伊東純也のヘンク監督がクラブ・ブルージュに移籍!

2019.05.25 12:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クラブ・ブルージュは24日、フィリップ・クレメント氏(45)の監督就任を発表した。

クレメント氏は現役時代、ヘンクやクラブ・ブルージュでプレー。2017年からヘンクを率いると、日本代表FW伊東純也が今冬加入した今シーズン、8シーズンぶり4度目のジュピラー・プロ・リーグ優勝に導き、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権ももたらした。

リーグ2位で終戦したクラブ・ブルージュを来シーズンから率いるクレメント氏は「ヘンクファミリー全員に感謝する。タイトル獲得もあり、素晴らしい時間を過ごした。とても近い2つのチーム間で選択するのは簡単じゃなかったが、最終的に戻ることを決めた」とコメントしている。

関連ニュース
thumb

藤枝退団のFW土井智之がアルバニア1部のFKバイリスに完全移籍

藤枝MYFCは31日、FW土井智之(25)がアルバニア1部のFKバイリスに完全移籍することを発表した。 兵庫県出身の土井は、神戸弘陵学園高校から常葉大学へと進学し、2020年にアルビレックス新潟シンガポールへと入団した。 2021年に移籍したホウガン・ユナイテッドFCではシンガポール・プレミアリーグの得点王とMVPの個人タイトルを獲得すると、2022シーズンから藤枝へと加入した。 初のJリーグ挑戦となった土井だったが、夏以降は負傷の影響もあり出場機会が減少。明治安田生命J3リーグで17試合4得点に終わった。 バイリスは、アルバニア1部のカテゴリア・スペリオレに所属。現在7位(10チーム中)につけている。 2023.01.31 19:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがウェストハムDFアシュビーを完全移籍で獲得…将来期待の右SB

ニューカッスルは31日、ウェストハムのU-21スコットランド代表DFハリソン・アシュビー(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は長期とされており、移籍金は非公開。イギリス『スカイ・スポーツ』は300万ポンド(約4億8000万円)としている。 アシュビーはウェストハムの下部組織育ち。正式にウェストハムのファーストチームには昇格していないものの、これまで公式戦7試合でプレー。今シーズンはヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で1試合に出場していた。またプレミアリーグでは開幕から3試合でベンチ入りを果たしていた。 右サイドバックやサイドハーフでプレーし、世代別のスコットランド代表に選ばれている将来期待のサイドバックだ。 アシュビーはクラブを通じてコメントしている。 「これ以上の幸せはない。僕にとっても家族にとっても誇らしい日だ」 「今夜は試合会場に来ていて、ファンに会い、雰囲気を味わいたくてワクワクしている」 「ウェストハムがなかったら、今の僕はない。僕を成長させてくれ今に至るまでにお世話になった全ての指導者に感謝している」 2023.01.31 19:33 Tue
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがPSVから元ドイツ代表DFマックスを買取OP付きのレンタル移籍で獲得、左SBが主戦場

フランクフルトは31日、PSVの元ドイツ代表DFフィリップ・マックス(29)がレンタル移籍で加入することを発表した。 契約期間は今シーズン終了まで。買い取りオプションもついているという。 マックスは、バイエルンやシャルケの下部組織で育つと、カイザースラウテルン、アウグスブルクでプレー。2020年9月にPSVへと完全移籍した。 PSVでは公式戦117試合で8ゴール20アシストを記録。今シーズンはエールディビジで14試合2アシスト、ヨーロッパリーグで5試合に出場していた。 なお、これまでブンデスリーガでは147試合で15ゴール26アシストを記録し経験は十分。左サイドバックとしてプレーするマックスは背番号「32」を着用する。 スポーツ・ディレクター(SD)のマルクス・クレシェ氏はマックスについてコメントしている。 「フィリップ・マックスという経験豊富なディフェンダーを手にしたことで、シーズン後半戦の数々の厳しいゲームに対し、さらに可変性と柔軟性を持たせることができる」 「彼のスキルや人間性は我々のチームに完璧にフィットしており、彼を長期的に留まらせることができるオプションにも満足している」 2023.01.31 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル、U-21伊代表FWエスポージトがアンデルレヒトからレンタル先変更! 後半戦から2部バーリへ

セリエBのバーリは31日、インテルからU-21イタリア代表FWセバスティアーノ・エスポージト(20)のローン加入を発表した。 エスポージトはインテルのアカデミー出身で、2019年3月に16歳の若さにしてヨーロッパリーグ(EL)でプロデビューしたストライカー。2020年9月のSPAL行きから修行が続いており、ヴェネツィア、スイスのバーゼルときて、昨夏からベルギーのアンデルレヒトに活躍の場を移した。 バーゼルで公式戦34試合7得点9アシストとそれなりの結果を残してのベルギー行きだったが、ここまで公式戦21試合に出場して2ゴールと振るわず、アンデルレヒトとは1年のレンタル契約を前倒しで解消に。この後半戦から自国に戻り、バーリでプレーする運びとなった。 2023.01.31 19:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ジョレンテ移籍濃厚のリーズがU-19ポルトガル代表CBモンテイロを獲得! 3年半契約

リーズ・ユナイテッドは31日、スイス・スーパーリーグのセルヴェットFCからU-19ポルトガル代表DFジオゴ・モンテイロ(18)の獲得を発表した。契約期間は3年半となる。 出生地がスイスとあって、セルヴェットのアカデミーからフットボールキャリアを始めたモンテイロはセンターバックがメインポジション。2020年6月にプロ契約を結び、翌年3月に16歳でデビューした。 今季もここまで公式戦6試合の出場のみだが、世代別代表の常連であり、キャプテンも経験。昨年5月のU-17欧州選手権では準決勝進出に貢献。リーズはそうした実績に将来性も見込み、獲得した形だ。 そんなリーズではスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ(29)のローマ行きが濃厚視。ポジション的に後釜とも目されるモンテイロだが、まずはU-21チームに合流する見通しのようだ。 2023.01.31 18:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly