インド代表、シュティマッツ氏を新監督に招へい! 過去にクロアチア代表を指揮2019.05.15 17:36 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
全インドサッカー連盟(AIFF)は15日、クロアチア人指揮官のイゴール・シュティマッツ氏(51)のインド代表監督就任を発表した。契約期間は2年となる。

インド代表ではAFCアジアカップUAE2019終了後にイングランド人指揮官のステファン・コンスタンティン前監督が退任。その後、後任監督を探していた中、過去にクロアチア代表を率いた経験を持つシュティマッツ氏を招へいすることになった。

現役時代にクロアチア代表のセンターバックとして活躍したシュティマッツ氏は、母国のハイデュク・スピリトやクロアチア代表、イランのセパハンの指揮官を歴任。その後、2017年にカタールのアル・シャハニアを退団して以降、フリーの状態が続いていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ハーフナー弟・ニッキがスイス1部に挑戦…今季は2部でプレー

スイス・スーパーリーグのトゥーンは24日、2部のFCヴィル1900から元U-20日本代表DFハーフナー・ニッキ(24)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年までとなる。 ハーフナー・ニッキは、名古屋グランパスの下部組織出身。兄は元日本代表FWハーフナー・マイク、父はJリーグでもプレーしたGKハーフナー・ディドといった、サッカー一家に生まれた。 198cmの長身を生かし、将来が嘱望されていたハーフナー・ニッキは、2013年1月に名古屋のトップチームへと昇格。2016年1月には本田圭佑が実質的オーナーを務めているSVホルンへと完全移籍。FCヴィル1900には2018年7月に加入していた。 2018-19シーズンは、スイス2部で26試合に出場し2ゴール1アシストを記録。トゥーンはここでの活躍を評価し、獲得に至ったとのことだ。 トゥーンには、元スイス代表FWアレクサンダー・フライや元同代表FWマルコ・シュトレラーらが所属。2018-19シーズンはスイス・スーパーリーグを6位で終えていた。 2019.05.25 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

伊東純也のヘンク監督がクラブ・ブルージュに移籍!

クラブ・ブルージュは24日、フィリップ・クレメント氏(45)の監督就任を発表した。 クレメント氏は現役時代、ヘンクやクラブ・ブルージュでプレー。2017年からヘンクを率いると、日本代表FW伊東純也が今冬加入した今シーズン、8シーズンぶり4度目のジュピラー・プロ・リーグ優勝に導き、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権ももたらした。 リーグ2位で終戦したクラブ・ブルージュを来シーズンから率いるクレメント氏は「ヘンクファミリー全員に感謝する。タイトル獲得もあり、素晴らしい時間を過ごした。とても近い2つのチーム間で選択するのは簡単じゃなかったが、最終的に戻ることを決めた」とコメントしている。 2019.05.25 12:35 Sat
twitterfacebook
thumb

エバートン、降格ハダースフィールドからデンマーク代表GKレッスルを獲得!

エバートンは24日、ハダースフィールドからデンマーク代表GKヨナス・レッスル(30)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。7月1日からの加入となるレッスルは2022年6月30日までの3年契約にサインしている。 レッスルは、母国のミッティランでキャリアをスタートさせた後、フランスのギャンガンを経て、2016年にマインツに完全移籍。その後、2017年には45年ぶりの1部昇格を果たしたハダースフィールドに1年間のレンタル移籍で加入。 同シーズンに正GKとしてプレミアリーグ全試合に出場し、同クラブの1部残留に大きく貢献。完全移籍に切り替わった今季もリーグ戦31試合に出場も、チームはダントツの最下位で2部降格となっていた。 なお、エバートンではイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードが守護神を務めており、レッスルは元オランダ代表GKマールテン・ステケレンブルフと第2GKの座を争うことになるようだ。 2019.05.24 20:17 Fri
twitterfacebook
thumb

リッピ氏が中国代表監督に再任! 今年1月末に退任もわずか4カ月で復帰

中国サッカー協会(CFA)は24日、今年1月まで中国代表を率いていたマルチェロ・リッピ監督(71)の再任を発表した。 1995-96シーズンにユベントスでチャンピオンズリーグを制したほか、2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)でイタリア代表を優勝に導いた実績を誇るリッピ監督。2012年から広州恒大の指揮を執り、2016年10月から中国代表監督に就任した。だが、今年1月に開催されたAFCアジアカップ2019終了後の契約満了をもって退任を発表していた。 その後、中国代表は広州恒大を率いるファビオ・カンナヴァーロ監督(45)が兼任という形で3月に行われたチャイナカップのタイ代表戦、ウズベキスタン代表戦(いずれも0-1で敗戦)を率いたが、先月に辞任を発表していた。 そして、空位となっていた中国代表の新指揮官に就任したのは、一時監督業勇退も囁かれていたリッピ監督となった。なお、リッピ監督第二次政権の任期は2022年カタールW杯までとなっており、来月に行われるフィリピン代表、タジキスタン代表との国際親善試合で再スタートを切ることになる。 2019.05.24 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、堂安同僚の21歳ドイツ人DFシャボットを獲得

サンプドリアは23日、MF堂安律が所属するフローニンヘンからドイツ人DFユリアン・シャボット(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となっている。 フランクフルトやライプツィヒの下部組織に在籍していた195cmの大型センターバックであるシャボットは、2017年夏にオランダのスパルタへ移籍。そこでシーズン後半にレギュラーポジションを掴み、2018年夏にフローニンヘンへ移籍していた。そして今季、エールディビジで28試合に出場して1ゴール1アシストを記録し、主力として活躍していた。 また、各世代のドイツ代表ではU-17から選出され、U-20まで選出されていた経歴を持っている。 2019.05.24 01:09 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース