セビージャ、ディ・フランチェスコを新指揮官に招へいへ! モンチと再タッグ2019.05.21 15:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
前ローマ指揮官のエウゼビオ・ディ・フランチェスコ氏(49)がセビージャの新指揮官就任で合意したようだ。スペイン『Estadio Deportivo』が伝えている。今シーズン、パブロ・マチン監督の下でシーズンをスタートしたセビージャだったが、今年3月に成績不振を理由に同監督を解任。それまで、フットボール・ディレクター(FD)を務めていたホアキン・カパロス氏の下で残りシーズンを戦い、最終的に6位で今季のリーグ戦を終えた。

そして、来季からの新指揮官選びに注目が集まった中、今年3月にセビージャのスポーツ・ディレクター(SD)に復帰したモンチ氏は、ローマ時代の同僚に白羽を立てたようだ。

『Estadio Deportivo』が伝えるところによれば、セビージャとディ・フランチェスコ氏は2021年までの2年契約で合意に至ったようだ。

現役時代にローマなどで活躍したディ・フランチェスコ氏はサッスオーロでの優れた手腕を評価されて2017年6月にローマの新指揮官に就任。加入初年度はリーグ戦3位という成績に加え、チャンピオンズリーグ(CL)では準々決勝でバルセロナ相手に奇跡の逆転劇を見せるなど、1983-84シーズン以来のベスト4進出に導いた。

しかし、今シーズンは主力の放出と世代交代を図る過渡期の中で序盤から低迷し、2019年3月に解任。現在はフリーとなっている。
コメント
関連ニュース
thumb

親善試合で恐怖の反則行為…セビージャDFニャニョンがリバプール若手を蹴り飛ばす

21日に行われたセビージャとリバプールの親善試合で目を疑うようなファウルが見られた。 プレシーズンツアーの一環としてアメリカで行われたこの一戦。チャンピオンズリーグ王者であるリバプールと、ヨーロッパリーグ最多優勝回数を誇るセビージャということで大きな注目を浴びた試合は2-1でセビージャが勝利した。 しかしこの試合、イギリス『デイリー・メール』によると、セビージャの選手のプレーは少し“ダーティー”だったようだ。その中で最も問題視されているのが、セビージャDFジョリス・ニャニョンのリバプールDFヤセル・ラローチに対するファウルだ。 それは76分のこと。ラローチが左サイドからドリブルで中に切り込んだ際、ニャニョンがラローチの右足を狙って明らかに蹴りを入れているのだ。これに対し主審はすぐにレッドカードを提示。親善試合でのレッドカードはあまりに稀な光景だった。 蹴られたラローチは立ち上がることが出来ず担架で運ばれることに。リバプールのユルゲン・クロップ監督はケガをした18歳の若手について「(重傷じゃなくて)ラッキーだったと思う。(診断結果に関して)待つ必要がある。彼はプレーを続けることはできなかったが、ドレッシングルームでは調子は良さそうだったよ」とコメントを残した。 リバプールキャプテンのジェームズ・ミルナーは「ひどいファウルが何度かあった。あの試合は親善試合だったと認識しているが、レッドカードなんてめったにないことだよ。ファウルするならシャツを引っ張るぐらいにしてくれ。若い選手をヒザで蹴らないでくれ」と、この試合でのセビージャの選手の行為を非難した。 試合後、ニャニョンは自身のツイッターを通じてラローチやリバプールに謝罪。「リバプールと選手の家族に公の場で謝りたい。どんな理由があるにせよ、あれは悪質なタックルだった。ピッチ上で合ってはならないことだった」と猛省している模様。 また、セビージャも「セビージャFCの全員が、ヤセル・ラローチの完全かつ迅速な回復を祈っています」と声明を出している。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Red Card for Sevilla player Gnagnon after bad tackle on Larouci <a href="https://twitter.com/hashtag/LFCPreSeason?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LFCPreSeason</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/LFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LFC</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/YNWA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#YNWA</a> <a href="https://t.co/tw0yOAG6K5">pic.twitter.com/tw0yOAG6K5</a></p>&mdash; LFC MEDIA (@LFCMEDIA1) <a href="https://twitter.com/LFCMEDIA1/status/1153089237832687621?ref_src=twsrc%5Etfw">July 21, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2019.07.22 18:55 Mon
twitterfacebook
thumb

止まらぬセビージャ、今度はセルビア代表MFグデリに照準か

セビージャが、広州恒大のセルビア代表MFネマニャ・グデリ(27)に関心を寄せているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 NACの下部組織出身のグデリは2009年のトップチーム昇格後、AZやアヤックスでプレー。2017年1月に天津泰達に移籍し中国に活躍の場を移すと、翌年1月には広州恒大へ移籍。公式戦18試合に出場し3ゴール2アシストを記録した。 昨夏にスポルティング・リスボンにレンタルし、ヨーロッパに戻ったセルビア代表MFは昨シーズンの公式戦43試合に出場。レギュラーとして活躍した。 今夏にすでに10名近くの戦力を獲得しているセビージャ。グデリと同じポジションではガラタサライからブラジル人MFフェルナンドを獲得しているが、モンチSDは守備的MFでの競争力を求めており、グデリにも白羽の矢が立ったという。 そんなグデリと広州恒大の契約は今年12月いっぱいまで。現在の市場価値は『transfermarkt』によると650万ユーロ(約7億8700万円)となっている。 2019.07.22 14:58 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャ、今夏補強10人目! アルメリアからカメルーン人MFを買い戻し

セビージャがアルメリアのカメルーン人MFヤン・ブライス・エテキ(21)の買い戻し条項を行使したと、アルメリア側が公式発表した。 セビージャの下部組織で育ったヤン・ブライスは2018年夏にアルメリアに移籍。中盤に君臨するプレーメーカーで、昨季は公式戦33試合に出場した。 セビージャでのトップチームでの出場はないが、クラブは50万ユーロ(約6000万円)の買い戻し条項を行使。これでセビージャは今夏の補強は10人目となる。 2019.07.18 14:49 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャ、オリベル・トーレスの獲得を発表! 今夏9人目はロペテギの元教え子に

セビージャは15日、スペイン人MFオリベル・トーレス(24)をポルトから獲得したことを発表した。2024年までの5年契約となる。 アトレティコ・マドリー下部組織出身のオリベル・トーレスは、2014-15シーズンにレンタルでポルトに加わると、当時のポルトを指揮したフレン・ロペテギ現セビージャ監督の下で主力として活躍。2015-16シーズンはアトレティコにレンタルバックしたが、2016年夏から再びポルトに貸し出された。その後、2017年2月にポルトへの完全移籍が決定。昨シーズンも公式戦39試合2ゴール7アシストを記録するなど地位を築き、公式戦通算146試合12ゴール21アシストの成績を収めた。 セビージャにとってオリベル・トーレスは今夏9人目の補強となる。これまでにFWルーク・デ・ヨングやDFセルヒオ・レギロンをはじめ、FWルーカス・オカンポス、MFフェルナンドの獲得を成功させており、3月に復任したモンチSD(スポーツ・ディレクター)の手腕が存分に発揮された夏を過ごしている。 なお、スペイン『アス』によると、移籍金1200万ユーロ(約14億6000万円)程度になるとのことだ。 2019.07.15 20:54 Mon
twitterfacebook
thumb

オリベル・トーレス、ロペテギのセビージャ移籍間近に

セビージャが、ポルトに所属するスペイン人MFオリベル・トーレス(24)の獲得が迫っているようだ。スペイン『アス』が報じた。 アトレティコ・マドリー下部組織出身のオリベル・トーレスは、2014-15シーズンにレンタルでポルトに加わると、当時のポルトを指揮したフレン・ロペテギ現セビージャ監督の下で主力として活躍。2015-16シーズンはアトレティコにレンタルバックしたが、2016年夏から再びポルトに貸し出された。2017年2月にポルトへの完全移籍が決定。昨シーズンも公式戦39試合2ゴール7アシストを記録するなど地位を築き、公式戦通算146試合12ゴール21アシストの成績を収めた。 ポルトとセビージャは、そのスペイン人MFに関して、移籍金1200万ユーロ(約14億6000万円)でクラブ間合意。選手は14日の現地到着後、翌15日にメディカルチェックを受ける見込みであり、問題なければ16日からセビージャのプレシーズンに合流する模様だ。 なお、セビージャは、今夏にレアル・マドリーからスペイン人DFをレンタルで獲得するなど、すでに8選手を獲得。オリベル・トーレスの加入が決まれば、9人目の新戦力であり、ロペテギ監督とっても再会となる。 2019.07.14 22:45 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース