PSV、主力のドイツ人DFシュワーブが契約延長せず退団へ2019.05.15 00:41 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
PSVのドイツ人DFダニエル・シュワーブ(30)が今季をもって退団するようだ。PSVを率いるマルク・ファン・ボメル監督が明かしている。

レバークーゼンやシュツットガルトで活躍したセンターバックのシュワーブは、2016年7月にPSVへ移籍。PSVでも主力として活躍し、2017-18シーズンのエールディビジ優勝に貢献。今季もリーグ戦30試合に出場して、得失点差の関係から連覇は不可能な状況だが、最終節を前に首位アヤックスを3ポイント差で追う2位のチームの主軸として活躍していた。

ただ、ファン・ボメル監督によればシュワーブは家族のことを考慮し、PSV退団を決意したとのことだ。

シュワーブはPSVでの在籍3年間で公式戦105試合に出場し、3ゴールをマークしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ファン・ニステルローイ、PSVのU-19チーム監督を継続! 2年間の契約延長にサイン

PSVは2日、U-19チームを率いるルート・ファン・ニステルローイ監督(42)との契約を2021年6月30日まで更新したことを発表した。 U-19チームの指揮官として2年間の契約延長に同意したファン・ニステルローイ監督はクラブ公式サイトを通じて、「このチームの監督として今後2年間指揮を続けられることを嬉しく思っている。私は強い信念をもってここでの職務を続けていくつもりだ」と意気込みを語っている。 ファン・ニステルローイ監督は現役時代にPSVやマンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、ハンブルガーSVなどでプレー。エールディビジ、プレミアリーグ、リーガエスパニョーラ優勝の経験と共に、3つのリーグで得点王を獲得し、チャンピオンズリーグ(CL)でも3度得点王に輝いた実績を持つ万能型ストライカーだ。 2012年5月に現役を退いた後、2014年からオランダ代表のアシスタントコーチを務め、2016年2月から古巣PSVのユースコーチに就任していた。そして、22日にU-19チームの監督を務めていたマルク・ファン・ボメル氏がトップチーム新監督に就任したことで、昨年6月からU-19チーム監督の後任を務めていた。 2019.05.04 15:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリ、イルビング・ロサーノ獲得に近づく

ナポリが、PSVのメキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(23)の獲得に近づいているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 昨年のロシア・ワールドカップでの活躍が記憶に新しいロサーノ。そこで一気に知名度を高めた同選手は、2017年夏にPSVに移籍する前から目を付けていたマンチェスター勢に加え、バルセロナやユベントス、アーセナル、チェルシーからの関心が報じられるようになった。 現在もビッグクラブが注目する中で、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によるとナポリが獲得レースで一歩先を進んでいるという。最近、ナポリはFWロレンツォ・インシーニェの去就に関して代理人のミノ・ライオラ氏とイタリアで会談。同氏はロサーノも顧客に持っており、そこで移籍に関して交渉の進展があった模様だ。 だが、4000万ユーロ(約50億円)を要求するPSVに対し、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は何とか3000万ユーロ(約37億5000万円)に抑えたい考えだという。 PSV加入後、すぐに攻撃の中心選手となったロサーノは、今季はここまで公式戦40試合に出場し21ゴール12アシストの成績を残している。 2019.05.01 16:16 Wed
twitterfacebook
thumb

【平成史に残るレジェンドチーム50選】vol.30“ヒディンク第2次政権”国内2冠/PSV[2004-05]

1989年1月8日に日本で始まった「平成」。日本では31年にわたって使用されてきたが、2019年4月30日をもってその時代が終わりを告げる。 日本サッカーにおいても激動の時代であった「平成」だが、目をヨーロッパに向け、同じ時代で印象に残ったレジェンドチームを超ワールドサッカー編集部が選出。記憶や記録に残る50チームを紹介していく。 <div style="position: relative;margin: 2em 0;padding: 25px 10px 7px;border: solid 2px #FFC107;"><span style="position: absolute;display: inline-block;top: -2px;left: -2px;padding: 0 9px;height: 25px;line-height: 25px;vertical-align: middle;font-size: 17px;background: #FFC107;color: #ffffff;font-weight: bold;">vol.30</span><p style="margin: 0; padding: 0;font-weight:800">2004-2005シーズン/PSV 〜ヒディンク第2次政権〜</p></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/2004-05PSV.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div><div style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">監督:フース・ヒディンク(58) 獲得タイトル:エールディビジ、KNVBカップ 攻撃力8:★★★★★★★★☆☆ 守備力8:★★★★★★★★☆☆ タレント7:★★★★★★★☆☆☆ 連係8:★★★★★★★★☆☆ 選手層7:★★★★★★★☆☆☆ </p></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">充実のシーズン</div> オランダの強豪クラブとして輝かしい実績を誇るPSVは2002年夏、同年に開催された日韓ワールドカップで韓国代表をベスト4に導いたヒディンク監督を招へい。1988年のチャンピオンズカップ(現CL)制覇などクラブに数々のタイトルをもたらしたオランダ人監督に再び指揮を委ねた。 ヒディンク第2次政権の初年度にエールディビジを制覇したチームは、2004年夏にロッベンなどの主力数人を放出。ただ、GKゴメスやアレックス、ファルファン、ビーズリーといった活きの良い若手を獲得した上に、バルセロナで実績を残したコクーを6年ぶりに復帰させた。これに伴い、ヒディンク監督は若手とベテランがうまく融合した好チームを作り上げる。 そして2004-05シーズン、PSVはCLで好成績を残す。グループステージをアーセナルに次ぐ2位で突破すると、モナコとリヨンを破って1996-97シーズンのアヤックス以来となるオランダ勢のベスト4進出を果たした。 そして、イタリアの強豪・ミランと対戦した準決勝は名勝負となる。アウェイでの1stレグを0-2で落としたPSVは、ホームで開催された2ndレグでパク・チソンとコクーのゴールで2点を奪い、2戦合計スコアをタイとする。しかし、後半アディショナルタイムにアンブロジーニにゴールを奪われて失点。残り数分で2点を奪わなければならなくなったPSVは、直後にコクーの見事なゴールで1点を返したが反撃もここまで。2戦合計スコアを3-3としたが、アウェイゴール差で敗退となった。 CLで躍進したPSVは、国内リーグで圧巻の強さを見せて首位を独走し、エールディビジの王座を奪還。さらに、KNVBカップも制覇して国内2冠を達成するなど、充実のシーズンを送った。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ヒディンク仕込みのアタッキングフットボール</div> ヒディンク監督に率いられたPSVは、粋の良い若手と経験豊富なベテランがうまく融合し、攻守にアグレッシブなフットボールを展開した。その中で、チームのストロングポイントは中盤の3枚。コクーを中心にファン・ボメルやフォーゲルといった中堅が攻守にわたって気の利いたプレーを見せて、チームに安定をもたらした。 また攻撃では、191cmの身長を持つフェネホール・オフ・ヘッセリンクの高さを生かすべく、パク・チソンやファルファン、ビーズリーらのサイドアタックや中盤からの飛び出しで攻撃を仕掛けた。そのため、コクーやファン・ボメルが10ゴール以上を記録し、ウイングプレイヤーがそれぞれ9ゴールを挙げる活躍を見せた。 守備陣もアレックスやボウマを軸に安定したパフォーマンスを披露。両サイドバックを務めたオーイエルとイ・ヨンピョは堅実な守備を見せた。最後尾に控えたGKゴメスは、ビッグセーブを連発して失点を最小限に抑えていた。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ピックアップ・プレイヤー</div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">MFフィリップ・コクー(34)</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/cocupc.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> GK以外のポジションをこなす左利きのオールラウンダー。バルセロナで主力として活躍したコクーは、古巣のPSVに復帰して以降も攻守に絶大なる存在感を放って、若手が多いチームをまとめ上げた。2008年に引退した後、PSVの監督も務めた。現在はトルコのフェネルバフチェの監督を務めている。 2019.04.18 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド移籍はロサーノの「夢」 選手古巣の会長が注目発言

PSVに所属するメキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(23)はマンチェスター・ユナイテッドでプレーする夢を抱いているようだ。イギリス『ESPN』が報じた。 2017年夏にパチューカからPSVに移籍したロサーノ。オランダの地で躍動を続けるなかで、先のロシア・ワールドカップ(W杯)でも持ち味の鋭いドリブル、テクニック、決定力を見せつけ、今夏のステップアップ移籍に注目が集まっている。 そのロサーノを巡っては、最近の報道でドルトムントやナポリのほか、ユナイテッドの関心を示しているとも…。中でも、ユナイテッドはロサーノ獲得に向け、代理人を務めるミノ・ライオラ氏と交渉をスタートさせたとみられている。 古巣パチューカのヘスス・マルティネス会長は、去就が騒がしくなりつつあるロサーノについて次のようにコメント。ユナイテッドの長年にわたる関心を認め、選手自身にとってもオールド・トラフォード行きが「夢」だと主張した。 「私が保証できるのはイルビングが16歳だった頃からユナイテッドが追っていたということ。彼らは全ての資料を持っている。彼らはそういった分野において、最高のスカウトとプロフェッショナルなクラブの1つだ」 「私の究極的な夢は、チャッキー(ロサーノの愛称)がユナイテッドに、エクトル(・エレーラ)がアトレティコ・マドリーにいることだ。それは私の夢であり、彼らの夢でもあるのだ」 2019.03.30 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド? PSG? メキシコ代表FWロサーノ、今夏こそビッグクラブへ飛躍の時!

メキシコ代表を率いるヘラルド・マルティーノ監督が、PSVに所属する同国代表FWイルビング・ロサーノ(23)のビッグクラブ行きに太鼓判を押している。大手『ESPN』が伝えた。 2017年夏にパチューカからPSVに加入して以降、オランダの地で躍動を続ける逸材アタッカーは、昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)といった大舞台でも持ち味の鋭いドリブル、テクニック、決定力を遺憾なく発揮。クラブでは、ここまで公式戦34試合19ゴール9アシストの成績を残している。 そして、ビッグクラブ行きが囁かれるロサーノの去就について、直近の報道ではマンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン(PSG)、ナポリからの関心が伝えられた。 そういった規模のクラブでのプレーに関して、ロサーノの輝きを引き出してきたマルティーノ監督は以下のように太鼓判を押している。 「ラテン系の選手がオランダやポルトガルで中間ステップを踏むことは伝統的だ。イルビングはオランダでかなりの時間を過ごしたし、欧州で最も大きい場所にジャンプ出来る貴重な選手だと示してきたと思う」 「私は(移籍に)賛成するだろうが、それは選手が決めることだ。分析として、あの選手が準備出来ているかって? 完全にイエスだ」 2019.03.26 15:05 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース