トッテナムでの将来を聞かれポチェッティーノ監督が注目発言? 2019.06.02 12:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムを率い、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ決勝に導いたマウリシオ・ポチェッティーノ監督。他クラブの指揮官就任の噂が絶えない中、今後について口にした。『フットボール・イタリア』が伝えた。トッテナムは1日、リバプールとのチャンピオンズリーグ決勝を戦い、0-2で敗戦。史上初の決勝進出ながらも、タイトル獲得とはならなかった。

試合後、ユベントスの監督就任の噂が挙がっているポチェッティーノ監督は、トッテナムでの将来について質問され、肯定も否定もしない受け答えをして話題となっている。

「今はそのことについて話すときではない。多くを話す時間もないと思う。いろいろな方法で物事を解釈することができるだろう」

「みんなは私をいろいろな監督と比較したいのだろうが、我々は異なる場所の異なるプロジェクトに参加している」

「トッテナムで5年が経過した今、プロジェクトはとても明確だった。我々の野心は素晴らしかったし、選手たちの献身性も素晴らしかった。だからこそ、我々は史上初のチャンピオンズリーグ決勝に出場したのだ」

「今は落ち着き、我々の考えを変え、話す時間を持つだろう」

ポチェッティーノ体制になり、若手選手の台頭やプレミアリーグでの序列の変動、そしてヨーロッパの舞台でも戦えることを証明し、チームが変化していったトッテナム。果たして、指揮官をチームにとどめ、さらに上を目指すことはできるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

スパーズで構想外のヤンセンがコンパニ率いるアンデルレヒト移籍へ!

アンデルレヒトがトッテナムから元オランダ代表FWフィンセント・ヤンセン(25)を完全移籍で獲得する見込みだ。ベルギー『HLN』が伝えている。 2016年夏にエールディビジ得点王の栄誉を引っ提げてAZからトッテナムに1700万ポンド(約23億2000万円)で加入したヤンセンだったが、加入初年度はリーグ戦27試合の出場でわずかに2ゴールと期待外れの結果に終わった。 その後、2017年にはフェネルバフチェに1年間のレンタル移籍で加入もケガの影響もあって思うような数字を残せず、フェネルバフチェは完全移籍での買い取りに踏み切ることはなかった。 今シーズンはトッテナムに復帰したものの、チャンピオンズリーグ(CL)の登録メンバーから外されるなど構想外の状態が続き、ケガ人が続出したシーズン最終盤にリーグ戦3試合に出場したのみだった。 トッテナムと2020年まで契約を残すもののクラブ側はヤンセンを引き続き構想外とみなしており、今夏の退団が有力視されている。 その中で『HLN』が伝えるところによれば、新シーズンからベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが選手兼任監督を務めるアンデルレヒトがヤンセンの獲得交渉をほぼ完了させたようだ。 なお、移籍金の額など詳細に関しては言及されていない。 2019.06.24 22:25 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ、今夏最初の補強はリーズの18歳FWに? 来週に交渉完了へ

トッテナムがチャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズ・ユナイテッドのイングランド人FWジャック・クラーク(18)の獲得に迫っているようだ。イギリス『エクスプレス』など複数メディアが伝えている。 2018年1月にブラジル代表FWルーカス・モウラを獲得して以降、1年半に渡って新戦力補強を行っていないトッテナム。今夏の移籍市場ではリヨンのフランス代表MFタンギ・エンドンベレやベティスのアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ、フルアムのU-21イングランド代表MFライアン・セセニョンらへの関心が伝えられている。 しかし、今夏の移籍市場で最初の補強はリーズの逸材アタッカーになりそうだ。 リーズの下部組織出身のクラークは左右のウイングにセンターフォワードでもプレー可能なスピードと、ドリブルテクニックに優れた181cmのアタッカー。 昨年10月にマルセロ・ビエルサ監督率いるトップチームでデビューを飾ると、今シーズンは今年2月に病気にかかるアクシデントに見舞われながらも、公式戦25試合に出場し2ゴール2アシストを記録している。 なお、リーズは2021年まで契約を残すクラークの移籍金を1300万ポンド(約17億7000万円)に設定しているといわれるが、トッテナムは850万ポンド(約11億6000万円)の移籍金+各種ボーナスという条件での獲得に迫っているようだ。 また、マウリシオ・ポチェッティーノ監督はプレシーズンを通じてクラークの能力を把握し、トップチームでのプレーが時期尚早と考えた場合、リーズにレンタル移籍させるプランも持っているという。 2019.06.24 00:57 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントス、カンセロ後釜にトリッピアーを狙う?

トッテナムに所属するイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(28)にユベントスが興味を示しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 マウリツィオ・サッリ監督が新指揮官に就任したユベントスだが、DFジョアン・カンセロ(25)のマンチェスター・シティ行きが近づいている。右サイドバックの選手を欠くことになるサッリ監督が、その代役として目をつけたのがトリッピアーだ。 報道によれば、5年契約のオファーを出したとのこと。1シーズンで260万ユーロ(約3億5000万円)程度、さらにパフォーマンスに応じてボーナスが付与するオファーになっているようだ。 一方で、トッテナムとしてもトリッピアーを簡単に手放すつもりはない様子。2500万ユーロ(約30億3000万円)を求めているとされ、両者の開きは大きい。 2019.06.21 09:55 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリー、エリクセン獲得にセバージョス+60億超えを用意へ

レアル・マドリーが、トッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(27)の獲得に向けてオファーを提示する準備ができているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 2013年にアヤックスからトッテナムに加入して以降、卓越した攻撃センスやテクニック、豊富な運動量を武器に絶対的な司令塔に君臨しているエリクセン。今シーズンも公式戦51試合に出場し、10ゴール17アシストを記録した。 そのエリクセンは、クロアチア代表MFルカ・モドリッチの後継者を探すマドリーへの移籍が長らく取り沙汰されている。最近ではステップアップを希望するコメントも残していた。 とはいえ、マドリーがマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(26)が第1ターゲットにしていることからエリクセンを巡っては進展が無かった。 しかし、今回伝えられるところによれば、マウリシオ・ポチェッティーノ監督が熱視線を送っているスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)の譲渡+4500万ポンド(約61億3000万円)でエリクセンの獲得を目指すとのことだ。 2019.06.19 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

“ビッグ6”関心のマディソンが移籍を否定「移籍話は無視」

レスター・シティに所属するイングランド代表MFジェームズ・マディソン(22)が今夏の去就について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨夏にノリッジ・シティから2200万ポンド(約29億8000万円)でレスターへ加入したマディソン。卓越した右足のキック精度やパスセンス、エレガントな身のこなしで試合を作る司令塔で、今シーズンはプレミアリーグ36試合7得点7アシストの好成績を収めた。 昨年10月にイングランド代表初招集を受けるなど成長著しいマディソンのプライスタグは6000万ポンド(約81億4000万円)と高額。それでも、マンチェスターの両クラブやリバプール、トッテナム、アーセナルといった“ビッグ6”がこぞって獲得に興味を示している状況だ。 そうしたなか、渦中のマディソンは今夏の去就について問われると、次のようにコメント。移籍の可能性を否定した。 「ノーだね。今は僕の歩幅で歩いているからトランスファーの話は無視しているよ」 「コベントリーでプレーしていた17歳のとき、5試合しかスタメンで出られなかったけど、携帯を見たらトッテナムとリバプールの興味を目にしたよ」 「トランスファーの話で僕のことを取り上げてくれるのは誉め言葉として受け取る必要がある。だけど、僕の気が変わることはないよ」 2019.06.18 16:42 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース