【欧州4大リーグ日本人選手総括&評価】長谷部が最高評価! 半数の5選手が最低評価…2019.05.30 22:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
欧州4大リーグの2018-19シーズンが終了しました。そこで本稿では4大リーグに所属する日本人11選手のパフォーマンスを5段階で独自に評価してみました。総括とともにご覧ください。
★★★★★が最高、☆が最低★長谷部誠[フランクフルト]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:28(先発:28)ゴール数:0
ヨーロッパリーグ出場試合数:14(先発:14)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★★★★

◆新監督の下でもリベロ定着でフル稼働
日本代表から引退し、5シーズン目を迎えたフランクフルトに捧げた今季、定位置となった3バックのセンターで抜群の存在感を示した。開幕当初こそヒュッター新監督の信頼を得られていなかったが、前任のニコ・コバチ監督同様にリベロで起用されると、チームは安定感を増し、ヨーロッパリーグでベスト4、国内ではチャンピオンズリーグ出場権争いを展開するに至り、欧州でも台風の目となった。インテリジェンス溢れるカバーリングと、最終ラインからの正確な配球で攻守に大車輪の活躍を見せた長谷部は、躍進したフランクフルトの象徴的な存在だった。

★大迫勇也[ブレーメン]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:21(先発:15)ゴール数:3
DFBポカール出場試合数:2(先発:2)ゴール数:2
評価: ★★☆☆
◆アジアカップの負傷で後半戦ゴールなし
降格したケルンからブレーメンに新天地を求めた大迫。ロシア・ワールドカップで存在感を示した大迫は勢いそのまま、伝統的に攻撃色の強いブレーメンにうまくフィットした。しかし、1月のアジアカップ参戦中に背中を痛めて長期離脱となると、4月に復帰して以降、後半戦はリーグ戦ゴールなくシーズンを終えてしまった。日本代表との両立に苦しんだが、チームが何とかヨーロッパリーグ出場権を獲得したことがせめてもの救いだった。

★原口元気[ハノーファー]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:28(先発:22)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★☆☆☆
◆守備に奔走も降格
昇格に貢献したデュッセルドルフではなくハノーファーが新天地となった原口だったが、ヘルタ・ベルリン時代同様に守備に奔走する苦しいシーズンとなった。背番号10を背負ったものの、チーム力が脆弱なため、原口は守備に力を割かれることになった。時には右サイドバックでの起用もあり、ゴール前に顔を出すことは皆無な状況に。そんな状況もあって悔しいシーズンノーゴールに終わり、チームも降格している。

★浅野拓磨[ハノーファー]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:13(先発:9)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:2(先発:2)ゴール数:1
評価: ☆☆☆☆
◆実力不足で戦力外に
昨季のシュツットガルトに続き、同じブンデスリーガのハノーファーへのレンタル移籍となった浅野だが、結果を残せなかった。カウンター主体のチームで彼の走力が生きそうな予感もしたが、負傷も多く、肝心なところでチャンスをフイにしてしまった。結局、リーグ戦でゴールは奪えず、チームの力になることはできず、シーズン終盤は買い取る意思のないチームの意向もあって戦力外扱いとなってしまった。

★宇佐美貴史[デュッセルドルフ]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:19(先発:10)ゴール数:1
DFBポカール出場試合数:2(先発:2)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆
◆1部の厚い壁
昇格に貢献したデュッセルドルフに残留した宇佐美。W杯の影響で合流が遅れたため、シーズン序盤に出場機会をもらえなかった中、宇佐美の能力を勝手知ったるフンケル監督によって前半戦終盤には出場のチャンスが巡り、一定の期待に応えて見せた。課題の守備をこなしつつ、ゴールに絡むプレーを見せていた宇佐美ではあったが、シーズン後半はパッとせず。悠々と残留を決めていたチームの中、終盤はベンチにも入れず、またも1部の厚い壁に跳ね返された格好だ。

★久保裕也[ニュルンベルク]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:22(先発:15)ゴール数:1
DFBポカール出場試合数: 1(先発: 1)ゴール数: 0
評価: ☆☆☆☆
◆ブンデス挑戦も1ゴール
ヘントで結果を残し、ブンデスリーガの舞台に足を踏み入れた久保。ただ、これまでゴールを量産してきたスイスやベルギーとはリーグのレベルが違ったようで、わずか1ゴールに終わった。最下位に沈んだチームの中でゴール前でのプレー回数が限られる厳しさはあったが、相手に怖さを与えるプレーが少なく、脅威となっていなかった。

★吉田麻也[サウサンプトン]
Getty Images
プレミアリーグ出場試合数:17(先発17)ゴール数:0
FAカップ出場試合数:0
EFLカップ出場試合数:3(先発:3)ゴール数:0
評価: ★★☆☆☆
◆新監督の信頼を掴み苦境脱出
サウサンプトンでの7シーズン目はW杯での合流遅れが響き、厳しいスタートとなった。それでも、チームが結果を出せず12月にヒューズ監督が解任され、ハッセンヒュッテル監督が就任したことが吉田にとってもチームにとっても事態を好転させるキッカケとなった。新監督の就任によってスタメンの機会を増やした吉田は、チームの勝利に貢献。第28節から35節まで連続でスタメン出場を果たし、チームの最低限の目標である残留に貢献している。

★武藤嘉紀[ニューカッスル]
Getty Images
プレミアリーグ出場試合数:17(先発5)ゴール数:1
FAカップ出場試合数:0
EFLカップ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆
◆プレミアの壁
マインツで3シーズンを過ごした後、プレミアに活躍の場を移した武藤だったが、その壁は厚かった。守備的な戦術を敷くベニテス監督の下、個の能力で屈強な相手DFを突破しなければならず、前線で孤立する場面が目立った。結局、ユナイテッド戦で1ゴールを決めたのが唯一のハイライトとなってしまった。

★岡崎慎司[レスター・シティ]
Getty Images
プレミアリーグ出場試合数:21(先発1)ゴール数:0
FAカップ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
EFLカップ出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆

◆屈辱のノーゴールで退団へ
レスターでの4シーズン目を迎えた岡崎だったが、屈辱のノーゴールに終わってしまった。そもそもリーグ戦では先発の機会が1試合のみと、ピュエル前監督、ロジャーズ現監督の信頼を掴めなかった。結局、3年前に奇跡の優勝に貢献したレスターでのキャリアは、今季で終焉を迎えることになった。

★乾貴士[ベティス/アラベス]
Getty Images
リーガエスパニョーラ出場試合数:20(先発:15)ゴール数:2
ヨーロッパリーグ出場試合数:4(先発:2)ゴール数:0
コパ・デル・レイ出場試合数:2 (先発:2)ゴール数:0
評価: ★★☆☆☆
◆ベティスで不発もアラベスで復調
3シーズンを過ごしたエイバルを離れ、ベティスにステップアップした乾。だが、W杯で大活躍した姿は見せられず、ノーゴールノーアシストと期待に応えられなかった。それでも、シーズン後半にレンタルで移籍したアラベスで本来の姿を取り戻した。エイバル時代同様、守備色の強いチームで規律をもって戦った中、右サイドからアクセントを付け、EL出場権争いを展開していたチームの主力を担った。

★柴崎岳[ヘタフェ]
Getty Images
リーガエスパニョーラ出場試合数:6(先発:5)ゴール数:0
コパ・デル・レイ出場試合数:2(先発:1)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆
◆失敗だった残留の選択
W杯での活躍により市場価値が高騰した柴崎だったが、芳しいオファーがなくヘタフェに残留する決断を下してしまった。さらにアジアカップで試合勘を取り戻したものの、クラブが放出を許さず、1シーズンを通して棒に振る結果に終わってしまった。中盤を経由しないロングボールを多用するボルダラス監督と柴崎のプレースタイルは相入れず、CL出場権争いを展開したチームの中でわずか6試合の出場と蚊帳の外に。シーズン最終盤こそ申し訳程度の出場機会がやってきたが、W杯で自信を掴んだ柴崎にとっては実にもったいない1年となってしまった。
コメント
関連ニュース
thumb

フランクフルト、ヨビッチの後釜を確保! 同胞セルビア人ストライカー

フランクフルトは14日、U-21セルビア代表FWデヤン・ヨベリッチ(19)をツルヴェナ・ズヴェズダから獲得したことを発表した。契約は2024年までの5年契約となる。 1999年生まれのヨベリッチは母国の名門ツルヴェナ・ズヴェズダ出身のストライカー。182㎝という標準規格だが、ゴールへの嗅覚やポジショニングに長け、時折見せるテクニックも魅力の一つ。2018-19シーズンは公式戦28試合で14ゴール2アシストを記録した。 また、先日にフランクフルトからレアル・マドリーへの移籍が決まった同胞のFWルカ・ヨビッチとも比較され、ヨベリッチはその後釜という見方が強い。今月開幕を迎えるU-21ユーロでは、両選手はセルビア代表として招集されている。 なお、移籍金は400万ユーロ(約4億8700万円)と見られている。 2019.06.15 13:47 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーのヨビッチが初お披露目! 「僕は世界で最も幸せな男」

レアル・マドリーは12日、フランクフルトから完全移籍で加入したセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)の加入会見をサンティアゴ・ベルナベウで実施した。 今シーズンのブンデスリーガで得点ランキング3位の17得点を挙げ、ヨーロッパリーグでも10得点をマークするなど、多数のビッグクラブが注目していたヨビッチ。 その中で今月4日には6000万ユーロ(約73億円)といわれる移籍金でのクラブ間合意がアナウンス。そして、セルビア代表での活動を終えた同選手は12日にメディカルチェックの受診および、契約書にサインを行い、推定年俸1000万ユーロ(約12億円)での2025年6月30日までの6年契約を締結した。 今回の加入会見に際してフロレンティーノ・ペレス会長はヨビッチへの歓迎の挨拶を行っている。 「親愛なるルカ・ヨビッチ。君はもうレアル・マドリーの一員になった。おめでとう、そして世界最高のフォワードの一人として成長し続けていくためにこのエンブレム、このユニホームを選んでくれたことに感謝している。君はここまでたどり着き、他にも多くの偉大なクラブが君の才能、能力に惚れ込み獲得を望んでいたことを我々は知っている。しかし君はこのレアル・マドリーという伝説の一部になることを望み、それを成し遂げるために戦って来た」 「君は重要で親交のあるクラブ、アイントラハト・フランクフルト、またレベルの高いブンデスリーガからレアル・マドリーへ移ってくる。ここから先、君は最も名高く、最も大きな実績のあるクラブ、レアル・マドリーの価値観とともにこのエンブレムを守っていくことになる」。 一方、世界最高のクラブの1つと言われるエル・ブランコ加入が正式に決まったヨビッチは新天地での意気込みを語っている。 「最も偉大なクラブとの契約にサインしたことで今、僕は世界で最も幸せな男だよ。レアル・マドリーがもっと多くのトロフィー、タイトルを勝ち取る手助けとなるため全力を尽くすつもりだよ。みなさん、ありがとう」 2019.06.13 00:18 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、フランクフルトの快速アタッカーに関心…移籍金は約50億円

アトレティコ・マドリーが、フランクフルトに所属するクロアチア代表FWアンテ・レビッチ(25)の獲得に興味を示しているようだ。ドイツ『ビルト』の情報を引用してスペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 準優勝したロシア・ワールドカップ(W杯)での活躍をキッカケに昨夏にはユナイテッドやトッテナムなどの関心を集めたレビッチ。加入3年目となったフランクフルトでは今シーズンのブンデスリーガで28試合9ゴール4アシストを記録。持ち味の身体能力を生かした縦への仕掛けに加え決定力を向上させ、レアル・マドリー移籍が決まったセルビア代表FWルカ・ヨビッチとフランス人FWセバスティアン・アラーと共に攻撃を牽引した。 そのクロアチア代表FWに対して、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)に代わるセカンドストライカーの獲得を目指すアトレティコ・マドリーが目を光らせているという。 カウンター向きの攻守両面でハードワークをこなすことができ、スペイン代表FWジエゴ・コスタのような闘争心に溢れるプレースタイルは、ディエゴ・シメオネ監督の好むタイプだ。 しかし、同選手に対してはインテルが年俸400万ユーロ(約4億9000万円)の好条件のオファーを掲示しているとも言われており、交渉は一筋縄にはいかないかもしれない。 なお、フランクフルト側は移籍金として4000万ユーロ(約49億2000万円)を要求するようだ。 2019.06.11 22:47 Tue
twitterfacebook
thumb

移籍決定ヨビッチ、バルサからオファー受けるも本命は常にマドリーだった?

来シーズンからのレアル・マドリー加入が決定したセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)だが、やはり同クラブへの移籍を決断する前にバルセロナ移籍を固辞していたようだ。 レアル・マドリーは4日、ヨビッチの移籍に関して、フランクフルトとクラブ間合意に達したこと発表。契約期間は2025年6月30日までの6年となる。 そのヨビッチに関してレアル・マドリーの下部組織出身でフランクフルトの同僚でもあるスペイン人MFルーカス・トロは、スペイン『Cadena Ser』のインタビューで同選手が以前からマドリー行きを希望していたことを明かした。 「彼のレアル・マドリー移籍濃厚というニュースが出る数カ月前、僕たちはシャワールームでちょっとした会話をしていたんだ。その時にマドリーとバルセロナのどっちでプレーしたいのか、彼に聞いてみたんだ。そして、彼は断然レアル・マドリーだと言っていたよ」 また、移籍が決定する前にバルセロナとマドリーの双方からコンタクトがあったのかという質問に対して、ルーカス・トロは両クラブからのオファーがあったことを本人から聞いていたことを明かした。 「それは少し前のことだったようだよ。彼はクラブとしてマドリーが好きだった。そして、マドリードの街について色々聞かれていたんだ」 ツルヴェナ・ズヴェズダ出身のストライカーであるヨビッチは、2016年2月にベンフィカと契約。その後、2017年6月にフランクフルトへ2年レンタルで移籍。その後、クラブは今年4月に買い取りオプションを行使していた。 今シーズンのブンデスリーガで得点ランキング3位の17得点を挙げ、ヨーロッパリーグでも10得点をマークするなど、多数のビッグクラブが注目していた中、最終的にマドリー移籍を選んだ。 2019.06.05 18:16 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ルカク退団の場合、フランクフルトFWアラー獲得に関心

マンチェスター・ユナイテッドがフランクフルトのフランス人FWセバスティアン・アラー(24)の獲得に関心を示しているようだ。『ESPN』が伝えている。 現在、ユナイテッドではベルギー代表FWロメル・ルカク(26)に、アントニオ・コンテ新監督の就任が決まったインテル移籍の可能性が浮上している。 インテルはローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(33)の獲得に迫っているため、ルカク獲得は金額次第といったところ。だが、同選手自身が移籍の願望を持っているとも伝えられており、去就が不透明なことは確かと言える。 そのため、ユナイテッドはルカク流出に備えて新たなセンターフォワード探しに着手。『ESPN』が伝えるところによれば、そのターゲットの1人がフランクフルトのアラーだという。 母国の名門オセールでキャリアをスタートしたアラーは、オランダのユトレヒトでの活躍を経て2017年にフランクフルトに加入。昨シーズン、主力としてDFBポカール制覇に貢献すると、今シーズンはシーズン終盤に数試合の離脱を強いられながらも公式戦41試合で20ゴール12アシストの数字を残した。 190cmの長身に加え、フィジカルだけに頼らない懐の深いボールキープ、ポストワークに優れるターゲットマンは、ここ数年フィニッシュの局面でも精度、落ち着き共に向上中でレ・ブルー入りも期待される好タレントだ。 2019.06.05 14:56 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース