大迫フル出場のブレーメン、守護神の活躍でリーグ戦4試合ぶり白星《ブンデスリーガ》2019.05.12 01:31 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレーメンは11日、ブンデスリーガ第33節でホッフェンハイムと対戦し、1-0で勝利した。

来季のヨーロッパリーグ出場が狙える9位のブレーメン(勝ち点47)。前節のドルトムント戦を2-2で引き分け、リーグ戦連敗を「2」でストップした。4試合ぶりの勝利を目指す今節は、ドルトムント戦からスタメンを4人変更。大迫は2試合連続のスタメン出場となった。

3分のラシカのこの試合の初シュート、4分にはCKからモイサンデルがGK強襲のヘディングシュートを放ったブレーメンだが、試合の主導権は譲ることになる。

徐々にブレーメンを押し込んでいくホッフェンハイムは19分、左サイドバックのブレネットのクロスにサライが合わせたシュートはボール一つ分右に逸れる。21分には、アミリがボックス左を侵攻し、角度のないところからシュートを放つ。ここはDFが足を出してなんとか外に弾きだした。

25分にブレーメンはフリードルがケガで続行不可能となり、代わりにゲブレ・セラシェがピッチに立った。その後しばらく試合は膠着したが、迎えた39分に動いた。

相手GKのパスミスをM・エッゲシュタインが奪ったところからブレーメンにチャンス到来。すぐさまゴール前のJ・エッゲシュタインへ渡し、J・エッゲシュタインは素早くシュートを打つがGKバウマンの足に当たってしまう。それでもボックス左でこぼれ球を拾ったラシカのクロスをJ・エッゲシュタインが頭で合わせてネットを揺らした。

後半に入って交代カードを一枚切ったホッフェンハイムは前半のようにシュートを重ねていく。ブレーメンも58分に、前線からの素早いチェックでボールを奪うと、ラシカがボックス外からシュートを打つ。

67分のブレーメンのカウンター攻撃では、左に張った大迫に好機。ボックス左に侵入し左足でシュートを放ったが枠を捉えることはできなかった。さらに72分には、モフワルドの横パスを受けた大迫がボックス中央からシュートしたが、こちらはDFに止められた。

同分にブレーメンは、ベルフォディルにヘディングシュートを許すが、GKパブレンカがファインセーブを見せ、ゴールを割らせなかった。また、81分にはこの試合最大のピンチが訪れる。相手DFからのロングボールをボックス手前で収められると、途中出場ジョエリントンの浮き球のパスからクラマリッチに最終ラインの突破を許す。しかし、この窮地もGKパブレンカが見事に救って見せた。

守護神の活躍もあり、ブレーメンは1-0で勝利。リーグ戦4試合ぶりの白星を手にした。
コメント
関連ニュース
thumb

日本代表招集に意気込むDF冨安健洋「全力で頑張ります」《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は23日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー27名を発表した。 トリニダード・トバゴ代表(6月5日/豊田スタジアム)、エルサルバドル代表(同月9日/ひとめぼれスタジアム宮城)と対戦する今回のキリンチャレンジカップは、コパ・アメリカに臨むメンバーとは別に発表された。 今回のメンバーに招集されたDF冨安健洋(シント=トロイデン)がクラブを通じてコメントしている。 ◆DF冨安健洋(シント=トロイデン) 「3月のキリンチャレンジカップに続いて今回も代表に選出いただき、大変光栄に思います。全力で頑張りますので、応援よろしくお願いします」 日本はキリンチャレンジカップの後、6月14日に開幕するコパ・アメリカに臨む。 2019.05.23 14:20 Thu
twitterfacebook
thumb

堂安律、フローニンヘン移籍の理由を明かす「わざわざ日本に来てくれて…」

フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律が、海外挑戦を決断した理由について明かした。 昨夏にガンバ大阪からフローニンヘンに加入して以来、センセーショナルな活躍を続ける堂安。公式戦10ゴール4アシストを記録し、完全移籍を勝ち取ると、今シーズンも5ゴール3アシストを記録した。また、2018年9月にデビューを飾った日本代表でもキャップ数はすでに13。日本の若きアタッカーとして、期待を集めている。 その堂安は、『DAZN』でのインタビューで、フローニンヘン加入の決断理由について告白した。 「U-20のW杯があって、そこで満足のいくパフォーマンスができたことによって、フローニンヘンに行ける道が切り開けました」 「若い選手にとってプレーすることは大事ですし、しっかりとプレーできる環境で、あとはハンス・ナイラント社長の熱意と監督が本当に欲しいと言ってくれていることを伝えてくれました」 「交渉の内容を話すと長くなってしまいますけど、わざわざ日本に来てくれて凄く熱意を感じたのが一番のきっかけです」 フローニンヘンの熱意によって移籍を決断した堂安もU-20ワールドカップ(W杯)でのパフォーマンスがあったからだと語る。堂安が海外に渡ってから2年、次なるU-20日本代表が今月からポーランドでU-20W杯を戦う。世界の逸材たちが集まる中で輝きを放ち、堂安に続き、海外挑戦への切符を手にする若武者は現れるだろうか。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1lf3p8wyjeuv01cq8meb8ph0gr" async></script> </div> 2019.05.22 13:10 Wed
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、メルボルン・V退団後の新天地は引き続き海外「日本には戻らない」その理由は?

今シーズン限りでメルボルン・ビクトリーを退団することが決定した元日本代表MF本田圭佑が、去就について言及した。 昨年までパチューカでプレーした本田は、Aリーグ規定の年俸制限がないマーキープレーヤーとして、今シーズンにメルボルン・Vへ加入。カンボジア代表の実質的指揮官としての二足の草鞋を履きつつ、本業の選手としてもケガと付き合いながら公式戦23試合8ゴール7アシストを記録し、チームのレギュラーシーズンの3位フィニッシュ、ファイナルシリーズ進出に貢献していた。 その本田は、22日に行われるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループF最終節のサンフレッチェ広島戦が、メルボルン・Vでの最後の試合となる。同試合の前日会見に出席した本田は、新天地を海外に絞っていることを明かした。 「(どこでプレーするかは)まだ分からない。サッカーをするために日本には戻らない。誤解してほしくないから言うけど、日本は素晴らしい国だ。日本人のことが大好きだし、もちろん僕も日本人だしね」 「だが、僕は新しいチャレンジが大好きだし、日本は居心地が良すぎる。日本にいたらもう挑戦をしないかもしれない。それを恐れている。日本には長居したくないから海外でプレーしたい」 <div id="cws_ad"><script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=bc77az6v9dde14jg6jwjowkuf" async></script></div> 2019.05.21 17:50 Tue
twitterfacebook
thumb

メルボルン・V退団決定の本田圭佑、新天地未定も「東京五輪に向けてベストな選択を」

今シーズン限りでメルボルン・ビクトリーを退団することが決定した元日本代表MF本田圭佑が、今後の目標について語った。 昨年までパチューカでプレーした本田は、Aリーグ規定の年俸制限がないマーキープレーヤーとして、今シーズンにメルボルン・Vへ加入。カンボジア代表の実質的指揮官としての二足の草鞋を履きつつ、本業の選手としてもケガと付き合いながら公式戦23試合8ゴール7アシストを記録し、チームのレギュラーシーズンの3位フィニッシュ、ファイナルシリーズ進出に貢献していた。 その本田は、22日に行われるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループF最終節のサンフレッチェ広島戦が、メルボルン・Vでの最後の試合となる。同試合の前日会見に出席した本田は、今後の目標について2020年の東京オリンピックへの出場を掲げ、そこに向けて新天地選びをすることを語った。 「前にも言ったと思うが、2020年の東京五輪でプレーしたい」 「来年もプレーをし続けたいが、行き先はまだ分からない。シーズン終了後にまず休んでから、僕の目標である東京五輪に向けてベストな選択ができるようにするよ」 以前にも、オーバーエイジ(OA)として東京オリンピックへの出場に意欲していた本田。果たして新天地はどこになるのだろうか。 <div id="cws_ad"><script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=unm4e6sr2om21vfjmqck1at90" async></script></div> 2019.05.21 17:40 Tue
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、メルボルン・V退団が決定! 22日ACL・広島戦が最終戦

メルボルン・ビクトリーは21日、元日本代表MF本田圭佑(32)が今シーズン限りで退団することを発表した。なお、22日に行われるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループF最終節のサンフレッチェ広島戦が最後の試合となる。 昨年までパチューカでプレーした本田は、Aリーグ規定の年俸制限がないマーキープレーヤーとして、今シーズンにメルボルン・Vへ加入。カンボジア代表の実質的指揮官としての二足の草鞋を履きつつ、本業の選手としてもケガと付き合いながら公式戦23試合8ゴール7アシストを記録し、チームのレギュラーシーズンの3位フィニッシュ、ファイナルシリーズ進出に貢献していた。 メルボルン・V退団が決定した本田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「僕はメルボルン・ビクトリーの選手としてプレーできたことをとても誇りに思います。また、オーストラリアでプレー出来る機会を与えて頂き、感謝しています」 「僕は次のチャレンジに向けて退団します。ただ、ビクトリーで過ごした時間を決して忘れません」 「ビクトリーが成功を追求し、将来、幸運が訪れることを祈っています」 2019.05.21 10:25 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース