バルサが狙う今季リーガ13発のウルグアイ代表FW、30億円オファーも拒否される2019.05.23 10:20 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏の移籍市場でストライカーの獲得を目指すバルセロナ。しかし、セルタのウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(22)の獲得は簡単にはいかないようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。マキシ・ゴメスは、ウルグアイのデフェンソールから2017年7月にセルタへと加入。今シーズンのリーガエスパニョーラでは35試合に出場し13ゴール5アシストと結果を残していた。バルセロナ戦でも1ゴールを記録している。

『ムンド・デポルティボ』によると、バルセロナはマキシ・ゴメス獲得に2500万ユーロ(約30億7200万円)のオファーを出しているものの、獲得には十分ではないとのこと。マキシ・ゴメスは5000万ユーロ(約61億4400万円)の契約解除条項があり、セルタは4000万ユーロ(約49億1500万円)以下では手放すつもりがないようだ。

セルタは、受け取った移籍金の20%をマキシ・ゴメスの古巣であるデフェンソールに支払うこととなっており、その点を考慮しても値下げは考えないとのことだ。

マキシ・ゴメスにはトッテナムやウェストハムも獲得に興味を見せており、急襲する可能性もあるとのこと。同胞であるFWルイス・スアレスとのウルグアイコンビ形成に期待されているが、バルセロナはどう動くのだろうか。アトレティコ・マドリーからの獲得が濃厚となっているフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンとともに獲得するとなれば、より強力な攻撃陣が築かれることとなる。
コメント
関連ニュース
thumb

バルセロナ退団を望むシレッセンとバレンシア守護神ネトのトレード交渉が進行中か!?

バルセロナに所属するオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(30)とバレンシアに所属するブラジル代表GKネト(29)のトレードに向けた交渉が進行中のようだ。スペインのラジオ局「RAC1」が報じた。 2016年にアヤックスからバルセロナに加入したシレッセンは、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンから正GKの座を奪えず、ここまでの3シーズンでリーグ戦出場はわずかに5試合。公式戦全体でも31試合しか出場していない。 そんな状況からシレッセンには移籍の噂が取り沙汰されてきたが、2021年まで契約を残しているバルセロナは同選手の契約解除金を6000万ユーロ(約73億円)に設定しており、一部メディアが獲得報道を出していたベンフィカとの交渉も停滞していた。 だが今回の報道によると、バルセロナとバレンシアはシレッセンとネトのトレードに向けて17日の午前中に交渉を実施したようだ。 ネトは2017年の7月にユベントスからバレンシアへ加入。バレンシアでは守護神として2シーズンで公式戦80試合に出場。今季もリーガエスパニョーラ34試合に出場し2年連続のチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献。それでもバレンシアは、ネトよりオランダ代表GKを高く評価しており、今夏での獲得を目指しているようだ。 2019.06.18 00:08 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、プレミア最年少出場の神童MFに関心か

バルセロナが、フルアムに所属するU-17イングランド代表MFハーベイ・エリオット(16)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 フルアム下部組織出身で現在16歳のエリオットは5月4日に行われたプレミアリーグ第37節のウォルバーハンプトン戦に88分から出場。16歳30日でのプレミアリーグ史上最年少出場記録を樹立した。 その逸材とフルアムの現行契約は今夏まで。クラブは新契約を拒否された模様であり、今夏にフリーで退団する可能性が高いと見られている。 しかし、エリオットを狙っているのはバルセロナだけではないようだ。若手育成に定評のあるライプツィヒも関心を寄せているようで、今夏の去就が注目されている。 2019.06.17 15:14 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、8月のジョアン・ガンペール杯でアーセナルと対戦!

今年8月に行われるバルセロナ主催のジョアン・ガンペール杯の対戦相手がアーセナルに決定したようだ。。現時点でクラブ側から公式なアナウンスはないが、スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 毎年プレシーズンの時期に行われるバルセロナ主催のフレンドリーマッチであるジョアン・ガンペール杯。54回目となる今大会は、8月4日にカンプ・ノウでアーセナルと対戦することになった。 今年4月にアーセナルへの出場要請が報じられた際には、両クラブがチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)で勝ち進んでおり、8月14日にトルコのイスタンブールで行われるUEFAスーパーカップ2019で対戦する可能性があった。しかし、いずれも敗退に終わったことで、最終的に両クラブ間で合意に至ったようだ。 なお、昨夏行われた同大会ではバルセロナがボカ・ジュニアーズに3-0で勝利している。 2019.06.16 23:28 Sun
twitterfacebook
thumb

左SB強化睨むバルサ、ラファエル・ゲレイロにシフトか

ドルトムントに所属するポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロ(25)に対して、バルセロナの関心が浮上した。スペイン『マルカ』が報じた。 ラファエル・ゲレイロは2016年からドルトムントでプレー。複数エリアでプレー可能なユーティリティ性を兼備する攻撃的な左サイドバックで、今シーズンも公式戦32試合6得点6アシストをマークが、来シーズン限りでドルトムントとの契約が失効する。そのラファエル・ゲレイロがバルセロナのターゲットに入っているという。 今夏の移籍市場でスペイン代表DFジョルディ・アルバのバックアッパーを探すバルセロナは、今シーズン限りでアトレティコ・マドリーとの契約が満了するブラジル代表DFフィリペ・ルイス(33)を注視。最も獲得の公算が高いターゲットだが、万能性も併せ持つラファエル・ゲレイロにより心が惹かれつつある模様だ。 2019.06.16 09:25 Sun
twitterfacebook
thumb

バルベルデ「良いオファーがあれば」ラキティッチ放出を認める

バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(31)の今シーズン限りでの放出を容認したとスペイン『SERカタルーニャ』が報じた。 2014年の到着から、バルセロナではラ・リーガ4回、コパ・デル・レイ4回、チャンピオンズリーグ、クラブ・ワールドカップをそれぞれ1回ずつ制覇してきたラキティッチ。そんなラキティッチも3月に31歳を迎え、今後の身の振り方を考慮し始める時期に差し掛かっている。クラブがアヤックスからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを獲得したこともラキティッチの去就に影響し、今夏の退団が噂されている状況だ。 そんな中、11日にバルベルデ監督はペップ・セグラスポーツマネージャーと話し合いを持った中で、ラキティッチとクラブが納得出来る良いオファーがあれば移籍を認めると話したという。同選手にはこれまで、インテルやマンチェスター・ユナイテッドが関心を持っていることが伝えられている。 また併せて、一時移籍が確実視されていたアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)については「獲得の可能性は低くなった」と同紙は伝えている。 2019.06.14 16:30 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース