バイエルンが7連覇達成! 退団のリベリ&ロッベンも惜別ゴール! 長谷部フル出場のフランクフルトは7位転落もEL出場権獲得《ブンデスリーガ》2019.05.19 00:42 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンは18日、ブンデスリーガ最終節でフランクフルトをホームに迎え、5-1で圧勝し、7連覇を達成した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。前節ライプツィヒ戦をゴールレスドローで終えた首位バイエルン(勝ち点75)は、勝ち点2差の2位ドルトムントとの得失点差が17あることから、引き分けても7連覇が決まる状況の中、リーグ戦5試合勝利なくチャンピンズリーグ(CL)出場圏外の6位に転落したフランクフルト(勝ち点54)と対戦した。

長谷部が3バックの中央に入ったフランクフルトに対し、バイエルンは開始4分にあっさり先制する。レヴァンドフスキのポストプレーからミュラーのスルーパスでボックス中央のスペースに侵入したコマンがダイレクトでゴール右にシュートを流し込んだ。

その後も圧倒するバイエルンは9分にアラバがミドルシュートで追加点に迫るも、GKトラップの好守に阻止される。さらに13分、ボックス内にドリブルで侵入したレヴァンドフスキが決定的なシュートを放ったが、ここもGKトラップのファインセーブに阻まれた。

そして26分にはニャブリがペナルティアーク中央から左足ミドルを叩き込んで追加点が入ったかに思われたが、VARの末にレヴァンドフスキにオフサイドがあったとしてゴールが取り消しとなった。

引き続き圧倒するバイエルンは32分、スルーパスに抜け出たミュラーボックス内からスライディングシュートを浴びせるも、GKトラップに三度好守で阻止され、1点のリードで前半を終えた。

しかし、後半からデ・グズマンに代えてアラーを投入したフランクフルトが50分、同点に追いつく。コスティッチの左CKからファーサイドのヒンテレッガーのシュートはバーを叩くも、ルーズボールをアラーが押し込んだ。

それでも、バイエルンが3分後に突き放す。ミュラーのミドルシュートをGKトラップが弾くと、ルーズボールをアラバが詰めた。

そして58分、ボックス左で仕掛けたレナト・サンチェスがDFをかわしてゴールに蹴り込み、決定的な3点目を奪って勝利を確信したバイエルンは、今季をもってクラブを退団するリベリを投入。

さらにロッベンも投入して祝勝ムードのバイエルンが余裕をもって試合を進めていくと、72分にリベリがゴールを決めた。左サイドでドリブルを仕掛けたリベリがボックス内に侵入してDF2人の間を抜き、飛び出してきたGKをあざ笑うチップキックシュートを流し込んだ。

そして78分にはロッベンも惜別ゴールを決める。レヴァンドフスキの浮き球パスをボックス左に抜け出したアラバが丁寧に落とすとゴール前でフリーのロッベンが押し込んだ。

このまま5-1で圧勝したバイエルンが7連覇を達成。一方、敗れたフランクフルトは7位に転落したが、辛くもヨーロッパリーグ出場権を獲得した。
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルン、レンタルでのベイル獲得に興味! 高額年俸も負担へ

バイエルンが、レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『サン』が報じている。 2013年にトッテナムからマドリーに加入したベイル。今シーズンの公式戦42試合で14ゴール6アシストをマークしたが、負傷癖に加えて、割に合わない高額な年俸を貰っていることがマドリディスタの反感を買ってしまっている。 2022年まで契約を残すベイルはマドリーに残留したいと公言。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の下では構想外となっていることが報じられており、今夏の放出候補として真っ先に名が挙がっている状況だ。 そのベイルを今夏での退団が決まっている元フランス代表MFフランク・リベリ(36)と元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の後釜として、ニコ・コバチ監督がレンタル移籍でチームに加えたいと考えているという。ネックとなっている週給35万ポンド(約4700万円)という高額な年俸もバイエルンが負担する意向のようだ。 2019.06.16 21:33 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、フンメルス移籍でバイエルンと原則合意

ドイツ『ビルト』が、ドルトムントがドイツ代表DFマッツ・フンメルス(30)の移籍に関して、バイエルンと原則合意に達したことを報じている。 『ビルト』によると、移籍金は2000万ユーロ(約24億4000万円)の基本金にインセンティブが加わる内容に。 バイエルンではフランス代表DFリュカ・エルナンデスが加入したことから、フンメルスは移籍を希望した模様。同メディアによれば、減俸もやぶさかではという。 2016年夏に、ユース時代を過ごしたバイエルンに復帰したフンメルスは、公式戦通算118試合に出場し、ブンデスリーガ3連覇や、今季の国内2冠に貢献。2度目のドルトムント移籍が実現すれば、3年ぶりの復帰となる。 2019.06.16 18:46 Sun
twitterfacebook
thumb

36歳リベリ「まだまだビッグクラブでプレーできる!」

今シーズン限りでバイエルンを退団する元フランス代表FWフランク・リベリ(36)が希望する移籍先についてヒントとなるコメントを残している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 在籍12年間でタイトル23個という驚異的な成績を残してバイエルン退団するリベリ。36歳でキャリアの晩年を迎えているが、まだまだ現役への熱意は衰えていない模様。 気になるその去就について、フランス『レキップ』でこんなことを話している。 「まだまだハングリーさ。僕にもまだ与えられるものがあると思っている」 「僕の考えでは、この頭やこの足はまだ高いレベルにある」 「嘘はつきたくない。ビッグクラブでプレーできる。考えてみよう…あと2シーズンはプレーできるはずだ」 リベリにはオーストラリアやカタールに加えて、プレミア昇格のシェフィールド・ユナイテッドも興味を示していると言われているが、どれも俗に言う“ビッグクラブ”ではない。リベリの目指す場所は他にあるということなのだろうか。 2019.06.16 15:19 Sun
twitterfacebook
thumb

8月開幕のDFBポカール1回戦の組み合わせが発表!

DFBポカール1回戦の組み合わせ抽選会が6月15日に行われた。 今回発表された中で最注目のカードとなったのが、2009から6シーズンをドルトムントでプレーした元ドイツ代表Fケビン・グロスクロイツが所属するユルディンゲン05(ブンデス3部)と、そのドルトムントと対戦。 また、前回王者のバイエルンはブンデス4部に所属するエネルギー・コットブスと対戦する。なお、詳しい日時は決定していないもののDFBポカール1回戦は8月に開催される予定だ 。 ◆DFBポカール1回戦 ヴルツブルガー・キッカース(3部) vs <b>ホッフェンハイム</b> サルムロール(6部) vs ホルスタイン・キール(2部) ゲルマニア・ハルバーシュタット(4部) vs ウニオン・ベルリン</b> カイザースラウテルン(3部) vs <b>マインツ</b> レディングハウゼン(4部) vs <b>パダーボルン</b> ハレシャー(3部) vs <b>ヴォルフスブルク</b> アトラス・デルメンホルスト(5部) vs <b>ブレーメン</b> ユルディンゲン05(3部) vs <b>ドルトムント</b> ザントハウゼン(2部) vs <b>ボルシアMG</b> ケムニッツァー(3部) vs ハンブルガーSV(2部) ヴァルドルフ・マンハイム(3部) vs <b>フランクフルト</b> アレマニア・アーヘン(4部) vs <b>レバークーゼン</b> ダッセンドルフ(5部) vs ディナモ・ドレスデン(2部) ヴィリンゲン(5部) vs <b>デュッセルドルフ</b> バウナタール(5部) vs ボーフム(2部) エネルギー・コットブス(4部) vs <b>バイエルン</b> カールスルーアーSV(2部) vs ハノーファー96(2部) デュイスブルク(3部) vs グロイター・フュルト(2部) オーバーノイランド(5部) vs ダルムシュタット(2部) ヴェーエン・ヴィースバーデン(2部) vs <b>ケルン</b> ハンザ・ロストック(3部) vs シュトゥットガルト(2部) ザールブリュッケン(4部) vs レーゲンスブルク(2部) ドロホターゼン/アッセル(4部) vs <b>シャルケ</b> ヴィクトリア1899(4部) vs ビーレフェルト(2部) インゴルシュタット(3部) vs ニュルンベルク(2部) フェール(4部) vs <b>アウグスブルク</b> リューベック(4部) vs ザンクトパウリ(2部) アイヒシュテット(4部) vs <b>ヘルタ・ベルリン</b> ヴァッカー・ノルトハウゼン(4部) vs エアツゲビルゲ・アウエ(2部) オスナブリュック(2部) vs <b>ライプツィヒ</b> マグデブルク(3部) vs <b>フライブルク</b> SSVウルム1846(4部) vs ハイデンハイム(2部) 2019.06.16 03:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがフンメルス獲得に正式オファー

ドルトムントが、バイエルンのドイツ代表DFマッツ・フンメルス(30)の復帰を計画しているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 記事によると、ドルトムントはすでにバイエルンへ正式オファーを伝えている模様。以前にバイエルンのニコ・コバチ監督が同選手の売却の雰囲気を醸したことから、実現する可能性は高いと見られている。 移籍金に関してはおよそ1500万から2000万ユーロ(約18億3000万円から24億4000万円)と見積もられている。加えて、フランス代表DFリュカ・エルナンデスの加入によって、来季はベンチに追いやられることがほぼ確実となっているフンメルスも移籍を望んでいる様で、そのためなら減俸もやぶさかではないようだ。 また、『スカイ・スポーツ』も同様の情報を掴んでおり、交渉はかなり進んでいると予想されている。 フンメルスは2016年夏にドルトムントからバイエルンに移籍。いわゆる禁断の移籍と言われ、当時ドルトムントサポーターからは批判が相次いだ。もし、フンメルスが復帰した場合、サポーターは許容することができるのだろうか。 2019.06.15 17:20 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース