【2018-19プレミアリーグベストイレブン】シティ&リバプールが大半占める2019.05.27 21:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2018-19シーズンのプレミアリーグが終了しました。そこで本稿では今季のプレミアリーグベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。◆プレミアリーグベストイレブン
GK:エデルソン
DF:アーノルド、ファン・ダイク、ラポルテ、ロバートソン
MF:ベルナルド・シウバ、フェルナンジーニョ、アザール
FW:スターリング、アグエロ、マネ


GK エデルソン(25歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:38(先発38)/出場時間:3420分
失点数:23
Getty Images

熾烈な優勝争いを演じたマンチェスター・シティとリバプールにおいて、エデルソンとアリソン・ベッカーという2人のブラジル代表GKは重要な存在だった。互いに23失点と22失点という見事な記録を残したが、ゲームの組み立てや、2年目を迎えてより安定したパフォーマンスを披露したエデルソンを選出。

DF トレント・アレクサンダー=アーノルド(20歳/リバプール)
出場試合数:29(先発28)/出場時間:2467分
得点数:0
Getty Images

今季の右サイドバックでアーノルドの右に出るものはいないだろう。昨年からイングランド代表の常連にも名を連ねた弱冠20歳の若者は、すでに完成された右足のキック精度を武器にリバプールの攻撃をサポート。DFとしては最多の12アシストを記録した。

DF ヴィルヒル・ファン・ダイク(27歳/リバプール)
出場試合数:38(先発38)/出場時間:3385分
得点数:4
Getty Images

今季はプレミアリーグを飛び越えて世界の最優秀DFと言っても過言ではない。フィジカル、スピード、読みのどれをとっても超一流のファン・ダイクはリーグ戦全試合に出場するなど一貫した活躍を披露。リーグ最少失点に加え、わずか1敗という驚異の成績を収めたリバプールの絶対的な守備リーダーとして光輝いた。

DF アイメリク・ラポルテ(24歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:35(先発34)/出場時間:3057分
得点数:3
Getty Images

グアルディオラ監督の下で守備が改善され、もともと定評のあった足元の技術も合わさりペップ・シティにおいて欠かせない選手となった。前半戦からの好調を最後まで継続し、入れ替わりの多かった右CBのどの相方とも良好なコンビネーションを見せた。

DF アンドリュー・ロバートソン(25歳/リバプール)
出場試合数:36(先発36)/出場時間:3219分
得点数:0
Getty Images

右のアーノルドとともに、今季のリバプールの躍進を支えたのがこの男だ。チーム内ではアーノルドに次ぐ11アシストで攻撃力の底上げに貢献したロバートソン。攻撃力もさることながら豊富な運動量で本業の守備でも穴は見受けられなかった。

MF フェルナンジーニョ(34歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:29(先発27)/出場時間:2381分
得点数:1
Getty Images

昨季から続いた安定した攻守はフェルナンジーニョの存在があってこそ。ペップの下で磨かれた戦術眼と冷静さを武器に、シチズンズの連覇に貢献した。アンカーのポジションではリバプールのMFジョルジニオ・ワイナルドゥムや同MFファビーニョが徐々に調子を上げ、前半戦ではトッテナムMFムサ・シソコが負傷者が続出したチームに置いて傑出した活躍を見せたが、シーズンを通して安定していたフェルナンジーニョを今回は選出。

MF ベルナルド・シウバ(24歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:36(先発31)/出場時間:2853分
得点数:7
Getty Images

シティの最優秀選手に選ばれたベルナルド・シウバがベストイレブン入り。個の力に頼りがちだった昨季とは打って変わって、そこに周りとの連係も絡めた攻撃は幾度ものゴールチャンスをシティにもたらした。最終的に7ゴール8アシストで昨季の成績を凌駕。先発した回数も昨季の15回から31回に大幅に増え、いかにペップの信頼が厚いシーズンだったかを物語る。

MF エデン・アザール(28歳/チェルシー)
出場試合数:37(先発32)/出場時間:2926分
得点数:16
Getty Images

シティとリバプール以外から唯一の選出となったのは、チェルシーで一人気を吐いたアザールだ。MFジョルジーニョの加入でパスで崩すチェルシーが見られるかに思いきや、結局攻撃は例年通りアザール頼みだった。だが、そのアザールが1年間絶好調だったおかげで、チェルシーは3位フィニッシュ。チームは不甲斐なかったが、16ゴール15アシストという個人成績は評価に値する。

FW ラヒーム・スターリング(24歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:34(先発31)/出場時間:2777分
得点数:17
Getty Images

攻撃陣でまず選ばなければならないのはこの男だろう。24歳ながらすでに完成の域に達しているスターリングは、ペップによって課題とされた戦術眼と決定力を克服。常に危険な位置でボールを受け、ひとたびボールを持てば高確率でチャンスに繋げていた。今季は17ゴール12アシスト。18ゴール15アシストを記録した昨季と比べても遜色ない数字だ。なお、スターリングは英記者選出のプレミア年間MVPに選ばれている。

FW セルヒオ・アグエロ(30歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:33(先発31)/出場時間:2480分
得点数:21
Getty Images

並外れたストライカーが数多いるプレミアリーグで今季のベストはアグエロだった。アーセナルFWピエール=エメリク・オーバメヤンはチャンスメイクで劣り、トッテナムFWハリー・ケインはケガでの離脱が響いた。リバプールFWロベルト・フィルミノは得点力ではアグエロに及ばなかった。30歳でプレミア8年目を迎えたシティのエースは、経験値でも一歩先を行っており、トップ6との試合でもゴールやアシストを記録。さらにアーセナルとチェルシー戦ではハットトリックを達成するなど、エースたる所以が証明される試合だった。

FW サディオ・マネ(27歳/リバプール)
出場試合数:36(先発35)/出場時間:3086分
得点数:22
Getty Images

ベストイレブン最後のピースは得点王にも輝いたマネだ。過去2シーズンで自信を付けたセネガル代表のキャプテンは、シュート精度、スピード、そして嗅覚を身に付け、リバプールの攻撃を牽引。日に日に精度を増していく最強トリデンテの抜群のコンビネーションも合わさり、キャリアトップのシーズン22ゴールという数字を叩き出した。
コメント
関連ニュース
thumb

シティ、昨夏放出のアンヘリーノを買い戻し?

マンチェスター・シティが、PSVのスペイン人DFアンヘリーノ(22)に注目しているという。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 今季のPSVでリーグ戦全34試合にフル出場した左サイドバックのアンヘリーノは、昨年の夏までシティの下部組織で育った逸材。世界レベルのプレイヤーが集まるトップチームでは出場の機会が限られると判断し、PSVへ移った。 豊富な運動量とスピード、そして左足から繰り出される精度の高いクロスを武器に、リーグ戦で1ゴール10アシストを記録。これが再びシチズンズの目にとまったようだ。 同選手には昨年夏にパリ・サンジェルマンが獲得に動いたとされているが、2500万ユーロ(約30億円)の申し出を断られた模様。 だがシティは、契約により1200万ユーロ(約14億6000万円)の移籍金で買い戻す権利を持っており、その金額を支払う準備もできているとのこと。ちなみに、売却した際に受け取った移籍金は550万ユーロ(約6億7000万円)だった。 シティでは3試合しか出場経験のなかったアンヘリーノ。今夏古巣復帰となるのだろうか。 2019.06.17 21:45 Mon
twitterfacebook
thumb

シティがベテランGKリエスゴ獲得へ! フリーで第3GKに?

マンチェスター・シティがエイバルのスペイン人GKアシエル・リエスゴ(35)の獲得に動いているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 今シーズン、イングランド史上初となる国内3冠を達成したシティ。各ポジションに一線級のタレントを揃える同クラブだが、今シーズンに関してはGKの選手層の薄さを露呈した。 現在、シティではブラジル代表GKエデルソンが絶対的な守護神に君臨し、第2GKには元チリ代表GKクラウディオ・ブラーボ、第3GKに若手のコソボ代表GKアリジャネ・ムリッチという3人体制を組んでいる。 だが、今シーズンはブラーボがアキレス腱断裂の重傷を負い、長期離脱を強いられたことで、トップチームのGK2人体制を強いられた。幸い、エデルソンが健在だったこともあり大きな問題とはならなかったものの、今夏の補強ポイントとなっている。 『サン』が伝えるところによれば、そのシティの補強候補に挙がっているのが、今シーズン限りでエイバルとの契約が満了となるリエスゴだという。 レアル・ソシエダでプロデビューを飾って以降、オサスナやエイバルを渡り歩いてきたリエスゴは、正GKとしての経験は少ないものの経験豊富なベテランGKだ。 現在、シティでGKコーチを務めるシャビエル氏はソシエダ時代に指導を受けた旧知の仲であり、シティはそのラインを使ってリエスゴに第3GKとしてのオファーを掲示しているようだ。 また、シティは若手のムリッチに出場機会を与えたい考えを持っており、リエスゴ加入の暁にはムリッチをノッティンガム・フォレストにレンタル移籍させるプランを持っているようだ。 2019.06.17 02:25 Mon
twitterfacebook
thumb

シティ優勝後にボルトがスターリングに電話… 何を話したのか

今季のプレミアリーグでマンチェスター・シティが優勝を決めた後、ウサイン・ボルト氏がシティFWラヒーム・スターリングに電話をしていたことが分かった。イギリス『ミラー』が伝えている。 今シーズンのプレミアはシティとリバプールが稀に見るデッドヒートを見せ、最終的に勝ち点1上回ったシティが2連覇を達成した。マンチェスター・ユナイテッドの熱烈なファンで知られるボルト氏が、愛するクラブが低迷する中で応援していたのは同じ町のシティだった。 シティの優勝が決まった後、ボルト氏はスターリングに電話。『いいかよく聞けよ。これが最初で最後だからな。僕がシティを応援するのは』と話したという。また、「とても嬉しくてスターリングに電話したんだ。あの時はかなり興奮していたね」とも語る。 一方でシーズンを通して低空飛行を続けたユナイテッドに関してボルト氏はこのようにコメントしている。 「彼らには才能があるし活力もある。うまくいけば新しい選手を何人か連れてこられるね」 「誰が来るかはわからないけど、僕らには新しい指揮官がついている。ここに来る選手がそれぞれ自信を持っているか、それが問題だね」 2019.06.15 16:39 Sat
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグの新シーズン日程が発表! 開幕からユナイテッドとチェルシーが激突!

プレミアリーグは13日、2019-20シーズンの日程を発表した。 史上稀にみるデッドヒートを繰り広げた昨シーズンのプレミアリーグ。王者マンチェスター・シティが烈火の如き強さを見せた中、リバプールが最後の最後まで食らいつき、プレミアリーグ創設以降クラブ最多の勝ち点97を獲得したが、シティの連覇を止めることはできなかった。 そんなリバプールの猛追を振り切って優勝したシティは、昨季はイングランド史上初の国内三冠を達成。そんな完全王者の開幕節はウェストハムとのアウェイゲームに決まった。 プレミア優勝は逃してしまったものの、チャンピオンズリーグ(CL)制覇で特別な1年となったリバプールは、昇格組のノリッジと開幕戦を戦う。舞台はアンフィールドだ。 そんな2チームの試合より注目すべき試合は、マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシーだ。昨季はシーズン途中の監督交代も不調から抜け出せなかったユナイテッド。今のところ目立った補強は若手のダニエル・ジェームズの身となっているが、2年目のオーレ・グンナー・スールシャール監督はどんなチームに仕上げてくるのだろうか。 そのユナイテッドよりも深刻なのがチェルシーだ。昨季は何とか3位に入りCL出場権を獲得できたものの、来季に向けて不安だらけ。補強禁止処分に監督交代と連日ネガティブな噂が絶えないが、開幕まで残り2カ月を切った中、どのような計画を用意しているのだろうか。 その他、昇格組のシェフィールド・ユナイテッドはアウェイでボーンマスと対戦。アストン・ビラはこちらもアウェイでトッテナムと対戦する。また、吉田麻也擁するサウサンプトンはアウェイでバーンリーと、武藤義紀のニューカッスルはアーセナルをホームに迎え撃つ。 なお、今シーズンからプレミアリーグでもVARが導入予定となっている。2019-20シーズンのプレミアリーグ開幕からの3節および最終節の対戦カードは以下のとおり。 ◆2019-20シーズン プレミアリーグ(※は昇格チーム) 【開幕節】 《2019年8月9日》 リバプール vs ノリッジ※ 《2019年8月10日》 ウェストハム vs マンチェスター・シティ ボーンマス vs シェフィールド・ユナイテッド※ バーンリー vs サウサンプトン クリスタル・パレス vs エバートン レスター・シティ vs ウォルバーハンプトン ワトフォード vs ブライトン トッテナム vs アストン・ビラ※ 《2019年8月11日》 ニューカッスル vs アーセナル マンチェスター・ユナイテッド vs チェルシー 【第2節】 《2019年8月17日》 アーセナル vs バーンリー アストン・ビラ vs ボーンマス ブライトン vs ウェストハム チェルシー vs レスター・シティ エバートン vs ワトフォード マンチェスター・シティ vs トッテナム ノリッジ vs ニューカッスル シェフィールド・ユナイテッド vs クリスタル・パレス サウサンプトン vs リバプール ウォルバーハンプトン vs マンチェスター・ユナイテッド 【第3節】 《2019年8月24日》 ボーンマス vs マンチェスター・シティ アストン・ビラ vs エバートン ブライトン vs サウサンプトン リバプール vs アーセナル マンチェスター・ユナイテッド vs クリスタル・パレス ノリッジ vs チェルシー シェフィールド・ユナイテッド vs レスター・シティ トッテナム vs ニューカッスル ワトフォード vs ウェストハム ウォルバーハンプトン vs バーンリー 【最終節】 《2020年5月17日》 アーセナル vs ワトフォード バーンリー vs ブライトン チェルシー vs ウォルバーハンプトン クリスタル・パレス vs トッテナム エバートン vs ボーンマス レスター・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド マンチェスター・シティ vs ノリッジ ニューカッスル vs リバプール サウサンプトン vs シェフィールド・ユナイテッド ウェストハム vs アストン・ビラ 2019.06.13 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ペップ、来季退任の可能性を否定「長期休暇はとらない。私はまだ若く、欲がある」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督には、長期休暇をとる気などないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がスペイン『マルカ』を引用して伝えている。 2016-17シーズンからシティを指揮するグアルディオラ監督。1年目こそ無冠に終わったが、翌シーズンにプレミアリーグとEFLカップの2冠を達成すると、今シーズンはリバプールとの熾烈な優勝を争いを制したプレミアリーグの他、EFLカップ、FAカップ優勝を成し遂げ、国内3冠を達成した。 グアルディオラ監督とシティの契約は2021年6月まで。そんな中、最近、イギリスメディアが『グアルディオラ監督は、来シーズンにシティがチャンピオンズリーグ優勝の悲願を達成したら、長期休暇をとるために契約を残して退任する可能性がある』と報じた。 しかし、グアルディオラ監督はこの可能性を真っ向から否定している。 「ノーだね。長期休暇はとらない。私はまだ若く、欲がある」 「ニュースが出てきても、多くのことは真実ではない。彼ら(マンチェスター・シティ)が私を追い出さなければ、私は留まるよ」 「みんながチャンピオンズリーグを勝ち取りたいと思う。それが最も美しいものであるからだ。失敗しても、最後まで挑戦することが重要だ」 2019.06.13 08:50 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース