シュクリニアルがインテルと契約延長! ビッグクラブ関心の中で忠誠示す

2019.05.16 21:41 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルは16日、スロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(24)と2023年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

2017年にサンプドリアから2800万ユーロ(約34億4000万円)の移籍金でインテルに加入したシュクリニアルは、ビッグクラブ初挑戦を感じさせない安定したプレーでインテルの最終ラインに君臨。

今季もブラジル代表DFミランダ、オランダ代表DFステファン・デ・フライという2人の名手を抑えてセンターバックのファーストチョイスとなっている。また、今季のチャンピオンズリーグ(CL)ではバルセロナFWルイス・スアレス、トッテナムFWハリー・ケインというワールドクラスのストライカー相手に一歩も引かない好パフォーマンスを披露し、自身の市場価値をさらに高めていた。

そのため、マンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッド、バルセロナ、レアル・マドリーなど錚々たるメガクラブが熱視線を送ってきたが、インテルが来季のCL出場権を確保できそうな見通しもあってクラブ残留を決断したようだ。

なお、シュクリニアルの契約更新を誰よりも喜ぶインテルは、『OPTA』社提供のデュエル勝率やパス成功率など、様々なデータを掲示し、シュクリニアルがいかに素晴らしいプレーヤーであるかを紹介。さらに、以下のような熱のこもったメッセージで若きディフェンスリーダーとの契約更新を伝えた。

「一緒に、一緒に我々は強くなる」

「ミラン・シュクリニアルとインテルは同じ目標を持つ」

「我々の守備陣の中心にいる重大な存在」

「様々なデータが我々にとってシュクリニアルがいかに重大な存在であるかを示している。彼はファンの間でも絶大な人気がある」

「一緒に前に進もう。戦いの準備は整った」
コメント