」 また、現役引退後のプランに関してはどんな役割を果たすか決めていないもののフットボール界に関わり続けたいと語っている。 「必ずしも指導者になりたいとは思っていないけど、スポーツ部門に関わりたいと思っているよ。ただ、自分自身を焦らせたくないし、仕事を始める前に色んなことを学びたい」 母国ブラジルのアトレチコ・ミネイロでプロキャリアをスタートした193cmの大型ストライカーのトゥーリオ・デ・メロ。デンマークのオールボーでヨーロッパでのキャリアをスタートすると、ル・マン、パレルモを経由して2008年にリールに加入。リールでは控えFWとしてMFエデン・アザールやFWジェルビーニョらと共に2010-11シーズンのリーグ・アン、クープ・ドゥ・フランスの国内2冠達成を経験していた。 その後、バジャドリーでヨーロッパでのキャリアを終えると、2015年からシャペコエンセ、スポルチ・レシフェと母国でプレー。そして、2018年には自身最後のクラブとなった福岡に加入。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで7試合に出場していた。 しかし、昨年6月に長引くケガによるコンデション不調を理由に、引退を視野に入れ、一度自らのサッカーキャリアを見つめ直したいと急遽退団を申し入れ、クラブは慰留を目指していたものの、最終的に同選手の意向をくむ形で契約解除に至っていた。 2019.05.08 15:18 Wed
twitterfacebook
thumb

福岡から選出の2人の18歳「全力で恥じないプレーを」《U-20W杯》

日本サッカー協会(JFA)は7日、5月末から6月にかけて行われるポーランドで行われるU-20ワールドカップに臨む21名のメンバーを発表した。 J2リーグ所属のアビスパ福岡から、DF三國ケネディエブスとMF喜田陽の2人が選出された。ナイジェリア人の父と日本人の母を持つ三國。青森山田高校時代から各世代の日本代表に選出され、昨年のAFCU-19選手権では3試合に出場し、今大会出場に貢献した。 一方、喜田は今季からセレッソ大阪からレンタルで福岡に加入し、リーグ戦出場は3試合。それでも各年代の代表に選ばれ続けている逸材で、今大会での活躍にも期待が懸かる。 ◆DF三國ケネディエブス 「U-20ワールドカップメンバーに選ばれたことを誇りに思います。日本を背負って戦うので恥じないプレー、そして勝利に貢献できるよう全力で戦ってきます。応援よろしくお願いします」 ◆MF喜田陽 「U-20日本代表に選出していただき、とても嬉しいです。チームの為に全力でプレーしたいと思います。そして、多くのことを吸収し、レベルアップをして帰ってきたいと思います」 U-20日本代表は、5月末から6月にかけてポーランドで行われるU-20ワールドカップに出場。5月中旬に直前キャンプを行い、本大会ではエクアドル代表(23日)、メキシコ代表(26日)、イタリア代表(29日)と対戦する。決勝トーナメントは来月2日から行われる。 2019.05.07 18:09 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース