昇格オサスナ、レンヌからレンタル中のFWブランドンの買取OP行使2019.05.21 19:53 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オサスナは20日、スタッド・レンヌからレンタル移籍中のスペイン人FWブランドン・トーマス(24)の買い取りオプションを行使したことを発表した。ゴールへの嗅覚と確かなボールコントロール技術を持つブランドンは、トップからウイング、さらにはトップ下までこなせる万能型のアタッカー。生まれ故郷のマジョルカでプロデビューを飾ると、2017年にレンヌに完全移籍で加入。今季は母国のセグンダA(スペイン2部)で昇格を目指すオサスナにレンタル移籍。

今季ここまではリーグ戦33試合に出場し4ゴールを挙げる活躍をみせ、同クラブの3シーズンぶりのプリメーラ復帰に貢献していた。

なお、オサスナは今回の移籍に際して200万ユーロ(約2億4000万円)をレンヌに支払う。また、2022年6月30日までの契約を結ぶブランドンの契約解除金を2500万ユーロ(約30億円)に設定している。
コメント
関連ニュース
thumb

昇格組オサスナ、今季ウエスカで活躍のMFチミ・アビラを獲得!

オサスナは27日、サン・ロレンソからアルゼンチン人MFチミ・アビラ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年となる。契約解除金は2500万ユーロ(約30億円)に設定されている。 なお、オサスナはチミ・アビラの移籍金として270万ユーロ(約3億3000万円)を支払う。さらに、スポーツ面の条件に応じて最大60万ユーロ(約7300万円)がボーナスとして支払われ、同選手が今後1500万ユーロ(約18億3000万円)以上の金額で他クラブに移籍した際には100万ユーロ(約1億2000万円)をサン・ロレンソに支払う契約となっている。 地元ロサリオのティロ・フェデラルでプロデビューを飾ったチミの愛称で知られるエセキエル・アビラ。2015年にサン・ロレンソに完全移籍すると、直近2シーズンはウエスカにレンタル移籍。 加入初年度となった昨シーズンはセグンダA(スペイン)に所属していたウエスカでリーグ戦35試合に出場し7ゴールを記録し、同クラブの史上初のプリメーラ昇格に貢献。 今シーズンは自身初のプリメーラの舞台で左ウイングを主戦場に持ち味のアジリティを生かしたドリブル突破、両足から繰り出されるパワフルなシュートを武器に34試合で10ゴール2アシストの見事な活躍を披露。チームは19位で2部降格を強いられた中、個人としては評価を高めていた。 2019.06.28 01:05 Fri
twitterfacebook
thumb

レバンテ、オサスナから左SBを獲得! 2部優勝&昇格に貢献!

レバンテは27日、オサスナからスペイン人DFカルロス・クレルク(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年となる。 エスパニョールでプロデビューを飾ったクレルクは、サバデル、ジローナと地元カタルーニャの下部カテゴリーのクラブへのレンタル移籍を経て2016年にオサスナに加入。 左サイドバックの主力として在籍3年間で公式戦98試合に出場。今シーズンはセグンダA(スペイン2部)で40試合に出場し、同クラブのリーグ優勝とプリメーラ昇格に大きく貢献していた。 2019.06.28 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

オサスナ、バルセロナからFWカルドナを4年契約で獲得! 昨季はエイバルで3ゴールをマーク

プリメーラ昇格を決めたオサスナは25日、バルセロナからスペイン人FWマルク・カルドナ(23)を完全移籍で獲得した。なお、契約期間は2023年6月30日までとなり、移籍金は250万ユーロ(約3億円)と発表している。 セグンダB(スペイン4部相当)のアトレティコ・サンルケーニョでプロデビューしたカルドナは、2016年7月にバルセロナBへ移籍。バルセロナBでは公式戦60試合に出場し24ゴール11アシストを記録。 しかし、トップチームではわずか公式戦2試合に出場にとどまると、2018-19シーズンはエイバルへレンタル移籍。エイバルでは今季リーガエスパニョーラ19試合に出場し3ゴール1アシストをマークしていた。 2019.06.26 04:58 Wed
twitterfacebook
thumb

オサスナが3季ぶりのプリメーラ昇格!《セグンダ・ディビシオンA》

スペインのセグンダ・ディビシオンA(スペイン2部)第39節が行われ、首位のオサスナの3節を残してのプリメーラ昇格が決定した。 19日に行われたカディス戦をゴールレスドローで終えた首位のオサスナ(勝ち点78)だが、翌日に行われた3位のアルバセテ(勝ち点68)と、2位のグラナダ(勝ち点74)でアルバセテが0-1で敗れたことで、3節を残してのプリメーラ昇格が決定した。 2016-17シーズンのプリメーラを19位で終えて2部降格を強いられたオサスナは、昨季セグンダでも8位フィニッシュとなり、1年での1部復帰を逃した。それでも、過去にレアル・ソシエダやヌマンシアを率いたハゴバ・アラサテ監督の下で今シーズンに臨むと、シーズン序盤から安定して勝ち点を積み上げて上位争いを牽引。 第39節終了次点で53得点33失点と、数字上は飛び抜けて目立っていないものの、ホームを中心に接戦を競り勝つ勝負強さを武器に見事に昇格を手繰り寄せた。 チーム内では目立った得点源はいなかったものの、31歳のFWフアン・ビジャールが11ゴール、30歳のMFロベルト・トーレスがチームトップの12ゴールを挙げる活躍を見せている。 2019.05.21 13:07 Tue
twitterfacebook
thumb

オサスナがバレンシア期待の若手DFナチョ・ビダルをフリーで獲得

▽オサスナは13日、バレンシアからDFナチョ・ビダル(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。メディカルチェックご正式契約を結ぶ。 ▽N・ビダルは、バレンシアの下部組織出身で、2017年7月にトップチームへと昇格。リーガエスパニョーラでデビューを果たすも、7試合の出場に終わり、1ゴールを記録。コパ・デル・レイで2試合に出場していた。 ▽なお、移籍金はかからず、契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。また、バレンシアがN・ビダルに対する将来の経済的便益の50%を持つこととなる。なお、契約解除条項として3000万ユーロ(約39億4500万円)が設定されている。 2018.07.14 11:30 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース