PSG会長に黒い疑惑…世界陸上招致に不正関与か2019.05.24 19:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)の会長を務めるナセル・アル・ケライフィ氏に黒い疑惑だ。イギリス『BBC』が報じた。カタールのテレビ局『BeIn Sports』のトップであるアル・ケライフィ氏は2017年と2019年の世界陸上開催地招致で不正関与の疑いがあり、今年3月からフランス検察の調査対象に。なかでも、招致に動いた2011年にアル・ケライフィ氏が兄弟で共同運営しているカタール・スポーツ・インベストメント(QSI)から当時の国際陸上競技連盟(IAAF)だったラミーヌ・ディアック氏の息子が運営する会社に2度にわたり、計350万ドル(約3億8000万円)が支払われた経緯を捜査しているという。

この件を受け、アル・ケライフィ氏の顧問弁護士は「いかなる類の支払いも一切認識していない」との声明で申し立てに遺憾の意。だが、ラミーヌ・ディアック氏はすでに3月に起訴されており、その息子にも逮捕状が出ている模様だ。

なお、カタールは2017年こそ招致に失敗したものの、今年2019年の開催権利を勝ち取り、9月から10月にかけてドーハで行われる予定だ。
コメント
関連ニュース
thumb

PSG、ミリンコビッチ=サビッチに約90億円オファーか

パリ・サンジェルマン(PSG)がラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(24)に対し、移籍金7500万ユーロ(約91億7000万円)のオファーを準備しているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 同メディアによればPSGのスポーツ・ディレクター(SD)に就任したレオナルド氏と、ミリンコビッチ=サビッチの代理人を務めるマテヤ・ケジュマン氏が良好な関係を築いていることが、この移籍が実現する要因だと主張している。 2015年夏にラツィオに加入したミリンコビッチ=サビッチは2016-17シーズンから主力に定着。2017-18シーズンにはリーグ戦35試合で12ゴール4アシストの成績でブレイクを果たしていた。今季はリーグ戦31試合の出場で5ゴール3アシストとパフォーマンスを落としていたが、昨夏ミランのSDを務めていた際にもミリンコビッチ=サビッチの獲得に乗り出していたレオナルド氏が再アタックをかけるようだ。 2019.06.24 23:07 Mon
twitterfacebook
thumb

引く手あまたのブッフォン…バレンシアとアタランタも挙手か

今シーズン限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団するも引く手あまたの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(41)だが、新たに2クラブが手を挙げる可能性があるようだ。『フットボールエスパーニャ』がポルトガル『A Bola』を引用して伝えている。 今シーズンに加入したPSGで公式戦25試合に出場したイタリアが誇る偉大な守護神ブッフォン。すでにバルセロナやブレシア、ポルト、リーズに加えて古巣のパルマなど複数のクラブが獲得に興味を示している状況だ。 ブッフォン争奪戦に関しては現在、リーズがポールポジションに立っている模様。しかし今回、バレンシアとアタランタも獲得に乗り出す可能性があるという。 ただ、バレンシアに関しては現在、ブラジル代表GKネト(29)とバルセロナに所属するオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(30)とのトレード交渉が進行中であることも噂されており、こちらの状況によっても左右されそうだ。 2019.06.24 18:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴィニシウス、ムバッペ加入を待望「彼の将来はレアル・マドリーにある」

レアル・マドリーに所属するブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)の加入を歓迎している。スペイン『マルカ』がフランス『テレフット』を引用して伝えている。 フットボール界のニュー・スターとして、その存在感を高め続けるムバッペ。リーグ・アンでは29試合33ゴール9アシストを記録し、2018-19シーズンのリーグ・アン年間最優秀選手賞と3年連続の年間最優秀若手選手賞に輝いた。 そのムバッペには長きに渡ってレアル・マドリーが関心。PSGのアル・ケラフィ会長は「彼が来年もPSGにいるかって? 100パーセントではなく、200パーセントと確信している」とコメントしているが、マドリー側は来夏での獲得も視野にスピードスターの確保のチャンスを探り続けている。 マドリーでの将来を期待されるヴィニシウスもムバッペの加入には待ち焦がれている模様。「彼はもうすぐ来ると思う」といずれ同僚になると考えているようだ。 「ムバッペの将来はレアル・マドリーにあるよ」 「彼はもうすぐ来ると思う。レアル・マドリーのファンたちもムバッペの加入を夢見ているよ。マドリーだけでなく、世界中のすべてのファンたちがね」 「彼はたくさんのタイトルを獲得している。僕も彼には敬服するよ。彼がマドリーに来たら、それは本当に素晴らしいよ」 2019.06.24 11:40 Mon
twitterfacebook
thumb

同胞アルトゥール&コウチーニョはネイマールのバルサ復帰を歓迎

バルセロナに所属するブラジル代表のMFアルトゥールとMFフィリペ・コウチーニョが、同クラブへの復帰が噂されているFWネイマール(27)について言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 2017年夏に移籍史上最高額となる2億2200万ユーロ(現在のレートで約271億3000万円)でバルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に加入したネイマール。新天地でも輝きを放ち続け、公式戦通算58試合51得点29アシストの数字を残しているが、今夏の移籍市場ではバルセロナ復帰の可能性が伝えられている。 しかし、バルセロナ寄りで知られるスペイン『ムンド・デポルティボ』のアンケート調査によれば、ネイマールの復帰に否定的。71.2%が反対の意見だったという。それでもコパ・アメリカに参戦中のアルトゥールとコウチーニョは、同胞のバルサ復帰説について問われると、両者ともにクラブでの共演を歓迎した。 ◆アルトゥール 「もちろん、僕はそれを望んでいるよ」 「彼は偉大な選手だ。それは僕だけじゃなくて皆が思っていることだよ。素晴らしい選手が多いほど良いからね」 ◆コウチーニョ 「ネイマールとプレーすることは素晴らしいことだよ。彼はスーパースターさ」 「何が起こるかは分からないけど、彼と共演することについて話していると、幸せな気持ちになるね」 2019.06.24 09:55 Mon
twitterfacebook
thumb

「心配ないよ。そっちに行く」 ネイマールがバルサの選手に今夏復帰伝える?

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)が、バルセロナの元同僚に対して今夏の復帰を伝えたようだ。スペイン『スポルト』が伝えている。 2017年夏に移籍史上最高額2億2200万ユーロ(約271億円)の超ビッグディールでバルセロナからPSGに加入したネイマール。その新天地フランスで王様として扱われ、公式戦通算58試合51得点29アシストを誇るが、2シーズン連続の長期負傷離脱や、女性に対する性的暴行のスキャンダルなど、ピッチ内外のネガティブな話題が先行している。 そのネイマールに関してPSGの会長を務めるナセル・アル・ケライフィ氏は先日、『フランス・フットボール』で具体的な選手名こそ避けたが、「スター気取り」の選手に対して「ドアは開かれている」とコメント。条件次第で放出を容認する構えを見せた。 現時点でバルセロナとPSGの交渉の進捗状況がどこまで進んでいるかは不明なところだが、ネイマール自身はカンプ・ノウ帰還を確信しているようだ。 『スポルト』が伝えるところによれば、ネイマールはスマートフォン向けインスタントメッセンジャーアプリ『WhatsApp』を通じて、「心配ないよ。そっちに行く」と、バルセロナの元チームメートたちに向けて今夏の復帰を伝えたようだ。 ただ、ネイマールのバルセロナ復帰に向けては移籍金の問題に大幅な減俸を受け入れる必要があるなど、多くの障害が残っている。 2019.06.24 03:51 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース