【EL決勝プレビュー】激戦必至のロンドン・ダービー! “ラストゲーム”で有終の美を飾るのは?《チェルシーvsアーセナル》2019.05.29 12:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)決勝、チェルシーvsアーセナルが日本時間29日28:00にアゼルバイジャンのバクー・オリンピック・スタジアムでキックオフされる。共に2度目の決勝進出を果たしたロンドンに本拠地を置く両雄による、UEFA主催試合の決勝戦で初となるロンドン・ダービーだ。PAOK、BATEボリソフ、MOLヴィディと同居したグループを5勝1分けの無敗で首位通過を果たしたチェルシー。決勝トーナメントに入ってもマルメ、ディナモ・キエフ、スラビア・プラハと格下相手に順当に勝ち上がり、フランクフルトとの準決勝では1stレグと2ndレグ共に1-1のドローに終わった結果、延長戦を経たPK戦を4-3で制し、優勝を果たした2012-13シーズン以来の決勝進出を果たした。

また、今季のプレミアリーグではサッリ新監督の下で紆余曲折のシーズンを過ごしたものの、最終的に3位フィニッシュに成功し来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得。今回の決勝をシンプルにトロフィーのためだけに戦える状況を整えてきた。ただ、サッリ監督初タイトル獲得に向けては序盤戦からの固定メンバーでの戦いが響きシーズン終盤にかけて負傷者が続出。また、イタリア人指揮官が懸念した通り、リーグ最終戦後に行われたアメリカ遠征ではMFロフタス=チークがアキレス腱を断裂する重傷に見舞われるなど、満身創痍での戦いを強いられそうだ。

一方、スポルティング・リスボン、ヴォルスクラ、カラバフと同居したグループをチェルシーと同様に5勝1分けの無敗で首位通過を果たしたアーセナル。決勝トーナメントではBATEボリソフ、スタッド・レンヌと格下相手にいずれも初戦のアウェイゲームを落とすも、ホームでの強さを武器に逆転突破。逆に、優勝候補との連戦となった準々決勝、準決勝ではナポリ、バレンシア相手にいずれも連勝を飾って、ガラタサライにPK戦の末に敗れた1999-2000シーズンの前身UEFAカップ以来となるファイナル進出を決めた。

今季のプレミアリーグではエメリ新監督の下でシーズン終盤までトップ4争いに絡んだものの、最終盤での3敗1分けという、痛恨の取りこぼしが響き無念の5位フィニッシュに。したがって、来季のCL出場権獲得には今回のEL制覇が絶対条件となる。1993-94シーズンのUEFAカップウィナーズカップ制覇を除き、これまでUEFA主催大会の決勝では3敗と勝負弱さが目立つアーセナルにおいて心強いのは、セビージャ時代にEL3連覇を成し遂げたエメリ監督の存在だ。ELマスターの下で悲願のタイトル獲得はなるか。

両者のヨーロッパでの対戦は2003-04シーズンのCL準々決勝の対戦のみ。その対戦ではチェルシーが2戦合計3-2で勝ち上がっている。また、今季のリーグ戦の対戦はチェルシーホームで開催された第2節はチェルシーが3-2、アーセナルホームで開催された第23節はアーセナルが2-0で勝利している。

なお、今回の決勝ではELで初めてビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が採用されることになり、審判団はジャンルカ・ロッキ主審を含むイタリアのセットとなる。

◆チェルシー◆
【4-3-3】

▽チェルシー予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ケパ
DF:アスピリクエタ、クリステンセン、ダビド・ルイス、マルコス・アロンソ
MF:カンテ、ジョルジーニョ、バークリー
FW:ペドロ、ジルー、アザール
負傷者:DFリュディガー、アンパドゥ、ケイヒル、MFロフタス=チーク、ハドソン=オドイ、カンテ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはリュディガー、ロフタス=チーク、ハドソン=オドイと3人の主力の欠場が確定。また、ヒザを痛めているカンテに関してはサッリ監督が「50/50」と語っており、試合当日に出場の可否が判断される。

スタメンに関しては前述の11人を予想したが、カンテが間に合わない場合、コバチッチが代役を担うことになる。薄い中盤の選手層を考えれば、ペドロをスタートで起用し、トップ下やインサイドMFでもプレー可能なウィリアンを有事に備えてベンチに置く可能性が高い。

◆アーセナル◆
【3-4-1-2】

▽アーセナル予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:チェフ
DF:パパスタソプーロス、コシエルニー、モンレアル
MF:ナイルズ、トレイラ、ジャカ、コラシナツ
MF:エジル
FW:ラカゼット、オーバメヤン
負傷者:DFホールディング、ベジェリン、MFラムジー、デニス・スアレス、FWウェルベック
出場停止者:なし

出場停止者はいないが、政治的な問題でムヒタリアンが遠征メンバーを外れている。負傷者に関してはホールディング、ベジェリン、ラムジー、デニス・スアレス、ウェルベックが欠場する。

システム、スタメンに関してはエジルを起用する場合、[3-4-1-2]を、イウォビを起用する場合は[3-4-2-1]を採用する形になる。その他、変更がありそうなのはモンレアル、トレイラに代わってムスタフィ、グエンドウジを起用するぐらいか。

★注目選手
◆チェルシー:MFエデン・アザール
Getty Images
チェルシーの注目プレーヤーはEL優勝を置き土産に新天地へ旅立ちたいエースのアザールだ。2012年に21歳の若さでチェルシーに加入して以降、瞬く間にエースへの階段を駆け上がったベルギー代表MFも気付けば、キャリアのピークともベテランへの入り口とも言われる28歳となった。今季も公式戦51試合19ゴール16アシストと圧巻のスタッツで攻撃を牽引してきた。

しかし、更なるステップアップを目指すエースは、かつてのアイドルだったジネディーヌ・ジダン監督が率いるレアル・マドリーへの移籍をすでに決断した模様。そして、今回のEL決勝がブルーズでのラストゲームとなる可能性が高い。対アーセナルとのダービーでは公式戦18試合で5ゴール2アシストとあまり得意としていないが、自身のブルーズでの集大成となる一戦でチームを勝利に導くエースの仕事を期待したい。

◆アーセナル:GKペトル・チェフ
Getty Images
アーセナルの注目プレーヤーはこの試合が現役最後の試合となるチェフだ。 今月20日に37歳の誕生日を迎えたチェフは、今シーズン限りでの現役引退をすでに発表。そして、今回のEL決勝が20年間のプロキャリアを締めくくるラストゲームとなる。そして、フットボールの神様はラウンド16のスタッド・レンヌ戦に続き、偉大なチェコ人GKに古巣対戦というプレゼントを手渡した。

2004年から2015年までプロキャリアの半分以上を過ごしたチェルシーに関しては、今季終了後のスポーツ・ディレクター就任の可能性が報じられるなど、チェフにとって心のクラブだ。しかし、その古巣は今シーズンのリーグ戦を3位で終え、来季のCL出場権を手にしており、今回の一戦で思う存分戦えるはずだ。もちろん、高いプロ意識を持ったチェフにそんな考えは一切ないはずだ。2012-13シーズンのベンフィカとの決勝ではブルーズの一員としてELトロフィーを掲げたチェフだが、今回の一戦では古巣の攻撃陣を完封しガナーズの一員として有終の美を飾りたい。
コメント
関連ニュース
thumb

ラツィオ、PSG移籍話のミリンコビッチ=サビッチの後釜にヤズジュ、ロフタス=チークら

ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(24)のパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が話題になる中、ラツィオはその後釜としてトラブゾンシュポルのトルコ代表MFユスフ・ヤズジュ(22)やチェルシーのイングランド代表MFルベン・ロフタス=チーク(23)らをリストアップしているとイタリア『トゥットメルカート』が伝えた。 ミリンコビッチ=サビッチの獲得に熱を入れるPSGは同選手獲得に8000万ユーロ(約98億円)、または7000万ユーロ(約86億円)+アルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス(24)の条件で交渉にあたっているとされている。 移籍が決定的とも言われる中で、その後釜となる選手の獲得リストにはヤズジュ、ロフタス=チークの他にレッドブル・ザルツブルクのハンガリー代表MFドミニク・ショボスライ(18)の獲得も視野に入れているが、アーセナルと競合になるため獲得は難しいのではないかと触れられている。 得点力と確かなテクニックを備えた司令塔の動向と、新たに獲得を狙う若手選手たち。毎年チャンピオンズリーグ権を窺う位置につけるラツィオの編成には今後も注目だ。 2019.06.25 19:03 Tue
twitterfacebook
thumb

宙ぶらりんのコバチッチ、来季はどこのクラブへ?

レアル・マドリーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(25)の来季の所属クラブがいまだに不透明な状況だ。スペイン『アス』が伝えた。 コバチッチは今季チェルシーへとレンタル移籍をし、中盤の準レギュラーとしてリーグ戦32試合、ヨーロッパリーグ(EL)12試合に出場。チェルシーのEL制覇に貢献した。そんな中同選手を保有するマドリーは売却先の選定に急いでいるようだ。 今夏でのコバチッチの売却を模索するマドリーは移籍金として5000万ユーロ(約61億円)を希望している。ただ、今季レンタル先のチェルシーはマウリツィオ・サッリ監督のユベントス監督就任に伴う後任の選定に苦心しており、同選手含め補強選手の決定も現時点でままならない状況で6月30日までには処遇について決めたいとしている。 そして当のコバチッチ本人は「チェルシーで来シーズンも継続してプレーしても構わない」と語っている。また以前の所属先であるインテルへの移籍も頭の中にあるようで「(同クラブへ)戻ることも嫌ではない」と話すなどイタリア復帰もありそうだ。 25歳にしてチャンピオンズリーグ(CL)優勝やワールドカップ準優勝など輝かしいキャリアを持つコバチッチ。勝ち方を知ったプレーヤーが来季どこでプレーする事になるのか…注目が集まる。 2019.06.25 14:11 Tue
twitterfacebook
thumb

ドログバがチェルシーとランパードの交渉を認める「まあ落ち着け、落ち着け」

秒読み段階となっているフランク・ランパード氏のチェルシー指揮官就任だが、あの男がこの話題に言及している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 チェルシーファンにとって待ち望んでいたような、もう少し待ってほしいような瞬間が日に日に現実味を帯びてきている。 就任からわずか1シーズンでマウリツィオ・サッリ監督を更迭したチェルシーは、その後任としてクラブのレジェンド、ランパードの招へいに動いている。すでに交渉は最終段階を迎えていると言われ、近日にも3年契約が発表されるのではないかと予想するメディアもある。 そんな中、もう一人のレジェンド、ディディエ・ドログバ氏がこの話題に言及。チェルシーとランパード氏の交渉が実際に行われていることをインスタグラムに上げた動画で確認した。 「ある人物が新たな仕事について話し合いを進めている。フランク・ランパードだ」 そうコメントし、ランパード監督の誕生を待ち望むファンの興奮を誘った。だが、ドログバはそんな気持ちを察してか「まあ落ち着け、落ち着けよ」と、ファンの心を落ち着かせた。 2019.06.23 14:58 Sun
twitterfacebook
thumb

チェフに続いてマケレレもブルーズスタッフ入りか…ランパード招へいの舞台着々整う

21日に発表となった元チェルシーのGKペトル・チェフの帰還。アドバイザーとしてチェルシー全体のマネジメントに関わるようで、今後はゴールではなくクラブを守る活躍が期待されている。 そんな中で、『ESPN』によると今度はクロード・マケレレ氏のスタッフ入りが近づいているという。2017年11月からベルギーのオイペンで指揮官を務めていたが、今季終了を以って退任し現在はフリーの身となっている。チェルシーは同氏にはローン選手らのマネジメントの仕事を依頼している模様。 なお、チェルシーではすでにカルロ・クディチーニ氏、エンリケ・イラーリオ氏、パウロ・フェレイラ氏らがフロント入りしている。 そして、連日報道されているフランク・ランパードの監督就任の噂。すでにほとんどのメディアが確実視しており、来週にも3年契約が発表されると予想しているところもある。レジェンド招へいのために、チェフ氏やマケレレ氏などランパード氏がチェルシーでともにプレーした仲間を迎えて、その舞台を整えている。 2019.06.21 21:57 Fri
twitterfacebook
thumb

マルコス・アロンソ、今夏の移籍はなし?

チェルシーのスペイン代表DFマルコス・アロンソ(28)の今夏の移籍の可能性は下がってきているようだ。スペイン『Cadena Cope』が伝えている。 今夏の移籍市場でレアルとアトレティコのマドリー勢からの関心が報じられていたマルコス・アロンソ。チェルシー加入3年目の今シーズンは、リーグ戦31試合に出場し2ゴール6アシストとまずまずの成績だったものの、ヨーロッパリーグ決勝に出られなかったことが、退団の引き金となるのではないかと考えられてきた。 だが、この間にチェルシーではマウリツィオ・サッリ監督がユベントスに移籍したことで同選手は再考の余地があると改めているようだ。 また、レアル・マドリーは先日フランス代表DFフェルラン・メンディを獲得したことで左サイドバックを補填。一方、DFリュカ・エルナンデスの退団とDFフィリペ・ルイスの契約満了に伴い、マルコス・アロンソに照準を絞っていたアトレティコだったが、チェルシーが移籍金4000万ユーロ(約48億5700万円)を要求したため撤退したという。 今後2度の移籍市場において選手登録が禁止される危機に直面しているチェルシーにとって、主力級の放出は出来るだけ避けたいところ。新監督も決まっていない中で、この夏どのような動きを見せるのだろうか。 2019.06.21 17:52 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース