神戸、デ・ロッシにオファーか2019.05.31 08:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマを退団した元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ(35)に対して、ヴィッセル神戸の勧誘があるという。イタリア『siamolaroma』が報じた。ローマの街で生まれ、下部組織から一貫してローマ一筋を貫いたローマっ子のデ・ロッシ。トップチーム在籍18年間で公式戦通算616試合63得点54アシストを誇るローマのカピターノは今シーズン終了後、契約満了による退団を表明した。

そのデ・ロッシに対しては現在、ローマOBで元アルゼンチン代表DFのニコラス・ブルディッソがスポーツ・ディレクター(SD)を務める名門ボカ・ジュニアーズが関心を示しているが、本人は現時点でまだ行き先を決めていない模様だ。

そうしたなか、アルゼンチンのラジオ『Radio Continental』がデ・ロッシの去就に関して、日本からも「非常に経済面で重要なオファー」が届いていると報じたという。そのオファーの送り主は神戸だというのだ。

現在の神戸は元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタや同FWダビド・ビジャ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキらワールドクラスの選手が在籍。今夏、アーセン・ヴェンゲル氏を招へいする動きも取り沙汰されている。

なお、今シーズンを戦い切った当のデ・ロッシは現在、休暇を利用して来日中。Jリーグ参戦なるか。今後の動向から目が離せない。
コメント
関連ニュース
thumb

両チームの守護神が重大ミス…神戸vs大分は2-2の痛み分けに《J1》

明治安田生命J1リーグ第16節、ヴィッセル神戸vs大分トリニータが22日に行われ、2-2の引き分けに終わった。 前節4試合ぶりの出場となったイニエスタのビューティフル弾で首位のFC東京を破った神戸(勝ち点17)はフィンク新監督の初陣を白星で飾った。直近のリーグ戦2勝1分けと勢いに乗り始めた中迎える今節、スタメンは前節から2人変更。イニエスタはベンチ外となった。 一方の大分(勝ち点25)はリーグ戦ここ4試合で2分け2敗と、上位ながらも調子は良くない。上位対決となった前節の名古屋グランパス戦はオナイウ連発も追いつかれた末のドロー決着。5試合ぶり勝利を目指す今節のスタメンには前節と同じ11人が起用された。 11位の神戸と6位の大分が激突。まずは大分、4分にオナイウのパスを起点に小塚が藤本とのコンビネーションからボックス右に侵入。だが、ここは山口に対応されシュートは打てず。 対する神戸は6分、キックオフから続けていた高い位置からのプレッシャーが利いて小川が相手のパスをカット。ボールがボックス手前のウェリントンに渡ると、ゴール前に抜け出したビジャにダイレクトパスを供給。これをビジャは難なく流し込んで神戸に先制点をもたらした。 幸先良くホームでリードを得た神戸だったがその2分後、宮のコントロールミスからピンチを招くと、一旦立て直そうとGKに戻すもキム・スンギュもコントロールミス。これを藤本に奪われ、最後は小塚のパスを受けたオナイウがネットを揺らし同点に追いついた。この時、GKキム・スンギュがボールを奪われた際に後ろからスライディングタックルを仕掛け藤本を倒してしまったが、このプレーに対するお咎めはなかった。 主審が笛を吹いていたら確実に一発退場だった神戸。失点だけで済んでラッキーだったとも言える中、勢いを持ち直そうとビジャが11分に絶妙なループシュートでゴールを狙う。だがGK高木がビッグセーブで掻き出した。 しかし26分、このGK高木が失点に直結するミスを犯す。ゴール前まで攻め込まれていた大分はGKに戻して落ち着かせようとするが、トラップかクリアか迷ったのかトラップが大きくなってしまう。そこにすかさずウェリントンが強襲。高木からボールを奪ってそのままゴールに流し込んだ。 互いのGKのミスから試合が大きく動き、ここまでは神戸が2-1でリード。そのまま迎えた後半、まずは神戸が50分にウェリントンのシュートでゴールに迫る。追いかける大分は後半最初と55分に選手の入れ替えを行い活性化を図る。 それでもなかなか攻撃の形が作れない大分に対し、神戸は66分、右サイドの西のクロスをビジャがヘディングシュート。ゴール左下隅を捉えていたがGK高木が汚名返上とファインセーブを見せた。71分には三田が左サイドから持ち込んでシュート。これはGKの正面へ。リードを守る神戸も75分あたりで2人選手を交代させる。 試合終盤を迎える中、79分に大分は小林が相手のパスを奪ってカウンターを仕掛ける。相手に囲まれながらもボックスの手前で放ったシュートは惜しくも枠の右に外れた。 あとは逃げ切るだけの神戸だったが89分、陣形をコンパクトに保っていたが一瞬の隙を突かれ相手DF鈴木に前線へスルーパスを許すと、このパスで最終ラインを突破した小林にゴールを奪われ土壇場で同点とされてしまった。 後半アディショナルタイムにウェリントンが負傷してしまうという泣きっ面に蜂となった神戸はホームで勝ち点を取りこぼす結果に。一方、何とか勝ち点を拾った大分だが5試合勝利から遠ざかっている。 2019.06.22 19:59 Sat
twitterfacebook
thumb

ポドルスキ、真珠腫性中耳炎で手術…再来日は7月以降に

ヴィッセル神戸は17日、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが現地時間12日にドイツ国内で手術を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、ポドルスキは真珠腫性中耳炎と診断されていた。現状については以下の通り。 「手術は順調に終了し、既に退院しています。飛行機での移動は症状の悪化を伴う可能性があるため、当面ドイツでの治療となります」 「担当医と症状の回復具合を相談しながら再来日のスケジュールを立てていきますが、現時点では再来日は7月以降を予定しています」 また、ポドルスキは16日に自身のインスタグラム(poldi_official)を更新している。 「皆さんこんにちは。手術は無事に完了したよ。回復には時間がかかる。けど、すぐに良くなることを願っているよ! 忘れないでくれ、僕は常にファイターだ。シモン・プロイス医師の素晴らしいチームに感謝している」 2019.06.17 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

新体制の神戸、4試合ぶり出場のイニエスタの美技弾でFC東京撃破!《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節、FC東京vsヴィッセル神戸が15日に行われ、1-0で神戸が勝利した。 ここまで10勝3分け1敗と完璧なシーズンを送っている首位のFC東京(勝ち点33)。前節の大分トリニータ戦は久保の2ゴールなどで快勝を収めた。だが、先日に久保のレアル・マドリー移籍が発表。日本代表で肩を負傷した永井も含めチームのキーマンを欠く中で、今節のスタメンは大分戦から3人変更となった。 対するヴィッセル神戸(勝ち点14)は今節は注目の一戦となる。8日に今季2度目の監督交代に踏み切り、ドイツやオーストリアで指揮官を務めたフィンク監督を招へい。また、今節はイニエスタがスタメン入り。4試合ぶりの出場で、先発は6試合ぶりとなる。その他3選手が変更された。13位からの浮上を目指す。 まずは8分のFC東京の攻撃、代表帰りの室屋のクロスをディエゴ・オリヴェイラがヘディングシュート。しかし枠を外してしまう。神戸は14分に、右に流れたビジャの折り返しをファーサイドで小川が合わせたが、抑えきれずにクロスバーを叩いてしまう。ここから試合は激しさを増す。 クロスバーに助けられたFC東京はその直後にカウンターを発動。ディエゴ・オリヴェイラから矢島と繋がり、最後は矢島からパスを受けた室屋がスピードに乗ったワンタッチで最終ラインを突破しシュートを放ったが、精度を欠いて左に外れてしまった。 神戸は17分、左サイドバックからの大きな縦パスからビジャのヒールパスを受けた三田がドリブルでボックスに侵攻。右足でシュートを放ったが、GK林に防がれた。 その後、FC東京が何度もチャンスを作るも、26分の矢島のシュートは相手GKのファインセーブに遭い、29分のディエゴ・オリヴェイラのヘディングシュートは惜しくも枠の左へ。35分にはカウンターから三対一の場面を迎えたが、単独突破を図ったディエゴ・オリヴェイラはGKキム・スンギュに捕まりシュートを打てなかった。 0-0で折り返した後半戦、あの男が試合を動かした。49分、右サイドから入ったクロスがファーサイドのイニエスタへ。フリーで持ったイニエスタは、ボックス左からゴール左へコントロールシュート。これがGKの逆を突いてネットを揺らした。 キャプテンのゴールで先制した神戸。だが53分、バックパスを受けたGKキム・スンギュがミスパスで相手にボールを渡してしまう。思わぬチャンスを得たFC東京の矢島だったが、シュートはそのGKキム・スンギュに止められてしまった。 千載一遇の好機を逃したFC東京は64分に2枚替え。しかし、大勢は変わらない。81分に高萩が絶妙なクロスを上げるも、途中出場のユ・インスは合わせることはできず。84分のFKの場面では、左サイドから小川が上げたクロスが合わせにきた味方の頭を掠めてゴール方向へ。だが、無情にも右ポストに嫌われてしまう。 押し込むFC東京は85分に、ディエゴ・オリヴェイラの突破からチャンスを迎えたが、途中出場の安部のシュートはブロックされた。 そして、5分の後半アディショナルタイムも経過し試合終了。イニエスタのゴールを守り切った神戸が新体制初戦を白星で飾った。 2019.06.15 21:24 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸、今季2度目の監督交代…フィンク氏の監督就任が決定

ヴィッセル神戸は8日、トルステン・フィンク氏(51)の監督就任を正式発表した。 フィンク氏は2006年に現役引退後、ザルツブルクのセカンドチームで指導者業をスタートさせ、インゴルシュタットやバーゼル、ハンブルガーSV、APOEL、オーストリア・ウィーンで監督を歴任。昨シーズン途中からグラスホッパーを率いたが、今年3月に解任され、フリーの状態だった。 これにより、吉田孝行監督(42)の退任が決定。吉田氏は4月、フアン・マヌエル・リージョ氏退任を受けて再登板したが、初陣から公式戦9連敗を喫するなど泥沼状態が続き、明治安田生命J1リーグ自動降格圏の17位サガン鳥栖とわずか1ポイント差の13位と立て直しに至っていなかった。 なお、神戸にとって、同一シーズンで2度の監督交代はJ2に降格した2012年以来7年ぶり。退任が決まった吉田監督はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「ファン・サポーターの皆様、このような結果に終わってしまったことを深くお詫び申し上げます。自分を監督に任命してくれたクラブ、全力で闘ってくれた選手・スタッフ、どんな時も声援を送ってくれたファン・サポーターの皆様には感謝しかありません。12年間、共に喜びや苦しみを味わってきた皆様とお別れするのは寂しいですが、本当にありがとうございました。これからも引き続き、ヴィッセル神戸をよろしくお願いします」 2019.06.08 13:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲルなしか…神戸、ドイツ人指導者フィンクと交渉進展中

ヴィッセル神戸の新指揮官として、ドイツ人指導者であるトルステン・フィンク氏(51)の就任が決定的だという。 神戸はフアン・マヌエル・リージョ前監督の下で今シーズンのスタートをさせたが、4月に監督交代を決断。後任として前任の吉田孝行氏に指揮を託したが、公式戦9連敗を喫するなど混迷をより極め、ここまで明治安田生命J1リーグ4勝2分け8敗の13位に沈んでいる。 その神戸を巡っては最近、元アーセナルのアーセン・ヴェンゲル氏(69)に対するオファー打診が取り沙汰されてきたが、オーストリア『スカイ』によれば、フィンク氏と接触しているというのだ。両者は交渉中であり、かなり話が進んでいる模様だ。 フィンク氏は2006年に現役引退後、ザルツブルクのセカンドチームで指導者業をスタートさせ、インゴルシュタットやバーゼル、ハンブルガーSV、APOEL、オーストリア・ウィーンで監督を歴任。昨シーズン途中からグラスホッパーを率いたが、今年3月の解任以降、フリーとなっている。 2019.06.08 08:10 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース