最終節で5発圧勝のレバークーゼンが来季CL出場権獲得!《ブンデスリーガ》2019.05.19 00:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ最終節のヘルタ・ベルリンvsレバークーゼンが18日に行われ、1-5でレバークーゼンが勝利した。リーグ戦6試合無敗中の5位レバークーゼンが、10位ヘルタ・ベルリンのホームに乗り込んだ一戦。ボルシアMG、フランクフルトと三つ巴のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを繰り広げるレバークーゼンは、前節のシャルケ戦で痛恨のドロー。4位浮上を逃したが、4位ボルシアMGが優勝を争うドルトムントと対戦するため、この試合で勝利すれば4位滑り込みの可能性が十分にある状況だ。

ハフェルツ、アラリオ、フォラントを3トップに並べた[4-3-3]の布陣で試合に臨んだレバークーゼンは、10分にヴェンデウのミドルシュートでまずはゴールを脅かす。

その後も押し込む展開が続くレバークーゼンは28分、最終ラインのターが前線にロングフィードを送ると、相手DFの裏に抜け出したハフェルツがボックス右から侵入し、シュートをゴール左に流し込んだ。

先制したレバークーゼンは、34分にピンチを迎える。ボックス左深くでボールキープしたイビセビッチが相手DFを背負いながらオーバーヘッドキックでクロスを供給。逆サイドで受けたドゥダが胸トラップから右足を振り抜くと、最後はゴール前のラザロがプッシュ。ヘルタが試合を振り出しに戻した。

同点に追いつかれたレバークーゼンだが、すぐに突き放す。38分、ヴェンデウのロングスルーパスを最前線で受けたアラリオがトラップでボックス内まで侵入。飛び出したGKの飛び出したGKの脇を抜くシュートを流し込んだ。

後半も先にスコアを動かしたのはリードするレバークーゼン。54分、右サイドを抜け出したアランギスがマイナスの折り返しを供給すると、ボックス手前に走り込んだブラントがダイレクトシュートをゴール左に突き刺した。

リードを広げたレバークーゼンは72分、ヴァイザーの右クロスをアラリオがフリックすると、ファーサイドのフォラントがボレーシュート。右に逸れたシュートが再びアラリオの下へ流れると、トラップミスでバウンドしたボールを頭で押し込んだ。

試合を決定付けたレバークーゼンは、終盤の88分にもハフェルツのパスで右サイド深くまで侵入したL・ベンダーの折り返しをアラリオが押し込み、ハットトリックを達成。

結局、試合は1-5のままタイムアップ。同時刻に行われた試合でボルシアMGがドルトムントに敗戦したため、レバークーゼンは4位に浮上し来季のCL出場権を獲得した。
コメント
関連ニュース
thumb

ヘルタ、降格ニュルンベルクからU-21ドイツ代表MFローヴェンを獲得

ヘルタ・ベルリンは13日、ニュルンベルクのU-21ドイツ代表MFエドゥアルド・ローヴェン(22)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年までの5年間となっている。移籍金はドイツ『キッカー』によると700万ユーロ(約8億5000万円)とのことだ。 2016-17シーズンにニュルンベルクでプロデビューを飾ったセントラルMF兼センターバックのローヴェンは、昨季2部でリーグ戦32試合に出場して5ゴールを挙げ、チームの1部昇格に貢献していた。 今季は負傷で長期離脱があった中、ブンデスリーガで22試合に出場し3ゴール3アシストを記録したが、チームは最下位で2部へ降格していた。 また、U-21ドイツ代表としては7試合に出場し、今月開催されるU-21欧州選手権にも選出されている。 2019.06.13 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘルタが露W杯ベルギー代表DFボヤタを獲得!

ヘルタ・ベルリンは19日、セルティックに所属するベルギー代表DFデドリック・ボヤタ(28)の獲得を発表した。 マンチェスター・シティ下部組織出身のボヤタは2009-10シーズンに昇格したトップチームで出場機会に恵まれず、ボルトンやトゥベンテを経て、2015年夏からセルティックでプレー。先のロシア・ワールドカップでもベルギー代表の一員として3試合に出場した。 来シーズンからヘルタでプレーするボヤタはクラブ公式サイトを通じて、「取引がうまくいって嬉しく思う。野心的なクラブで、僕も彼らと同じような目標を持っている。新シーズンが楽しみだよ。このクラブで何かを成し遂げたい」とコメントしている。 ヘルタは今シーズンのブンデスリーガを11勝10分け13敗の11位でフィニッシュ。そのヘルタの今夏補強第一号となるボヤタは「長期契約」で到着のとなる。 2019.05.20 08:25 Mon
twitterfacebook
thumb

4年半のダルダイ政権が終焉…ヘルタ・ベルリンが来季指揮官にセカンドチームのチョヴィッチ監督を指名

ヘルタ・ベルリンは12日、来シーズンの指揮官にアンテ・チョヴィッチ監督(43)を招へいすることを発表した。 チョヴィッチ監督は、現役時代にはハイデュク・スプリトやシュツットガルト、ニュルンベルク、ヘルタ・ベルリン、ボーフムなどでプレー。2010年7月に引退すると、ヘルタ・ベルリンのユースチームで監督に就任。その後も下部組織で指揮を執り続けていた。 2013年11月から今シーズンまではヘルタ・ベルリンのセカンドチームを指揮しており、チームのことを熟知している存在だ。 また、現在トップチームでプレーするMFマキシミリアン・ミッテルシュタッドやDFジョーダン・トルナリガ、MFアルネ・マイアーを育てたことでも知られている。 なお、現在チームを率いるハンガリー人指揮官のパル・ダルダイ監督は、ヘルタ・ベルリンの下部組織の指導者出身で、2015年2月に暫定指揮官に就任すると、同5月に正式監督に就任。4シーズン半にわたってチームを率いてきたが、今シーズンをもって退任することとなる。 2019.05.13 22:12 Mon
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、10人のヘルタ相手に痛恨ゴールレス…リーグ3戦未勝利でELチェルシー戦へ《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第31節、フランクフルトvsヘルタ・ベルリンが27日にコメルツバンク・アレーナで行われ、0-0のドローに終わった。なお、フランクフルトのMF長谷部誠はリベロで先発フル出場した。 前節、ヴォルフスブルク相手に試合終了間際に追いつかれて1-1のドローとなったフランクフルトは4位キープもリーグ2戦未勝利と足踏みが続く。来週ミッドウィークにチェルシーとのヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグを控える中で戦う今節は11位のヘルタ・ベルリンを相手にリーグ3戦ぶりの白星を目指した。前節からは先発4人を変更し、レビッチやジェルソン・フェルナンデスが先発に復帰。長谷部はリベロでの先発起用となった。 やや重さが見える立ち上がりとなったフランクフルトは序盤から押し込まれる状況が続く。16分には長谷部がミッテルシュタッドにサイドで振り切られてクロスを許すと、これをボックス内で胸トラップしたイビセビッチに切り返しからシュートを許すが、ここはDFのシュートブロックで事なきを得る。さらに24分にもバイタルエリアでフリーにしたドゥダに強烈なミドルシュートを浴びるが、ここは守護神トラップの好守で凌ぐ。 その後もDFヒンテレッガーの中途半端な対応からショートカウンターを浴びてイビセビッチに際どいヘディングシュートを許すなど、流れを掴み切れないフランクフルトだが、30分過ぎにようやく決定機を創出。 32分、セットプレーの二次攻撃からボックス右でヨビッチが頭で折り返すと、これをゴール前のレビッチが体勢を崩しながらも右足ボレーで合わすが、逆を取られたGKヤルシュタインが見事なリカバリーで弾き出す。さらに直後には左に流れたレビッチの高速クロスにデ・グズマンが飛び込むが、これはクロスバーの上に外れた。その後はレビッチの馬力ある仕掛けを軸に盛り返したホームチームだったが、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、ジェルソン・フェルナンデスに代えてルーカス・トロをハーフタイム明けの投入したフランクフルトだが、56分にセットプレーの流れからレキクに決定的なシュートを許すなど後半も押し込まれる入りとなる。 その後、ローデに代えてヴィレムスを投入して中盤に変化を加えるが、70分過ぎの決定機はデ・グズマンのシュートミスでフイにしてしまう。77分にはそのデ・グズマンを下げてパシエンシアを投入して勝負に出た中、80分には相手DFクランターが2枚目の警告を受けて退場となり、数的優位を手にする。 しかし、数的優位を手にしても攻撃のギアが上がらないフランクフルトは、逆に後半アディショナルタイムには相手のカウンターからシェルブレに中央突破を許すが、この絶体絶命のピンチはGKトラップの果敢な飛び出しが救う。この直後にはセットプレーからパシエンシアに決定機もゴール前で放ったヘディングシュートは相手GKの正面を突いた。10人のヘルタ・ベルリン相手にゴールレスドローとなったフランクフルトはリーグ3戦未勝利でチェルシーとのEL初戦に臨むことになった。 2019.04.28 00:31 Sun
twitterfacebook
thumb

原口フル出場のハノーファー、古巣ヘルタにゴールレスドローで連敗を8でストップ《ブンデスリーガ》

ハノーファーは21日、ブンデスリーガ第30節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。ハノーファーのMF原口元気はフル出場し、FW浅野拓磨はベンチ入りしなかった。 前節ボルシアMG戦を0-1と敗戦して8連敗となった最下位ハノーファー(勝ち点14)は、原口が10試合連続スタメンとなり、[4-3-3]の右インサイドMFでスタートとなった。 ダルダイ監督の今季限りでの退任が発表された11位ヘルタ・ベルリン(勝ち点35)に対し、ハノーファーは自陣に引いてカウンターを狙っていく。 ヘルタの圧力の前に徐々に押し込まれる展開となっていったハノーファーだったが、17分に原口がロングカウンターからシュートに持ち込んだ。 それでも守勢が続くハノーファーは、なかなか自陣から出ることができない。そんな中34分、再び原口がミドルシュートでヘルタを牽制する。すると追加タイムには決定機。CKの流れからボックス左のアントンがシュート。だが、枠の左隅を捉えたシュートはGKヤルシュテインの好守に阻まれた。 前半をゴールレスで凌いだハノーファーは迎えた後半、開始5分にムスリジャが左サイドからのカットインシュートでGKヤルシュテインを強襲した。すると、良い入りを見せたハノーファーが集中した守備からカウンターを狙う展開が続く。 ヘルタがゼルケを、ハノーファーがN・ミュラーを投入し、両チームが攻撃に変化を付けた中、ハノーファーは75分、カルーにGKエッサーを強襲されるシュートを打たれてしまう。 さらに80分にはカルーにディフェンスライン裏を取られる大ピンチを迎えたが、DFの身体を張った対応で何とか防いだ。 終盤にかけてもカルーを軸とするヘルタの攻勢を受けたハノーファーだったが、何とか凌いでゴールレスで終了。連敗を8で止め、残留プレーオフに回れる16位シュツットガルトに6ポイント差とした。 2019.04.22 02:58 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース