大岩采配ズバリの王者・鹿島、途中出場伊藤の2ゴールでGS突破決める!《ACL2019》2019.05.22 21:31 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
鹿島アントラーズは22日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループE最終節で山東魯能と対戦し、2-1で勝利した。ここまで2勝2敗1分けで2位に付けている鹿島。引き分け以上でグループステージ突破が決まるこの一戦は、5-0で完勝を収めた松本山雅FC戦からスタメンを2名変更。出場停止の安西と登録外となっているレアンドロに代わって町田と中村がスタメンに起用された。

ホームの声援を受けグループステージ突破を目指す鹿島は11分に失点してしまう。左CKのキ・チャンユのクロスをファーサイドのジウに折り返されると、ゴール前のフェライニに頭で押し込まれ失点。GKクォン・スンテが掻き出したが、ゴールが認められた。

早くも追いかける展開となった鹿島は22分、左CKのチャンスを獲得する。レオ・シルバのアウトスイングのボールをゴール前の町田がヘディングシュートを放つも、枠の上を越えた。

ペースを握り始めた鹿島は30分、右サイドを打開した土居がクロスを供給。ボックス中央手前で中村がワントラップから左足でボレーシュートを放つが、わずかにゴール上に外れてしまった。

その後も鹿島が70パーセント近くボールを保持。42分には土居がゴールネットを揺らしたがオフサイドの判定に。同点に追い付けないまま試合を折り返した。

後半も攻勢を続ける鹿島は59分、ボックス左外から送られた白崎のドンピシャクロスを、ゴール前のセルジーニョが頭で合わせる。しかし、GKハン・ロンゼのビックセーブに遭ってしまう。

攻めあぐねる鹿島は63分に中村に代えて伊藤を投入。すると、この交代策が的中する。68分、レオ・シルバの左CKをニアサイドの山本がフリック。これがゴール前のDFに当たると、最後はゴール前にいた伊藤が倒れ込みながら押し込んで同点とする。

畳みかける鹿島はその2分後、自陣からドリブルで持ち運んだレオ・シルバがボックス左へスルーパス。ボールを受けた伊藤がGKハン・ロンゼと一対一の局面で右足のループシュート。これがゴールネットを揺らし、逆転に成功する。

その後も最後まで主導権を渡さなかった鹿島が2-1で逆転勝利。勝ち点を10に伸ばし、グループステージ2位通過が決定した。これで決勝トーナメント1回戦の相手はサンフレッチェ広島に決まった。

グループEのもう1試合は、邦本のゴールなどで慶南が2-0でジョホール・ダルル・タクジムに勝利している。

◆グループH最終順位※勝ち点/得失点
1.山東魯能 11pt/+2
2.鹿島アントラーズ 10pt/+1
3.慶南FC 8pt/+1
4.ジョホール・ダルル・タクジム 4pt/-4
コメント
関連ニュース
thumb

アジア16強で実現の日本勢対決、ホーム鹿島がまず先勝! セルジーニョの先制ヘッド弾が決勝点《ACL2019》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019決勝トーナメント1回戦1stレグの鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島が18日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、ホームの鹿島が1-0で先勝した。 山東魯能に次ぐ3勝2分け1敗でグループE2位通過の王者鹿島。2-0で勝利した直近のセレッソ大阪戦からスタメン2名変更し、レオ・シルバが復帰した。 元ブラジル代表MFパウリーニョを擁する広州恒大と同居したグループFを5勝1敗の首位で突破の広島。2-0で勝利した直近の湘南ベルマーレ戦からスタメンを1名変更した。 ACLベスト16の舞台で実現した日本勢対決は2分、ハーフウェイライン付近でルーズボールを拾った遠藤のロングパスから鹿島にチャンス。DFラインの背後に抜け出したセルジーニョがバイタルエリア中央からシュートを放っていくが、GK中林に処理された。 対する広島は22分、敵陣左サイド深い位置でボールを受けた佐々木が縦に仕掛けてクロス。ニアサイドのドウグラス・ヴィエイラが左足で合わせたものの、わずかにゴール右に外れてしまう。 そうしたなかで、鹿島は24分、ハーフウェイライン付近でボールを受けた土居が一気にボックス左に侵攻してクロス。ディフレクトしたボールがゴール前に飛ぶと、反応したセルジーニョが頭で押し込み、鹿島が先制する。 1点リードで試合を折り返した鹿島は46分、ボックス右の遠藤からパスを受けたバイタルエリア右の三竿が左足ダイレクト。鋭いシュートがゴールマウスを強襲したが、GK中林のファインセーブに遭い、追加点とはならない。 続く61分にもバイタルエリア中央の遠藤が放った左足シュートでゴールに迫った鹿島だが、ここはGK中林がセーブ。徐々に広島ペースに傾き始めるなかでしたたかに追加点を目指すらしい戦いを見せるが、なかなか相手GKの牙城を崩せない。 すると、広島は71分にドウグラス・ヴィエイラがミドルシュート。74分に川辺を下げてパトリックをピッチに送り出して、攻撃の活性化を図るが、86分に稲垣がこの日2枚目のイエローカードを受け退場となり、数的不利に陥ってしまう。 結局、数的優位のアドバンテージを手にした鹿島がアウェイゴールを許すことなく、ホームで先勝。リターンレグは6月25日にエディオンスタジアム広島で行われる。 2019.06.18 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】ラウンド16で日本勢対決! 連覇へ、初の8強へ先勝するのは《鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島》

18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16の第1戦、鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島が、県立カシマサッカースタジアムで行われる。 ラウンド16で実現した日本勢対決。ディフェンディングチャンピオンである鹿島が、広島をホームに迎える一戦だ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆ホームで先勝を、王者の意地を</span>〜鹿島アントラーズ〜 グループステージでは中国の山東魯能についで2位通過となった鹿島。第3節までは2勝1分けと順調に結果を残していたものの、ケガ人や出場停止などで戦力が整わなかった第4節、第5節で連敗。最終節で山東魯能に勝利し、なんとかグループステージ突破を決めた。 Jリーグでも波がある今シーズンは、ここまで連勝が2回と苦戦。それでも、第15節を終えた時点で勝ち点27を挙げ、現在は3位まで浮上した。 直近のリーグ戦では、セレッソ大阪を相手に2-0で快勝。徐々に調子を上げているだけに、しっかりと勝ちたいところだ。 MF安部裕葵が日本代表としてコパ・アメリカに参戦中で不在となるが、今週末はリーグ戦がなく、ACLに集中できる状態だけに、総力戦で臨める。連覇に向け、まずはホームで先勝したい。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆難しいグループを首位通過も不安</span>〜サンフレッチェ広島〜 対する広島は、グループステージで中国の広州恒大と同居。また、本田圭佑が所属していたメルボルン・ビクトリーとも同居したが、苦戦の予想を覆し5勝1敗で首位通過を果たした。 シーズン序盤はリーグ戦とACLでターンオーバーし、若手主体で臨んだことが騒がれたものの、チームが結果を残すとともに選手も成長を見せて行った。 しかし、リーグ戦では5戦連続無失点という結果を残していた序盤から、4月19日の第8節で敗れると、そこからまさかの5連敗。ACLの結果とは裏腹に、リーグ戦では苦戦が続き、現在は8位に位置している。 直近の湘南ベルマーレ戦では2-0と快勝も、不安材料は残っている。今季ブレイク中のGK大迫敬介、中盤のコンダクターとしてプレーしていたMF松本泰志が日本代表としてコパ・アメリカに参戦中。新たな選手の台頭で、史上初のベスト8進出へ向けアウェイで勝利を目指す。 【予想スタメン&フォーメーション】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆鹿島アントラーズ</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190618_15_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:クォン・スンテ DF:永木亮太、チョン・スンヒョン、犬飼智也、安西幸輝 MF:遠藤康、三竿健斗、レオ・シルバ、白崎凌兵 FW:セルジーニョ、土居聖真 監督:大岩剛 日本代表:安部裕葵 出場停止:なし<hr>Jリーグ勢との対戦ということもあり、いつも通りのメンバーを組むだろう。直近のC大阪戦からは、名古新太郎、レアンドロに代えて、レオ・シルバ、遠藤康を起用すると予想する。今季はまだ広島と対戦していないが、しっかりとホームで結果を残したいところだ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆サンフレッチェ広島</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190618_15_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:中林洋次 DF:荒木隼人、吉野恭平、佐々木翔 MF:清水航平、川辺駿、稲垣祥、柏好文 MF:森島司、渡大生 FW:ドウグラス・ヴィエイラ 監督:城福浩 出場停止:水本裕貴 日本代表:大迫敬介、松本泰志<hr>一方の広島も直近の湘南戦から2名を変更と予想。野上結貴、ハイネルに代えて、最終ラインにはACLで起用されている荒木隼人、右ワイドには清水航平が入ると予想する。守護神の大迫敬介、ゲームメーカの松本泰志を欠く中で、ハードワークとサイド攻撃で鹿島を攻略したい。 【注目選手】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆MF白崎凌兵</span>(鹿島アントラーズ)<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190618_15_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>鹿島の注目選手はMF白崎凌兵だ。今シーズン清水エスパルスから加入すると、ケガの影響もあり出場機会に恵まれなかった中でチームに徐々にフィット。第8節に出場すると、そこから全試合で先発。安西幸輝との左サイドでの連携も抜群で、ゲームにアクセントをつける役割を担っている。右サイドの遠藤康とともに、鹿島の攻撃をけん引できるかに注目だ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆MF森島司</span>(サンフレッチェ広島)<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190618_15_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>広島の注目選手はシャドーに入るMF森島司だ。今シーズンはリーグ戦で5試合の出場に留まっている森島だが、ここ3試合は先発出場。シャドーの位置で攻撃をコントロールし、チームを牽引している。ACLでは4試合に出場している中、リーグ戦に繋げた良い流れをここでも発揮できるかに注目だ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆昨季は広島が2勝、ACLで強さを見せるのは</span> 鹿島が目指す連覇、広島は鬼門のベスト16突破を掲げ、ラウンド16の一戦に挑む。両者ともに勝利を挙げたい一戦は、日本勢との対戦ということもあり、これまでのACLとは別物になるだろう。 昨シーズンのJ1では広島が2勝を記録しており、鹿島としては雪辱を晴らしたいところ。ホームゲームということもあり、現在の良い流れをキープしたいという思いも強く、勝利のために戦うはずだ。 一方のアウェイゲームとなる広島だが、初のベスト8入りに向けてはこちらも勝利を目指して戦う。ACLでは大胆な采配を見せてきた城福監督が、日本勢との対戦でどのような策を講じるのか。リーグ戦にも繋がる対決となるだけに、こちらも勝利を収めたい。 日本勢同士の対決となったラウンド16第1戦、鹿島vs広島は18日の19時にキックオフを迎える。 2019.06.18 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島が巧者ぶりを発揮! C大阪に2発快勝で暫定3位浮上《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節の鹿島アントラーズvsセレッソ大阪が14日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-0で鹿島が勝利した。 5位・鹿島(勝ち点24)は、第10節から今シーズン初の3連勝を飾り上昇気流に乗るかと思われたが、直近2試合は1分け1敗と停滞気味。嫌な雰囲気を断ち切りたいた今節は、1-1で引き分けたガンバ大阪戦からスタメンを2名変更。大卒ルーキーの名古がリーグ戦初スタメンとなった。 一方の9位・C大阪(勝ち点20)は、シーズン序盤こそ苦しんだが、直近5試合で4勝1敗と調子を上げてきている。今シーズン初の3連勝を目指し、1-0で勝利したサガン鳥栖戦と同じメンバーをピッチに送り出した。 先にチャンスを作ったのはC大阪。10分、丸橋の縦パスを受けた清武がボックス左外からクロス。ファーサイドでボールを受けた水沼がワントラップからシュートを放つも、GKクォン・スンテが立ちはだかった。 攻勢を強めるC大阪は20分にも決定機。敵陣右サイド深くから水沼がインスイングのクロスを供給。GKクォン・スンテが弾いたボールを奥埜が拾いすぐさまパス。フリーでボールを受けたブルーノ・メンデスが右足で狙うも、ゴールライン上で永木にクリアされた。 ここまで守勢だった鹿島は28分、レアンドロのスルーパスに反応したセルジーニョがボックス右外からクロスを供給。ニアサイドに走り込んだレアンドロがヘディングシュートを放ったが、GKキム・ジンヒョンに阻まれた。 C大阪はヒヤリとしたものの42分にもチャンスを迎える。敵陣左サイド中央から丸橋がバイタルエリア左にパス。このボールを受けたブルーノ・メンデスがカットインからシュートを放ったが、枠を捉えることはできなかった。 後半に入ると、前半は劣勢だった鹿島が先にスコアを動かす。49分、レアンドロがボックス内で丸橋に倒されてPKのチャンスを獲得。これをセルジーニョがきっちりと決めて先制に成功する。 前半とは打って変わり鹿島が試合のイニシアチブを握る。そうした中で鹿島は72分、ルーズボールを拾った土居がボックス中央手前へパスを送ると白崎が右足を一閃。これがゴール左に突き刺さり、リードを広げた。 苦しい展開となったC大阪は、76分、ブルーノ・メンデスのパスをボックス左で受けた藤田がループシュート。しかし、このチャンスもGKクォン・スンテに掻き出された。 その後は鹿島がボールを保持し、巧みに時計の針を進めて試合終了。2-0で勝利した鹿島が暫定3位に浮上した。一方のC大阪は3試合ぶりの黒星となった。 2019.06.14 21:18 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿島vs広島のJリーグ対決! ACLラウンド16のマッチスケジュール決定!《ACL2019》

日本サッカー協会(JFA)は3日、AFCチャンピオンズリーグ2019ラウンド16、東地区のマッチスケジュールを発表した。 先月終了したグループステージにおいてJリーグ勢で突破を決めたのは、前回大会王者の鹿島アントラーズ、サンフレッチェ広島、浦和レッズの3チーム。 そして、ラウンド16ではグループEを2位通過した鹿島と、グループFを首位通過した広島による日本勢対決が早くも実現。また、グループGを2位通過した浦和は、グループHを首位通過した蔚山現代(韓国)と対戦する。 なお、ラウンド16のレギュレーションでは2位通過のチームがホームで第1戦を戦い、首位通過のチームが第2戦をホームで戦うことになる。 今回発表されたマッチスケジュールは以下の通り。 ★ACLラウンド16・マッチスケジュール(東地区) ◆第1戦 ▽6/18(火) 《19:00》 鹿島 vs 広島 《20:00》 広州恒大(中国) vs 山東魯能(中国) ▽6/19(水) 《19:30》 浦和 vs 蔚山現代(韓国) 《20:00》 上海上港(中国) vs 全北現代(韓国) ◆第2戦 ▽6/25(火) 《19:00》 広島 vs 鹿島 《19:30》 山東魯能(中国) vs 広州恒大(中国) ▽6/26(水) 《19:00》 全北現代(韓国) vs 上海上港(中国) 《20:00》 蔚山現代(韓国) vs 浦和 2019.06.03 20:42 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪と鹿島が好ゲーム展開! 食野の今季J1初先発弾に土居技あり弾でドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第14節が1日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、ガンバ大阪vs鹿島アントラーズは1-1のドローに終わった。 今シーズン初の2戦連続無失点で勝ち点4を積み上げ、調子が上向く16位のG大阪。試金石の一戦となる今節に向けてはファン・ウィジョと菅沼がベンチスタートとなり、今シーズンJ1初先発の食野とキム・ヨングォンを起用した。一方、6位の鹿島は前節、4試合ぶりの敗戦。上位追走のためにも連敗を回避したい今節だが、中盤の要レオ・シルバが負傷欠場となり、永木をピッチに送り出した。 Jリーグを長らくリードしてきた2大タイトルホルダー同士の一戦は、序盤から出足の鋭い守備で鹿島にボールの主導権を与えないG大阪が攻勢。7分、矢島からの縦パスを受けた食野が果敢なドリブルでボックス左深くに持ち込み、ニアサイドを突く左足シュートで鹿島ゴールを脅かすなど、鹿島を攻め立てる展開となる。 攻守に鹿島を上回るG大阪は13分、ボックス右から小野瀬が右足でクロスを上げると、ボックス中央の混戦から相手DFのクリアボールを回収したアデミウソンが後方の食野にバックパス。その食野が迷いなく右足ダイレクトでインパクトしたボールが鋭くゴール右上隅に突き刺ささり、ホームのG大阪がリードする。 食野が指揮官の先発起用にゴールという結果で一発回答したG大阪は、先制後も試合のイニシアチブを掌握。そのなかで、サイドアタックを繰り出しながら幾度か敵陣ゴールマウスに近い位置でセットプレーのチャンスを獲得した鹿島だが、G大阪の守備網を崩し切れず、なかなかチャンスを作りだすことができない。 劣勢の展開からか、フラストレーション漂うプレーが目につく鹿島だが、43分に左サイドで小野瀬を突破した安西が左サイドからボックス左に持ち上がり、土居にパス。ワンタッチで対面の矢島を交わした流れから抑えの効いた低い弾道の右足シュートをゴール左下に決め、鹿島が前半終了間際に追いついてみせる。 わずかなチャンスを生かして試合を振り出しに戻した鹿島は、局面で徐々に優位に立っていき、後半の立ち上がりで優位に立つ。だが、依然として攻守に良い感覚で試合を進めるG大阪も62分、バイタルエリア右でパスを受けた食野が巧みなタッチで相手数人の守備網を掻い潜り、右足シュート。互角の展開が続く。 一進一退の攻防が続くなか、鹿島は65分に中村充孝とA代表入りの安部、続く74分に山本と町田を立て続けに交代。G大阪も76分にアミデウソンとファン・ウィジョ、続く81分に負傷の小野瀬と田中の交代カードを切ると、対する鹿島も最後の交代枠で永木を下げてレアンドロをピッチに送り出して、勝負を仕掛ける。 全体的に運動量の低下が顕著なG大阪を攻め立て続ける鹿島は84分、後半途中から右サイドでプレーする安西が敵陣深くから右足でクロスを上げると、ファーサイドの町田が反応。相手DFの前を陣取り、高い打点のヘディングシュートを放つが、惜しくもクロスバーに嫌われてしまい、勝ち越しとはならない。 その後も猛攻に転じた鹿島だったが、最後の交代カードで高江を下げて今野を起用したG大阪を崩せず、2試合連続の足踏みとなるドロー。勝ち切れなかったG大阪だが、これで2試合連続ドローとなり、3試合負けなしで残留圏内の15位に浮上している。 2019.06.01 21:00 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース