トゥヘル監督はネイマールの主将を認めず「話す理由がわからない」2019.05.12 19:58 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督は、ブラジル代表FWネイマールがキャプテンになることはないと明言した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。PSGは11日、リーグ・アン第36節でアンジェと対戦。試合は1-2でPSGが勝利を収めていた。

この試合はネイマールのゴールで先制すると、アンヘル・ディ・マリアのゴールで追加点。しかし、88分にPKを献上すると、一旦はジャンルイジ・ブッフォンがセーブするも、こぼれ球を押し込まれていた。

PKのシーンでは、この試合でキャプテンを務めていたマルキーニョスがファウルを犯し退場。その際、キャプテンマークをネイマールではなく、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニに渡していた。

ブラジル代表ではキャプテンを務めるネイマールだが、PSGではキャプテンの座を与えられていない。この件に関してトゥヘル監督は自身の見解をコメント。ネイマールにキャプテンをさせるつもりはないと明かした。

「私にとって、ネイマールはキャプテンマークを巻くという側面を持っていない」

「彼は技術的なリーダーでありアタッカーだ。みんながこの件について話している理由がわからない。我々にはチアゴ・シウバとマルキーニョスがいる。彼らは素晴らしく、変更するつもりはない」

ネイマールはクープ・ドゥ・フランス決勝後のファン殴打の問題で、アンジェ戦が今シーズンのラストゲームとなった。その他にも、ピッチ外で度々問題を起こしているネイマールをキャプテンにすることは、やはり考えにくいだろう。
コメント
関連ニュース
thumb

ネイマール退団も? 会長の発言に注目、チームはオファー次第で容認か

レオナルド氏がスポーツディレクター(SD)に復帰したパリ・サンジェルマン(PSG)だが、チームの改革がスタートしそうだ。その中で、ブラジル代表FWネイマール(27)も名前が挙がっているようだ。フランス『レキップ』が報じた。 ネイマールは、ここ数カ月間にわたって様々な理由で難しい時期を過ごしている。今年1月には右足の負傷が再発。4月には、クープ・ドゥ・フランス決勝で敗れた後、スタンドで観客を平手打ちしてしまった。 また、SNSでの問題発言もある中で、最近はレイプ疑惑も浮上。さらに、コパ・アメリカに臨むためにブラジル代表に合流していたが、キャプテンを剥奪。加えて、開幕前に行われたカタール代表戦との国際親善試合で負傷し、母国開催の大会欠場を余儀なくされていた。 そんな中、ナセル・アル・ケライフィ会長がチームの方向性に関して注目発言を残している。 「選手はこれまで以上に責任を負うことになるだろう。彼らはもっとやらなければならない。もっと働かなければならない」 「彼らは自身を喜ばせるためにそこにいるわけではない。彼らが同意しなければ、ドアは開いている。私はもうスターの振る舞いをしたくはない」 この発言は選手個人のことを名指ししているわけではないが、ネイマールのことであると推測されている。PSGとして進んで選手を売りに出すことはないものの、適正なオファーがあれば応じる可能性はあるとのことだ。 また、ネイマールの代理人であるピニ・ザハビ氏が水面下で動いているとのこと。バルセロナ復帰の話も浮上しているネイマールだが、スペイン行きに向けて準備を進めているとも見られている。 ネイマールが仮に退団となれば、他の選手の移籍にも影響を与えるだろう。レアル・マドリーが獲得を目指しているフランス代表FWキリアン・ムバッペもその1人。そのほかにも、ブラジル代表DFマルキーニョスやイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティらも移籍の噂が挙がっており、今夏のPSGの動きは注視する必要がありそうだ。 2019.06.17 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ブッフォン、ラビオを褒めちぎる「ポグバ、ビダル、マルキジオがミックスされている」

元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、パリ・サンジェルマン(PSG)での同僚であるフランス代表MFアドリアン・ラビオを褒めちぎった。『フットボール・イタリア』がイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』を引用して伝えている。 PSG下部組織出身者のラビオは2012年7月にトップチームデビュー。今シーズン、公式戦20試合2ゴール2アシストを記録したものの、PSGからの契約延長オファーを固辞したことでシーズン途中から干されており、今夏でのフリー移籍が既定路線となっている。現在、ユベントスとマンチェスター・ユナイテッドが新天地の有力候補となっている。 そんなラビオに対して、すでにPSG退団が決定しているブッフォンは「ワールドクラスな選手」と称賛。一方で、2桁得点を記録するMFになるための改善点も挙げている。 「ラビオは素晴らしいし、偉大な選手だよ」 「ラブリーだし、良いチームメイトさ。どこから混乱が起きるような報道が出るのかわからない。僕が知っている彼はワールドクラスだよ」 「ラビオは素晴らしいものがミックスされている。ポグバの強さ、ビダルの勇気、マルキジオのダイナミックスさがある」 「ボックス内へ走り込むタイミングは改善しなきゃだけどね。でもシーズンで10ゴールを挙げれるような選手にはなると思うよ」 2019.06.17 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ、ロサーノ獲得が決定的に

PSVのメキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(23)のナポリ移籍が決定的となっているようだ。イタリア『calciomercato.com』が伝えている。 以前からナポリ移籍が噂されていたロサーノに関しては、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の情報によると、イングランドのビッグクラブやユベントスも関心を示す中で、ナポリが獲得レースで一歩リードしていると伝えられていた。しかし、その時点ではPSVとナポリの間に移籍金の隔たりがあった。 だが今回の報道によると、同選手の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏と、ナポリのクリスティアーノ・ジュントーリSD(スポーツ・ディレクター)はすでに合意に至っており、クラブ間でもおよそ5000万ユーロ(約61億円)で取引がまとまると見られている。 また個人間に関しては、年俸400万ユーロ(約4億8800万円)の5年契約を結ぶ見込みで、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長政権下では最も高価な移籍になるようだ。 一方、ここ最近でロサーノに強い関心を寄せていたとされるパリ・サンジェルマンは、先日のレオナルド氏のSD就任によって争奪戦から撤退した模様。 早ければ来週にも移籍が決まるとのことだ。 2019.06.16 13:59 Sun
twitterfacebook
thumb

音楽活動は順調なヘセ・ロドリゲス、今月新アルバムをリリース!!

昨年に自身の音楽レーベルを立ち上げて話題となったパリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン人FWヘセ・ロドリゲスもとい“Jey M”が、新アルバムをリリースすることになったようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 あまり知られていないかもしれないが、ヘセ・ロドリゲスは以前から『Big Flow』というグループでミュージシャンとして活動していた。そのグループが2015年に解散となり、その後は“Jey M”という名前でソロで活躍。これまでリリースしたシングルの売り上げは悪くないようで、このたびニューシングル「Pakata」が発売。さらに今月中に新アルバム「Otro game」の発売も決まっている。 「Pakata」に関してはミュージックビデオが公開されており、現地時間14日の公開からすでに7万近い再生回数を数えている。アニメーション仕様のミュージックビデオは、Jey Mが延々と歌い続けるという奇妙なものに。見る人によってはクセになるのかもしれないが…。 本職に話を戻すと、ヘセ・ロドリゲスは2018-19シーズンはベティスにレンタル移籍。だが、リーグ戦14試合でわずか2ゴールという乏しい成績に終わっている。 2019.06.15 14:32 Sat
twitterfacebook
thumb

PSGがレオナルド氏の復帰を発表! スポーツ・ディレクターに就任

パリ・サンジェルマン(PSG)は14日、レオナルド氏(49)をスポーツ・ディレクター(SD)に任命したことを発表した。 現役時代にPSGでプレーした経歴を持つレオナルドは、2011年から2013年までPSGのSDを務めていた。その後、昨年7月にミランのSDに就任。FWゴンサロ・イグアインやFWクシシュトフ・ピョンテク、MFルーカス・パケタらの獲得に尽力した。 しかし、ミランはセリエAでチャンピオンズリーグ出場圏外の5位に終わり、その責任を取って辞任していた。PSG復帰となったレオナルドは次のようにコメントしている。 「再びPSGで仕事ができることに情熱を感じている。PSGは私のサッカーキャリアにおいて重要な役割を果たしてきた。パリに戻ってきて、新たなクラブの一員として情熱を注ぎたい」 2019.06.15 03:00 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース