ランパード監督率いるダービーが大逆転! 来季プレミア挑戦権はチェルシーのレジェンド対決に《チャンピオンシップ》2019.05.16 11:25 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
15日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のプレミア昇格プレーオフ準決勝2ndレグのリーズ・ユナイテッド(3位)vsダービー・カウンティ(6位)が行われ、2-4でダービーが勝利。2戦合計3-4でダービーが決勝に駒を進めた。1stレグを0-1で先勝していたリーズは、この試合でも先手を奪う。24分、左サイドで得たFKからクロスを送ると、誰も触らないボールが右ポストに跳ね返り、最後はダラスが決めて先制する。

2戦合計2-0とリードを許したダービーは、アウェイということもありリーズに押し込まれ続ける展開に。それでも45分、カウンターを仕掛けると浮き球の処理をGKとDFが被ってしまい、最後はマリオットが無人のゴールへ流し込み、ダービーが2戦合計2-1とする。

迎えた後半、早々にダービーが仕掛ける。46分、自陣からパスを繋ぎボックス内に侵入すると、最後はマウントが体勢を崩しながらもネットを揺らし2戦合計で2-2に。58分にはPKを獲得すると、ウィルソンが落ち着いて決め、ついに逆転に成功する。

逆転を許したリーズは62分、左サイドを崩すと、ボックス内左からダラスが技ありのゴールを決め、2戦合計で3-3の同点に。その後はリーズが猛攻を仕掛けて追加点を目指すが、決定機を作るもののなかなかゴールを奪えない。

さらにリーズには悪夢が続き、ベラルディが78分に2枚目のイエローカードをもらい退場。数的不利に陥る。するとダービーが息を吹き返し猛攻。85分に、ボール奪取からカウンター。最後はマリオットが落ち着いてネットを揺らし、2戦合計3-4とリードを奪う。結局そのまま試合は終了。白熱の対決はダービーが制し、アストンビラが待つ決勝へと駒を進めた。

ダービーの指揮を執るフランク・ランパード監督と、アストン・ビラでアシスタントコーチを務めるジョン・テリー氏はチェルシーやイングランド代表で長年チームメイトとしてプレーした間柄。プレミアリーグでの成功を知る両者が、最後の昇格枠を懸けて対戦する。なお、昇格プレーオフ決勝は26日に行われる。

リーズ 2-4(AGG:3-4) ダービー
【リーズ】
ダラス(前24)
ダラス(後17)
【ダービー】
マリオット(前45)
マウント(後1)
ウィルソン(後13)
マリオット(後40)
コメント
関連ニュース
thumb

やり過ぎ? プレミア昇格POでリーズ撃破のダービーが試合後に“スパイ”パフォーマンス

15日に行われたリーズ・ユナイテッド戦を勝利したダービー・カウンティの選手たちが試合後にマルセロ・ビエルサ監督の“スパイ”行為を揶揄するパフォーマンスを見せた。イギリス『Caught offside』が伝えている。 15日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のプレミア昇格プレーオフ準決勝2ndレグのリーズ(3位)vsダービー(6位)が行われ、2-4でダービーが勝利。2戦合計3-4でダービーが決勝に駒を進めた。 敵地で行われた1stレグを0-1で落としていたダービーは、この試合でも先手を奪われる。それでも、マリオット、マウントのゴールで2戦合計スコアを2-2とし、アウェイゴール数で上回ると、その後もウィルソン、マリオットにゴールが生まれ、最終的に2戦合計3-4でアストン・ビラの待つ決勝進出を果たした。 同試合後、ダービーの選手たちはアウェイサポーターに向けて両手で丸の形を作り、双眼鏡のようにして覗き込むようなパフォーマンスを敢行した。 実はリーズとダービーの対戦では、今年1月に行われたリーグ戦の対戦前にビエルサ監督の指示でチームスタッフがダービーの練習場に偵察へ向かい、相手の練習を観察するスパイ行為が発覚。 後にビエルサ監督は自身の監督キャリアを通じて、常にそういった偵察行為を行い、今シーズンもダービー戦前に対戦したすべての対戦相手の練習場にチームスタッフを派遣していたことを認めていた。また、この問題を受けてリーズはイングランドフットボールリーグ(EFL)から罰金20万ポンド(約2800万円)を科されていた。 そして、その一件を受けて、ダービーの選手たちはビエルサ監督の“スパイ”行為を揶揄する今回のパフォーマンスを披露したのだ。 このパフォーマンスに関してはビエルサ監督の“スパイ”行為を快く思わない人たちを中心に風刺の利いた痛快なパフォーマンスだという好意的な反応があった。 一方、先日のアストン・ビラとの対戦で相手選手負傷時に自軍が奪ったゴールを正当と認めず、直後にわざと相手にゴールを決めさせるフェアプレイ精神を見せるなど、フットボールに対して真摯な態度を見せるビエルサ監督を揶揄する行為、激戦を演じた相手にそれも敵地でバカにするような行為を見せたことに不快感を示す反応もあり、やや物議を醸す一件となった。 ◆ビエルサ監督の“スパイ”行為を揶揄 https://twitter.com/RealCasuals/status/1128766913734217728 2019.05.16 17:22 Thu
twitterfacebook
thumb

「今はダービー」ランパード監督はチェルシーを心配も監督就任に興味なし

マンチェスター・シティに6失点の大敗を喫したチェルシー。前節のボーンマス戦での4失点大敗から2試合連続で無様な結果を残したことで、今シーズンから指揮を執るマウリツィオ・サッリ監督への風当たりが強くなっている。 早くも解任の噂が立てられ、サッリ監督の後任候補としてブックメーカーが筆頭に挙げているのが、クラブのレジェンドであり現在はチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティで指揮を執るフランク・ランパード監督だ。 しかし、ランパード監督は、サッリ監督の下でチェルシーが復活することを望んでいるとコメント。自身は興味がなく、今はダービーでの仕事に集中したいと語り、ブックメーカーの予想も意に介していないことを明かした。イギリス『Four Four Two』が報じた。 「チェルシーにはあまり起こらないことなので、そういったことが起きることはショックだ。でも、彼らがマンチェスター・シティという素晴らしいチーイムと対戦していたことを忘れないでもらいたい。私はそこで、選手としても楽しい時間を過ごしていた」 「ブックメーカーは、必ずしも初心者には優しくないので、そういったことに興奮することはないだろう。チェルシーは、確かに私が尊敬するクラブであり、尊敬する監督がいる。ただ、私の仕事はダービーにあり、一生懸命働いている」 「私の考えの全ては、水曜日のイプスウィッチ・タウン戦に向けられている。チェルシーがまとまり、結果を好転させることを私は願っている」 2019.02.12 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

A・コールが古巣指揮官を後押し! 「サッリには時間が必要」

ダービー・カウンティに所属する元イングランド代表DFアシュリー・コールが、チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督に時間を与えるべきだと主張している。イギリス『メトロ』が伝えた。 サッリ新体制で始まった今シーズンのチェルシーは、12戦無敗を保ったリーグ序盤には優勝候補の一角と捉えられていた。しかし、シーズン半ば辺りから攻撃のキーマンだったMFジョルジーニョ封じが浸透すると、途端にゴールが奪えなくなり急失速。現在まで一向に改善されず、先月30日に行われたプレミアリーグ第24節のボーンマス戦では、まさかの4失点大敗を喫した。 その後、直近の第25節ハダースフィールド戦では5-0と快勝したものの、リーグ制覇は絶望視されており、先日には解説を務めるギャリー・ネビル氏から解任論も飛び出した。 しかし、チェルシーでプレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)など数々のタイトルを獲得したA・コールは、「彼は選手たちが要求を満たせていないと考えている。今後もそうならないだろう」と語ったネビル氏とは違った見解を示している。 「就任以来、彼(マウリツィオ・サッリ)は自分の哲学を取り入れようと試みているし、それを選手たちによく伝えている。彼は素晴らしい指揮官だよ」 「もし数試合に勝てば、全てが再びバラ色になる。彼には時間が必要だ。エキサイティングなイタリアのフットボールを、イングランドにもたらすことが出来る。チェルシーでね」 2019.02.05 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ダービー加入のA・コール、今季終了後に現役引退へ

先日にダービー・カウンティへの移籍が発表された元イングランド代表DFアシュリー・コールは、今季限りで引退を決意したようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 チェルシーでプレミアリーグやチャンピオンズリーグなど数々のタイトルを獲得したA・コールは、2016年1月に加入したロサンゼルス・ギャラクシーを昨シーズン終了後に退団し、先日22日に、チェルシーやイングランド代表でチームメイトだったフランク・ランパードが指揮を執るダービーに加入した。 昨年12月に38歳を迎えた左サイドバックは、自身の引退がすぐ近くに迫っていることを感じているようだ。 「おそらく、今シーズン終了後にアシュリー・コールは引退するだろう。まだまだプレーしていたいけど、体が言うことを聞かないんだ」 「キャリアの終わりが近付くにつれて、監督やコーチ、どんなことでもいいからイングランドに戻って仕事がしたいといつも心の中で考えていた」 「違う形で仕事を新しく始める時が来たんだと感じたよ」 引退を決意したというA・コールだが、ダービーでの自身の役回りを理解しているようだ。 「みんな知っているだろうけど、僕はもう26歳のアシュリー・コールじゃない。でも違った期待があるはずだ」 「僕は38歳で、ここで長くはプレーできない。だけど若い選手に与えられるような経験値はあるし、チームの士気を高めることもできると思う」 「プレーすることだけが能じゃないよ」 2019.01.24 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

A・コールがランパード率いるダービーと契約!チェルシーコンビ結成!

チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のダービー・カウンティは21日、元イングランド代表DFアシュリー・コール(38)と今季終了までの契約で獲得したことを発表した。 2006年にアーセナルからチェルシーに移籍したA・コールは、西ロンドンで8年間過ごした後、ローマとロサンゼルス・ギャラクシーでプレー。2016年1月に加入したLAギャラクシーでは、在籍2シーズンで通算94試合に出場。昨季はキャプテンマークを巻いてリーグ戦31試合に出場し1ゴール9アシストを記録した。 昨シーズン終了後にLAギャラクシーを退団しフリーの身となっていた元イングランド代表DFについて、かつてチェルシーで共にプレーしたダービーを率いるフランク・ランパード監督は次のように話している。 「アシュリーを迎えられて我々は嬉しく思っている。彼は素晴らしい選手でロッカールームでもこれまでの経験を伝えてくれるだろう。彼がチームに何をもたらすか、影響を与えるかは、チェルシーやイングランド代表で共にプレーしていたからわかっているよ」 ダービーは現在、28節を終えたリーグ戦で首位リーズと勝ち点差「8」の6位と好位置につけている。 2019.01.22 03:02 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース