EL史上初のロンドン・ダービー決勝を制したのはチェルシー! アーセナルのCL出場の夢打ち砕き、2012-13シーズン以来2度目の優勝2019.05.30 06:06 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)決勝、チェルシーvsアーセナルが29日にアゼルバイジャンのバクー・オリンピック・スタジアムで行われ、4-1で勝利したチェルシーが2012-13シーズン以来、2度目のEL優勝を果たした。共に2度目の決勝進出を果たしたロンドンに本拠地を置く両雄による、UEFA主催試合の決勝戦で初となるロンドン・ダービー。

フランクフルトとの準決勝をPK戦末に制し、優勝を果たした2012-13シーズン以来の決勝進出を果たしたチェルシー。今季のプレミアリーグを最終的に3位で終え、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得したチームは、今回の決勝をシンプルにトロフィーのためだけに戦える状況を整えてきた。自身初タイトル獲得を目指すサッリ監督は、リュディガー、ハドソン=オドイ、ロフタス=チークらをケガで欠く中、クリステンセン、コバチッチ、ペドロを代役に指名。その一方で、ヒザのケガで五分五分と見られたカンテは無事スタメンを飾った。

一方、バレンシアとの準決勝を連勝で飾ったアーセナルは、ガラタサライにPK戦の末に敗れた1999-2000シーズンの前身UEFAカップ以来となるファイナル進出を決めた。チェルシーと異なり、今季リーグ戦をCL出場圏外の5位で終えたチームは来季のCL出場権獲得には今回のEL制覇が絶対条件に。セビージャ時代にEL3連覇を成し遂げたELマスターのエメリ監督は、トップ下にエジル、2トップにラカゼット、オーバメヤンとバレンシアとの第2戦と同じメンバーを起用。また、これが現役最後の試合となる古巣対戦のGKチェフを引き続き起用した。なお、ムヒタリアンは母国アルメニアとアゼルバイジャンの政治的な問題によって遠征メンバー入りを断念することになった。



バチバチとやり合うダービーらしさよりも一発勝負の決勝特有の硬さが見られる入りとなる。互いに相手の様子を見ながらセーフティファーストのプレーを続ける中、開始9分にアーセナルがファーストシュートを放つ。右サイド深くに侵攻したナイルズのクロスをGKケパがパンチングではじき出すと、ボックス右でこれに反応したオーバメヤンが右足でダイレクトシュートを放つが、枠の左に外れた。

ファーストチャンスをモノにできなかったものの、このプレーをキッカケにリズムを掴んだアーセナルは、全体的に硬さや重さが目立つチェルシーのミスをうまく生かしつつ2トップに背後を狙わせるシンプルな攻めで幾度か惜しい場面を作り出す。27分にはジャカが利き足とは逆の右足のミドルシュートでゴールに迫るが、これはクロスバーの上部を掠めた。

一方、立ち上がりからイージーミス、連係ミスが目立ってリズムを掴めないチェルシーだったが、30分過ぎにようやく最初の決定機。34分、アザールとのパス交換でボックス左に抜け出したエメルソン・パルミエリが左足を振り抜くが、このシュートはコースが甘くGKチェフの正面を突く。さらに、押し込み始めた状況の中で39分には相手陣内中央でアザール、ジョルジーニョとダイレクトパスが繋がり、最後はジルーが左足のシュートを枠の右に飛ばすが、これはチェフのビッグセーブに阻まれた。

立ち上がりはアーセナル、30分過ぎからチェルシーと主導権が入れ替わりながらもゴールレスで折り返した試合は、後半に入って大きな動きを見せる。49分、チェルシーのスローインの流れからルーズボールを奪ったコバチッチが左サイドのエメルソンに繋ぐと、ここから精度の高い左足の低いクロスがゴール前に供給される。これをニアに飛び込んだジルーがDFコシエルニーの寸前でダイビングヘッドで合わすと、ゴール左隅に決まった。

ジルーの今大会最多11点目となる古巣へのキツい恩返し弾で先手を奪ったチェルシーはここから畳みかける攻めを見せる。60分、相手陣内でのカウンタープレスでナイルズからボールを奪ってショートカウンターを発動。左サイドでボールを受けたアザールが丁寧にグラウンダーで折り返すと、これを中央に走り込んだペドロが左足のダイレクトシュートでゴール右隅に流し込んだ。

さらに65分にはコバチッチのドリブル突破の流れからボックス左でペドロのパスを受けたジルーがナイルズに後方から押し倒されてPKを獲得。これをキッカーのアザールが冷静に決めて試合を決定付ける3点目とした。

後半立ち上がりの無残な連続失点で一気に厳しい状況に立たされたアーセナルは3失点目直後にモンレアル、トレイラを下げてグエンドウジ、イウォビを投入。後ろの枚数を削って[4-2-3-1]の攻撃的な布陣でゴールを目指す。すると69分、イウォビの仕掛けで得たFKの流れからボックス手前でこぼれ球に反応したイウォビが見事な右足のミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、反撃の狼煙を上げる。

しかし、アーセナルの気勢をわずか3分後に削いだのはブルーズの絶対的エースだった。72分、エメルソンが相手陣内でオーバメヤンからボールを奪いショートカウンターを発動。これを引き取ったアザールがボックス左のジルーに預けてゴール前に走り込むと、ジルーからの絶妙な浮き球の折り返しを左足で流し込み、すぐさま点差を3点に戻した。

再びミスから流れを失ったアーセナルは低調なエジルを諦めジョー・ウィロックを最後の交代カードとして投入。対するチェルシーは70分過ぎにペドロに代わって投入したウィリアンに続き、コバチッチ、アザールを試合終盤にかけてベンチに下げてバークリー、ザッパコスタの投入で逃げ切り態勢に入る。

その後、オープンな展開の中で互いにゴールチャンスが生まれたものの、試合はこのまま4-1のスコアでタイムアップ。EL史上初となったロンドン・ダービーに完勝したチェルシーが2012-13シーズン以来、2度目のEL優勝で長かったシーズンを最高の形で締めくくった。一方、ELマスターのエメリ監督の神通力も効かなかったアーセナルは痛恨の敗戦で来季CL出場権を逃すことになった。
コメント
関連ニュース
thumb

エメリ、ザハ獲得を希望…クラブ上層部に補強費増額を要求か

アーセナルが、クリスタル・パレスに所属するコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(26)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督は、ポリバレントFWとして、ザハの獲得を望んでいるという。しかし、ガナーズはチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を逃したことで、選手の売却費用を除き4500万ポンド(約61億5000万円)と言われる乏しい補強費と緊縮財政を強いられている。 既報によれば、ザハのプライスタグは1億ポンド(約136億9000万円)。そのため、エメリ監督は、コートジボワール代表FW獲得に向けて、クラブ上層部に補強費の増額を要求したようだ。 そのザハは今年4月に「タイトル争いができるより高いレベルでのプレーを目指さないといけない」とステップアップを希望。同メディアは現状、ザハが古巣のマンチェスター・ユナイテッド復帰に近づいているとし、迅速に交渉する必要があると見解を示している。 2013年夏にクルスタル・パレスからユナイテッドに移籍したザハだったが、鳴かず飛ばずに終わり、レンタル生活を経て、2015年夏にクリスタル・パレスに復帰。それ以降は、切れ味抜群のドリブルで輝きを取り戻すと、今シーズンの公式戦36試合で10ゴール10アシストの数字を残した。 2019.06.24 20:55 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルに追い風か…セルティック、ティアニー流出に備えルカク従弟をリストアップ?

セルティックが、ラピド・ウィーンに所属するベルギー人DFボリ・ボリンゴリ・ムボンボ(23)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今シーズンの主力として活躍したスコットランド代表DFキーラン・ティアニー(22)の流出危機に瀕しているセルティック。同選手に対してアーセナルから関心を寄せられており、先日には移籍金1500万ポンド(約20億5000万円)のオファーを提示されたものの、セルティック側はこれを拒否していたことが報じられている。 しかし、ガナーズは1900万ポンド(約26億円)の再オファーで交渉に再び望むと見られている。セルティックは、ティアニーの売却に関して、2500万ポンド(約34億2000万円)以上の移籍金を要求してはいるものの、万が一に備えて後釜探しを開始。そこで、300万ポンド(約4億1000万円)で獲得可能と見られるムボンボをリストアップしているようだ。 マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカクの従弟であるムボンボは、2013年にクラブ・ブルージュでプロデビューを飾ると、シント=トロイデンへのレンタル移籍を経て、2017年夏にラピド・ウィーンへ加入。豊富な運動量とスピードを生かした攻撃的左サイドバックで、今シーズンの公式戦31試合で1ゴール5アシストを記録した。 また、ベルギー人DFには、ハダースフィールドとバーンリーも興味を示しているとのことだ。 ※写真はクラブ・ブルージュ時代 2019.06.24 15:56 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルが第ニのロバートソン候補ティアニーに移籍金20億でオファーも…

セルティックのスコットランド代表DFキーラン・ティアニー(22)の獲得に向けたアーセナルの1回目のオファーは失敗に終わったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 セルティック下部組織出身のティアニーは、同クラブ出身でリバプールに所属するスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソン(25)になれる素質があるとも見込まれている左サイドバック。今シーズンは公式戦40試合1ゴール6アシストを記録し、代表でもすでに12試合の出場を数える経験値の高い選手だ。 そんなティアニーに対して、アーセナルは移籍金1500万ポンド(約20億5000万円)でオファー。しかし、セルティック側には拒否されており、すでに再オファーに向けて準備していると見られている。 なお、同メディアはナポリもティアニー獲得に興味を示していると報道。アーセナルは果たしてスコットランド代表DFを射止めることはできるだろうか。 2019.06.24 09:20 Mon
twitterfacebook
thumb

エメリ、教え子キンペンベの獲得望むも…

アーセナルが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表DFプレスネル・キンペンベ(23)の獲得に興味を示しているようだ。フランス方面の情報をもとにイギリス『90min』が報じている。 今夏の移籍市場で新たなセンターバックの獲得を目指しているアーセナル。同クラブを率いるウナイ・エメリ監督は、2016年から2年間PSGで共闘したキンペンベとの再会を望んでいるという。 PSG下部組織出身のキンペンベは2014年7月にプロデビュー。188㎝と恵まれた体躯に高精度の左足のパスを兼ね備えているセンターバックで、今シーズンは公式戦36試合に出場した。 記事によると、キンペンベとクラブのスターであるFWネイマールの関係があまり良くないことからPSGは無理して引き留めることはしない模様。しかし、市場価値がアーセナルの今夏の補強費用である4500万ポンド(約61億5000万円)と見られていることから、現実的な代替案も用意しているようだ。 2019.06.22 14:39 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ベジェリン獲得へ?

アトレティコ・マドリーがアーセナルに所属するスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(24)の獲得を狙っているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。 今夏、フランス代表DFリュカ・エルナンデス(23)や、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(33)、元スペイン代表DFフアンフラン(34)の退団が決まったアトレティコ。バックラインの強化を希望するディエゴ・シメオネ監督は、右サイドバックの新戦力として、ベジェリンを注視しているという。 そこで、アトレティコはアーセナルのウナイ・エメリ監督がセビージャ時代に指導したスペイン代表MFビトロ(29)の譲渡を含めたオファーで、ベジェリンの引き抜きを画策。だが、そのベジェリンの現行契約は2023年まであり、アーセナルに売却の意思はなく、安売りするつもりもない模様だ。 なお、ベジェリンは現在、大ケガからのカムバックを目指してリハビリ中。来シーズンに間に合わないことを想定して、アーセナルはウィングバックとしてもプレー可能であり、大連一方からの退団を希望しているベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(25)の獲得に動いているとされる。 2019.06.22 09:30 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース