残留争いの渦中にあるジェノアがクラブ売却へ2019.05.15 04:31 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジェノアのオーナーを務めるエンリコ・プレツィオージ会長は14日、クラブを売りに出すことを発表した。玩具会社の創設者でイタリア有数の大富豪となった実業家のプレツィオージ氏は2003年7月にセリエBに所属していたジェノアを買収。2004-05シーズンにはセリエA昇格を果たしかけたが、最終節にプレツィオージ氏が八百長を行ったとしてセリエC1への降格が決まってしまった。

それでも、プレツィオージ氏がクラブへの投資を続けたこともあってジェノアは2006-07シーズンに13季ぶりとなるセリエA昇格を果たし、2008-09シーズンにはFWディエゴ・ミリートやMFチアゴ・モッタらを擁してセリエAで5位と躍進した。

セリエA昇格以降、一度もセリエBに降格することなくセリエAに定着していたジェノアだが、今季は2試合を残して降格圏の18位エンポリと1ポイント差の17位と低迷し、セリエB降格の危機に迫っている。
コメント
関連ニュース
thumb

バロウ&カスターニュ弾で逃げ切ったアタランタが暫定3位に浮上!《セリエA》

アタランタは11日、セリエA第36節でジェノアと対戦し、2-1で勝利した。 公式戦4連勝中の4位アタランタが、残留争い中の16位ジェノアをホームに迎えた一戦。前節チャンピオンズリーグ(CL)出場権争うラツィオとの上位対決を逆転勝利で飾ったアタランタは、その試合の先発から出場停止のアレハンドロ・ゴメスとアンドレア・マジエッロに代えてパシャリッチとゴセンズを起用した。 立ち上がりからボールを支配するアタランタは、8分に決定機。パシャリッチのスルーパスでボックス右から侵入したカスターニュがシュート。これはGKラドゥに弾かれたが、こぼれ球をゴセンズがゴール左隅へ流し込んだ。 このゴールでアタランタの先制かと思われたが、カスターニュのシュートを相手GKが弾いた際にD・サパタがオフサイドの判定となり、このゴールは取り消された。 さらにアタランタは、18分にもデ・ルーンのロングパスから相手DFの裏に抜け出したD・サパタがゴールネットを揺らしたが、これもわずかにオフサイドを取られゴールとはならない。 今節の結果次第でセリエA残留の決まるジェノアは30分、ベッサの右クロスをファーサイドのヴェローゾがヘディングシュート。しかし、これは相手DFに当たり枠を外れる。さらに44分には、バイタルエリア手前からヴェローゾがロングシュートを放ったがが、これはGKゴッリーニのセーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、アタランタはパシャリッチを下げてバロウを投入。すると46分、デ・ルーンのロングフィードから相手DFの裏に抜け出したバロウがボックス内まで持ち上がりシュート。このシュートはGKラドゥが弾いたが、ボールはゴールに吸い込まれた。 先制点で勢いづくアタランタは、53分にもスルーパスで左サイド深くまで抜け出したゴセンズの折り返しをボックス左で受けたディムスティが相手GKとDFの間にクロスを入れると、ゴール前に抜け出したカスターニュがワンタッチで流し込み、追加点を奪った。 2点をリードしたアタランタだが、63分にアクシデント。腰を痛めたバロウがピッチに座り込み、そのままペッシーナとの交代を強いられた。 2点を追うジェノアは、83分にチャンス。クリーシトの左クロスをゴール前で合わせたロメロのヘディングシュートが枠を捉えたが、これはGKゴッリーニが好セーブ。 それでもジェノアは89分、ベッサのスルーパスに抜け出したロメロがボックス右からヒールパスで折り返すと、これをパンデフが流し込み、1点を返した。 1点差に詰められたアタランタは、89分にイリチッチを下げてイバニェスを投入し試合を締めにかかる。結局、試合はそのまま2-1で終了。バロウとカスターニュのゴールで逃げ切ったアタランタが、インテルをかわし暫定3位に浮上した。 2019.05.12 00:01 Sun
twitterfacebook
thumb

エル・シャーラウィ、古巣ジェノア戦でのゴールを急逝したジェノア理学療法士に捧ぐ

ローマに所属するイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィが5日に行われたセリエA第35節のジェノア戦でのゴールセレブレーションについて説明した。ローマ公式ツイッターが同選手のコメントを伝えている。 現在、熾烈なチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに身を置く5位のローマは、16位ジェノアとのアウェイゲームに臨んだ。攻守両面で精彩を欠く状況が続いたローマだが、81分にFWユスティン・クライファートからの右クロスをニアのFWエディン・ジェコが頭でフリック。これをファーで待ち受けたエル・シャーラウィが見事な左足ボレーでゴールに流し込み、先制に成功した。 しかし、90分に相手セットプレーからDFクリスティアン・ロメロに同点ゴールを許すと、試合終了間際にはGKアントニオ・ミランテがFWアントニオ・サナブリアを倒して痛恨のPK献上。これはミランテが見事な反応で阻止したものの、結局試合は1-1のドローに。4位のアタランタとの勝ち点差が「3」に広がる厳しい結果となった。 試合終盤に大きな見どころがあったこの一戦だったが、注目を集めたのはエル・シャーラウィのゴールセレブレーションだった。 これまで前所属先のミランを始め古巣対戦では古巣への敬意からあまり目立つゴールセレブレーションを行わなかったエル・シャーラウィだが、今回はゴールを決めた直後に両手の人差し指を空に向けて指すセレブレーションを見せていた。 エル・シャーラウィは同試合後、このセレブレーションに関する質問を受けると、2週間前に心臓発作によって25歳の若さで亡くなったジェノアの理学療法士、オルセッタ・グランディスさんに捧げるためのものだったと語った。 「今日のゴールはオルセッタに捧げたんだ。彼女は2週間前に亡くなってしまった。僕は彼女のことを良く知っていたんだ。彼女は理学療法士としてジェノアで働いていて、とても素晴らしい女性だった」 「彼女のスタジアムでゴールを決めたからオルセッタにゴールを捧げたんだ」 イタリア『ジェノヴァ・トゥデイ』によると、ジェノヴァで有名な外科医カルロ・グランディス医師の娘であるオルセッタさんは、ジェノアの熱狂的なサポーターとして知られており、ジェノアがサマーキャンプを行う際には理学療法士として以前からサポートを行っていた。 しかし、4月22日に恋人と共に訪れていた休暇先のパヴィアのホテルで急に体調不良を訴え地元の病院に緊急搬送されるも、心臓発作によって25歳の若さで急逝していた。 2019.05.06 14:42 Mon
twitterfacebook
thumb

ラストプレーのPKはストップもAT被弾でドローのローマ、4位アタランタとの勝ち点差が3に広がる《セリエA》

ローマは5日、セリエA第35節でジェノアとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 前節カリアリ戦を快勝し、5位に浮上したローマ(勝ち点58)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位アタランタを1ポイント差で追走する中、カリアリ戦のスタメンから2選手を変更。パストーレとクライファートに代えてザニオーロと出場停止明けのクリスタンテを起用した。 ここ6試合勝利がなく残留争いに再び巻き込まれている16位ジェノア(勝ち点35)に対し、開始4分にラパドゥーラの直接FKでゴールを脅かされたローマがボールを持つ展開で立ち上がっていく。 しかし、攻めあぐねるローマは15分にヴェローゾのミドルシュートでゴールを脅かされると、直後の16分にもボックス右への侵入を許したクアメに際どいシュートを打たれてしまう。 流れの悪いローマだったが、19分に決定機。右CKからファシオのヘディングシュートが枠の左を捉えたが、GKラドゥのビッグセーブに阻まれた。 その後はオープンな展開が続き、32分にローマは左CKからジェコが際どいヘディングシュートを浴びせれば、直後の33分にはジェノアがラパドゥーラのヘディングシュートでゴールに迫った。 ハーフタイムにかけても互いにゴールに迫ると、ローマは37、38分とペッレグリーニがボックス内から立て続けに際どいシュートを浴びせるも、いずれも枠を捉えきれない。一方のジェノアは追加タイムにCKの流れからロメロが際どいボレーシュートを浴びせたがこちらも枠を捉えきれず、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、ローマがボールを持つ流れとなる中、57分にザニオーロが右サイドからのカットインシュートで枠を捉えた。だが、GKラドゥの好守に阻まれてしまう。 さらに69分、ジェコがヘディングシュートでオンターゲットを記録するもゴールが遠いローマは、シックとクライファートを投入してゴールをこじ開けにかかった。 すると終盤の82分、ローマにゴールが生まれる。右サイドからのクライファートのクロスをジェコがヘッドで逸らすと、ボックス左のエル・シャーラウィが左足ボレーでゴール右に蹴り込んだ。 このまま逃げ切り濃厚かと思われたローマだったが、追加タイム1分に落とし穴が待っていた。右CKからシックに競り勝ったロメロにヘディングシュートを決められた。さらに試合終了間際には大ピンチ。追加タイム5分、GKミランテがボックス内に飛び込んできたサナブリアを倒し、PKを献上してしまった。 しかし、サナブリアのシュートをGKミランテが阻止。敗戦は免れたものの、勝ち点1を得るにとどまり、4位アタランタとの勝ち点差は3ポイントに広がった。 2019.05.06 03:12 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェノアMFストゥラーロが右ヒザを手術、成功も復帰までには5カ月か

ジェノアは3日、イタリア代表MFステファノ・ストゥラーロが右ヒザの手術を受け、成功したことを発表した。 ストゥラーロは4月20日に行われたセリエA第33節のトリノ戦でヒザを負傷し、欠場が続いていた。ローマのピエール・パオロ・マリアニ医師の診断を受けたストゥラーロは、右ヒザ十字じん帯の部分断裂と診断され、3日にマリアニ医師により関節鏡手術を受け、成功したとのことだ。 なお、ジェノアは復帰の詳細な時期を明かしていないが、一部メディアでは5カ月ほど要するのではないかとのことだ。 今年1月にユベントスから古巣ジェノアにレンタルで加入したストゥラーロは、契約に含まれていた非公表の条件を満たしたことで翌月にジェノアへの完全移籍が決定。ジェノアでは、ここまでセリエA5試合に出場。復帰初戦となった第28節のユベントス戦では、恩返し弾を記録しチームを4試合ぶりの勝利に導いた。 2019.05.04 03:30 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル戦控えるナポリが10人のジェノアと1-1ドロー、今節でのユーベの8連覇は阻止《セリエA》

ナポリは7日、セリエA第31節でジェノアをホームに迎え、1-1で引き分けた。 前節エンポリ戦を1-2と敗れ、前日にミランに勝利した首位ユベントスとのポイント差が暫定21に広がった2位ナポリ(勝ち点63)は、この試合に敗れるとユベントスの8連覇が決まるが、4日後にヨーロッパリーグ準々決勝のアーセナル戦を控える中、現状のほぼベストメンバーを送り込んだ。 12位ジェノア(勝ち点33)に対し、立ち上がりからテンション高く攻勢に出たナポリはファビアン・ルイス、ミリクと立て続けに決定的なシュートを浴びせていく。 しかし8分にピンチ。ファビアン・ルイスのミスパスからクアメに決定機を許すも、GKカルネジスがセーブした。ここから徐々にナポリの圧力が弱まると、20分にパンデフのコントロールシュートでゴールを脅かされたが、GKカルネジスが凌いだ。 すると29分、ナポリが数的優位となる。アランの足首に対し、ストゥラーロが足裏を入れるタックルを見舞ってVARの末に一発退場となった。そして34分、中央でパスを受けたメルテンスのミドルシュートがゴール右に決まって、ナポリが先制した。 しかし追加タイム3分、クアメの突破を許すと、パンデフのクロスからボックス右のラゾビッチにボレーシュートを叩き込まれ、1-1で前半を終えた。 迎えた後半もナポリが押し込む展開で立ち上がっていくも、決定機を生み出すには至らず時間が経過していく。 そこで67分、アランに代えてインシーニェを左サイドに投入し、ジエリンスキをセンターに回した。 すると76分、ようやく決定機。カジェホンの右クロスにミリクがヘッド。しかし、わずかに枠の上に外れた。 しかし78分にはピンチ。カウンターを受け、ゴール前に飛び込んだクアメに合わせられたが、GKカルネジスがセーブした。さらに直後のCKの流れからロロンのボレーシュートでゴールを脅かされるも、わずかに枠を外れて助かった。 ひやりとしたナポリは85分、敵陣でボールを奪ったクリバリがそのままボックス内に侵入してシュートを放ったが、GKラドゥの好セーブに阻まれ、1-1でタイムアップ。 10人の相手に勝ち点を1を得るに留まったが、今節でのユベントスの8連覇は阻止している。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=a80lijbkher01fk3mmn6b9wbd" async></script> </div> 2019.04.08 05:34 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース