シュクリニアルがインテルと契約延長! ビッグクラブ関心の中で忠誠示す2019.05.16 21:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルは16日、スロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(24)と2023年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

2017年にサンプドリアから2800万ユーロ(約34億4000万円)の移籍金でインテルに加入したシュクリニアルは、ビッグクラブ初挑戦を感じさせない安定したプレーでインテルの最終ラインに君臨。

今季もブラジル代表DFミランダ、オランダ代表DFステファン・デ・フライという2人の名手を抑えてセンターバックのファーストチョイスとなっている。また、今季のチャンピオンズリーグ(CL)ではバルセロナFWルイス・スアレス、トッテナムFWハリー・ケインというワールドクラスのストライカー相手に一歩も引かない好パフォーマンスを披露し、自身の市場価値をさらに高めていた。

そのため、マンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッド、バルセロナ、レアル・マドリーなど錚々たるメガクラブが熱視線を送ってきたが、インテルが来季のCL出場権を確保できそうな見通しもあってクラブ残留を決断したようだ。

なお、シュクリニアルの契約更新を誰よりも喜ぶインテルは、『OPTA』社提供のデュエル勝率やパス成功率など、様々なデータを掲示し、シュクリニアルがいかに素晴らしいプレーヤーであるかを紹介。さらに、以下のような熱のこもったメッセージで若きディフェンスリーダーとの契約更新を伝えた。

「一緒に、一緒に我々は強くなる」

「ミラン・シュクリニアルとインテルは同じ目標を持つ」

「我々の守備陣の中心にいる重大な存在」

「様々なデータが我々にとってシュクリニアルがいかに重大な存在であるかを示している。彼はファンの間でも絶大な人気がある」

「一緒に前に進もう。戦いの準備は整った」
コメント
関連ニュース
thumb

ローマ退団濃厚ジェコ、インテルと個人合意か

ローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(33)がインテルと個人合意したようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。 2020年6月までローマと契約を結んでいるジェコだが、ローマ側に更なる契約延長の意思はないようで、ウェストハムやパリ・サンジェルマンといったクラブがジェコの獲得に興味を示していた。 そんな中、インテルの新指揮官候補に挙がるアントニオ・コンテ氏が以前よりジェコを高く評価しており、インテルが獲得に接近しているようだ。 2015年夏にマンチェスター・シティからローマに加入したジェコは、ローマで公式戦178試合に出場して87ゴール38アシストを記録。今季はセリエAで32試合に出場して9ゴール、チャンピオンズリーグで6試合に出場して5ゴールを挙げていた。 2019.05.26 00:58 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル、コンテ就任ならルカク&モーゼス両獲りか

インテルがマンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカク(26)とフェネルバフチェに所属するナイジェリア代表FWヴィクター・モーゼス(28)の獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 現時点のセリエAで4位につけるインテル。しかし、首脳陣は8連覇を達成したユベントスに大きく水をあけられている状況を良しとせず、今シーズン終了後、ルチアーノ・スパレッティ監督を解任することが既定路線に。最近では、昨シーズン終了後にチェルシーを退任して以降、フリーの状態が続いていたアントニオ・コンテ氏(49)の就任が決定的となっている。 そして今回伝えられるところによると、インテルはコンテ氏が後任指揮官として就任した場合、ルカクとモーゼスの両獲りを目指す模様。ルカクはコンテ氏がチェルシー監督時代、同選手がエバートンからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した当時、復帰を希望していた選手だ。ルカクは現在、ユナイテッドの退団候補の一人として見られており、本人も先月、セリエAでのプレーが「夢」であることを明かしていた。 一方のモーゼスは、コンテ氏がチェルシー時代に右ウイングバックという新境地を開拓させ、重宝してきた選手。コンテ氏が退団してマウリツィオ・サッリ監督が就任した今シーズンは、戦力外と見なされ、今冬の移籍市場でフェネルバフチェにレンタル加入している。 2019.05.23 17:20 Thu
twitterfacebook
thumb

コンテ就任強まるインテル、“1stターゲット”ルカク狙う?

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(26)に対して、インテルから1stターゲットとしての関心が寄せられているという。イギリス『タイムズ』が報じた。 ユナイテッド在籍2年の今シーズン、公式戦45試合に出場して15得点を記録したルカク。以前にイタリア挑戦希望を口にしたなかで、チームがチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したことで退団候補の1人として取り沙汰されており、今後の動向に注目が集まっている。 そのルカクの移籍先として挙がっているのがインテルだ。事前の報道によれば、そのインテルは来シーズンからアントニオ・コンテ氏(49)の監督就任が決定的。コンテ氏はチェルシーを率いた2017年夏、ルカクがエバートンから退団する際に興味を示していたという。 オーレ・グンナー・スールシャール監督率いるユナイテッドは、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが第一ストライカーとして台頭。ルカクの残留を望むユナイテッドだが、移籍の場合、投資額7500万ポンド(約104億5000万円)の回収を考えている模様だ。 2019.05.23 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

コンテ、来季インテルへ! 伊複数媒体報じる

インテルは来シーズンの新指揮官として、アントニオ・コンテ氏(49)の擁立が決定的だ。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数メディアによれば、コンテ氏はインテルと少なくとも3年契約+年俸1000万ユーロ(約12億2000万円)を締結。インテルのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に関係なく、就任する見通しだという。 コンテ氏は2017-18シーズン終了後、チェルシー監督を退任。それ以来、フリーの状態が続いており、今夏の移籍市場でマッシミリアーノ・アッレグリ監督の退任が決まったユベントス復帰の憶測が取り沙汰されている状況だった。 これにより、インテルの指揮を執るルチアーノ・スパレッティ監督は、今週末の26日にホームで行われるセリエA最終節のエンポリ戦がラストゲームに。現在、4位につけており、勝利すれば無条件でCL出場権獲得が決まる。 インテルは元ユベントスのジュゼッペ・マロッタ最高経営責任者(CEO)が在籍。そうした旧知の仲の存在もコンテ氏にとって、新天地を選ぶ上で判断材料になったとみられる。 2019.05.23 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

四つ巴でCL出場権を争うセリエAも残り1節!各クラブの獲得条件は?

セリエAも残すところあと1節となり、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権争いが混沌としている。 18日、19日とセリエA第37節が開催(20日に1試合開催)された。すでに優勝を決めているユベントスと対戦したアタランタは、1-1のドロー。2位のナポリと対戦した3位インテルは4-1で敗戦。6位のローマはアウェイでサッスオーロどゴールレスドロー、5位のミランはホームで2-0とフロジノーネに勝利した。 この結果、アタランタとインテルが勝ち点66で並び、ミランが勝ち点65、ローマが勝ち点63に。セリエAは勝ち点で並んだ場合、得失点差や総得点ではなく、当該チーム間の成績が優先されるため、順位決定がわかりづらい状況となる。 すでにユベントス、ナポリの順位は確定しているものの、3位と4位はまだ確定しておらず、最終節に全てが決定することとなる。 クラブ史上初のチャンピオンズリーグ出場を目指す3位のアタランタは、10位のサッスオーロと対戦。4位のインテルは17位のエンポリと対戦する。また、5位のミランは11位のSPALと、6位のローマは12位のパルマと最終節で対戦する。 ローマに関しては、勝ち点差が離れている上に得失点差も離れているため、勝利が絶対条件な上で、他3チームの結果が重要となり、全ての条件が揃うのは厳しい状況だ。 また、カギを握りそうなのはインテルか。対戦相手のエンポリは、残留ラインギリギリの17位。自動降格となる18位のジェノアとは勝ち点差「1」のため、自力で残留を掴むために最終節への意気込みは強いはずだ。ちなみに、ジェノアは15位のフィオレンティーナと対戦する。 4チームが争う来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権争い。最終節は来週末に行われる。 ◆各クラブのCL出場権獲得条件 3位:アタランタ(vsサッスオーロ) 【勝利】 ・無条件 【引き分け】 ・インテルまたはミランが引き分け以下 【負け】 ・ミラン&ローマが引き分け以下 4位:インテル(vsエンポリ) 【勝利】 ・無条件 【引き分け】 ・ミランが引き分け以下 【負け】 ・ミランが引き分け以下 ・1-0で敗れた場合、ミランが負け&ローマが4点差以下で勝利 5位:ミラン(vsSPAL) 【勝利】 ・アタランタまたはインテルが引き分け以下 【引き分け】 ・アタランタ&インテルが負け、ローマが勝利 ・アタランタが負け&インテルが引き分け以上 6位:ローマ(vsパルマ) 【勝利】 ・5点差以上での勝利&インテルが1-0で敗戦、アタランタが引き分け以上、ミランが敗戦 ・アタランタ&インテル&ミランが敗戦 ちなみに、今シーズンの対戦成績を整理しておく。最大4チームが勝ち点66で並ぶ可能性があるため、その場合は下記が参考となる。 3位:アタランタ(勝ち点66) 【vsインテル】1勝1分け 【vsミラン】1分け1敗 【vsローマ】2分け 4位:インテル(勝ち点66) 【vsアタランタ】1分け1敗 【vsミラン】2勝 【vsローマ】2分け 5位:ミラン(勝ち点65) 【vsアタランタ】1勝1分け 【vsインテル】2敗 【vsローマ】1勝1分け 6位:ローマ(勝ち点63) 【vsアタランタ】2分け 【vsインテル】2分け 【vsミラン】1分け1敗 当該チーム間の成績が加味されるのは、前述の通り勝ち点で並んだ場合。この場合、勝ち点で並ぶ可能性があるのは、アタランタとインテルの勝ち点「69」、「67」、アタランタ、インテル、ミラン、ローマのいずれかが並ぶ勝ち点「66」の2パターンだ。勝ち点「69」、「67」の場合は、現状通りアタランタがインテルを上回ることとなる。この場合は来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権に関わるのは最大で1チーム。インテルが5位となる。 問題は「66」で並んだ場合だ。最大4チームが並ぶ可能性があるパターンだが、4チーム並んだ場合でトップに立つのは勝ち点9のインテル。続いて、ミランの勝ち点8、アタランタの勝ち点7、ローマの勝ち点5の順だ。 インテル、ミラン、ローマが並んだ場合でもインテルが勝ち点8でトップ、続いてミランの勝ち点4、ローマの勝ち点3だ。 アタランタ、ミラン、ローマが並んだ場合は、ミランが勝ち点8でトップ、アタランタとローマが勝ち点3。アタランタとローマは2試合ともドローのため、得失点差で上回るアタランタが上位となる。 アタランタとインテルが勝利してしまえばそれまでだが、どちらかが勝利しなかった場合には、色々な条件が絡んでくる。5大リーグで最も遅くシーズンが終わるセリエAの最終節からも目が離せない。 2019.05.20 11:50 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース