古巣対戦ロイスが意地の1G1Aもドルトムントの逆転優勝はならず…《ブンデスリーガ》2019.05.19 00:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ最終節、ボルシアMGvsドルトムントが18日にシュタディオン・イム・ボルシア・パルクで行われ、アウェイのドルトムントが2-0で勝利した。首位バイエルンと勝ち点2差で最終節を迎えたドルトムントは、勝利且つバイエルンの敗戦で逆転優勝が決まるという厳しい状況の中、勝利でチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が決まる4位ボルシアMGとのアウェイゲームに臨んだ。

2試合の出場停止が明けた古巣対戦のロイスを先発復帰させるなど、現状のベストメンバーを送り込んだドルトムントだが、立ち上がりはCL出場権獲得に向けて高いモチベーションを見せるホームチームに押し込まれる。12分にはボックス手前右からカットインしたトラオレに際どいシュートを許すが、これはクロスバーに救われる。

開始4分にバイエルン先制の一報がスタジアムの電光掲示板に記されたこともあり、なかなか攻撃のギアが上がりきらない中、ドルトムントはエースのロイスの個人技を軸に幾度か相手ゴールへ迫る。23分にはプリシッチの右CKからピシュチェクのヘディングにファーのヴィツェルが反応もわずかに届かない。37分にはボックス手前左の好位置で得たFKをキッカーのロイスが直接狙うが、これはわずかに枠の左に外れる。

このままゴールレスで前半終了と思われた中、やはり試合を動かしたのは元ボルシアMGのエース。45分、カウンターから左サイド深くに抜け出したロイスがボックス左ゴールライン際で何とかボールを残して浮き球で折り返すと、これをファーでフリーのサンチョが丁寧な右足インサイドのボレーで流し込んだ。

バイエルンと同様に1-0のスコアで試合を折り返したドルトムントは、少しでもバイエルンにプレッシャーをかけようと攻勢を仕掛けていく。すると54分、左サイドを起点としたカウンターからゲッツェ、サンチョ、プリシッチと斜めにボールが繋がってプリシッチがGKと最終ラインの間にグラウンダーの高速クロス。これを走り込んだロイスがワンタッチで流し込み、貴重な追加点とした。

この2失点目で心が折れた感もあるボルシアMGはストロブル、プレア、ヘアマンと積極的な選手交代で流れを変えにかかるが、なかなか攻め手を見出すことができない。

一方、2点リードのドルトムントだが、バイエルンが後半のゴールラッシュで大量リードを得たこともあり、アウェイスタンドはやや沈んだ雰囲気に。それでも、ピッチ上ではドルトムントラストゲームのプリシッチやロイスが気迫のこもったプレーをみせ、幾度か3点目に迫っていく。その後、83分にはロイスを下げて今季限りでの退団が噂されるシュメルツァーを投入するなど、シーズン最終戦らしい采配で試合を締めに掛かる。

結局、試合はこのままタイムアップ。今季最終戦で意地の勝利を挙げたドルトムントだったが、首位のバイエルンがフランクフルトに5-1で勝利したことによって、7年ぶりの優勝はならず。一方、敗れたボルシアMGはレバークーゼンに抜かれて無念の5位フィニッシュで来季はヨーロッパリーグを戦うことになった。
コメント
関連ニュース
thumb

ドルトムント、新加入T・アザールに背番号23!香川退団確実に

ドルトムントが、2019-20シーズンに向けて新加入選手らの背番号を明らかにした。 今夏の積極補強が目立つドルトムント。すでに主な戦力として、MFトルガン・アザール、DFニコ・シュルツ、MFユリアン・ブラント、そしてDFマッツ・フンメルスら屈指の実力者を手中に収めている。 クラブは先日、公式の通販サイトを介して新シーズンの各選手の背番号を明らかにした。その中で注目されたのがT・アザールが「23」を着けること。この番号はドルトムントではMF香川真司のアイコンとも呼べるものだったが、ベシクタシュへのレンタル移籍に伴い空き番に。来季に復帰するなら空けておくものだが、おそらくその予定はないということだろう。 また、18-19シーズンはフルアムにレンタル移籍していたMFアンドレ・シュールレと、今年1月からフランクフルトにレンタルしたMFセバスティアン・ローデの名前もなかった。 なお、シュルツは「14」、ブラントは「19」を着ける。フンメルスに関しては今のところ未定となっている。 2019.06.20 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

フンメルスの復帰でバイエルンとドルトムントが基本合意! 3年ぶりに古巣復帰

バイエルンとドルトムントは19日、ドイツ代表DFマッツ・フンメルス(30)が復帰することで基本合意に達したことを発表した。 フンメルスは、バイエルンの下部組織出身で、2007年1月にトップチームへ昇格。しかし、トップチームではほとんど出場機会を得ることなく、1年後の2008年1月にドルトムントへとレンタル移籍。2009年7月に完全移籍していた。 ドルトムントではディフェンスの要として長年プレーし、公式戦309試合に出場し25ゴール16アシストを記録。ユルゲン・クロップ監督の下ではブンデスリーガを連覇するなどタイトルを獲得していた。 しかし、2016年7月に古巣のバイエルンへと完全移籍。復帰1年目からディフェンスラインの軸としてプレー。今シーズンはブンデスリーガで21試合に出場し1ゴール1アシストを記録。チャンピオンズリーグで6試合に出場し1ゴールを記録していた。 なお、バイエルンとドルトムントは移籍の内容に関しては明かさないことでも合意しているとのこと。フンメルスはメディカルチェック後に正式に復帰となる。 2019.06.19 22:08 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルト、ファブレと新規契約締結…2021年6月まで

ドルトムントは18日、ルシアン・ファブレ監督(61)との契約延長を正式発表した。延長期間は1年。2021年6月まで指揮を執ることになる。 スイス人指導者のファブレ監督は、ニース監督を経て、2018年5月からドルトムントを指揮。ブンデスリーガ開幕15戦負けなしの好スタートを切ったが、徐々に失速して2位に終わり、チャンピオンズリーグ(CL)でもベスト16で散った。 ただ、ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は、ファブレ監督の手腕を評価。近日中にも契約延長の見通しであることを明かしている状況だった。 そのドルトムントは今夏、ベルギー代表MFトルガン・アザール(26)や、ドイツ代表DFニコ・シュルツ(26)、同代表MFユリアン・ブラント(23)、U-19デンマーク代表FWマグヌス・カーストルップ(18)を獲得している。 2019.06.18 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、フンメルス移籍でバイエルンと原則合意

ドイツ『ビルト』が、ドルトムントがドイツ代表DFマッツ・フンメルス(30)の移籍に関して、バイエルンと原則合意に達したことを報じている。 『ビルト』によると、移籍金は2000万ユーロ(約24億4000万円)の基本金にインセンティブが加わる内容に。 バイエルンではフランス代表DFリュカ・エルナンデスが加入したことから、フンメルスは移籍を希望した模様。同メディアによれば、減俸もやぶさかではという。 2016年夏に、ユース時代を過ごしたバイエルンに復帰したフンメルスは、公式戦通算118試合に出場し、ブンデスリーガ3連覇や、今季の国内2冠に貢献。2度目のドルトムント移籍が実現すれば、3年ぶりの復帰となる。 2019.06.16 18:46 Sun
twitterfacebook
thumb

左SB強化睨むバルサ、ラファエル・ゲレイロにシフトか

ドルトムントに所属するポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロ(25)に対して、バルセロナの関心が浮上した。スペイン『マルカ』が報じた。 ラファエル・ゲレイロは2016年からドルトムントでプレー。複数エリアでプレー可能なユーティリティ性を兼備する攻撃的な左サイドバックで、今シーズンも公式戦32試合6得点6アシストをマークが、来シーズン限りでドルトムントとの契約が失効する。そのラファエル・ゲレイロがバルセロナのターゲットに入っているという。 今夏の移籍市場でスペイン代表DFジョルディ・アルバのバックアッパーを探すバルセロナは、今シーズン限りでアトレティコ・マドリーとの契約が満了するブラジル代表DFフィリペ・ルイス(33)を注視。最も獲得の公算が高いターゲットだが、万能性も併せ持つラファエル・ゲレイロにより心が惹かれつつある模様だ。 2019.06.16 09:25 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース