Jリーグ王者川崎F、4発で大勝も…上海上港が勝利で2年連続のGS敗退《ACL2019》2019.05.21 21:23 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
川崎フロンターレは21日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・2019グループH最終節でオーストラリアのシドニーFCと対戦し、4-0で勝利した。負傷者を多く抱えながらも公式戦8試合負けなしと調子を上げてきた川崎Fは、直近の名古屋グランパス戦からスタメンを7名変更。前線ではケガの影響で出場が危ぶまれたレアンドロ・ダミアンが先発に起用された。

決勝トーナメント進出に向けて勝利が絶対条件の3位の川崎F(勝ち点5)は開始早々から畳みかける。9分、敵陣中央左サイドでボールを受けた脇坂が右足を一閃。弧を描いたボールがゴール右に吸い込まれて先制に成功する。

川崎Fは攻撃の手を緩めない。20分、ボックス右に侵攻したマギーニョがマイナスに折り返すとニアサイドの田中がこれをスルー。ゴール前に走り込んだ脇坂が右足でゴール左へ突き刺し、リードを広げた。

まだまだ勢いが止まらない川崎Fは28分、敵陣左サイドの深い位置から車屋がクロスを供給。ニアサイドで反応した山村は足を滑らせてしまうも、こぼれ球に反応した田中が右足でシュート。これがDFに当たってコースが変わり、ゴールネットを揺らした。


大量リードの川崎Fだが後半開始早々にピンチを招く。52分、イバノビッチとのワンツーでボックス内に進攻したグーチャンネジャドにループシュートを放たれると、これがクロスバーに直撃。こぼれ球をイバノビッチに押し込まれそうになったが、クロスバーの上を越えて助かった。

難を逃れた川崎Fは59分、レアンドロ・ダミアンが敵陣中央でボールを奪取し、そのままボールを持ち運ぶ。ボックス中央手前でGKベルと一対一の局面を迎えると右足を豪快に振りき、4点目を決める。

その後も山村が惜しいヘディングシュートを2度放つなどペースを渡すことなく川崎Fが試合を支配。4-0で勝利した。

しかし、同グループのもう一試合で、2位の上海上港(勝ち点6)がオスカルのハットトリックなどで蔚山を5-0で粉砕。この結果、逆転突破とはならず2年連続でのグループステージ敗退となった。


◆グループH最終順位※勝ち点/得失点
1.蔚山現代 11pt/-2
2.上海上港 9pt/+5
3.川崎フロンターレ 8pt/+3
4.シドニーFC 3pt/-6
コメント
関連ニュース
thumb

上海上港がシドニーFCと2戦連続ドロー… 熾烈な2位争いは川崎Fを含む3つ巴の戦いに《ACL2019》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019・グループH第4節の上海上港(中国)vsシドニーFC(オーストラリア)が23日に行われ、2-2の引き分けに終わった。 第3節終了時点で2位に位置する上海上港(勝ち点4)が、4位シドニーFC(勝ち点2)をホームに迎えた一戦。上海上港はフッキやオスカルが揃って出場する中、エウケソンがベンチスタートとなった。一方のシドニーFCは、ル・フォンドレやシーム・デ・ヨング、ニンコビッチらが先発に名を連ねた。 試合はアウェイのシドニーFCが先に動かす。33分、流れるようなパス交換で右サイドを持ち上がったアンソニー・カセレスがゴール前にスルーパスを供給すると、これに反応したオニールが冷静にゴール右隅にシュートを流し込んだ。 先制を許した上海上港は、後半開始からエウケソンを投入。すると47分、フッキの右CKをエウケソンがヘディングで叩き込み、同点に追いつく。後半立ち上がりの同点弾で主導権を握った上海上港は、59にもジャン・ウェイの左クロスからワン・シャンチャオがゴールネットを揺らした。 逆転を許したシドニーFCだが、すかさず反撃に出る。すると62分、23の右クロスの流れ球を逆サイドで味方がワンタッチで繋ぐと、これをボックス左で受けたS・デ・ヨングのクロスからル・フォンドレがヘディングで流し込み、同点。 結局、その後は互いに勝ち越し点を奪えず、2-2で終了。前節と同一カードの一戦は、2戦連続で勝ち点1を分け合う形となった。 上海上港 2-2 シドニーFC 【上海上港】 エウケソン(後2) ワン・シャンチャオ(後14) 【シドニーFC】 オニール(前33) ル・フォンドレ(後18) 2019.04.23 23:15 Tue
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、同点弾演出も…前節首位撃破のメルボルン・V、AT被弾で2位浮上のチャンスを逃す《Aリーグ》

元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは6日、オーストラリア・Aリーグ第24節でシドニーFCと対戦し、1-2で敗れた。本田はフル出場している。 前節、首位・パース・グローリーを撃破し、2位・シドニーFC(勝ち点46)との勝ち点差を「1」に縮めた3位のメルボルン・ビクトリー(勝ち点45)。今節のシドニーFCとの直接対決で、本田はダイヤモンド型[4-4-2]の右サイドハーフで先発した。 試合は開始から早い時間帯にホームのシドニーFCに先制点を与えてしまう。6分、自陣ボックス左への侵攻を許すと、カセレスからパスを受けたオニールにボックス右手前から強烈なミドルシュートをゴール右上に突き刺され、早くも追いかける展開を強いられる。 それでも16分、敵陣中央でボールを持った本田がキープから最終ラインの裏へスルーパス。相手DFの伸ばした足に引っかかったが、バーバルーゼスがブロックし、そのままボックス内に侵攻してGKとの一対一を制した。 その後、両者にゴールは生まれず試合は終盤に。しかし、試合終了間際、シドニーFCに勝ち越しゴールを奪われてしまう。後半アディショナルタイム3分、左サイドを突破され、クロスを入れらる。ここはヴァレリが阻んだが、ボックス中央のこぼれ球に反応したニンコビッチにシュートを打たれると、ブロックを試みたヴァレリに当たってそのままゴール左に吸い込まれた。 試合はそのまま1-2で終了。直接対決に敗れたメルボルン・Vは2位浮上ならず。レギュラーシーズンは残り3試合。明日、行われるセントラルコースト・マリナーズvsパース・グローリーの一戦で、首位のパース・グローリーが勝利した場合、首位の可能性が消滅する。 シドニーFC 2-1 メルボルン・ビクトリー 【シドニーFC】 ブランドン・オニール(前6) ニンコビッチ(後48) 【メルボルン・V】 バーバルーゼス(前16) 2019.04.06 20:15 Sat
twitterfacebook
thumb

鬼木采配的中! 途中出場の齋藤が値千金の決勝弾で2季ぶりACL勝利! 《ACL2019》

川崎フロンターレは13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019・グループH第2節でシドニーFC(オーストラリア)をホームに迎え、1-0で勝利した。 上海上港(中国)との初戦を落とした川崎F(勝ち点0)は直近の明治安田生命J1リーグ第3節の横浜F・マリノス戦(2-2のドロー)からスタメンを3名変更。車屋、馬渡、知念に代えて長谷川、中村、小林を起用した。 試合は12分、長谷川が個人技で敵陣中央左サイドを打開して、バイタルエリア左からクロスを供給。ボックス中央手前のレアンドロ・ダミアンがワントラップから右足でシュートを放つが、ゴール右に外れてしまう。 続く20分には、ハーフウェイライン付近で中村がボールを奪取。こぼれ球に反応した家長が小林へと繋ぐ。小林が前線にパスを通すと、反応したレアンドロ・ダミアンが敵陣中央からドリブルで持ち運び、ボックス手前中央から右足で強烈なシュートを放つ。しかし、GKレッドメインの好セーブに阻まれた。 緻密なパスワークでポゼッションを高めていく川崎Fはその後、ボックス内まで侵攻するが決定的なシュートを打てず。試合を優勢に進めたが、スコアが動くことなく前半を終えた。 後半に入っても試合を優位に進める川崎Fは58分、ボックス左手前から長谷川が仕掛けて、カットインからシュートを放つ。カーブをかけて狙うもGKレッドメインに弾かれた。さらに直後の右CKでは、中村のクロスはクリアされたが、こぼれ球に反応した守田がボックス中央手前から狙う。しかし、ここもGKレッドメインが立ちはだかり、先制点を奪うことが出来ない。 猛攻をかける川崎Fは74分、家長からの縦パスを受けた田中が小林とのワンツーでボックス中央に侵攻。DFを一人かわしてシュートを放つも、GKレッドメインに弾かれる。さらに、こぼれ球に小林が反応したが、大きく枠を外してしまう。 チャンスを作るも決めきることができない川崎は81分、最後の交代枠で長谷川に代えて齋藤を投入する。 すると迎えた直後の83分、ボックス右手前から中村がクロスを供給。相手DFに当たってコースが変わったが、ボックス中央にいた途中出場の齋藤が反応した。右足でシュート撃つと、ボールはゴール右に吸い込まれ、終盤に待望の先制点を奪った。 このゴールが決勝点となり、試合は1-0で終了。鬼木監督の采配に応える齋藤の値千金弾で川崎Fは、ACLで2シーズンぶりに勝利を挙げ、公式戦5試合ぶりの白星を飾った。次節はグループリーグ首位の蔚山現代(韓国)と4月10日にアウェイで対戦する。 2019.03.13 21:33 Wed
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】負の連鎖を止めたいJ王者・川崎F、ACL未勝利を止められるか《川崎フロンターレvsシドニーFC》

13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019の第2節が開催。川崎フロンターレは、ホームにシドニーFC(オーストラリア)を迎える。 <span style="font-weight:700;color:#04b2e4;font-size:1.1em;">◆未勝利敗退の悪夢を払拭へ</span> 2018シーズンは未勝利でグループステージ敗退となった川崎Fは、初戦の上海上港戦を1-0で落とした。アウェイゲームながら、得意のパスワークで試合を支配する時間を作った川崎Fだったが、攻撃面もうまくいかずにこう着状態に。 多くのチャンスを作らせない展開で、引き分けかと思われたが、88分にPKを与えてしまい、1-0で敗戦となった。 リーグ戦では、3試合連続ドロー。前節の横浜F・マリノス戦も終了間際に被弾し追いつかれるなど、良い流れに乗れていない。しっかりとここで勝利を収め、悪夢を払拭したいところだ。 <span style="font-weight:700;color:#04b2e4;font-size:1.1em;">◆初戦は韓国の雄とドロー</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190313_15_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 対戦するシドニーFCは、初戦で蔚山現代と対戦。序盤からペースを握っていったものの、ル・フォンドレやグーチャンネジャドがチャンスを生かせない展開となる。 試合を通してシドニーが攻め込む状況だったものの、相手GKの好守もありゴールレスドロー。勝ち点を分け合う形に終わった。 今シーズンのAリーグでは、ここまで好調を維持して2位をキープ。蔚山現代戦以来、1週間試合がなかったため、コンディションは万全の状態で川崎F戦に臨むことが出来る。今季リーグ戦で14ゴールを挙げているル・フォンドレを中心とした攻撃陣が川崎Fを相手に牙を向くかに注目だ。 <span style="font-weight:700;color:#04b2e4;font-size:1.1em;">◆川崎フロンターレ予想スタメン</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190313_15_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> GK:チョン・ソンリョン DF:マギーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:家長昭博、田中碧、守田英正、長谷川竜也 FW:小林悠、レアンドロ・ダミアン 監督:鬼木達 激戦となった神奈川ダービーから中2日で臨む試合。過密日程が組まれている中で、メンバー交代が起こりそうだ。負傷中の馬渡和彰に代わっては、マギーニョが先発と予想。また、中盤も田中碧が先発すると予想する。また、前線は2トップに変更し、横浜FMはベンチスタートだった小林悠が先発。エンジンがかかってきたレアンドロ・ダミアンとコンビを組むと予想する。 <span style="font-weight:700;color:#04b2e4;font-size:1.1em;">◆注目選手</span> FWレアンドロ・ダミアン(29) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190313_15_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 川崎Fの注目選手はFWレアンドロ・ダミアンだ。チーム加入後、ゼロックス・スーパーカップではゴールを記録したものの、その後のリーグ戦では不発。横浜FM戦で2ゴールを記録し、ついにJ1でも得点を記録した。 上海上港戦はベンチスタートとなり、失点後の数分間だけの出場に終わっており、実質この試合がデビュー戦となるだろう。アジアでの戦いを見据えた補強の1人であり、その期待を結果で返せるか。久々のACLでの勝利に貢献できるかに注目だ。 2019.03.13 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

シドニーvs蔚山現代は両者決め手を欠きゴールレスドロー《ACL2019》

6日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)、グループHのシドニーFC(オーストラリア)vs蔚山現代(韓国)が行われ、0-0のドローに終わった。 川崎フロンターレが入っているグループHの初戦。シドニーFCは、イラン代表FWグーチャンネジャドが先発出場。一方の蔚山現代は、柏レイソルからレンタル移籍のMFキム・ボギョンが先発した。 試合は立ち上がりからシドニーペース。4分、ル・フォンドレがボックス右から右足でシュートもGKオ・スンフンにセーブされる。 蔚山現代は7分、キム・ボギョンのパスを受けたディスケルドがボックス中央からシュートを放つも、枠の左に外れる。 15分にも蔚山現代はチャンス。キム・テファンがクロスを上げると、ネガオがボックス中央でヘディングシュート。しかし、GKレッドメインがセーブする。24分にもネガオがボックス手前からシュートを放つも、これは枠を外れる。 シドニーはル・フォンドレ、グーチャン・ネジャド、ニンコビッチを中心に攻め込むものの、アタッキングサードでの精度を欠いてしまい得点を奪えず。ゴールレスのまま後半に突入する。 後半に入ってもペースを握ったのはシドニーFC。49分にはカセレスがボックス右からシュートを放つも、GKオ・スンフンがセーブ。61分にはブリランテがシュートも、今度は枠を外れる。 67分には、かつて清水エスパルスでもプレーしたアレックスをグーチャンネジャドに代えて投入。するとアレックスは69分にボックス外からシュートを放つも、枠を外れる。 蔚山現代は防戦が続く中、ネガオにボールを集め少ない手数でゴールに迫る。しかし、それでも決定機を生かせず、シュートがなかなか枠に飛ばない。 終盤にかけてはシドニーが猛攻。途中出場のイバノビッチが積極的にゴールを狙うも、ことごとく防がれ得点を奪えず。結局そのまま試合は終了し、0-0のゴールレスドローに終わった。 シドニーFCは、13日に川崎フロンターレと対戦。蔚山現代は上海上港と対戦する。 シドニーFC 0-0 蔚山現代 2019.03.06 19:52 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース