アーセナル、オーバメヤン2Gなどでバーンリーに快勝も、最終順位は5位でフィニッシュ《プレミアリーグ》2019.05.13 01:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ最終節が12日に行われ、アーセナルはバーンリーと対戦し、3-1で勝利した。5位に位置しているものの、4位のトッテナムとは勝ち点差3で得失点差は8あるため、実質この最終節での4位浮上は不可能となっているアーセナル。照準はすでにチェルシーとのヨーロッパリーグ決勝に向けられているか。スタメンにはモンレアルやムヒタリアン、ウィロック、オーバメヤン、イウォビが起用された。

相手GKヒートンのハンドでFKを獲得したアーセナルは4分、ムヒタリアンのクロスにオーバメヤンが反応。だが、至近距離からのヘディングシュートはクロスバーを叩いた。対するバーンリーも28分、ウッドのシュートが右ポスト直撃。互いに好機を迎えた。

中盤での潰し合いが続く中、34分にマヴロパノスがティーレマンスと競り合った際に、ヒジが頭に入ってしまい続行不可能に。コシエルニーとの交代を余儀なくされた。

前半半ば以降は、バーンリーがやや攻勢を強めてアーセナルを押し込んでいく。37分には右CKからトロホウスキがゴール左を掠めるヘディングシュートを放つ。だが、前半はどちらもネットを揺らすことなくゴールレスで試合を折り返した。

試合は後半に動きを見せた。52分、バーンリーのバックパスを奪ったオーバメヤンが一気にGKと一対一に。そのままゴールに流し込んで、アーセナルが先制点を奪った。

アーセナルはさらに53分に、ボックス左からモンレアル、イウォビとつないで右足でクロスを上げる。するとこれをオーバメヤンが右足ダイレクトボレー。見事なシュートでアーセナルに追加点をもたらした。

しかしそれから2分後、バーンリーに1点返される。右サイドを攻めたバーンリーは、クロスをファーサイドのグズムンドソンが収めると、すぐに右足で入れたクロスを供給。これにバーンズが頭で合わせてゴール。これで1点差となった。

だが、アーセナルはそれでも相手の流れに飲まれることなく試合を展開。70分過ぎにはムヒタリアンやオーバメヤンが立て続けにゴールを狙っていく。バーンリーも終盤にクラウチを投入するなどして攻勢を強めると、82分にクラウチがボックス中央からシュートを放ったが、ここはアーセナルDFにブロックされた。89分にはグズムンドソンのクロスからバーンズがヘディングシュート。ゴールを生んだコンビがチャンスを作ったが、シュートは枠の右に外れた。

このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイム、アーセナルは疲れきったバーンリー守備陣に途中出場のエンケティアが侵攻。ボックス左でドリブルで一人躱しでシュートを放つと、角度のないところだったが相手に当たってゴールに吸い込まれた。

結局、試合はアーセナルが3-1で勝利。しかし、最終順位は変わらず5位で今シーズンのプレミアリーグを終えた。
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナル退団のウェルベック争奪戦、エバートンがリードか

今シーズン限りでアーセナルを退団する元イングランド代表FWダニー・ウェルベック(28)にエバートン移籍の可能性が高まっているようだ。イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』が報じた。 ウェルベックは2014年夏に5年契約でマンチェスター・ユナイテッド加入後、公式戦通算126試合に出場して32得点15アシストを記録。契約最終年の今シーズンだったが、昨年11月に行われたヨーロッパリーグ(EL)のスポルティング・リスボン戦で足首を骨折してから欠場が続き、契約満了で退団が決まった。 そのウェルベックを巡ってはウェストハムやニューカッスル、クリスタル・パレス、ウォルバーハンプトンらプレミアリーグの複数クラブが関心を示しているが、現時点でアーセナルで受け取る週給10万ポンド(約1300万円)の支払いをいとわないエバートンがポールポジションに立っているという。 また、アーセナル時代の同僚である元イングランド代表FWセオ・ウォルコットの存在もウェルベックにとって、エバートン行きの魅力になり得るとも…。だが、2020年のユーロでイングランド代表に返り咲くべく、より出場機会を得られる移籍先を選ぶ意向とのことだ。 2019.05.25 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

プレミア勢がRBライプツィヒの逸材CBコナテに関心

RBライプツィヒに所属するU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテ(19)にマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リバプールの3クラブが関心を示しているようだ。『Euro United』が伝えている。 2017年夏に母国のソショーからライプツィヒに移籍したコナテは、193cmの巨躯に加えて、快足揃いのライプツィヒの中でもトップクラスのスピードを誇るアスリート型のセンターバックだ。また、積極的な持ち出しや正確な右足のフィードも兼備している。今季は公式戦42試合に出場し3ゴールを記録していた。 先日にスイスのスポーツ研究国際センター(CIES)が発表した1999年以降に生まれたヨーロッパ5大リーグに所属する20歳以下の若手プレーヤーの市場価値ランキングでは4000万ユーロ(約49億円)で11位にランクインした逸材だ。 『Euro United』が伝えるところによれば、そのコナテには守備の改善が急務のユナイテッド、アーセナルの2クラブが強い関心を示しているという。 また、FWサディオ・マネ、MFナビ・ケイタと“レッドブル・グループ”産のタレントが主力として活躍しているリバプールも、コナテの獲得に興味を示しているようだ。 2019.05.24 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルからユナイテッドに移籍…ファン・ペルシが当時を回想

現役を退いた元オランダ代表のロビン・ファン・ペルシ氏がアーセナルからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した当時を振り返った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ファン・ペルシは2004年から8年間にわたり、アーセナルで活躍。公式戦278試合132得点を記録した。だが、個人として得点王に輝いた2011-12シーズンも夢だったプレミアリーグが叶わず、同シーズン終了後に宿敵ユナイテッド移籍を決断。個人として2年連続のプレミアリーグ得点王に輝き、移籍初年度に悲願のリーグ優勝を経験した。 その後、フェネルバフチェを経て、キャリアスタートの地フェイエノールトに戻り、今シーズン限りで現役を引退したファン・ペルシ。イギリス『BBC』のインタビューで、当時、物議を醸したユナイテッド移籍決断の背景を語るとともに、ときを経て、アーセナルファンに感謝した。 「ファンは怒っていたと思う。あの当時(2011-12シーズン)の僕はキャプテンであり、ゴールスコアラー。そして、(プレミアリーグで)3位だった。でも、誰しもが挑戦や新たな冒険の必要性を感じるときがある」 「みんなを傷つけてしまったのなら、ごめん。でも、それが私なんだ。私があの決断を下して、私自身がそれを支持した。ただ、アーセナルのことをネガティブに見ているわけじゃない。彼らを悪く言うことは無理だ」 「彼らは美しいフットボールクラブで、私も素晴らしい時間を過ごさせてもらった。若造として加わり、大人として、より成熟した選手として旅立った。アーセナルの誰にも悪い気持ちはない。むしろ、感謝している」 2019.05.24 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル、新CBにスペイン代表DFエルモソをリストアップか…移籍金は25億円

アーセナルがエスパニョールに所属するスペイン代表DFマリオ・エルモソ(23)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『メトロ』が報じている。 レアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)でプロデビューを飾ったエルモソは、バジャドリーへのレンタル移籍を経て、2017年7月にエスパニョールへ完全移籍。左利きで優れたインターセプトやカバーリング能力を武器に、今シーズンのリーガエスパニョーラ35試合に出場し、昨年11月にはスペイン代表デビューも飾っている。 今回伝えられるところによると、そのエルモソに対して、アーセナルが獲得を検討。ウナイ・エメリ監督は、ドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィのパフォーマンスに満足しておらず、新たなセンターバックの獲得を希望しているようだ。 バイエルンやパリ・サンジェルマン(PSG)も獲得に興味を示している同選手の推定移籍金は1800万ポンド(約25億円)。だが、エルモソには、エスパニョール加入時に買い戻しオプションが含まれており、レアル・マドリーが600万ポンド(約8億3000万円)で連れ戻し、高値で売却する可能性があるとのことだ。 2019.05.23 18:07 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、争奪戦必至のネレスに関心か

アトレティコ・マドリーがアヤックスに所属するブラジル代表FWダヴィド・ネレス(22)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 サンパウロ時代から“NEXTネイマール”として注目を集め、2017年冬にアヤックスへ移籍したネレス。オランダの名門でも攻撃の要として活躍し、今シーズンは公式戦50試合で12ゴール15アシストをマークした。 今回伝えられるところによれば、アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督は、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(33)らの退団による守備陣の入れ替えの他にサイドアタッカーの獲得を望んでいる模様。そこで、コパ・アメリカのブラジル代表にも選出されたネレスに照準を定めているという。 とはいえ、ネレスにはパリ・サンジェルマン(PSG)やリバプールなどのメガクラブが挙って獲得に興味を示していると各紙は報じている。ネレスの獲得には激しい争奪戦が予想されるが、どのような結末を迎えるだろうか。 2019.05.23 14:39 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース