大改革に動くのか!? ミラン、来季のスカッドが大幅変更へ2019.06.02 21:35 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今シーズンのセリエAで結果を残せなかったミラン。来季に向けて、スカッドに大きな変更が起こりそうだ。最終節まで来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を争っていたミラン。2013-14シーズンを最後にチャンピオンズリーグの舞台から離れると、ここ2シーズンはヨーロッパリーグに出場。しかし、今シーズンはグループステージで敗退するなど、低迷の一途をたどっている。

この状態を受け、ミランのイバン・ガジディスCEO(最高経営責任者)は、チームの編成を大きくテコ入れし、コスト削減に走ることになるようだ。

すでに、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の退任が決定し、レオナルドSD(スポーツディレクター)も退任。チームの再建に動き出しているが、選手も例外ではない。

まず、契約満了を迎える元イタリア代表DFイグナツィオ・アバーテ(32)、コロンビア代表DFクリスティアン・サパタ(32)、MFホセ・マウリ(23)、元イタリア代表MFリッカルド・モントリーボ(34)、元イタリア代表MFアンドラ・ベルトラッチ(28)は退団が決定。

さらに、トルコ代表MFハカン・チャルハノール(25)、ウルグアイ代表MFディエゴ・ラクサール(26)、スペイン人FWサムエル・カスティジェホ(23)は売りに出される模様だ。

イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、チャルハノールはブンデスリーガのクラブから興味を持たれており、ミランは1500〜1800万ユーロ(約18億1900〜21億8300万円)で売却を望んでいるとのことだ。

また、資金が必要になった場合にはイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(20)を売却する考えもある。6000万ユーロ(約72億7500万円)以上の移籍金が見込めるドンナルンマに関しては、過去にも移籍の問題が浮上したが、現在は手が挙がれば手放す考えのようだ。

また、元スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ、U-20イタリア代表GKアレッサンドロ・プリツァーリが居ることも、動きを加速させるという。

かつての名門も今やユベントスの絶対王政の前に為す術がなく、復権のためにもチームに改革をもたらせたいのだろう。果たして、この大ナタがどちらに転ぶのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナル、トレイラ売却の意思なし…恩師就任間近のミランが関心

ウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(23)をミランに売却する気はアーセナルにないようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨夏にサンプドリアからアーセナルに加入したトレイラ。豊富な運動量を武器に攻守両面で高い貢献度を誇るディフェンシブMFは、今シーズンの公式戦50試合で2ゴール5アシストを記録した。 そのトレイラに対して、サンプドリアを率いるマルコ・ジャンパオロ監督(51)の就任が間近に迫っているとされるミランが関心。トレイラ自身に1年でのセリエAに復帰する気はないものの、サンプドリア時代に2年間、ジャンパオロ監督と師弟関係にあったことから状況が一転する可能性もあると見られていた。 しかし、今回伝えられるところによると、アーセナル側がトレイラの売却を拒否。これに対してアーセナル側は、サッスオーロに所属するイタリア代表MFステファノ・センシ(23)を代替案としてリストアップしているようだ。 2019.06.17 08:20 Mon
twitterfacebook
thumb

豪快弾のブラジル代表FWエヴェルトン、欧州挑戦をほのめかす注目発言!

グレミオに所属するブラジル代表FWエヴェルトン(23)が今夏の欧州挑戦を示唆した。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 エヴェルトンは2018年9月にブラジル代表デビューを果たした新星。ウィングやセンターフォワードでプレー可能で、ミランやパリ・サンジェルマン(PSG)、ユナイテッドとシティのマンチェスター勢がこぞって熱視線を注いでいるとみられ、今後の動向に注目が集まっている。 そのエヴェルントンは、自国開催となるコパ・アメリカ2019のブラジル代表に選出。15日に行われたグループA第1戦のボリビア代表戦は途中出場だったが、85分に左サイドからカットインしての強烈な右足シュートを叩き込み、ブラジルの白星スタートに貢献した。 個人としてもインパクトを残したエヴェルントンは同試合後、ミックスゾーンで今後の去就について問われると、次のようにコメント。関心が取り沙汰されるユナイテッドの名前を挙げ、移籍に前向きであることをほのめかしたという。 「頭のなかにあるのは、代表のことだけ。僕は選手として、常に頂きを目指している。左サイドからのカットインとフィニッシュは、僕の武器だ。ヨーロッパのクラブでもこのスタイルでプレーする選手がいるから、僕も適応できると思う。マンチェスター・ユナイテッドだろうが、そのほかのクラブだろうがね」 2019.06.16 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

サンプドリアがジャンパオロ監督の退任を発表、ミラン行きへ加速

サンプドリアは15日、マルコ・ジャンパオロ監督(51)の退任を発表した。ジャンパオロ監督はサンプドリアとの契約を1年残していたが、マッシモ・フェレーロ会長との話し合いの末、契約解消が決まった。 マウリツィオ・サッリ監督の後任としてエンポリでポゼッションサッカーを継続した手腕が評価されたジャンパオロ監督は、2016-17シーズンからサンプドリアの指揮官に就任。就任初年度にセリエAで12位フィニッシュを果たすと、昨季は16位と苦戦したものの、今季は欧州カップ戦出場争いを繰り広げた末、9位に導いていた。 そのジャンパオロ監督の新天地はミランが確実視されており、2年+オプションで1年延長の契約になるとのことだ。 一方、ジャンパオロ監督の後任には元ローマ指揮官のエウゼビオ・ディ・フランチェスコ氏(49)が濃厚となっている。 2019.06.15 22:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン、マルディーニがTDに昇格! ボバンがフロント入り!

ミランは14日、パオロ・マルディーニ氏(50)がテクニカル・ディレクターに昇格し、ズボニミール・ボバン氏(50)がチーフ・フットボール・オフィサーに就任したことを発表した。 ミランで公式戦902試合に出場し、26個ものタイトル獲得に貢献したレジェンドのマルディーニは、昨年8月にスポーツ部門の戦略開発ディレクターに就任していた。しかし、レオナルド氏がスポーツ・ディレクターを退任したことを受けて、マルディーニ氏がTDの役職に昇格した格好だ。 対するボバンはミランで公式戦178試合に出場し9つのタイトル獲得に貢献。2016年からFIFA(国際サッカー連盟)の副事務総長を務めていた。この度、ミランの幹部入りを受けてFIFAの役職を辞し、マルディーニと共にミランの黄金時代復活を目指すことになった。 2019.06.14 23:05 Fri
twitterfacebook
thumb

バカヨコ「ミランには残らない チェルシーに戻るよ」

チェルシーのフランス代表MFティエムエ・バカヨコ(24)が今シーズンレンタル移籍をしていたミランには残留せず、チェルシー復帰することをイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が本人の声として伝えた。 チェルシーからミランにレンタル移籍をしていた今シーズンはリーグ戦で31試合に出場したバカヨコ。シーズン序盤はベンチを温めることもあったが、中盤以降はレギュラーに定着し、チームのヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献した。 記事の中でバカヨコは「ミラノを去りチェルシーに戻る。今はそれが最善の選択だ。ただもちろん今後は他の可能性もある。先々どうなるかは僕にも分からないよ」と考えを語った。 また、冷え切っていると噂されたジェンナーロ・ガットゥーゾ前監督との関係についてもコメント。「確かに関係は緊張していた。正直あまりうまくいっていなかった。でも結果的には達成できなかったけど、最後は2人ともチャンピオンズリーグ出場権獲得の為に集中してたよ」 さらに、ボローニャ戦後にガットゥーゾ監督と口論した事については「ボローニャ戦後の論争?確かにその時は言い合いもした。だが今となっては全てを分かっている。ガットゥーゾに対して恨みなんてなにもないよ」とし、同監督との良好な関係を強調した。 2019.06.14 22:05 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース