補強、サポートを「生かし切れているとは言えない」浦和がオリヴェイラ監督解任理由を発表2019.05.28 20:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
浦和レッズは28日、オズワルド・オリヴェイラ監督(68)との契約解除を発表した。なお、後任には大槻毅氏(48)が就任することも発表された。浦和は、昨シーズンの天皇杯を制していたものの、今シーズンはリーグ戦で調子が上がらず、5月は1度も勝利することなく4連敗。AFCチャンピオンズリーグではグループステージを突破したものの、このタイミングでオリヴェイラ監督の解任に踏み切った。

「ファン・サポーターのみなさまへ」と題し、浦和レッズ代表の立花洋一氏が、監督解任の経緯説明と大槻新監督へのサポートを明かした。

「日ごろより浦和レッドダイヤモンズをサポートいただき、ありがとうございます」

「オズワルド・オリヴェイラ監督には、就任以来、勝利へのこだわり、メンタリティーなどを選手に植え付けていただき、本当に感謝しています。また、彼の力があったからこそ、天皇杯を最高の形で優勝することができました。本当にありがたかったです。特にこの優勝で、浦和レッズに関わる人たちが一つになったときの強さをあらためて体現してくれました」

「今年は、ACLとリーグの2冠を目標に掲げスタートしていますが、リーグでは、思い通りの結果が出ておりません。特にホームゲームでの試合内容が悪く、トレーニングでも改善されず、非常に苦しい状況が続いています」

「これまでチームに対しては、ACLとリーグを戦い抜けるだけの戦力補強を行いました。また、オリヴェイラ監督の要望を受け、コンディション回復機器の導入や、食事の提供などのサポートを実施してきました。しかしながら、それらを生かし切れているとは言えない現状があり、このままでは、優勝はもとより上位進出もままならないと判断し、監督、ヘッドコーチの経験がある大槻 毅氏に監督に就任していただくこととしました」

「大槻氏は、チームを外から見ていて足りない部分も把握しており、その戦術的な部分を植え付けることで、チームを躍動させてくれると確信しています。何より、クラブとして掲げている、浦和のために最後まで走り、闘い、貫くことを体現させ、特にホーム埼玉スタジアムでの強い浦和レッズを復活させてくれると期待しています。クラブとしても、その構築に向けて全力でサポートしていきます」

「みなさまにはご心配をおかけし、大変申し訳ありませんが、引き続きのサポートをよろしくお願いいたします」
コメント
関連ニュース
thumb

浦和、韓国3位の蔚山現代にホームで逆転負け…背水の陣でアウェイ戦へ《ACL2019》

浦和レッズは19日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019のラウンド16、蔚山現代とのファーストレグを戦い、1-2で敗れた。 グループステージでは初戦から通して苦しい戦いが続いた浦和は、命からがら最終節で2位に入り、決勝トーナメント進出を決めた。 しかし、その直後のリーグ戦で大敗を喫したチームはオリヴェイラ監督を更迭し、大槻監督を招へい。その後のリーグ戦は2試合続けて後半アディショナルタイムのゴールで1勝1分けという成績を収めている。 初のACLの試合となる大槻監督は、就任後初勝利したリーグのサガン鳥栖戦からスタメンを5人変更。杉本やエヴェルトン、山中らが先発に起用された。 杉本をワントップに、興梠と武藤が脇を固める[3-4-2-1]の布陣で臨んだ浦和がファーストシュートを放つ。8分、前線でボールを持った杉本の横パスを武藤がボックス手前からダイレクトシュート。右足インサイドで丁寧に抑えたが、惜しくも枠の左に外れた。 一方、守備では3センターの左に入った槙野が気合いの入ったプレーを見せる。左ウイングバックの山中は16分にボックスの外からドライブのかかった強烈なシュートで相手GKを強襲。23分には右ウイングバックの森脇がカットインからシュートをトライ。浦和がテンポよく攻撃を続ける。 それでも守りを固める蔚山現代を崩し切れない時間帯が続いた中で迎えた37分、ついにゴールをこじ開ける。バイタルエリアで興梠のワンタッチパスを受けた青木がひとつドリブルで前に進んでふわりとしたクロスを供給。これにDFの間でフリーとなっていた杉本が頭でコースを変えてゴールに押し込んだ。 良い流れで先制した浦和だったが42分、エヴェルトンがボールを奪われるとイ・グノに右サイドからクロスを許す。これをジョー・ミンキュンに頭で決められ試合を振り出しに戻された。 後半は浦和に慣れてきた蔚山現代もやや盛り返すが、それでも主導権は浦和が握る。しかし、なかなか崩し切るまでには至らない。 シュートすら打てない状況の中、60分にこぼれ球を森脇がダイレクトボレーで狙うが大きく枠を外す。67分には興梠にチャンスも生かし切れず。 その後、浦和は杉本と森脇を下げて汰木と宇賀神を投入する。これにより、現在ACL3試合連続ゴール中の興梠がワントップに移動した。77分のCKでは、鈴木がゴールに迫るもシュートは相手に当たって枠の外へ。そのCKでも武藤がシュートを放つがブロックに遭った。 攻めあぐねる浦和を尻目に蔚山現代は80分、ファン・イルスが味方とのコンビネーションから浦和の守備を掻い潜りカウンターに転じると、左右に分かれた見方を囮にそのまま前進。ボックス手前に来たところで右足を振り抜くと、これがゴール左隅に決まり逆転した。 蔚山現代の狙い通りの展開となってしまった浦和は、85分に青木に代えて柴戸を投入。しかし、状況は好転せず後半4分のアディショナルタイムも経過し試合終了。1-2で敗れた浦和は、1週間後の26日に背水の陣でアウェイ戦に臨むことになった。 2019.06.19 21:32 Wed
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】大槻体制で初のACLへ…ホームで先勝なるか《浦和レッズvs蔚山現代》

19日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019のラウンド16・第1戦が開催。浦和レッズはホームの埼玉スタジアム2002に蔚山現代(韓国)を迎える。 <span style="font-weight:700;color:#d91414;font-size:1.1em;">◆苦しみ抜いたグループステージ</span> グループGに入った浦和は全北現代モータース(韓国)、北京国安(中国)、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)と同居。各国の強豪クラブと同居したこともあり、苦戦続きとなった。 初戦はホームでブリーラムに3-0と快勝するも、アウェイでの北京国安戦は苦しみながらのゴールレスドロー。悪くないスタートを切ったものの、最大のライバルと目されていた全北現代にはホーム、アウェイ共に1点差で敗れ連敗。一気に雲行きが怪しくなった。 それでもアウェイでの厳しい環境の中で、ブリーラムに競り勝つと、グループステージ突破をかけた最終戦では北京国安を相手にホームで3-0と快勝。グループ2位通過を決めた。 特に、リーグ戦、ACLと力を発揮していたDF橋岡大樹が負傷離脱。その他にも、ケガ人が相次ぐ事態となり、チームとして戦力が整わない試合が多かった。それでも、総力戦で戦い抜いたACLだったが、このノックアウトステージからは大きな変更点がある。それは指揮官が代わっていることだ。 大槻毅監督は、ACLでの指揮経験はなく、コーチとしての経験しかない。それでも、ベンチから何度もチームが戦う姿を目にしており、息を吹き返しつつあるチームを再び頂点へ導く準備はしているだろう。 ホームでの第1戦となるだけに、なんとしても白星をあげたいところ。大槻レッズが、ホーム埼スタを熱くする。 <span style="font-weight:700;color:#0a1d91;font-size:1.1em;">◆王者川崎Fに屈しなかった蔚山</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190619_17_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>対する蔚山現代は、グループHを戦った。Jリーグを連覇している川崎フロンターレ、中国スーパーリーグで初優勝を成し遂げていた上海上港、そしてシドニーFC(オーストラリア)と同居したが、川崎F相手に1勝1分け、上海上港に1勝1敗と結果を残し、グループを首位で通過した。 ACLの6試合の戦いを見ても、手堅い試合が多く、最終戦で上海上港に5-0で大敗した以外はロースコアのゲームが多かった。 直近のリーグ戦では、浦項スティーラーズに1-0で勝利。済州ユナイテッド(○1-3)、大邱FC(△0-0)、城南FC(○1-4)とリーグ戦では4戦無敗と好調を維持し、Kリーグ1では現在2位につけている。 チームの中心はブラジル人FWのジュニオール・ネグラン。ACLでは5試合で2ゴールだが、リーグ戦では15試合で6ゴールを記録している。浦和としてはしっかりと抑えていきたいところだ。 また、ガンバ大阪やジュビロ磐田でプレーしたFWイ・グノや柏レイソルやセレッソ大阪でプレーしたMFキム・ボギョン、横浜F・マリノスでプレー経験があるDFジョン・ドンホらJリーグ経験者も在籍。浦和とのプレー経験もあるため、警戒する必要があるだろう。 <span style="font-weight:700;color:#d91414;font-size:1.1em;">◆浦和レッズ予想スタメン</span>[3-4-2-1] <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190619_17_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> GK:西川周作 DF:鈴木大輔、マウリシオ、槙野智章 MF:岩武克弥、青木拓矢、柴戸海、宇賀神友弥 MF:長澤和輝、武藤雄樹 FW:興梠慎三 監督:大槻毅 ホームで迎える第1戦、リーグ戦のサガン鳥栖戦で起用したメンバーが中心になると予想する。大槻監督になり、[3-4-2-1]のシステムに戻したため、前線へ押し込むことがポイントとなる。岩武克弥、柴戸海と経験の少ない選手も起用される見込みだが、しっかりと周りがサポートし、埼スタに集まる多くのサポーターの声援を受けて勝利を掴みたい。 <span style="font-weight:700;color:#d91414;font-size:1.1em;">◆注目選手</span> FW興梠慎三(32) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190619_17_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 浦和の注目選手は、FW興梠慎三だ。前節の鳥栖戦では、浦和でのJ1通算91ゴール目を記録し、チームを勝利へと導いた。このゴールでホームの連敗をストップしただけでなく、“ミスターレッズ”と呼ばれる福田正博氏のゴール記録に並んでいる。 ACLとは関係ないものの、浦和で積み上げてきたがゴールの数はエースである証。これまで何度となくチームを救ってきた興梠が、3度目のアジア制覇に向けた一歩を踏み出す力になるだろう。 2019.06.19 16:50 Wed
twitterfacebook
thumb

青森山田MF武田英寿、来季浦和加入が内定…高校サッカー選手権優勝に貢献

浦和レッズは19日、青森山田高校に所属するMF武田英寿(17)の来シーズン加入内定を発表した。 武田はベガルタ仙台ジュニアから青森山田中学校に進学。そのまま青森山田高校に上がり、第97回全国高等学校サッカー選手権大会では、優勝に貢献すると共に、個人としても優秀選手に輝いた。また、今年はU-18日本代表、日本高校選抜にも選出されている。 クラブは同選手の特長を「左足からの多彩なキックを武器に相手を翻弄する。視野の広さと独特のリズムでゲームを支配できる」選手だと評価。その武田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ファン・サポーターのみなさん、こんにちは。来季から浦和レッズでお世話になることになりました武田英寿です。浦和レッズは、日本で一番の応援があり、すごいファン・サポーターの方たちがいると思います。そのスタジアム、ピッチでプレーできることをうれしく思いますし、チームの勝利に貢献できるようにしたいです」 「もちろん、悪いプレーがあればブーイングもあると思いますが、その中でも特長を出し、早くファン・サポーターのみなさんに認められるようにがんばりたいです。応援、よろしくお願いします」 2019.06.19 12:55 Wed
twitterfacebook
thumb

興梠の後半AT弾で鳥栖に逆転勝利の浦和が6試合ぶり白星!《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節、浦和レッズvsサガン鳥栖が15日に行われ、2-1で浦和が勝利した。 なかなか調子の上がらない10位の浦和(勝ち点18)。5月は無残にも4連敗。前節は後半アディショナルタイムのゴールで川崎フロンターレからなんとか勝ち点を持ち帰ったものの、5試合勝利から遠ざかっている。是が非でも白星を取り戻したい今節のスタメンは、川崎F戦から一人変更。マルティノスに代わってアンドリュー・ナバウトが起用された。 17位に沈む鳥栖(勝ち点13)は一時ゴール欠乏症に陥ったが、第11節からは3連勝で立て直しつつある。だが、前節は無得点で敗戦。再びズルズルいかないためにも負けられない今節は、前節からスタメンを3人変更して臨んだ。 ホームの浦和主導で進む序盤。中央突破を試みる浦和は7分、ボックス手前のスペースでボールを受けたアンドリュー・ナバウトから興梠へスルーパス。急ブレーキで相手を振り切りシュートに繋げたが、GK高丘に防がれた。 対する鳥栖は11分、自陣からのカウンターで安庸佑が右サイドを突破。マイナスの折り返しをダイレクトで狙った小野のシュートは当たりそこなったものの、その先にいた福田がボックス左からシュート。しかし、GK西川のファインセーブに遭う。 互角の攻防を見せる両者。試合が動いたのは18分のことだった。敵陣左サイドで細かくパスを繋いだ鳥栖は、福田がボックスの左外からクロスを送る。これに安庸佑がすべり込みながら合わせてネットを揺らした。 だが、浦和も黙ってはいない。失点から攻勢を強めて迎えた31分、右サイドでボールを持った岩武がボックス手前からゴール前に斜めにパスを入れると、ニアで武藤がスルー。その先の宇賀神がボックス左からダイレクトで抑えの利いたシュートを流し込んで、同点に追いついた。 1-1で迎えた後半、浦和は51分にアンドリュー・ナバウトを下げて長澤を投入。だが56分にその長澤のボールロストからピンチに。鳥栖はピッチ中央付近でボールを奪い素早く縦パスを供給。ボックス右に抜け出した安庸佑が鋭い切り返しで相手を振り切り、左足で流し込みにかかったが、寸前のシュートブロックに入られ勝ち越しとはならなかった。 67分に鳥栖は趙東建を下げてフェルナンド・トーレスをピッチへ。投入直後、トーレスを囮に金崎がヘディングシュートを放ったがGK西川の正面。 その後は互いにチャンスは作れないまま迎えた後半アディショナルタイム、浦和は途中出場のマルティノスが左サイドを突破。右足アウトサイドでクロスを入れると、ボールはゴール前でワンバウンド。これにうまく対応した興梠が落ち際を流し込んで、土壇場で逆転に成功した。 そしてドラマティックな展開となった試合はここで終了。浦和が6試合ぶりの勝利の手にした。一方の鳥栖はこれで2連敗となった。 2019.06.15 21:21 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表、槙野智章が負傷離脱…9日にエルサルバドル戦《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は8日、浦和レッズに所属するDF槙野智章の同国代表離脱を発表した。 離脱理由はケガのため。槙野は7日のトレーニングでベシクタシュのMF香川真司とともに別メニューだった。 日本は9日にひとめぼれスタジアム宮城で行われるキリンチャレンジカップ2019でエルサルバドル代表と対戦する。 2019.06.08 10:50 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース