シティ、FFP違反に関するCFCB ICからの照会に対して声明 「失望を感じているが驚くべきことではない」2019.05.16 18:53 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティは16日、欧州サッカー連盟(UEFA)の独立財務管理委員会(CFCB IC)からの照会に対する公式な声明を発表した。シティは以前、ドイツ『Der Spiegel』により、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の規則に抵触した疑いがあることを報じられていた。これを受け、UEFAやプレミアリーグ、イングランドサッカー協会(FA)の調査開始が明らかになっている。

この件について沈黙を貫いてきたUEFAは2週間前、FFPに違反した疑いのあるクラブの会計状況を調査する、CFCB ICがスイスのニヨンで会合。CFCB ICを率いるベルギー元首相のイブ・ルテルム氏がこの一件に関する何らかの選択を伝えた模様だ。そして、一部メディアはルテルム氏がUEFAに対して、シティへの1年間のCL出場禁止を支持したと報じていた。

一連の流れを受けて、シティは16日に以下のような公式声明を発表した。

「マンチェスター・シティ・フットボールクラブは、CFCB ICを率いるイブ・ルテルム氏による照会が突然発表されたことに関して失望を感じています。しかし、残念ながら驚くべきことではありません」

「先週にメディアへリークされたものは、ルテルム氏によって監視されたプロセスを示しています」

「この問題が独立した司法機関によって検討された場合、マンチェスター・シティはポジティブな結果を得られることに完全な自信を持っています」

「金銭的な不正の告発は完全に虚偽であり、CFCB ICの照会は、マンチェスター・シティがこれまで提供した包括的な証拠を無視しています」

「この決定に関しては多くのミス、誤解が含まれています。その混乱に関しては根本的に正当な手続きの欠如から生じたものであり、重大な未解決の問題を抱えたままだと考えています。同時にクラブは全く満足しておらず、切り取られた、敵対したプロセスであると考えています」

今回、一連の報道に加え、CFCB ICの照会に対する清廉潔白を改めて訴えたシティだが、ここまでの情勢を考慮すると、少なくとも1シーズンの欧州大会出場禁止処分を科される可能性は高いかもしれない。

ただ、イギリス『BBC』は、仮に1年間の出場禁止処分が決定したとしても、シティ側がスポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議申し立てを行う可能性が高く、来シーズンのCLでこの処分が適用される可能性はほぼないと主張。したがって、シティが来シーズンに欧州大会への出場権を手にした場合、2020-21シーズンに前述の処分が適用されるのではないかと報じている。
コメント
関連ニュース
thumb

「レロイやめてぇ~」 バイエルン行き噂に古巣シャルケ公式SNSが反応

今夏、バイエルン移籍の可能性が浮上しているマンチェスター・シティのドイツ代表MFレロイ・ザネ(23)の移籍報道に関して古巣シャルケの公式SNSが悲痛且つコミカルな反応を見せた。 今季、シティで思うように出場機会を得られなかったザネに関しては、バイエルンのウリ・ヘーネス会長が「我々は彼と交渉に入っている」と、交渉中であることを明らかにしている。 一連の報道を受けて、大きなショックを受けているのが、同選手がプロキャリアをスタートした古巣のシャルケだ。 シャルケのアメリカ版の公式『ツイッター(@s04_us)』は、イギリス『スカイ・スポーツ』などで働くイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏の「バイエルンがザネにオファーを出した」とのニュースを引用する形で、「それはやめてぇ~、レロイ…」と、泣き顔の顔文字付きの投稿を行った。 シャルケ最大のライバルは同じ地域に本拠地を置くドルトムントだが、愛する息子の盟主バイエルン行きは是が非でも避けたいようだ。 ◆悲痛且つコミカルな反応 https://twitter.com/s04_us/status/1131927019208495106 2019.05.25 14:57 Sat
twitterfacebook
thumb

ザネと交渉中だ! バイエルン会長が関心認める

バイエルンの会長を務めるウリ・ヘーネス会長がマンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFレロイ・ザネ(23)の関心を認めた。ドイツ『Sueddeutsche Zeitung』が報じた。 2016年夏にシャルケから加入したザネ。シティがイングランド史上初の国内3冠を成し遂げた今シーズンは公式戦47試合16得点18アシストをマークしたが、イングランド代表FWラヒーム・スターリングやポルトガル代表MFベルナルド・シウバに次ぐ3番手の序列に甘んじて、途中出場も少なくなかった。 その状況を受け、ザネを巡っては今夏の移籍報道が加熱。クラブも退団を容認する姿勢だという。そこで移籍先として挙がったのがバイエルンだ。今シーズン限りで退団する元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)と元フランス代表MFフランク・リベリ(36)の後釜として、ザネを注視している模様だ。 そうしたなか、ヘーネス会長が「我々は彼と交渉に入っている」と述べ、ザネ獲得に向けた動きを認めたとのこと。シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は以前、ザネの残留希望を口にしているが、去就はいかに。 2019.05.24 09:25 Fri
twitterfacebook
thumb

衝撃走ったペップとユーベの合意報道…シティ役員が一蹴!

マンチェスター・シティの役員を務めるアルベルト・ガラッシ氏がジョゼップ・グアルディオラ監督(48)のユベントス移籍報道に言及した。イギリス『BBC』が報じた。 ユベントスは先日、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の退任を発表。後任候補として数名が挙がっており、ユベントスのアンドレア・アニェッリ会長が招へいを夢見ているグアルディオラ監督もその1人だ。 そうしたなか、イタリア『AGI』は23日、ユベントスがグアルディオラ監督と年俸2400万ユーロ(約29億円)の4年契約で合意したと報道。6月4日にサインをする予定で、14日に正式発表とも大々的にスクープした。 だが、ガラッシ氏がイタリア『スカイ』を通じて、この衝撃的な一報を「根拠なき噂」だと真っ向否定した。 「ユベントスのようなクラブがマンチェスター・シティに知らすことなく、ひと声なしにそのようなニュースを世に飛ばすことを許すはずがない」 「メディアがこの類のニュースを追いかけているなんて信じられないね。馬鹿げている。グアルディオラは残りたがっているのだからね」 「彼は素晴らしいプロフェッショナルで、ここを去りたがっていない。したがって、何の問題もない」 なお、グアルディオラ監督は今シーズン、イングランド史上初の国内3冠を達成。先日、たびたび取り沙汰されるユベントス行きの憶測を改めて否定するとともに、シティ残留希望を明確にしている。 2019.05.24 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

シティ、約72億円でカンセロ獲得に接近?

マンチェスター・シティがユベントスに所属するポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(24)の獲得に近づいているようだ。イギリス『デイリー・メール』がポルトガル『record』を引用して伝えている。 シティでは現在、ブラジル代表DFダニーロ(27)の今夏での退団が濃厚に。そのため、イングランド代表DFカイル・ウォーカーのバックアップ探しが急務となっており、同クラブはユベントスの攻撃的サイドバックであるカンセロに関心を示していることが伝えられていた。 今月上旬にはユベントス側もカンセロの売却に前向きな姿勢であることが報道。そして今回、シティは移籍金5200万ポンド(約72億3000万円)で獲得に迫っているようだ。 バレンシア、レンタル先のインテルでの活躍によって評価を高めたカンセロは今シーズンからユベントスに加入。シーズン序盤から爆発的なスピードと攻撃センス、ビルドアップ能力を発揮し、公式戦34試合に出場した。しかし、シーズンが進むにつれては守備の脆さやイージーミスの多さなども目立っていた。 2019.05.23 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミア連覇のシティ、トロフィー落下破損事件の結末は…

最終節にまで及ぶリバプールとの熾烈な争いに競り勝ち、見事にプレミアリーグ連覇を果たしたマンチェスター・シティ。その優勝をファンと喜ぶイベントで事件は起きた。 優勝を祝うパレードが行われる前、シティのクラブハウスにファンが招かれたイベント。そこには、プレミアリーグで21ゴールを挙げ、優勝の立役者となったアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロと、ケガで満足いくシーズンを過ごせなかったベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが待ち構えていた。 オープンテラスに招かれたファンの前には、プレミアリーグ優勝の象徴でもあるトロフィーが。アグエロ、デ・ブライネとともにトロフィーを掲げて記念撮影をしている最中、事件が発生した。 アグエロ、デ・ブライネが掲げていたトロフィーが、その手から滑り落ち、数m下の地面に落下。トロフィーは見るも無残に大破し、その場に居合わせたファンは顔面蒼白。一瞬何がおきたかわからなかったが、下を見下ろして頭を抱えるファンもいた。 さらに、隣のオフィスから、シティ・フットボール・グループのフェラン・ソリアーノ氏も登場。「何が起きたんだ?」と窓を開けて声をかけると、デ・ブライネは「俺じゃない。みんなが押したんだ」とファンのせいに。そして2人は引き上げていった。 実は、これはシティが配信する『City TV』のドッキリ企画。プレミアリーグトロフィーを精巧に再現した偽物を地面に落とし、ファンを驚かせるというものだった。 引き上げたデ・ブライネとアグエロは笑いをこらえるのに必死で、本物を持って再登場。ファンはホッと胸をなでおろし、本物のトロフィーと対面した。 <div style="text-align:center;"> <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="en" dir="ltr">After SHOCKING FOOTAGE emerged of a broken <a href="https://twitter.com/premierleague?ref_src=twsrc%5Etfw">@premierleague</a> trophy yesterday, we thought it time we put the record straight...<br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/mancity?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#mancity</a> <a href="https://t.co/cq13j7rrjY">pic.twitter.com/cq13j7rrjY</a></p>&mdash; Manchester City (@ManCity) <a href="https://twitter.com/ManCity/status/1130916586095808512?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年5月21日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> </div> まんまと騙されたファンだが、一生忘れられない日となっただろう。プレミアを連覇したシティだが、アグエロやデ・ブライネの迫真の演技はさすが。見事な100点満点のドッキリとなった。 2019.05.23 09:50 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース