札幌、大阪体育大DF田中駿汰の来季加入内定を発表! トゥーロン国際大会に臨むU-22日本代表にも選出2019.05.26 16:20 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
北海道コンサドーレ札幌は26日、大阪体育大学に所属するU-22日本代表DF田中駿汰(22)の来シーズン加入が内定したことを発表した。田中は、ガンバ大阪U-15から履正社高校を経て、大阪体育大学に進学。2019年には全日本大学選抜にも選ばれ、先日発表されたトゥーロン国際大会に臨むU-22日本代表にも選出された。クラブはプレーの特徴を「複数の守備的なポジションを高いレベルでこなすことができ、高さ、読みの良さ、足元の技術を兼ね備えた選手」と紹介している。

札幌への加入が内定した田中は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「来季から北海道コンサドーレ札幌に加入することになりました、大阪体育大学の田中駿汰です。北海道コンサドーレ札幌という素晴らしいクラブでプロサッカー選手としてのキャリアをスタートできることを大変嬉しく思います。これまで自分に関わってくれた多くの方々への感謝を忘れず北海道コンサドーレ札幌を代表する選手、日本を代表する選手になれるように頑張っていきたいと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

石川、ジェイ、武蔵! 札幌がJ1通算300ゴール達成で4戦無敗…引退発表トーレス不出場の鳥栖は3連敗《J1》

明治安田生命J1リーグ第16節の北海道コンサドーレ札幌vsサガン鳥栖が22日に札幌厚別公園競技場で行われ、3-1で札幌が勝利した。 ここまで7勝3分け5敗で7位につける札幌(勝ち点24)と、4勝1分け10敗で最下位に沈む鳥栖(勝ち点13)の一戦。前節の川崎フロンターレ戦で1-1のドローに持ち込み3試合無敗を継続している札幌は、川崎F戦から先発メンバーを2人変更。福森と早坂に代えて出場停止明けのルーカス・フェルナンデスと白井を起用した。 一方、前節の浦和レッズ戦を1-2で敗れ、監督交代後の3連勝から一転し、連敗で最下位に転落した鳥栖。今節に向けては、その浦和戦から先発メンバーを1人のみ変更。小野に代えてトゥーロン国際大会から帰還した松岡を先発のピッチに送り出した。なお、21日に現役引退を発表したフェルナンド・トーレスはベンチ入りを果たした。 序盤から攻勢に出るのは札幌。3分、チャナティップのサイドチェンジを受けた石川がボックス左外からクロスを送る。ファーサイドの進藤が頭で合わせるも、ここはGK高丘に正面でキャッチされる。 対する鳥栖は8分、ボックス右手前で金崎からパスを受けた安庸佑がボックス右に持ち込んでゴール右上を捉えるシュートを放つが、GKク・ソンユンも負けじと素早い反応でこれを防ぐ。 すると13分、鳥栖にアクシデント。プレーが切れると松岡が腰に手を当てて座り込み、立ち上がることができず。そのまま担架でピッチの外に運び出され、小野をスクランブル投入する事態に見舞われる。 これを契機に札幌が流れを引き寄せ、19分にセットプレーから先制点。右CKを獲得し、キッカーのルーカス・フェルナンデスがファーサイドにクロスを入れる。これが飛び出したGK高丘の頭上を越えると、走り込んでいた石川がすべり込みながら左足を合わせ、ゴールネットを揺らした。 先制点を奪った札幌は31分にも追加点。ルーカス・フェルナンデスの左CKをジェイが中央で競り勝ち、ヘディングでゴールに叩き込んだ。ジェイの今シーズン初ゴールで札幌がスコアを2-0とする。 セットプレーから2点を奪われる苦しい展開の鳥栖は、後方からのロングボールで反撃に出る。32分、ボックス左に放り込んだボールを小野が頭で落とす。この浮き球を趙東建が右足ダイレクトで合わせると、ドライブ回転のかかったボールがゴール右上を襲う。しかし、これをGKク・ソンユンが右手一本で弾くファインセーブでゴールを許さない。 試合を折り返すと2点を追いかける鳥栖は、54分に趙東建からビクトル・イバルボを投入して反撃に出る。55分、原川の左CKから高橋祐治がヘディングシュート。しかし、これはわずかにゴール右外へ。 試合を決定づけたい札幌は64分、深井がボックス左手前からファーサイドに送り、ルーカス・フェルナンデスが落とすと、ボックス右手前に走り込んだ荒野が相手の意表を突くループシュート。しかし、ボールはやや低く、GK高丘にパンチングで防がれる。 終盤に差し掛かるにつれて鳥栖が徐々に相手ボックス内への侵攻回数を増加。すると70分、ボックス右外から安庸佑、原川、小林とつなぎ、クロスを送る。イバルボが触ってゴール前にこぼれたところを金崎が右足を振り抜いてゴール右に突き刺した。 金崎の待望の今シーズン初ゴールで1点差に詰め寄った鳥栖は79分、敵陣中央左からの小野の縦パスをビクトル・イバルボが落とし、金崎がボックス右手前から右足を振り抜く。しかし、これはゴール右外に外れた。 その後、鳥栖は三丸に代えて安在を投入。全ての交代カードを切った。 嫌な時間帯が続いた札幌だが、この状況をエースが打開する。84分、カウンターからチャナティップが左サイドを突破すると、右サイドの広大なスペースへパスを供給。ここに走り込んだ鈴木がカバーに入った相手DFを鋭い切り返しでかわし、ボックス中央やや右の浅い位置から左足を振り抜いてゴール左に流し込んだ。このゴールで札幌がJ1通算300ゴールを達成する。 しかし札幌は、このカウンター時にチャナティップが左太ももの裏を痛めて負傷交代のアクシデントに見舞われる。それでもきっちりと試合を締めて試合終了。札幌が石川、ジェイ、鈴木のゴールでJ1通算300ゴールを達成し、4試合無敗を継続した。一方、鳥栖は金崎に移籍後初ゴールが生まれるも、追いつくことはできず、3連敗を喫した。 2019.06.22 15:59 Sat
twitterfacebook
thumb

「チーム力をすごい感じた」MF岩崎悠人が思う日本が世界に通用する武器とは?《トゥーロン国際大会》

第47回トゥーロン国際大会を終えたU-22日本代表は17日、フランスから帰国した。 U-20イングランド代表、U-23チリ代表、U-19ポルトガル代表が同居したグループAを首位で通過し、準決勝ではU-22メキシコ代表にPK戦の末に勝利して初の決勝進出を果たした日本。初優勝を目指したU-22ブラジル代表との決勝戦では、1-1と激闘を繰り広げ、PK戦の結果4-5で敗れたが、自己最高の準優勝という結果で大会を終えた。 MF岩崎悠人(北海道コンサドーレ札幌)が成田空港に到着直後、メディア陣の取材に応対。日本が世界に通じる部分を明かした。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/zwHRnb3PcEw" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> ◆MF岩崎悠人(北海道コンサドーレ札幌) ──大会を振り返って 「今回初めての選手だったり、久しぶりの代表に参加選手がいる中で決勝まで行けで、日本のチーム力をすごい感じました」 ──肌で感じた世界との差とは 「個々の部分では一対一であったり、フィジカルの所ではメキシコやブラジル相手に対して凄い感じました。しかし、チームとして全然やれなかったことは無かったです。やれている部分もあったのでそういった意味ではよかったと思います」 ──コパ・アメリカで同世代が出場することについて 「チームでも試合に出れていなかったので選ばれなかったことは当たり前かなと思います。普段やっているメンバーなので、どれくらいできるのかということは僕自身興味があります」 2019.06.17 22:38 Mon
twitterfacebook
thumb

川崎F、怒涛の攻撃で追いつくもホームで札幌とドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節の川崎フロンターレvsコンサドーレ札幌が14日に等々力陸上競技場で行われ、1-1のドローに終わった。 川崎F(勝ち点27)は前節終了時点で、ここまで7勝6分け1敗で2位につける。前節の浦和レッズとの対戦では後半開始早々に先制するも終了間際に追いつかれドロー。それでも現在10戦負けなしと2連覇中の実力を徐々に発揮してきている。その川崎Fは、FWを小林に代えて知念を先発起用。売り出し中の若きストライカーに最前線を託した。 一方の札幌(勝ち点23)は、ここまで7勝2分け5敗で7位に位置。前節のサンフレッチェ広島戦では1-0の完封勝利。前々節ガンバ大阪戦(0-0)から2試合連続シャットアウトとここにきて守備が陣に安定感が出てきた。そして今節の川崎F戦では、前節スタメンだった中野が負傷、さらには菅もコパ・アメリカ招集で不在となる苦しい状況の中、前節欠場したチャナティップが復帰、そして約3ヶ月ぶりの先発となるジェイが起用された。 強力なアタッカーを持つ川崎Fと守備の安定感が増してきた札幌の対決となった中、最初の決定機は7分、川崎Fの長谷川が左ハーフウェイ付近からドリブルで持ち込み、中に切り込みながら守田とワンツー。最後は家長がミドルシュートを放った。 12分には守田が右サイドの家長へ20メートル近いスルーパスを供給。その家長が中に折り返し、ボックス内で待ち構えていたレアンドロ・ダミアンが狙いすましてシュートを打つも惜しくもキーパー正面となりキャッチされる。 その後も自陣に引き気味でブロックを作り、前線のジェイ、鈴木、チャナティップでカウンターを狙う札幌に対し、ボールを保持しながら札幌守備陣の綻びを狙う川崎Fという構図が続く。そんな中、川崎Fは25分長谷川がドリブルでペナルティエリア内に持ち込んだとこをを荒野にひっかけられPKを獲得。そしてPKではレアンドロ・ダミアンがキッカーを務め正面に蹴るもGKク・ソンユンの足が残っておりファインセーブ。札幌は守備のミスを守護神に救われた。 絶対的なピンチから一転、札幌は39分に川崎FのPA内でこぼれ球に反応したジェイがジェジエウに倒されPKゲット。これを鈴木が落ち着いて決め札幌が先制に成功する。そのまま前半が終了しアウェイ札幌の1点リードで試合は折り返す事となった。 先制点を許した川崎Fはハーフタイムで早くもレアンドロ・ダミアンに代えて小林を投入。また車屋を左、登里を右と前半とは左右を入れ替える配置変更をし、絶対に勝ち点3を取りたいホームで勝利へ向けて打開を図る。 川崎Fが前半に引き続きボールを支配していく中、57分守田の裏へのロングボールに長谷川が抜け出してシュートを打つもキーパー正面。またその直後にはPA外やや左からのFKの場面で大島のキックに小林がヘッドを放つもまたもGKク・ソンユンのビッグセーブで得点ならず。 早いところ追いつきたい川崎Fは69分に、アタッキングサードでボールを回す中でPA内右に居た家長から中央の小林へ低いクロス。それを小林が落ち着いてゴールへ蹴り込むと、GKク・ソンユンが触るも弾ききれずゴールイン。川崎Fが待望の同点ゴールを挙げた。 その後もホームの川崎Fが怒涛の攻めで札幌ゴールに攻めるも、最後まで勝ち越すゴールを奪うことは出来ずに1-1のドローに終わった。逆に札幌は終始押し込まれる中でGKク・ソンユンの再三のビッグセーブ等で最後まで耐えきり、アウェイで貴重な勝ち点1を手にした。 2019.06.14 21:45 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌、中野嘉大が左ヒラメ筋肉離れ…1日広島戦で負傷

北海道コンサドーレ札幌は14日、MF中野嘉大の戦線離脱を発表した。 中野は1日にホームで行われた明治安田生命J1リーグ第14節のサンフレッチェ広島戦で左ヒラメ筋を肉離れ。ベガルタ仙台から加入した今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ7試合に出場している状況だった。 札幌は現在、J1リーグ7勝2分け5敗の7位。本日14日に行われる今節、2位に位置する川崎フロンターレのホームに乗り込む。 2019.06.14 18:40 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】昨季は川崎Fがダブル! 上位争いを左右する一戦《川崎Fvs札幌》

14日、明治安田生命J1リーグ第15節の川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌が、等々力陸上競技場で行われる。 インターナショナルマッチウィークによる中断が明け、再開を迎えるJ1リーグだが、トゥーロン国際大会に臨んでいるU-22日本代表メンバー、そしてコパ・アメリカに臨む日本代表メンバーを欠いた戦いとなる。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆若き才能を欠く両者</span> 前述の通り、多くのチームが選手を欠いて臨む今節。川崎FはU-22日本代表としてトゥーロン国際大会に臨んでいるMF田中碧、札幌は同じU-22日本代表のFW岩崎悠人、そしてコパ・アメリカに臨んでいるFW菅大輝を欠くこととなる。 田中は第3節で初出場すると、そこからボランチの一角として9試合に出場。ケガ人が続出したチームを支えた。また、菅はウイングバック(WB)として今季リーグ戦全試合に出場。岩崎も5試合で途中出場と、チームにとって欠かせない戦力だ。 チームに影響を与える選手を欠いての一戦。昨シーズンは川崎Fがダブルを達成。札幌にとっては唯一ダブルを許した相手だけに、燃えるはずだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">金曜夜のお楽しみ!<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />2カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div><span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆フィニッシュのクオリティを上げられるか</span>〜川崎フロンターレ〜 中断前の浦和レッズ戦では、終了間際のプレーで森脇良太にゴールを許し、追いつかれてのドロー。首位のFC東京に勝ち点差を広げられることとなった。 悪い流れが引きずる可能性もあったなか、それを断ち切る中断期間に入れたことはプラスだろう。FC東京との勝ち点差は「6」。3位の横浜F・マリノスとは勝ち点で並び、名古屋グランパス、鹿島アントラーズ、大分トリニータとは勝ち点差「3」という状況だけに、負けられない一戦となる。 ここ最近の試合では川崎Fらしいゲームコントロールやチャンスメイクが見られるものの、フィニッシュワークという点では物足りなさを感じる。最後のクオリティという点では、まだまだ伸び代があるだけに、厳しい上位争いから抜き出るためにも、フィニッシュのクオリティ、そしてバリエーションを手にしておきたいところだ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆魅惑の攻撃ユニットが機能するか</span>〜北海道コンサドーレ札幌〜 対する札幌は、川崎Fを勝ち点差「4」で追いかける7位に位置。ここでの勝ち点3が持つ意味は相当に大きい。 昨シーズンは最後に3位の座を明け渡し、悲願のAFCチャンピオンズリーグ出場も夢と儚く消えた。それだけに、このままズルズルと上位争いから離れて行くのは避けたいところだろう。 前述の通り、左WBとして全試合に出場していた菅が日本代表活動のため不在。ここから最低でも2試合は不在となるため、チームとしての総合力が求められることとなる。 そこで期待したいのが、前線の3助っ人だ。負傷の為、キリンチャレンジカップ参加を辞退した鈴木武蔵に代わって、ジェイがトップに、2シャドーにはチャナティップとアンデルソン・ロペスが起用されるはすだ。 ここまで9試合に出場し7ゴールを記録しているアンデルソン・ロペスも復帰戦となり、強力な攻撃ユニットが揃うことに。3人の助っ人が川崎Fの守備陣をいかに崩すかに注目だ。また、古巣対戦となる福森晃斗のFKにも注目だ。 【予想スタメン&フォーメーション】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆川崎フロンターレ</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190614_10_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:車屋紳太郎、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:家長昭博、守田英正、大島僚太、長谷川竜也 FW:知念慶、レアンドロ・ダミアン 監督:鬼木達 U-22代表:田中碧<hr>現時点で組めるベストメンバーを揃えると予想できる川崎F。この試合では、レアンドロ・ダミアンと知念慶が2トップを組むと予想する。中盤も右には復帰3戦目となる家長昭博、左には長谷川竜也が入ると予想。最終ラインには対人守備の強さを見せるジェジエウが、札幌の強力攻撃陣を迎え撃つ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆北海道コンサドーレ札幌</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190614_10_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:ク・ソンユン DF:進藤亮佑、キム・ミンテ、福森晃斗 MF:早坂良太、荒野拓馬、深井一希、白井康介 MF:アンデルソン・ロペス、チャナティップ FW:ジェイ 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 出場停止:ルーカス・フェルナンデス 日本代表:菅大輝 U-22代表:岩崎悠人<hr>左WBの菅大輝がコパ・アメリカに参加するため不在。チームを支えてきた菅の代わりには、白井康介が初先発で入ると予想する。また、鈴木武蔵が万全の状態でないため、ジェイがトップに入ると予想。ケガが癒えたアンデルソン・ロペスも復帰するため、前線の3枚がカギを握る。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">注目の上位対決<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />2カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 【注目選手】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆MF守田英正</span>(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190614_10_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains,LTD.<hr></div>川崎Fの注目選手は、日本代表MF守田英正だ。キリンチャレンジカップではトリニダード・トバゴ代表戦に出場。そつない守備を見せ、しっかりとプレーしてチームへと復帰した。札幌戦では、チャナティップ、アンデルソン・ロペスの強力なシャドーと見ることになるはず。さらに、ボランチの攻撃参加、または縦パスをいかに食い止めるかが勝負を分けるだろう。バイタルエリアの守備をいかに締められるかに注目だ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆FWアンデルソン・ロペス</span>(北海道コンサドーレ札幌)<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190614_10_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️J.LEAGUE<hr></div>札幌の注目選手は、復帰戦となるアンデルソン・ロペスだ。第3節の清水エスパルス戦で見せた4ゴールは記憶に新しいところ。その後も得点を重ねていたものの、ケガの影響で5試合を欠場した。そんなアンデルソン・ロペスの復帰戦と予想されるこの試合。溜まったものをピッチで吐き出す可能性はある。前線との連携で川崎Fの守備陣を無力化できるかに期待だ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆ポイントはボランチが機能するか</span> この試合のポイントは、ボランチが機能できるかどうかだろう。[4-4-2]と[3-4-2-1]という噛み合わせとなるため、攻守にわたってボランチが機能できるかが勝敗を分けるはずだ。 守田と大島、深井と荒野のダブルボランチコンビが、守備をしっかりと行うことだけでなく、攻撃にいかに絡むことができるかだ。川崎Fの場合はサイドとの絡み、札幌の場合は2シャドーとの絡みがポイント。主導権を握るだけでなく、ボランチの効果を生み出せるかがカギとなる。 中断明けのフライデーナイトJリーグ、川崎Fvs札幌は19時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">金Jの川崎Fvs札幌!<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />2カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.06.14 12:00 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース