「サッカーって本当にすごいスポーツだよと…」影山監督、チャンピオンズリーグを引き合いに選手たちを鼓舞《U-20W杯》2019.05.13 23:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
U-20日本代表は13日、今月からポーランドで行われるU-20ワールドカップ(W杯)に向けて、千葉県内で流通経済大学とトレーニングマッチを実施した。

MF伊藤洋輝(名古屋グランパス)の豪快ゴールやFW宮代大聖(川崎フロンターレ)の2発など5-0で勝利したU-20日本代表。終了後、指揮官の影山雅永監督がメディア陣による囲み取材に応対し、選手たちの準備・姿勢を称えた。また、ミーティングでは準決勝で激闘を繰り広げたチャンピオンズリーグ(CL)を引き合いに出し、選手たちを鼓舞したことを明かした。

◆影山雅永監督(U-20日本代表)
──チーム全員が合流したが、選手たちにはどんな話をしたか
「僕が何を話すよりも全選手が、『俺たちがやるんだ』という眼をしていたので、そんなに多くは話しませんでした」

「ただ、もう俺たちが持っているものを短い時間で、伸ばせるものを伸ばせるだけ伸ばして、思い切ってプレーできるように、そんな準備をしようぜと話をしました」

「今までの確認と、少しチャンピオンズリーグを例に出して、『サッカーって本当にすごいスポーツだよ』と。『結局はいろいろな状況が起こりながらも、最後まで勝つことを諦めなかったり、勝つ術を探し続けたり、という気持ちが強いチーム、選手が勝つんじゃないか。俺たちもそういうチームになろうぜ』とチャンピオンズリーグの力を借りて、話させてもらいました」

──今日の練習試合はどのような目的意識を持って臨んだか
「活動期間が今年になってから何回かと限られるものでした。それから、いろいろな事情がありながら、来たことがある選手や来たこともないという選手がいて、毎回選手が変わりながらということが多かったです。そういう意味で、ここだけはサッカーにおける攻守、セットプレーの整備について『代表はこういうものだったな』と整理してから来てくれということをお願いしていました」

「テクニカルスタッフにも映像を用意していただいて。それをしっかりピッチの上で表現してくれと言っていましたけど、彼らは素晴らしかったですね。しっかりと頭を自分たちのクラブから切り替えて、代表モードになってきてくれてありがたいなと思いました」

──テクニカルスタッフが用意した映像について
「チームによっていろいろな戦術があります。守備の時ではこんなコンセプトでやります。攻撃の時はこんなコンセプトで動かし方、それからこんなところでいろいろな優位性を作りたい、などいろいろな考え方があると思います。代表に来た時は、自分の所属チームとは違います。そんなにたいしたことではないですよ。僕はすごくシンプルにしてやるつもりなので」

「そこをしっかりと切り替えるためにも、映像を観て予習してきてくれという宿題を出しました。テクニカルスタッフが本当にわかりやすい映像を作ってくれて、予習としてはすごく整理ができて、選手たちが集まってきてくれたのは、そういうスタッフのおかげかなと思います」

──MF久保建英(FC東京)やMF安部裕葵(鹿島アントラーズ)が抜けたこともあり、いろいろ前線を試している印象だったが
「今日はGKが2人、フィールドでプレーしたのは11人です。なので、前線をいろいろ試したというよりも、プレーできる人間が限られていたと(笑) その中で複数のポジションをできる選手を試しながらやって、攻撃のオプションを試したというよりは、できる中で90分間を戦った、という方がもしかしたら正しいのかもしれないですね」

──明日、ポーランドに出発するが、これからはどのようなことを確認していきたいか
「これだけいろいろなことを攻守において理解して、今日臨んでくれているので、観ている選手たちもそれを話しながら観てくれていました。今度は、自分たちを高めること+これからは相手チームがあっての試合になりますので、グループステージを突破するというのは、いろいろなレギュレーションも含めて、戦い方を整理して臨む必要があると思っています。ですので、ちょっとしたディティールになりますけど、そういったものを何回かのセッションの中で確認して落とし込みたいなと思います」

──FW原大智(FC東京)が追加招集され、MF滝裕太(清水エスパルス)とは全く違うタイプだが、期待していることは
「まず一つ、滝選手は今日の午前中まで一緒にいました。ケガが検査の結果、見つかって。最後、大会に行く選手たちに涙ながらに『自分の分も頑張ってくれ』という挨拶がありました。彼に関わらず、ケガやいろいろな理由で行きたくても行けないという選手たちのためにも、我々、選ばれたメンバーとスタッフで最大限、彼らの応援に応えられるように戦わなくてはいけないなと思っています」

「原はこれまでもある意味、常連として集まっていました。なので、急遽呼ばれてもすんなりと入れましたね。集まってきてすぐに選手たちといろいろなことを話し、ピッチの上への準備に向けて全く問題なく、素晴らしい準備をしてきてくれたなと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

レーティング: U-20メキシコ 0-3 U-20日本《U-20W杯》

U-20日本代表は26日、U-20ワールドカップ(W杯)・グループB第2節でU-20メキシコ代表と対戦し、3-0で快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190526_35_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 若原智哉 6.0 立ち上がりのピンチを好守で凌ぐ。その後も的確なポジショニングでシュートやクロスに対応 DF 5 菅原由勢 6.5 安定した守備に加え、初戦では見せられなかった果敢な攻撃参加から決定機を創出 4 瀬古歩夢 6.5 チームが押し込んだことで初戦に比べ守備機会は多くなかったが、的確な潰しとカバーリングでクリーンシート達成 3 小林友希 6.0 後半半ばに顔面を蹴られて流血も球際で互角以上の強さを見せた 15 鈴木冬一 6.0 相手のキーマンとなったライネスに粘り強く対応。攻撃でも積極的に高い位置を取った MF 9 斉藤光毅 6.0 ややフィニッシュの局面の判断に粗さがあったが、果敢な仕掛けで菅原と共に右サイドで優勢に (→20 中村敬斗 5.5) 投入直後に3点目の起点に。短い時間の中で積極性を見せた 10 齊藤未月 6.5 藤本とポジションを入れ替えながら攻守両面で多くの仕事をこなす。相手の懐に入り込むボール奪取は見事 8 藤本寛也 7.0 先発起用に応える2アシスト。積極的にサイドに流れて数的優位を作り出し、正確なパスでゲームをオーガナイズした。守備面での読みも冴えた (→7 伊藤洋輝 -) 16 山田康太 6.5 初戦と同様に切り替えの局面などハードワークが光った。逆サイドの攻撃が機能していたこともあり、バランス重視のプレーに FW 11 田川亨介 7.0 1ゴール1アシストとエースストライカーの仕事。初戦のうっ憤を晴らす躍動感と戦う姿勢を見せ続けた 13 宮代大聖 7.5 19歳の誕生日を自ら祝う2ゴール。見事な決定力を発揮した (→18 原大智 -) 監督 影山雅永 6.5 先発起用の藤本や宮代、鈴木がいずれも機能。完勝で今大会初勝利 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 宮代大聖(U-20日本) ゲームメークで違いを見せた藤本や田川も見事だったが、この大舞台でバースデーゴールを決めるなど見事な勝負強さを見せたJ王者川崎の新鋭をMOMに選出。得点以外にボールを引き出す動きも秀逸だった。 U-20メキシコ 0-3 U-20日本 【U-20日本】 宮代大聖(前21) 田川亨介(後8) 宮代大聖(後31) 2019.05.27 00:39 Mon
twitterfacebook
thumb

宮代が19歳バースデー弾含む2発! メキシコ圧倒の日本が今大会初勝利でグループ暫定首位に!《U-20W杯》

U-20日本代表は26日、U-20ワールドカップ(W杯)・グループB第2節でU-20メキシコ代表と対戦し、3-0で快勝した。 初戦となった南米王者のU-20エクアドル代表戦を1-1のドローで終えた日本は、初戦で欧州予選2位のU-20イタリア代表に1-2で敗れた北中米カリブ海予選2位のメキシコと対戦した。今大会初勝利を目指す中、エクアドル戦からは先発3人を変更。東俊希、郷家友太、伊藤洋輝に代えて鈴木冬一、藤本寛也、宮代大聖を起用。2トップに宮代大聖と田川亨介、中盤は右から斉藤光毅、齊藤未月、藤本、山田という並びとなった。 開始直後に日本はいきなりピンチを迎える。中盤でのボールロストから中央で持ったライネスのスルーパスに抜け出したボックス左のデ・ラ・ローサにファーストシュートを放たれるが、これはGK若原の好守で凌ぐ。 このピンチを凌いだ日本は10分を過ぎてボールを持ち始めると、13分にはボックス内で田川とワンツーを試みた宮代がゴール前でDFと交錯して倒れるが、ここはノーファウルの判定。それでも、流動的な動きでボールを引き出す2ボランチを起点に流れを掴み始めると、先制点を奪うことに成功する。 21分、左サイドから鈴木冬が入れたクロスが相手DFに撥ね返されるが、このクリアボールに反応した藤本がボックス手前左で右足インサイドで浮き球のダイレクトスルーパス。これをゴール左に走り込んだ宮代が腰の捻りを利かせた左足のシュートをゴール右下隅に突き刺した。なお、宮代にとってこのゴールは19歳の誕生日を祝うバースデー弾となった。 一方、ビハインドを背負ったメキシコは失点前から足を痛めていたメラスがプレー続行不可能となり、フィゲロアが緊急投入される。その後、ライネスを起点に幾度か日本ゴールへ迫るが、集中した守備を崩し切るまでには至らず。 先制後も極端に受け身にならず、守備のバランスに気を配りつつマイボールの時間を作って危なげなく試合を運ぶ日本。2トップを中心にカウンターから幾度か決定機を作りかけると、35分には右サイド深くで藤本のパスを受けた菅原が正確な右足のクロスを供給。これを相手DFの間に入り込んだ田川が頭で合わせてゴール左隅に流し込むが、ここは田川のオフサイドを取られて追加点とはならず。それでも、難敵相手に優勢を保った日本が1点リードで試合を折り返した。 後半も落ち着いた入りを見せた日本はセットプレーから追加点を奪う。52分、右CKの場面でキッカーの藤本が左足インスウィングのボールをニアに入れると、ここに飛び込んだ田川がうまく頭でフリック。これがファーポストのサイドネットに吸い込まれた。 相手の出ばなを挫く後半立ち上がりの追加点を手にした日本はこれで完全に試合の流れを掌握。右サイドの菅原が前半以上に高い位置を取って斉藤光との連係から相手を押し込むシーンを作り出していく。その後、相手が早いタイミングで3枚の交代カードを切ってきた中、影山監督は76分に斉藤光を下げて中村敬斗を投入。 すると、この交代直後の76分にはその中村の持ち上がりを起点にボックス手前中央で田川が出したスルーパスに反応した宮代がゴール右から冷静にGKの脇の下を抜くシュートを流し込んで自身2点目となるダメ押しの3点目とした。 これで勝利に大きく近づいた日本は殊勲の藤本、宮代を下げて伊藤、原大智を続けてピッチに送り出し、このままクリーンシートで試合をクローズ。宮代のバースデー弾など攻撃陣がきっちり結果を残し、守備陣もライネス率いるメキシコ攻撃陣を完封する見事な戦いぶりで今大会初勝利。グループB暫定首位に浮上するとともにグループ突破に大きく近づいた。なお、最終節のイタリア戦は29日に行われる。 2019.05.27 00:38 Mon
twitterfacebook
thumb

『週刊 超ワールドサッカー!』第20号はU-20日本代表戦力分析&U-20W杯注目選手特集!

超ワールドサッカーが発行する電子書籍『週刊 超ワールドサッカー!』の第20号が発売されました。 今号はU-20ワールドカップに臨む日本代表を大特集! 全21名の選手の戦力分析をレーティング形式でお届け! <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/dHLbV6hM2M0" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> さらに、日本以外の注目選手10名をピックアップ! この先のサッカー界で飛躍が期待される選手たちを要チェック! <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://amzn.to/30HwYK7" target="_blank">『週刊 超ワールドサッカー!』第20号<br />U-20W杯に臨む日本代表戦力分析はこちらから</a><hr></div> kindle unlimited会員の方は毎週無料でご覧いただけます! また、読み放題会員でない方は、1冊250円で販売中です! みなさま、普段とは違う形で、「超ワールドサッカー」をお楽しみいただけます! 【サンプル】 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/kindle20190525_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://amzn.to/30HwYK7" target="_blank">『週刊 超ワールドサッカー!』第20号<br />U-20W杯に臨む日本代表戦力分析はこちらから</a><hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/kindle20190525_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2019.05.26 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ウルグアイ&ニュージーランドが快勝スタート!《U-20W杯》

FIFA U-20ワールドカップ(W杯)グループC第1節の2試合が24日に行われた。 4大会連続の本大会出場となったU-20ウルグアイ代表は、13大会ぶりの本大会出場となったU-20ノルウェー代表と対戦し、3-1で勝利した。 試合が動いたのは21分、最終ラインのアラウホのロングフィードに反応したヌネスがボックス右手前からゴールを狙うと、ドライブ気味の強烈なシュートをゴールに突き刺さし、ウルグアイが先制。 幸先良く先制したウルグアイは、29分にもドリブルでボックス右からカットインしたブライアン・ロドリゲスの折り返しをジネージャが流し込み、追加点を奪った。 2点のビハインドを追うノルウェーは、後半開始早々に反撃に出る。46分、ボルケートのロングフィードを対応したアラウホがボールとの距離を見誤ると、裏から抜け出したボルクグレヴィンクがボレーシュートで流し込んだ。 1点を返されたウルグアイは87分、左サイドでボールを受けたシアッパカッセが右サイドのスペースへロングパスを供給すると、相手DFの裏に抜け出したB・ロドリゲスがGKとの一対一を冷静に流し込み、試合を決定づける3点目を奪取。 結局、試合は3-1でウルグアイが勝利し白星スタートを切った。 また、同日行われたグループC第1節のもう1試合のU-20ホンジュラス代表vsU-20ニュージーランド代表は、0-5でニュージーランドが勝利した。 試合は開始早々の8分に相手のオウンゴールでニュージーランドが先制に成功。さらに17分には、スルーパスに抜け出したジャストの左クロスをボックス右から走り込んだベン・ウェインが流し込み、追加点を奪った。 リードを広げたニュージーランドは、27分にもボックス左手前のベルが上げたクロスをゴール右手前に走り込んだベン・ウェインがダイビングヘッドで突き刺し3点目。 後半に入っても攻勢を続けるニュージーランドは51分、ロングパスで抜け出したジャストの右クロスからサープリート・シンがゴールネットを揺らし試合を決定づける4点目。 さらにニュージーランドは、後半アディショナルタイムにも途中出場のコンロイがゴールネットを揺らし、5-0と圧勝。ニュージーランドがグループCの首位に立っている。 2019.05.25 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ナイジェリアがカタールに4発快勝でグループ首位に躍り出る!《U-20W杯》

FIFA U-20ワールドカップ(W杯)グループD第1節の2試合が24日に行われた。 2大会ぶりの本大会出場となったU-20ナイジェリア代表は、AFC U-19選手権を3位で通過したU-20カタール代表と対戦し、4-0で勝利した。 序盤から主導権を握るナイジェリアは12分、ボックス左深くから侵入したウドが左足を振り抜くと、相手GKの弾いたボールをエフィアムが押し込み、先制に成功。 幸先良く先制したナイジェリアは、24分にもドリブルでボックス左深くまで侵入したウドの折り返しをゴール前のオフィアが流し込み、追加点を奪う。 後半も攻勢を続けるナイジェリアは68分、相手GKのロングパスを中盤でカットしたマイケルが素早く前線へスルーパスを供給すると、相手DFの裏に抜け出したデレ=バシルがGKとの一対一を冷静に流し込んで3点目。 攻撃の手を緩めないナイジェリアは、74分にも左CKの折り返しをアリュウがゴールに突き刺しダメ押しの4点目まで奪って見せた。その後も危なげない試合運びを見せたナイジェリアは、4-0でカタールを下し今大会を快勝スタート。グループ首位に躍り出た。 また、同日行われたグループD第1節のもう1試合のU-20ウクライナ代表vsU-20アメリカ代表は、2-1でウクライナが勝利した。 試合が動いたのは26分、ツィタイシュビリのロングフィードから最前線のブレツァが巧みな反転でマークを外して抜け出すと、ボックス中央からダイレクトシュートを流し込んだ。 先制を許したアメリカだが、32分に反撃。細かなパスワークで敵陣に侵入すると、デストのパスをボックス左で受けたティモシー・ウェアの折り返しからセルバニアがゴールネットを揺らした。 1-1で迎えた後半、先にスコアを動かしたのはウクライナ。50分、ブレツァの左CKをポポフがヘディングシュートを叩き込み、勝ち越しに成功。 結局、これが決勝点となり2-1でウクライナが白星スタートを飾った。 2019.05.25 05:27 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース