CL決勝の主審が決定! PSGを敗退に追い込んだスコミナ氏に2019.05.14 23:02 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
6月1日にマドリッドで行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝、リバプールvsトッテナムの主審が決定した。スロベニア人審判のダミル・スコミナ氏に決まっている。42歳のスコミナ氏は今季のCL決勝トーナメント1回戦1stレグ、アヤックスvsレアル・マドリー、同1回戦2ndレグのパリ・サンジェルマンvsマンチェスター・ユナイテッドの主審を務めていた。

アヤックスvsレアル・マドリーではアヤックスのDFニコラス・タグリアフィコのゴールをVARの末に取り消し、PSGvsユナイテッドでは試合終了間際にDFプレスネル・キンペンベのハンドをVARの末に取ってPSGがベスト16敗退に追い込まれていた。

いずれのジャッジも騒動を巻き起こす結果となったが、決勝では何事もなく試合を裁くことができるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプール、昨夏破談に終わったフェキル獲得に再挑戦か

リバプールが再び、リヨンに所属するフランス代表MFナビル・フェキル(25)の獲得に動くようだ。イギリス『メトロ』が伝えた。 リヨン下部組織出身のフェキルは2013年にトップチーム昇格。以降、攻撃の核として活躍し、今シーズンの公式戦39試合で12ゴール9アシストを記録した。 そのフェキルは、昨夏に5300万ポンド(約73億6000万円)でリバプール移籍が決定的になっていたが、直前に負傷したことで破談に。それでも、リバプールは関心を継続させており、今夏も再び獲得に動くという。 また、リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長は「我々は彼が移籍するということを理解している」と今夏の退団を容認しているようだ。 2019.05.25 14:59 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズ、フルスカッドでCL決勝へ! ケイン&ウィンクスが順調に回復

トッテナムは6月1日にリバプールとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝を戦う。この大一番をフルスカッドで戦える可能性が高まっている。イギリス『スカイ・スポーツ』が最新のチームニュースを伝えている。 トッテナムにとって今回のファイナルを戦ううえでの懸念材料は、エースストライカーのFWハリー・ケインと中盤の主力MFハリー・ウィンクスのコンディションだ。 ケインは先月9日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのマンチェスター・シティ戦で左足首じん帯を損傷。一方、ウィンクスは4月29日にそ径部の手術を受けていた。 トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は23日、ケインの回復具合に関して以下のように言及している。 「ケインはトレーニングをこなしている。回復は順調に進んでいる」 「我々は彼がスタメンかベンチからか、またはロッカールームでの道徳的なサポートか、そのいずれにしても彼が我々と一緒にいて助けとなることを期待している。ただ、我々は彼がピッチ上で助けになってくれるということを楽観視している」 また、ウィンクスに関しては今週に入ってチームメート共にすべてのトレーニングメニューを消化しており、一部別メニューのケインに比べてコンディションは良好のようだ。 その他の負傷者に関しては、それぞれ足首と太ももに問題を抱えるDFヤン・ヴェルトンゲン、DFダビンソン・サンチェスの2選手に関してもトレーニングに復帰しており、決勝までにはプレー可能な状態に仕上げられるようだ。 2019.05.24 23:02 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘンダーソン、14季ぶりの欧州王者へ激戦覚悟「全員スパーズがどれだけ優れたチームかを知っている」

リバプールに所属するイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが、トッテナム戦への意気込みを語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 チャンピオンズリーグ(CL)準決勝でバルセロナ相手に奇跡の逆転劇を見せ、2シーズン連続で決勝進出を決めたリバプール。6月1日に行われる決勝では、14シーズンぶりの優勝を目指してトッテナムと対戦する。 キャプテンを務めるヘンダーソンは、「全員がスパーズがどれだけ優れたチームかを知っている」と厳しい決勝戦になることを覚悟している。 「(決勝戦が)全てだ。クラブ、ファン、関わる全ての人たちにとって、そしてなにより選手たちにとってね」 「シーズンが始まった当初は、多くの人々がこのようなことになるなんて想像していなかったんじゃないかな。特に昨シーズンの終盤は、難しい終わり方をしたからね」 「全員がスパーズがどれだけ優れたチームかを知っている。本当にタフな決勝戦になるだろうね。僕らは万全の準備をしなくてはならない」 2019.05.22 13:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「ちょっと誰かと話をしていたんだ…」ヘンダーソン、バルサ戦での不意打ちCKを見逃していた!?

リバプールのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが、バルセロナ戦の驚愕CKを振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 リバプールは7日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグでバルセロナをアンフィールドに迎えた。1stレグを0-3で落とし、危機的状況だったリバプールだったが、FWディヴォク・オリジ、途中出場のMFジョルジニオ・ワイナルドゥムの2ゴールで2戦合計スコアを3-3に。そして、迎えた79分、予想外な形で決勝ゴールが生まれた。 ボックス右外でパスを受けたアーノルドは、MFセルジ・ロベルトにボールを当てて右CKを獲得。そのままボールボーイからボールを授かり、コーナーアークにボールをセットすると、寄ってきたMFジェルダン・シャキリにキッカーを譲ろうと、その場を離れようとする。しかし次の瞬間、アーノルドはゴール前のバルセロナ守備陣がゆっくり準備に移ろうとしていたのを見逃さず、中央のオリジに鋭いクロスを供給。このパスを感じていたオリジが冷静にゴールに流し込んだ。 バルセロナの意表を突いたこのゴールは、奇跡の大逆転、そして2シーズン連続での決勝進出を決める決勝弾に。しかし、ヘンダーソンはこのゴールを見ていなかったようだ。あの場面での出来事をこう振り返る。 「僕はちょっと誰かと話をしていたんだ。コーナーの作戦なんかをね」 「で、振り向いたらボールがゴールネットに吸い込まれていて、僕は何が起こったか本当にわからなかったんだよ」 「あのようなビッグゲームであんなゴールが決まるなんて驚きだよ。若い選手が気づいてそれを可能にしたこと、ディヴォクがあのボールに反応できたこと、どちらも素晴らしかった」 「素晴らしいフィニッシュだった。素晴らしいゴールだった。あれはあの夜を集約したものだった。今後、長きに渡って語り継がれる特別な夜になったね」 味方をも惑わせた不意打ちCKで決勝進出を決めたリバプール。6月1日に行われる決勝では、14シーズンぶりの優勝を目指してトッテナムと対戦する。 2019.05.22 11:40 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールに朗報! 今季スパーズ相手に2発のフィルミノがCL決勝に向け練習復帰!

リバプールに所属するブラジル代表FWロベルト・フィルミノが、トレーニングに復帰した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 チャンピオンズリーグ(CL)準決勝でバルセロナ相手に奇跡の逆転劇を見せ、2シーズン連続で決勝進出を決めたリバプール。6月1日に行われる決勝では、14シーズンぶりの優勝を目指してトッテナムと対戦する。 その大一番に向けて、リバプールに朗報が舞い込んだ。そ径部に問題を抱え、プレミアリーグ第37節のニューカッスル戦(今月4日)、CL準決勝2ndレグのバルセロナ戦(7日)、プレミアリーグ第38節のウォルバーハンプトン戦(12日)に欠場していたフィルミノがメディカルスタッフとのリカバーを経て、21日のトレーニングで全体練習に復帰した。 フィルミノは今シーズン、公式戦で16ゴール8アシストを記録。プレミアリーグではトッテナム相手に2ゴールを決め、良いイメージを持っている。果たしてフィルミノは、最後の一戦でピッチに立ち、チームをヨーロッパNo.1の座に導くことができるか。 2019.05.22 09:40 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース