【2018-19ブンデスリーガベストイレブン】バイエルンとドルトムントから3選手! 長谷部も選出!2019.05.28 21:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2018-19シーズンのブンデスリーガが終了しました。そこで本稿では今季のブンデスリーガのベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。◆ベストイレブン
GK:グラーチ
DF:キミッヒ、ジューレ、長谷部、ハルステンベルク
MF:ロイス、ヴィツェル、ハフェルツ
FW:サンチョ、レヴァンドフスキ、T・アザール

GKペーテル・グラーチ(29歳/ライプツィヒ)
Getty Images
出場試合数:33(先発回数:33)/失点数:27/出場時間:2925分
リーグ最少失点のライプツィヒからハンガリー代表GKを選出。決して派手な選手ではないが、驚異的な反応からのビッグセーブが目立ち、GKとしての基本能力の高さを示している。ライプツィヒの守護神として十分な存在感を見せた。

DFヨシュア・キミッヒ(24歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:34(先発回数:34)/得点数:2/出場時間:3060分
CLと並行して戦っていた中、リーグ戦フルタイム出場を果たした。チームが本調子でない時にあっても、キミッヒは常にハイレベルなプレーを披露。昨季に続いて右サイドバックでスタートした中、不調に陥ったチームを復調させるべく前半戦はボランチとしてもプレー。そこからチームは復調し、後半戦の快進撃につながった。

DFニクラス・ジューレ(23歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:31(先発回数:29)/得点数:2/出場時間:2651分
バイエルン移籍2年目のジューレがディフェンスリーダーに成長した。ドイツ代表コンビのフンメルスとJ・ボアテングが負傷がちでプレー面でも精彩を欠く中、頑強なフィジカル通りケガなくコンスタントにピッチに立ち続けたジューレはソリッドな守備を披露し続けた。

DF長谷部誠(35歳/フランクフルト)
Getty Images
出場試合数:28(先発回数:28)/得点数:0/出場時間:2520分
昨季に続き、リベロで文句なしのパフォーマンスを見せた。フィジカルのハンデをインテリジェンス溢れる読みとカバーリングで補い、トップレベルのアタッカーを何度も封殺して見せた。また、フィードにおいても最終ラインから良質なボールを前線に供給し、攻撃の起点となる働きも担っていた。

DFマルセル・ハルステンベルク(27歳/ライプツィヒ)
Getty Images
出場試合数:28(先発回数:27)/得点数:3/出場時間:2414分
ライプツィヒ不動の左サイドバックを選出。ダイナミックなオーバーラップが売りのドイツ代表DFは、ライプツィヒの縦に早い攻撃を体現する存在。得点に絡むシーンが多く、3ゴール6アシストを記録し、攻撃のバリエーションを増やす役割を担った。

MFマルコ・ロイス(29歳/ドルトムント)
Getty Images
出場試合数:27(先発回数:27)/得点数:17/出場時間:2322分
後半戦こそ懸念の負傷に泣いたが、前半戦は負傷なくフル稼働し圧巻の活躍を見せた。若いチームのキャプテンとしてトップ下の位置から経験の浅いウインガーのサンチョやラーセンらを巧みに操り、攻撃を牽引。17ゴール11アシストを記録し、充実のシーズンを過ごした。

MFアクセル・ヴィツェル(30歳/ドルトムント)
Getty Images
出場試合数:33(先発回数:32)/得点数:4/出場時間:2873分
中国から2000万ユーロを支払って迎え入れただけの価値があった。4大リーグでのプレーは初めてだったが、ベルギー代表MFの実力に疑いの余地はなかった。中盤底の位置からダイナミックにボールに関わり、攻守にチームを支えた。

MFカイ・ハフェルツ(19歳/レバークーゼン)
Getty Images
出場試合数:34(先発回数:33)/得点数:17/出場時間:2902分
ドイツの次代を担うファンタジスタが大きな飛躍を遂げた。188cmの長身ながら足下の技術に長けた19歳は、攻撃サッカーを標榜するボス監督の下、才能が開花。シーズン後半戦だけで11ゴールを挙げ、計17ゴールをマーク。得点力も身に付け、相手に脅威を与えるアタッカーに成長した。

FWジェイドン・サンチョ (19歳/ドルトムント)
Getty Images
出場試合数:34(先発回数:26)/得点数:12/出場時間:2460分
イングランドの次代を担う至宝がドイツで輝きを放った。12ゴール17アシストとコンスタントにゴールに絡み、違いを生んだ。左右のウイングで持ち前のドリブルスキルを生かした突破を見せ、ロイスと共にドルトムントの攻撃を牽引した。

FWロベルト・レヴァンドフスキ(30歳/バイエルン)
Getty Images
出場試合数:33(先発回数:33)/得点数:22/出場時間:2959分
ワールドカップでは不発に終わったものの、バイエルンでは流石の存在感を示した。22ゴール10アシストを記録し、2年連続4度目のブンデスリーガ得点王に輝いた。例年通りスランプに陥ることなくコンスタントにゴールに絡み続け、本調子でなかったバイエルンを牽引して見せた。

FWトルガン・アザール(26歳/ボルシアMG)
Getty Images
出場試合数:33(先発回数:33)/得点数:10/出場時間:2878分
着実に実力を付けているエデン・アザールの実弟が10ゴール11アシストの結果を残した。後半戦は1ゴールに終わって失速したが、最終節までCL出場権争いに絡み5位でシーズンを終えたボルシアMGの中心選手として活躍した。この活躍が認められ、来季はドルトムントへの移籍が決まった。
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルン、レンタルでのベイル獲得に興味! 高額年俸も負担へ

バイエルンが、レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『サン』が報じている。 2013年にトッテナムからマドリーに加入したベイル。今シーズンの公式戦42試合で14ゴール6アシストをマークしたが、負傷癖に加えて、割に合わない高額な年俸を貰っていることがマドリディスタの反感を買ってしまっている。 2022年まで契約を残すベイルはマドリーに残留したいと公言。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の下では構想外となっていることが報じられており、今夏の放出候補として真っ先に名が挙がっている状況だ。 そのベイルを今夏での退団が決まっている元フランス代表MFフランク・リベリ(36)と元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の後釜として、ニコ・コバチ監督がレンタル移籍でチームに加えたいと考えているという。ネックとなっている週給35万ポンド(約4700万円)という高額な年俸もバイエルンが負担する意向のようだ。 2019.06.16 21:33 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、フンメルス移籍でバイエルンと原則合意

ドイツ『ビルト』が、ドルトムントがドイツ代表DFマッツ・フンメルス(30)の移籍に関して、バイエルンと原則合意に達したことを報じている。 『ビルト』によると、移籍金は2000万ユーロ(約24億4000万円)の基本金にインセンティブが加わる内容に。 バイエルンではフランス代表DFリュカ・エルナンデスが加入したことから、フンメルスは移籍を希望した模様。同メディアによれば、減俸もやぶさかではという。 2016年夏に、ユース時代を過ごしたバイエルンに復帰したフンメルスは、公式戦通算118試合に出場し、ブンデスリーガ3連覇や、今季の国内2冠に貢献。2度目のドルトムント移籍が実現すれば、3年ぶりの復帰となる。 2019.06.16 18:46 Sun
twitterfacebook
thumb

36歳リベリ「まだまだビッグクラブでプレーできる!」

今シーズン限りでバイエルンを退団する元フランス代表FWフランク・リベリ(36)が希望する移籍先についてヒントとなるコメントを残している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 在籍12年間でタイトル23個という驚異的な成績を残してバイエルン退団するリベリ。36歳でキャリアの晩年を迎えているが、まだまだ現役への熱意は衰えていない模様。 気になるその去就について、フランス『レキップ』でこんなことを話している。 「まだまだハングリーさ。僕にもまだ与えられるものがあると思っている」 「僕の考えでは、この頭やこの足はまだ高いレベルにある」 「嘘はつきたくない。ビッグクラブでプレーできる。考えてみよう…あと2シーズンはプレーできるはずだ」 リベリにはオーストラリアやカタールに加えて、プレミア昇格のシェフィールド・ユナイテッドも興味を示していると言われているが、どれも俗に言う“ビッグクラブ”ではない。リベリの目指す場所は他にあるということなのだろうか。 2019.06.16 15:19 Sun
twitterfacebook
thumb

8月開幕のDFBポカール1回戦の組み合わせが発表!

DFBポカール1回戦の組み合わせ抽選会が6月15日に行われた。 今回発表された中で最注目のカードとなったのが、2009から6シーズンをドルトムントでプレーした元ドイツ代表Fケビン・グロスクロイツが所属するユルディンゲン05(ブンデス3部)と、そのドルトムントと対戦。 また、前回王者のバイエルンはブンデス4部に所属するエネルギー・コットブスと対戦する。なお、詳しい日時は決定していないもののDFBポカール1回戦は8月に開催される予定だ 。 ◆DFBポカール1回戦 ヴルツブルガー・キッカース(3部) vs <b>ホッフェンハイム</b> サルムロール(6部) vs ホルスタイン・キール(2部) ゲルマニア・ハルバーシュタット(4部) vs ウニオン・ベルリン</b> カイザースラウテルン(3部) vs <b>マインツ</b> レディングハウゼン(4部) vs <b>パダーボルン</b> ハレシャー(3部) vs <b>ヴォルフスブルク</b> アトラス・デルメンホルスト(5部) vs <b>ブレーメン</b> ユルディンゲン05(3部) vs <b>ドルトムント</b> ザントハウゼン(2部) vs <b>ボルシアMG</b> ケムニッツァー(3部) vs ハンブルガーSV(2部) ヴァルドルフ・マンハイム(3部) vs <b>フランクフルト</b> アレマニア・アーヘン(4部) vs <b>レバークーゼン</b> ダッセンドルフ(5部) vs ディナモ・ドレスデン(2部) ヴィリンゲン(5部) vs <b>デュッセルドルフ</b> バウナタール(5部) vs ボーフム(2部) エネルギー・コットブス(4部) vs <b>バイエルン</b> カールスルーアーSV(2部) vs ハノーファー96(2部) デュイスブルク(3部) vs グロイター・フュルト(2部) オーバーノイランド(5部) vs ダルムシュタット(2部) ヴェーエン・ヴィースバーデン(2部) vs <b>ケルン</b> ハンザ・ロストック(3部) vs シュトゥットガルト(2部) ザールブリュッケン(4部) vs レーゲンスブルク(2部) ドロホターゼン/アッセル(4部) vs <b>シャルケ</b> ヴィクトリア1899(4部) vs ビーレフェルト(2部) インゴルシュタット(3部) vs ニュルンベルク(2部) フェール(4部) vs <b>アウグスブルク</b> リューベック(4部) vs ザンクトパウリ(2部) アイヒシュテット(4部) vs <b>ヘルタ・ベルリン</b> ヴァッカー・ノルトハウゼン(4部) vs エアツゲビルゲ・アウエ(2部) オスナブリュック(2部) vs <b>ライプツィヒ</b> マグデブルク(3部) vs <b>フライブルク</b> SSVウルム1846(4部) vs ハイデンハイム(2部) 2019.06.16 03:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがフンメルス獲得に正式オファー

ドルトムントが、バイエルンのドイツ代表DFマッツ・フンメルス(30)の復帰を計画しているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 記事によると、ドルトムントはすでにバイエルンへ正式オファーを伝えている模様。以前にバイエルンのニコ・コバチ監督が同選手の売却の雰囲気を醸したことから、実現する可能性は高いと見られている。 移籍金に関してはおよそ1500万から2000万ユーロ(約18億3000万円から24億4000万円)と見積もられている。加えて、フランス代表DFリュカ・エルナンデスの加入によって、来季はベンチに追いやられることがほぼ確実となっているフンメルスも移籍を望んでいる様で、そのためなら減俸もやぶさかではないようだ。 また、『スカイ・スポーツ』も同様の情報を掴んでおり、交渉はかなり進んでいると予想されている。 フンメルスは2016年夏にドルトムントからバイエルンに移籍。いわゆる禁断の移籍と言われ、当時ドルトムントサポーターからは批判が相次いだ。もし、フンメルスが復帰した場合、サポーターは許容することができるのだろうか。 2019.06.15 17:20 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース