セルタが残留に導いたエスクリバ監督と2021年まで契約延長2019.05.23 04:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルタは22日、フラン・エスクリバ監督(54)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。エルチェやヘタフェ、ビジャレアルなどで実績を残していたエスクリバ監督は、成績不振を理由に解任されたミゲル・カルドソ前監督の後を受けて、3月にセルタの指揮官に就任。

残留ラインぎりぎりの17位と低迷していたチームを率い、4勝4分け4敗の成績を残し、17位で残留に漕ぎ着けていた。
コメント
関連ニュース
thumb

インテルも参戦? 今季13発のウルグアイ代表FW獲得レースに名乗り

スペイン国内からの関心が高まるセルタのウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(22)の獲得レースに、インテルも参戦するようだ。スペイン『アス』が報じた。 マキシ・ゴメスは、2017年7月に母国のデフェンソールからセルタへ完全移籍で加入。加入1年目はリーガエスパニョーラで36試合に出場し18ゴール5アシスト、2018-19シーズンはリーガエスパニョーラで35試合に出場し13ゴール5アシストを記録。この活躍により、多くのクラブから関心を寄せられることとなった。 セルタは、マキシ・ゴメスの契約解除金として5000万ユーロ(約61億1000万円)を設定している状況。獲得を目指すバレンシアは、FWサンティ・ミナ+2500万ユーロ(約30億5500万円)で交渉を進めようとしているようだ。 そんな中、インテルが獲得に興味。アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディを放出することで得られる資金をマキシ・ゴメス獲得にあてるつもりのようだ。 マキシ・ゴメスはわずか400万ユーロ(約4億9000万円)でフェンソールから加入しており、セルタにとっては売却するタイミングを逃したくないところ。バレンシアやインテル以外にも、バルセロナ、トッテナム、リバプール、ウェストハムらが興味を示している。 2019.06.07 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

セルタ下部組織出身のDFコスタスが2022年まで契約延長

セルタは28日、スペイン人DFダビド・コスタス(24)との契約を2022年まで延長したことを発表した。 コスタスは、セルタの下部組織で育ち、2013年7月にトップチームへ昇格。その後は、マジョルカ、レアル・オビエド、バルセロナBへのレンタル移籍を経験。今シーズンからセルタに復帰していた。 今シーズンはリーガエスパニョーラで15試合に出場。コパ・デル・レイでも1試合に出場していた。下部組織出身で世代別のスペイン代表も経験しており、セルタは下部組織出身者の成功例として契約延長を喜んでいる。 2019.05.29 10:20 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサが狙う今季リーガ13発のウルグアイ代表FW、30億円オファーも拒否される

今夏の移籍市場でストライカーの獲得を目指すバルセロナ。しかし、セルタのウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(22)の獲得は簡単にはいかないようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 マキシ・ゴメスは、ウルグアイのデフェンソールから2017年7月にセルタへと加入。今シーズンのリーガエスパニョーラでは35試合に出場し13ゴール5アシストと結果を残していた。バルセロナ戦でも1ゴールを記録している。 『ムンド・デポルティボ』によると、バルセロナはマキシ・ゴメス獲得に2500万ユーロ(約30億7200万円)のオファーを出しているものの、獲得には十分ではないとのこと。マキシ・ゴメスは5000万ユーロ(約61億4400万円)の契約解除条項があり、セルタは4000万ユーロ(約49億1500万円)以下では手放すつもりがないようだ。 セルタは、受け取った移籍金の20%をマキシ・ゴメスの古巣であるデフェンソールに支払うこととなっており、その点を考慮しても値下げは考えないとのことだ。 マキシ・ゴメスにはトッテナムやウェストハムも獲得に興味を見せており、急襲する可能性もあるとのこと。同胞であるFWルイス・スアレスとのウルグアイコンビ形成に期待されているが、バルセロナはどう動くのだろうか。アトレティコ・マドリーからの獲得が濃厚となっているフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンとともに獲得するとなれば、より強力な攻撃陣が築かれることとなる。 2019.05.23 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

セティエン退任のベティス、ロペテギ招へいに動く?

ベティスがキケ・セティエン監督(60)の後任として、前レアル・マドリー指揮官のフレン・ロペテギ氏(52)の招へいに動いているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 今シーズンのリーグ戦を10位で終えたベティスは、2017年から2年間チームを率いてきたセティエン監督との契約を19日に解消。その後任に関しては20日にアラベスの指揮官を退任したアベラルド・フェルナンデス監督(49)らの名前が挙がっている。 しかし、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏は、ベティスが新指揮官の候補の1人としてロペテギ氏をリストアップしていると主張している。 ロペテギ氏は今シーズンのレアル・マドリーでの失敗の印象が強い一方、ポルトやスペイン代表では確かな実績を残している。 なお、ディ・マルツィオ氏はベティスの監督人事と共に新戦力補強に関しても言及。セルタに所属するスロバキア代表MFスタニスラブ・ロボツカ(24)の獲得に向け、2000万ユーロ(約24億5000万円)+同クラブにレンタル移籍中のアルジェリア代表MFリヤド・ブデブス(29)の譲渡という条件のオファーを掲示したようだ。 2019.05.21 16:37 Tue
twitterfacebook
thumb

残留を目指すセルタ、王者バルサを下し残留へ大きく前進!《リーガエスパニョーラ》

バルセロナは4日、リーガエスパニョーラ第36節でセルタと対戦し、0-2で敗戦した。 すでにリーグ連覇を決めた首位のバルセロナ(勝ち点83)が、リーガ残留を目指す15位セルタ(勝ち点37)のホームに乗り込んだ一戦。 ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのリバプール戦を行ったバルセロナは、その試合から先発メンバー全員を変更。GKにシレッセン、最終ラインは右からムサ・ワゲ、トディボ、ユムティティ、ヴェルメーレン。中盤はアンカーにアルトゥール、インサイドにアレーニャ、リキ・プッチを配置。3トップは右からデンベレ、K・ボアテング、マルコムと並べた。 7日のCL準決勝2ndレグに向けて主力温存で臨んだバルセロナだが、試合開始早々にアクシデント。プレー中に右モモ裏を痛めたデンベレがプレー続行不可能となり、6分にバルサB所属のコリャードが緊急投入を余儀なくされた。 デンベレの負傷交代で嫌な空気が漂い始めるバルセロナは、得意のパスワークで切り崩しにかかるが、崩しの策を欠き、効果的な攻めができない。 攻めあぐねが著しいバルセロナは41分、敵陣でボールを奪ったリキ・プッチがボックス右深くまで切り込みマイナスの折り返しを供給。オーバーラップしたムサ・ワゲがボックス右からシュートを放ったが、これはGKブランコの好守に阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半は、先にチャンスを作ったのはホームのセルタ。50分、ブファルの左CKを走り込んだカブラルがヘディングシュート。れはGKシレッセンに弾かれたが、ゴール前のアラウホが押し込み、ゴールネットを揺らした。 待望の先制点と思われたセルタだが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、アラウホのポジションがオフサイドと判定され、このゴールは取り消された。 VARに助けられたバルセロナは、62分にアルトゥールを下げてビダルを投入。さらに66分にトディボが右モモ裏を痛めるアクシデントでピッチを離れると、交代選手の準備ができるまで10人での戦いを選択。しかし、これが裏目に出る。 68分、セルタは右サイドでボールを受けたブデブスが早いタイミングでクロスを入れると、ニアに走り込んだマキシ・ゴメスが倒れ込みながら右足のボレーシュートでゴールネットを揺らした。 先制を許したバルセロナは、87分にもワンツーを狙ったマキシ・ゴメスのパスがボックス内のムサ・ワゲの手に当たると、VARの末にPKを献上。このPKをアスパスにゴール右へ決められた。 結局、試合はそのまま0-2で終了。主力温存のバルセロナに勝利したセルタが、リーガ残留に向けて大きく前進した。 2019.05.05 05:42 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース